今では、株式・不動産投資などといった不労所得、ま…

今では、株・不動産投資の不労所得で儲けたり、個人経営 ・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。

  • 近年では、株式・不動産投資などといった不労所得のほかに独立を目指す人も増えています。そのような世の中の変化もあり、「自営業は不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長期には株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員であるほうが大いに安定性があり、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが決まり切ったことであるかのように一般の人々に認識されていました。そういった時代は終わり、いまの社会は「成熟期」といった名称で呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで多くの仕事で人の手を必要としなくなる時代がやってくる、とも言われています。
  • 派遣会社に登録して仕事をする人が過去の規制緩和以…

  • 派遣という形で働く人が規制緩和以来、多くなっていますが、派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかを可能な限り面接の際に聞いておいた方がいいでしょう。派遣業は、労働力を欲する企業に人材を派遣し、その対価として手数料をもらうシステムになっていますが、派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。5割以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣業者も多く、酷い会社では、2割しか支払われていなかった場合も少なくありません。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるたけ異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 転職活動を始めるときに、会社を辞めてからとする人たちもいますが・・

  • 転職をしようとするときに、まず今の会社を退職してから転職しようと考える人もいますが、そうならば次のボーナスがいつ入るのかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はそこら中にありますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスをもらえる時がもうちょっとならば、それから退職するという方法も悪くないです。ボーナスってある程度大金なので、もらっておかないと損をすると言えますから、退職をする際にはボーナス支給日を確認するのを忘れないようにするのが賢い方法です。
  • いい職場の社員になりたいと転職活動をする人の大半は「ちょっとでも早く…

  • 違った会社につきたいと転職をする活動をする人というのは、「ちょっとでも早く、内定(採用通知)が手にしたい」と思っているはずです。しかしながら、その気持ちが強くて内定を欲しいばかりに、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその反対に自分を過小評価につながる言動はなるべく避けるべきです。そうではなくて、焦る気持ちはグッとおしころして、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しに集中しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を選択してみましょう。
  • 転職の面接につけていく腕時計の事についてですが、どう見ても目…

  • 転職時の面接を受けるときにする腕時計の事ですが、目立つようなタイプの腕時計はしていかないほうが悪い印象を与えません。この場合の、目立つ意味はブランド物の腕時計であるとか、それとは反対にチープなものの印象を持たれてしまうとか、そういう意味であって真逆の意味で目立つのだと考えておいてください。面接の際の腕時計についてはポジションとしてはスーツやネクタイと同様に、面接するにふさわしい安全なものを身にするほうが確実です。しかしながら、自分の年齢に見合った腕時計であるということも不可欠なことで、新卒の頃に面接時に準備したものよりはわずかでも値が張る腕時計にした方が好印象だとはっきりといえます。
  • 転職期間中は、つい時間が有り余っている分、気が緩んでしまい…

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間に余裕がある分、緊張感のない、だれた生活になってしまいます。しかし、そんな風な過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。言うまでもなく、だらけた生活をしていると、「心」にも悪影響が出やすいためです。なので、いつの間にか働く意欲がなくなり、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そんな状況になってしまうと、生活も仕事も悪循環になり転職をしたい会社をなかなか決められなくなります。転職先が決められなくなるのは、お金を第一に考えてしまうからです。お金を一番に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。
  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに…

  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、コンタクトを受けやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許出願を行った人だけでなく、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールを使って接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。もしも、あなたがヘッドハンティングらしい話が出てきたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。たまに、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、その手の業者は完全な嘘なので、無視しておくのが無難です。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者が支払うものではありません。
  • 以前の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、記載されていました。

  • 何年か前までは求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。しかし今現在では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用する際、男女の差別がしてはいけないルールができて、応募条件の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。けれど、求人情報を出す側は、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。ですので、本当は男性欲しい業種に募集に女性がやってきたり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、というような問題に遭遇する可能性があります。もしも、「女性が活躍している仕事場です」という内容の求人募集は、女性の働き手を希望しているのだと読み取ることが確実でしょう。
  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は非常に大事な要素です。面接の際、今現在に得ている年収と、今後の希望年収額について質問されるはずです。現実の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先の年収をアップさせようとはしないでおきましょう。結局は源泉徴収を提出することになるので、一度は信じてもらえたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の年収を正直に申告し、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。今の年収が300万円の方が急に年収500万になるようなことは普通はありません。仮に、年収が400万なのであれば、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いでしょう。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職せざるを得なくなることもあるので、注意しましょう
  • 転職期間のあいだは、自分の好きなことに打ち込むほか・・

  • 転職期間では、趣味に没頭したり、体力の向上を意識しておくと良いでしょう。勤め口が見つかり、仕事を再始動したとき、趣味に興じていたことでいつの間にか集中する力が養われます。加えて、体力アップしているために、その場の社員たちと比べると体力が持続するということを自ずと認識することができます。なので、自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。また、同じ会社内で同様の趣味の方と知り合えたのなら、親しくなれるきっかけになるので、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。
  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、入ってすぐ・・

  • この前、転職をやっとしたというのに、慣れもしないあいだに辞めてしまうことを決断する人が結構少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみるとリフレッシュな気持ちで新しい職場を見つけたというのに、「自分の想像していたものとけっこうギャップがあって幻滅した」「雰囲気にどうしても馴染めない」といった感じで退職を決意することが多いといいます。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、事前の情報集めを徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内のルール、昇給システム、などあれこれ事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • 万が一あなたが、転業を思い立ったのなら、周りにこっそ・・

  • とらばーゆの決意したのなら、まったく周囲にひそかにその意思を知られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、なるだけ同僚に気づかれないように平常通りに仕事をする方が正解です。働いている間、その点を自覚しておくと、希望通りの条件にあう働き先が簡単に見つからなくても、転職を保留しながら、現在の職をそれまで通りに続けることも何ら問題がありません。でも軽率に、口にしてしまったら周囲はその言葉に合わせた動きを取ります。それに加えて会社内で「辞めるつもりです」と口にしたら、同僚からは「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。その後で転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている間、身の置き所がないと感じるリスクもあるでしょう。
  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だからと、…

  • 求人関連の情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業の項目を読み飛ばしていたりするものです。そういった人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解している可能性が高いです。事実、製造業の求人募集でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事といったスタッフ募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に属する役職もたくさんあります。しかし、製造業の勤務場所はビジネス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、嫌だと言う人もいるかもしれませんが、けれど、こだわりを捨てて、良い仕事や出会いが得られる可能性もあるので、ぜひ選択肢に加えてみてください。
  • 転職活動をしていく人で、次までの仕事に期間がある…

  • これから転職活動をする人のなかで、次までの仕事に期間がある方はできれば「失業手当」をもらっておいた方がお得です。あなたが勤めている会社で社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、手続きについては「ハローワーク」で行う必要があります。しかし自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当までの待機期間が「3ヶ月」ありますが、状況によっては企業の都合の退職、残業時間の内容次第で日数をおかずすぐに貰える可能性もあります。このとき、支給される「失業手当」の金額は、仕事を辞めた月の給料を基準に失業手当の支給する額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想的なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。
  • 転職活動を行う上での最後の難関として、現在勤務している企業からの退職があります。

  • 転職活動をする際の最後の難関として、「現職の退職」があげられると思います。転職先から採用の内定をもらえたとしても、現在勤務している企業があなたを引き留めるというのも起こりがちなケースです。仮にそうなったとしても、何があっても退職する、という強い意志を貫くことが求められます。引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。会社の規定を良く調べ、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。その後、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、退職を考え直す可能性はありませんと、(毅然とした態度で)伝えましょう。円満退社を目指すのも転職活動の大事なポイントです。
  • はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても受け取れると思っている…

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が少なくありませんが、それは誤解です。実は、きちんともらい続けるためには、就職活動をしなければならず、加えて、毎月一回はハローワークに通う必要がある。1ヶ月ごとに職員に就職活動の状況を報告してきちんと就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。もしも、真剣に就職活動をしていないと判断されたり、月に一度の職員との面談に参加しないときは、問答無用で給付の一時停止に至ったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために充分に気をつけてください。