在職期間にあるときは、できるだけ気づかれないように…

在職中には、可能なかぎり周りの人にバレないよう(私の転職活動では…

就労期間中は、可能なかぎり周りの人間に気づかれないように、(私の転職活動では)就労期間中に「転職するかも」という意図だけをはじめの時期に周りの人に知らせたことがありました。しかし、それから、求人誌を散々探してみたのですが、結局は転職先や転職するタイミングすら無鉄砲に決まらないまま、知らぬ間に時間がムダになるだけでした。そしてその傍ら、会社の側は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

先週人材紹介会社へと登録に足を運びました。

先日転職先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録カウンセリングの時に現れた担当の方が見たところ仕事の経験が少ない社員のようで、こちらが説明している話の3割も彼はわかってはいない感じです!それに加えて「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが必要でしょう」等、わかったように偉そうに言い散らかすからとても不快でした。カウンセリングを担当する人は多少は仕事の経験がある方にするべきだと思います。

転職にあたって然るべき準備はやらなくてはいけません。

転職する場合、相応の準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える服装は気になっても仕方がないと思います。でも、近年の面接については、形式ばらない服装で良い会社もあるため、スーツを着込んで臨まなくても良い場合があります。とくに会社の創設したての企業などは、厳格な規則もないことが多く、私服で面接をした方が、良い印象を持ってもらえます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話できるのも魅力のひとつです。さらに私服だと、時には面接時にファッションで、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。ですので、今後、転職は会社の設立した年で決めることが、(ベンチャー系の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

クールビズをして再就職の面接に臨むときには、さすがにジャケット…

クールビズの格好で転職の面接会場に行こうとするときには、さすがにジャケットまでは羽織って出向くことはないとはっきりと言えますけど、ネクタイは着用しておいたほうが好印象です。ネクタイもジャケットと一緒でなくてもOKだと認めている企業もある確率もあるにはあります。ですが、ネクタイに関しては例えクールビズだろうとつけなければならないとする企業がそこそこ存在するわけです。ですので、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイだけは必ず着用して面接した方がベストであるということを知っておいてほしいです。

あなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった具合…

再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと希望する人、実践する人が増えています。この頃は転職サイトを駆使すれば、地方の求人でもいつでも閲覧できるようになりました。残念ながら地方や郊外での求人については、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないのが一般的です。といった問題があるので、求人情報サイトを使用するのは当たり前ですが、求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも頻繁にチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が開催する転職サポートのイベントにも見逃しがないようにしましょう。

転職の際に外せない採用面接では、してはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまで…

転職時の面接でのしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、正直なところ逆効果です。ですから、思い切って面接時は、「報酬」といったような、多数の人がかなり質問しにくい内容を思い切って訊いておくと、最終的に絶対にあなたのためにもなります。意外に思うかもしれませんが、「そのような無神経な質問をすると、最終選考に落とされるのではないか」と不安がるかもしれません。だけども、意外と面接官に良い印象を持ってもらえることは結果的にはいい場合が多いようです。このようなお金や労働環境に対する内容は、多くの人が気になっています。とはいうものの、面接で緊張していると、大半の人が質問を躊躇しています。それを勇気を出して質問をすることで、「ほかの人とは違うな」ということで自己アピールになるのです。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、職探しをしているという証明が必要となります。

失業保険の給付においては、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。そうだとしても、「今まで忙しすぎたので、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」のが本音だと思います。しっかり次の仕事を探しているように見せる方法があるので紹介しましょう。月に一度のハローワーク職員との面談は当然ながら必要として、「求人票」を閲覧することを最低限しておきましょう。本音では探すモチベーションがわかないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワークスタッフとの面談の際に、「自分に合った仕事、希望する仕事が残念ながら確認できませんでした」と言って、次の機会を狙えば良いです。

転職活動に注意して欲しい求人内容は、そこまできつそうな仕事ではないのにも関わらず給料が高く…

就職活動時に特に注意したほうがよい求人情報は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いというものです。こういった募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、30時間・45時間といった感じで求人の内容に時間が併記してあります。毎月これくらいの残業が発生するため、事前に給料形態に残業代を入れて計算しておくというシステムになります。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代45時間込』と記載があれば、「記載時間分の残業代を含めると、この給料がもらえます」という求人になります。けれども、悪質な求人情報ではこの『みなし』という言葉が場合もあるので、しっかり注意をしておきましょう。

転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

転職のための面接では注意する点があります。面接担当者から「転職理由は?」とかなりの確率で質問されます。このときに、どういった理由があろうとも、前の仕事場での「労働環境」「人づきあい」についての内容は、出来るだけ話さないほうがいいでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、採用されるチャンスを無駄にしてしまいかねません。面接時は、「前向き」な内容に徹底することが必要があるため、実際の理由とは違っていても、「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」といったような未来形での話ぶりが担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

転職活動のさなか、気になる求人(OR 業界)があったら…

今後転職活動をするのなら、気になる求人(または業界)を見つけたら、しっかり「〇〇業、ブラック、デメリット」でネット検索したほうがいいです。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス面について知らせてもらえません。もしも、ブラック案件が多い業界であれば、ネット検索を活用することで一発で現実を知ることができます。そうした現実を知らずに入社してしまうと、あとから痛い目に合うおそれがあります。だいたいその求人募集が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人が定着してくれない」ということも多くあります。目に留まった案件・業種については、しっかりチェックしたうえで応募しましょう。

転職エージェントに一旦登録すれば、電話・メールで頻繁に連絡が入ります。

転職サイトで登録したあとに、電話・メールが何回も掛かってきます。これに対して初めて利用した人は非常にびっくりすることが多いです。転職エージェントは転職をサポートすることが業務だと考えられるので、大変積極的です。大手エージェントは、転職を成就させることによって企業からお金がもらえる仕組みであるといえるので、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させることが少なくありません。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定がでた直後に、入社を積極的にすすめてくることが珍しくありません。対抗策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、無理に転職することがないように心がけましょう。

女性が再就職する時、セクハラが社会的に問題になる前と今日と…

女性が再就職する場合、今とセクハラが問題視される前では多少の変化があるようです。前は面接の際に会社側から、「結婚観」や「出産後の仕事」などについて、質問されることが珍しくありませんでした。しかし、最近では、その手のデリケートな内容は、セクハラと企業側が捉え、聞くのを避ける企業、が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大きな会社ほど、タブーとして扱われています。しかし、企業側は、〇か×かの2択ではなく、その女性の人生観、結婚した後は退職するのか、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいと思っているはずです。自分の人生設計をわかっておいてもらうためにも、志望の動機や自己ピーアールの中に織り交ぜながら話すことで、面接官にも認識してもらえ、安心できると考えられます。ですから、聞かれてない箇所についても、あなたの方から気遣って答えてみることを考えてみてください。

大きな転職エージェントに限って、様々な案件を抱えている…

大手の就職エージェントに限って、多数の案件があるという強みがありますが、一方、転職希望するライバルも多くいることになります。そのせいか気になる企業を見つけたとしても、担当スタッフのほうで難しいと判断すると応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたより高く評価される人がいれば、その人を優先することも考えられます。つまり大手エージェントの場合、サイトに未掲載の案件のデータを宝庫として扱っておりそこそこ難しいので、方針を変えて中小規模のエージェントたちに対し、候補とする会社や案件を伝え、応募できないものでしょうか?と問い合わせてみると転職希望者の利益を考えて働いてくれることもあるので、そのような風に活用してみるのも良いかもしれません。

転職を行う際、現在働いている会社を辞める時に失業保険受け取るための手続きをしなければいけませんが、…

転職の際に現在勤めている会社を辞める時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自己都合で退職届を書いて会社を辞める、いわゆる「依願退職」の際には直ちに実業保険を受け取れるわけではなく手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして退社の1日後から3か月経てば給付されると勘違いしている人がいますが、実際に誤解してしまった人が、ハローワーク側に落ち度があると主張してその結果としてハローワークの職員さんとトラブルになっているのを見たことがあります。念のため、労働者側の都合ではなくリストラなど、「会社都合」での解雇のときは、失業認定を受けたのち即座に失業保険が給付されます。

転職活動する場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠だと考えられています。

転職活動を行うにあたっては、履歴書と職務経歴書を準備することが必須だとされています。企業の大多数は履歴書や職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まず第一にこれらの書類の作成が大切といえます。単に穴を埋めることにとどまらず、内容を魅力的なものにすることが重要です。職務経歴書は、これまで行ってきた職務の詳細と、自己アピールとなる内容をできる限り書き綴ります。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、などわかりやすく記載しましょう。初めてで難しい場合は転職エージェントに職務経歴書のチェックをさせたり、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように転職エージェントを頼ること転職を成功させるための有効な手段です。

再就職して仕事先を新しく替えるということは、自分自身に適・・

再就職することで勤め先を一新するということは、自分自身に適合する理想に近い場所を選びたいものです。自分向きの仕事に有りつけることも可能です。とはいうものの、マイナスの面も持ち合わせていて、雇用側が必要とするスキルが必須となります。違う言い方をすると、自分自身が価値ある人材になれば、天職に恵まれる、ということなのです。今は、「職業選択の自由」が社会的に普通に認められているので、仕事場を変えても何の偏見を持たれる心配もありません。今のような事態のもとでは、昨今、「即戦力になる人材が欲しい」と感じている企業も増加傾向にあるので、このチャンスを生かしていきましょう。