転職の面接にとある会社に行ったときのことです。

転職したい会社の採用面接にある会社に赴いたときのことで・・

  • 転職の面接を受けにとある会社に赴きました。その日に限って社内の部屋がすべて他の客でつまっているということで社外のとある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行い、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らず自宅に直帰されるとのことだったわけですが、驚くことに自宅からの最寄駅が同じ。そのため電車の中においても彼とずっとおしゃべりをしながらいっしょに帰宅することになり、すっかり緊張が解け話が盛り上がり、それがプラスに働いたのか最終的に採用を獲得することができました。
  • もし近い将来、転職するのなら、前もって「資格」を取得しておいたほうが有利になります。

  • もしあなたが将来、転職をするつもりなら、先に「資格」を取得しておいたほうが有利になります。また、在職中に資格取得をしておくのがお勧めです。転職でそれを生かせることができるので、新しい仕事を探すのも容易になります。ですので、在任中の時間がもっとも良いタイミングといえます。もしあなたが再就職を考えているなら、社会的に強みになるような資格を取得しておくと、今の職場を離れたあとも心残りもなく、前に進んでいけます。しかも、資格を持つことによって、転職先での面接時に担当者に「即戦力」と判断され、以前より待遇が良くなる可能性が高くなります。
  • 仕事を変えた場合には、高確率でそれまでの仕事の記憶は大方、美化されます。

  • 職を変えた際には、高確率で以前の仕事はほとんどの記憶は美化されます。今の仕事内容が向いていないと感じたから、それを解決するべくせっかく転職することになったのに、しばらくして過去を振り返ると、どうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうがマシだった」と思うことは多いです。それというのも無理はなく、前の職では日々の仕事を把握していて、さほど苦労なく日々の業務がたやすくできていたから、もっともというのもあるでしょう。その一方、「やっぱり退職するんじゃなかった」と真剣に思うほど、前の仕事のほうが環境や待遇が良いことがあります。
  • 20代の時点で転職を2回し、いまは資格を取得したいの・・

  • 20代に転職を2回経験し、現在、複数の資格をとるために、派遣社員として企業で働いています。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり手取りは以前よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、身近にそういった人を見てしまうと少し羨ましさを感じてしまいます。これまでは、自分と他人をどうしても比べてしまい、ガックリしていましたが、しかし現在では、結婚を経験し、がらりと生活環境が大きく変わり、以前よりもその中で仕事や将来の夢も定まったので、まいにち充実しています。
  • 最近の転職については、政治によって状況が変わりつつあるようです。

  • 政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、安倍総理が主導する現内閣によって、「アベノミクス」「三本の矢」といった形で経済に関係する政策が次々と打ち出されています。経済政策ともに金融政策ともあいまって財界や民間企業間でも新しい変化が現れ始めています。そのこともあり企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による人手不足が社会的な問題として取り上げられています。ここ最近では、「外国人労働者」の比率を増やしていくつもりでいると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。こうした社会的変化によって国内の雇用状況や転職状況も大きく変わっていくはずです。
  • 日本には”石の上にも3年”という人生において戒めのの意味を持つ言葉があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という教訓があります。昨今、終身雇用制が死語になりつつ有る昨今では「転職」は自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。しかし、「転職」が誰にとっても身近な存在になったからといっても、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職しようと考える場合、タイミングを図る必要があります。ますはじめに、現在の職場、具体的に、例えば仕事内容や待遇面について嫌だと強く感じていることを、10個程度、書き出してみてください。そうすることで、転職に役立ちます。そして、もし決断したら迷うことなく、良い仕事を手に入れられるように頑張ってみましょう。
  • 再就職しようとする際に書く必要がある履歴書に関して・・

  • 転職をしようとする場合、絶対に準備しなくてはいけない履歴書についてですが、大方は自筆ではなく、パソコンを用いて作るのが一般的となっています。日本の社会では履歴書はパソコンを使わずペンを使って準備するのが普通だと考えられている面もありますけど、それは新卒の就活やアルバイトやパートの時であって、転職をする時については履歴書や職務経歴書は100%手書きじゃないといけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を高く買うところもあるようですが、そうではない場合がずっと増えてきているようなので、パソコンを使って作った履歴書や職務経歴書でも良い場合は意外にも大量にあるのです。
  • 「シフト制」の仕事についての話です。

  • これはシフト制がある仕事についての話です。特定の曜日に働ける人を募集している求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの出し方や、休む方法の詳細を面接の際にチェックしておきましょう。私は過去、産休で休む人の代役として、正社員として入ったのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新人の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。前にいた人が土日は必ず出勤していたので、私も出勤できると思われていたようです。「土日」に外せない用事が入ると、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩方に「代わりに出勤していただけませんか?」と私から頭を下げなくてはいけませんでした。一緒に働いて給料は同じなのに土日は私だけなんて・・・。思い返すと異常な職場だったんだと思います。
  • 転職候補先の会社見学ができれば、たいへん参考になります。

  • 転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、かなり勉強になります。とりわけ、職人さんのいる会社ではスキルを間近で見られるので楽しいものです。しかしながら残念なことに「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、日常の仕事風景を見せてくれることはありません。典型的なのは、ブルーワーカーなどのジャンルです。個人のクセが強い業種であるため、実際に仕事を始めてみるまでは、本来の姿はみえません。そのため、見学で触れた内容がそのまま仕事現場とは解釈しないことがたいへん重要なのです。それに加えて、会社見学時に仕事を体験させる会社はかなり問題がありますから正直言って、良い会社とは言えません。雇用契約を結んでいない人にはもし問題が起きたとしても、それに対する保障がないので、進められても角が立たないように断りましょう。
  • 転職を考えている時に閲覧する仕事の情報というのは、目安として、アバウ…

  • 仕事を探している際に目を光らせる募集内容の情報というのは、基準的なものとして掲載されている可能性もあり得ます。なので、そこに書いてある内容は正しいことだとは考えない方が賢明です。その中でもとりわけ給与においては社員を平均して出した金額なのか?最低額なのか?最高の給料であるのか?という読みができない人はたくさんいて自分の勝手な判断で理解したつもりでいると、後から後悔することもあり得ます。それゆえ、募集要項については、おおまかなものだと思って、そういったような肝心な内容は会社の方に直接確かめるのが好ましいです。
  • 転職活動をするいあたっては、まず第一に求人票を見たり、ネット上の公式サイトを見たりして…

  • 転職活動を始めるにあたっては、始める前に、ハローワークの求人票や求人雑誌、あるいはインターネット上の求人情報を見たりして転職候補先の会社を調査するでしょう。とはいっても、当該会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが少なくありません。コンサルタントは、いかに会社の利益にならない情報を隠せばよいか、たとえ公開したとしても曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。その種の会社情報や社員のインタビューについては、そのまま信じるよりも、疑いながら読んだ方がいいでしょう。心地よいフレーズを鵜呑みにしてしまったら、こんなはずではなかったとあとになってから後悔しかねません。悪意ある会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後は、いろいろと文句をつけて退社させないように画策しています。いわゆるブラック企業に多い例です。
  • 知人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

  • 知っている人の紹介で転職の先を見付ける人がいます。しかし、労働環境や労働条件といった部分について友人知人の口コミを鵜呑みに判断してしまうと後々問題になるおそれがあります。というのはある特定の人の口コミというのは、客観性に乏しいからです。それ故に紹介した人にとって、心地よい職場であっても、自分には、そうではない場合なのかもしれません。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミだけに頼らずに、自分の目でしっかりチェックしてみてください。
  • 長く接客関係で勤めてきましたが、年をとったせいか立ったまま行う仕事…

  • 長い間接客関係で勤め続けてきたのですが、年のせいか立ったままで行なわなければいけない仕事は体力的にしんどく、座って仕事ができる事務系のお仕事への転職を頭に入れて行動にうつりました。事務未経験だとけっこう厳しく、接客経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も獲得して個人の病院に転職しました。周囲は超ベテランである先輩パートさんだらけで人間関係においてもややこしい。夜の勤務ばかり押し付けられて、接客業時代よりも帰る時間も遅いのですが、今はキャリアの形成時期だと考えて仕事に励みます。
  • 転職する場合の面接でかなり高確率で質問されるのが前に働いていた会社を退職・・

  • 転職をする場合で絶対に投げかけられる質問が職場を辞めたのかという話です。このような質問に回答する場合には退職した会社にスポットを当てない方が無難です。辞めるに至った経緯を中心に話をするとどうしてもマイナス面を取り込んだ内容になってしまいます。どういう風に面接を進めていけば良いかと言うと、どうして前の会社を退職したのかという事をこの職場に絶対に入りたいと思っていたからという話に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社に焦点を向けていくべきなのです。転職理由でも、こういった内容ならば好印象の前職を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 転職をするための活動を成功させるには、なにはとも…

  • 転職活動を効率的にやっていくには、まず何よりも自分自身の心のうちがスッキリしていることを忘れないようにしましょう。まだ会社を辞めないで転職の活動をしている場合、あんまり気にしなくても良いですが、退職後に行うのであれば、人というものは焦りがちになってしまいます。ですので、冷静に活動することを忘れないようにしましょう。今後、自分がやってみたいことや、理想とする職場の雰囲気を明確にしておき、そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、徹底的に見極めましょう。この手間を掛けることで転職で良い結果を出しやすくなります。
  • 転職で、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人に覚えてほ・・

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択しようと考えている人にチェックしてもらいたいポイントがあります。まずはじめに派遣社員に関しては、「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」といった業務を考えた人が多いはずです。はじめは私自身もまさにそう思っていました。今の職場に入社するまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「電話対応がメインです」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。でも、働き始めると、「電話対応」にプラスして、欠員した正社員の穴埋め役を頼まれました。いつも毎回振り回されますし、入社前の説明とは異なる内容ばかりなので毎日困っています。とりあえず、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。