最近では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、…

現在、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな…

近時は、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど厳罰化の流れが続いていますが、完全には程遠いといえます。それゆえ、面接で見破る必要が出てきます。まずは求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらをもとにあれこれ質問してみましょう。ブラック企業であれば、記載情報に「ウソ」だったら返答が曖昧になります。回答を避けるなどはぐらかしをしてくるはずです。中でも「給与」「残業」「休日」の3つについては、詳細について尋ねると、渋い顔をすることが多いです。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、見抜いた方が後々いいと思います。

安定した人生を希望して正規の雇用社員になりたいと思っている・・

より安定した人生を欲しがって「正社員」になろうとしている人はかなりいらっしゃるはずです。だが、いくら頑張っても正社員のためのキャリアアップがうまくいかないケースも少なくないはずです。準社員の求人募集はたくさんあるのに正社員の求人以外には目もくれず落ち着かない日々を過ごしている人は少なくないようです。仮にあなたが、転職先が正社員枠を用意してくれていないのなら、派遣社員の募集も選択肢に入れておくほうが良いでしょう。会社によっては、その人の頑張りにより、2,3年で正規雇用への転身を図れるようにしている所があるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」の機会があるかどうかを質問しておけば、後々の役に立ちます。

自分自身の好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意が必要です。

趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意です。これは、私が実際に体験したことなのですが、私自身、食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で、以前は、飲食店で働いていた時期があります。そのお店での業務は、そのお店で私が任されていた仕事内容は、シンプルな盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。しかし、人間関係のいざこざでとても嫌になりました。ということが理由で、職場を離れたのですが、同時に、あんなに大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして提供されていた食べ物すら嫌いになってしまい、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すのも苦手です。この仕事に就いた当初、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の好き、を仕事にしたいと願い、実現させることは素敵ですよね。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり冷静に向き合う必要があります。

働くにあたって回復が難しいほど精神的なダメージが蓄積さ・・

仕事をするにあたって精神的なダメージが蓄積されてしまい、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、相談するのは職場の人にするよりも家族などの近しい存在の人と相談しながら会社を辞めるかどうかの判断をした方が良いです。なぜなら、働くということは自身のことでもあります。が、しかし身内の問題が第一にあるからです。どんなに給料がいいとしても、メンタル面がボロボロになるまで我慢しながら無理しながら働くのは良いとは思えません。今の時代は、金銭的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も徐々に認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの身内とともに、自身の心と体の健康を考えていきましょう。

現在では、株式・不動産投資などの不労所得を得たり、独立や起業で頑張っている人も増えています。

近年では、株式・不動産投資などといった不労所得で収入を得たり、個人事業主を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあるせいか、「起業することは不安定だしキケン」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長を遂げている際には、先の見えない自営業よりも雇用されて働いているほうが将来が安定していて、人が生きていくうえでもっとも正しい道としてまたそれが自然のことのように一般の人々に認知されていました。そんな成長期は終わり、現在は、「成熟期」とも表現されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。

働くのに派遣会社に登録する人が近時増える傾向にあります。

直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が近頃は増える傾向にあります。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(割合)、自分に入ってくるかを面接の際に確認しておくべきです。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされないところも多く、ときには、3割だけしか労働者に還元しないケースも決して少ないとはいえません。面接のときにきちんと答えない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、可能な限り違う派遣会社を利用されることを推奨します。

転職活動を行うのに、今の会社を退職してからという考えを持つ人もいますが・・

転職活動を始めるときに、まず今の会社を辞職した後でという方もいますが、そうならばボーナスをもらえる日について前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される会社はそこら中に存在しますがボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが出る日までもう少し待てば来るのであれば、その日の後で退職するという手も賢い方法です。ボーナスは月々の給与と比べてたくさん入るので、頂いておいた方が良いと言えますから、この職場を辞めようと思ったら会社がいつボーナスを支給するかについて知っておくほうが賢い方法です。

いい職場がいいと転職活動をする人とは「少しでもは…

新しい企業につきたいと転職活動中のときの場合には「少しでもはやく採用通知を手にしたい」と考えてしまいがちです。しかしながら、内定を欲しいあまり、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、またその反対に過小評価するかのような売り込みをするのは出来るだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦る気持ちをこらえて、冷静に客観視しつつ、自分に最適の職場を見つけることに意識を向けましょう。これまでのキャリアを活かせるように、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

再就職する際に行われる面接のときにする腕時計の事ですが、…

再就職の面接のときにする腕時計ですが、目を惹くような時計は着用をやめた方が安心です。腕時計で目立つものというのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではありません。その反対で安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そういう目を惹くということで両極端な意味で目立つ、と捉えておいてください。再就職の面接のときにつける腕時計についてもポジション的にはスーツやネクタイと同じで、適切なものを着用して行った方がベストだと言えます。けれども、歳にあっているということも重要で、新卒で受けた面接のときに準備したものよりは少しでも高い腕時計にした方が良いと断言できます。

転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもない…

転職を決めるあいだは、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、だれた生活になりやすいですよね。が、そういった生活はキケンです。なぜなら、ダラけた生活が普通になると、「精神的」にも悪影響があるからです。いつの間にか仕事をしようとする意欲を失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そうなってしまうと、悪いサイクルにはまり転職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先が決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えるためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活は意識して避けるようにしてください。

今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでな…

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。特許などを出すと連絡が来ることが期待できます。彼らは、特許を取った人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミで紹介された人など、何らかの実績も持つ人を対象に、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがいかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったのなら、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。近年は「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる業者もありますが、そういったものは100%詐欺といえるので注意しておきましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。

以前の求人誌には、必要とする人材の「性別」まで当たり前のように記載されていました。

今までは求人情報では、雇用主が求める人材の「性別」まで書かれているのが普通でした。ところが最近では、男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別があってはいけないルールができて、応募条件の概要に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。実際問題、実際は男性が欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性が応募してくる、といったトラブルもひとごとではないのです。求人情報で女性活躍等と紹介されていたら、雇用側が働き手は女性を必要としている、と読むのが良いといえます。

就職活動において、年収は非常に大事なポイントです。

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接時には、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。実際の年収を上回る額をもらっていると偽り、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展しかねないので、現在の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。なお、今の年収が300万円の人が転職後にいきなり500万円になる可能性は通常あり得ません。たとえば、今、430万円の年収であるのなら、希望額は400~450万円と伝えておくのが良いです。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を退職に追い込まれる状況も考えられます。

転職先を探している間は、趣味に没頭したり、体力を損なわない生活をしてお・・

転職期間中は、自分の好きなことに打ち込むことに加え、体力を損なわない生活が良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中力が養われます。また体力を補っている事で、その場の社員と比べると疲れない身体になっている、と自ずと認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分が興味のあるなことに力を入れることと、体力アップをしておくことをしておいて損することはありません。そして、同じ会社内であなたと同様の趣味を持った人と出会えれば、親しくなれるきっかけになります。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

このあいだ転職したばかりだというのに、早期に辞めてしまうケース・・

この前、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう選択してしまう人がずいぶん多かったりします。何故そうなるのかと考えてみるとおそらくリフレッシュな気持ちで素晴らしい仕事環境を見つけたというのに、「自分の理想としていた職場とかなり違っていた」「会社のルールにどうしても慣れなかった」と考えて去っていくことが多いようです。可能ならこういった転職における失敗を繰り返さないためには、やはり、事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。職場内の環境、業務におけるルール、通勤にかかる時間、などいろいろ前もって調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

仮に、転身の決意したのであれば、社内の人にはこっそ…

もし、現職からの転職の決心を固めたなら、まったく一緒に働く人にはそれを告げずに転職活動を進めていき、現職にいるあいだは、あくまでも周りの人に知られないように淡々と仕事をするのがもっともいいです。現職中、その状態を保っておくと、最悪の場合希望に知った転職先を見付けることができなくても、転職の予定を延長しながら現職にそのまま残っても何ら問題がありません。でもついうっかり「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人間は、それを受けた対応をし始めます。そればかりでなく周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あの人は辞める予定の人」と確定します。そうなってから転職したい思いが冷めて、「やっぱナシで」となっても、会社内の人間は、「一度は仕事を辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍中、身の置き所がないと感じるしてしまうことになるかもしれません。