求人情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人サイトをチェックする折、例えば、事務系の仕事が希望だから…

  • 求人に係る情報をチェックする場合、オフィス系の仕事が希望だからと、はなから製造業をチェックしていなかったりしますが、そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と間違って解釈している場合もあります。事実、製造業での求人でも、製造マンだけでなく経理、総務といった従業員募集に加え、購買、営業管理などの「事務系」に分類される職もかなりの数あります。とはいえ、製造業がある場所はオフィス街のような環境とは違います。ですから、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。けれど、自分のこだわりを捨てることで素晴らしい人との出会いによって、将来をより良いものにしてくれる可能性もあるのです。
  • 今から転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら・・

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。これは現在の所属する会社がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、手続きをすれば失業手当を誰でも受け取ることができます。受け取り手続きについては、「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、会社都合での退職、あるいは残業時間次第ではすぐに受け取れることもあります。なお、「失業手当」の金額については、辞めた月の給料がもとになって計算されるため、企業に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、繁忙期の後に辞めたほうがいいです。
  • 転職活動を行う上での最後の問題として、「今勤務している企業をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先の会社から採用の内定をもらえたとしても、現在勤務している企業があなたを手放したくないとして慰留することは多々あります。もしそうなってしまったら、負けることなく退職する、という強い意志を貫くことが求められます。たとえ会社に残るように説得されて、一時的に残ったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を作成しておきます。そのあとに、決定権を持つ上司と談判し、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と正直に伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動において必要不可欠です。
  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても受け取れると考えている・・

  • 生涯初の失業保険を受ける際に、何もしなくてももらえると思っている人が大部分ですが、それは誤解です。実際には、受け取り続けるためには、「就職活動」をしている必要があり、それに加えて、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月スパンで職員に就職活動の状況をきちんと説明して真面目に仕事を探していることをわかってもらえれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。また、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、決まりとして給付が見送られたり、ときには以降の給付資格を失うことになるのでそれを防ぐために気をつけておきましょう。
  • これまで私は、「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」で探していました。

  • これまで私は、「転職サイト」で職を探すより、いつも「ハローワーク」を利用していました。理由は、ほとんどの転職サイトはシステム上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。これまでの転職は「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、有名な転職サイトに掲載されている求人よりもいくらか企業の数や給料といった点は見劣りするのですが、古くから地域に寄り添った企業が多く、ピンポイントで見えるのはありがたいです。「聞いたことのない企業ばかりで不安」と感じている人もいるはずです。でも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、数年以内に今の会社を辞めて転職したいのならば、お近くのハローワークに行って相談するもの良いかもしれません。「転職サイト」を利用した時のようなこれでもかというくらいの電話やメールもありません。
  • 転職先を決めるとき、当然やりがいのある仕事をすることも大事だけ・・

  • 転職先を探すとき、もちろん仕事のやりがいアップと一緒に加えて年収のアップも大きなポイントになるので「年収サイト」に登録してあらかじめ研究をしています。同一の会社でしかも全く同一の職種、社歴であるのに人によって大きく違いがある場合も数多くあり、ぶっちゃけ面接の際質問をしたことがあります。面接官も同じサイトをよく見ていたみたいで「高い収入で書いているのは、書いた人間について誰だか予想はついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。
  • 転職サイトは大きなサイトであるほど掲載される会社も多いので…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される企業の数も多くなるため、入社したい2,3の会社を、ともかくウェブサイトに登録した上で、勤務地などにチェックマークをいれておき、さらに条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことができるようになります。ただ、はじめは登録するのが少しばかり大変なので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、それらをテキストファイルに記録しておき、コピー・アンド・ペーストしながら登録すると便利です。登録の初日は、多少時間がかかりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後のことを考えれば、初めの準備に手を抜かないことを心がけてください。
  • とある古物商のお店で、書類選考をパスしました。2、3日し…

  • とある古物商のお店で、書類審査を通過しました。その後先方から、面接予定日を連絡してもらいました。ところが、当日、行ってみると、なぜか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待つと、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、終始呆れるほどだらしのない態度で迎えられ、ひとまず面接は終わりました。けれど、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、こちらから問い合わせると「結果は郵送で本日送付しました」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも来ず、ふたたび、質問したところ、「残念ですが不採用とさせてもらいました」、と有無を言わせずに電話を切られてしまいました。私はしばらく言葉を失いましたが、素直に、不採用で良かったとホッとしています。
  • かつてかなり何社かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 私が求職中のころかなり多くの人材紹介会社に登録していました。その際に思ったこと、それは転職アドバイザーの質が驚くほど色々で大抵は十分だと感じる対応をしてくれない方ばっかり。私にとってはかなり重要なことなのにもっと真摯に向き合ってほしいという想いが積もり積もってそれが理由で私はキャリアカウンセラーの資格を取ることにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得のためには出費も増えたし勉強においても大変でしたが、求職中の人に頼みにされる存在になるべく努力しています。
  • 派遣先が決まりました。お仕事開始の初日に派遣会社の営業の担当の方と…

  • 派遣先が決まりました。仕事開始の初日に派遣会社で営業を担当している方と就業場所に近いコンビニで落ち合う予定だったのですが、担当者がどういうわけか約束の店の前にいないので店の中にいるのかもしれないと考え店の中に入ってみると、担当者はあろうことか雑誌のコーナーで座り込んで18禁の雑誌のグラビアページを開けて読んでいるのを発見しました。自分の担当者がここまで酷いのは我慢できないことだと思って、そこで声をかけずに気付かれないようにお店を出て即刻派遣会社へ辞退すると連絡をしました。
  • 再就職を念頭に置いているならまめに多種多様な企業の募集…

  • 転業しようと思っているなら労を惜しまずにいろいろな企業を日常的にチェックしておくと転身先を選択しやすくなるでしょう。あなたが現在の仕事に何かしらの不満がある場合、転職活動する際に、どこの企業も魅力的に見えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どの会社に決めればよいのか判断が難しくなり、選択を誤りかねません。すると、最終的にはあっという間に退職してしまうおそれもあるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。会社の雇用面だけを見るのではなく、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引している会社を公開していますし、逆にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからチェックをする目安になります。さらに、会社によって個人グループに入っているケースもあるので、グループ名をチェックをすると細かい所もチェックできます。
  • 転職をする際の面接で企業側からクールビズ可とと書かれている場合もあります…

  • 再就職の際の面接についてですが企業側からクールビズで良いとと記載されている場合もあるようですが、なかには、クールビズのスタイルで赴くのは良くない印象になるのでは?と思いがちです。そういうことで悩みを心に背負いこんでいる人たちにアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズを指定された面接においては伝達事項をそのまま行動に移したほうが確かです。考えすぎて、夏の暑い時期にしっかりとしたスーツを着用していくと不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでいくのが望ましいです。
  • 勤めていた会社で嫌な上司の存在に悩みを抱え、最後には…

  • 就職した会社で嫌で反りが合わない上司に神経を使い、最後には仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業の他の会社に乗り換えました。その会社では気分よく仕事ができて非常に満足した毎日でしたが、じわじわと会社が収益を上げられなくなり、ついには経営統合されました。経営統合の相手はなんと前いた会社で、おまけにまったく反りが合わない上司がもう一度私の上司になることになりました。なんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですが新たな転職活動を始めようと思っています。
  • あなたが今、「転職サイト」を活用して自身にぴったり・・

  • 活躍の場を広げたいと、転職サイトを活用して自身が新たなチャレンジのできる将来性のある仕事情報をあれこれ見ているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較対象にならないほどとても質が良いといえます。しかも、あなたにフィットしたものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。ですから、かなりの精度で紹介してもらえたりします。もし、同一の求人に行き着いたとしても、ひとりの力で手当たり次第に探すのと比べればかなり効率的です。そのうえ転職を成功させる近道です。
  • 転職するとき、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 就職活動をするにあたっては、ネットでのエージェントを使うこともありますが、そういった場所で登録して就職できたとしても、「失業保険」の給付は受けられません。失業保険は、「ハローワーク」できちんと手続きしないと給付を受けられないので後々、後悔しないようにしたいものです。他方、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就職したときは、就業のための準備費用として一時金を得ることができます。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。この点について頭に入れておかなければ、失業中に給付金をもらえなくなるので、就職エージェントを利用する予定の方は注意しておきましょう。
  • 今、私は派遣会社に入っています。

  • このところ私は派遣会社で働いています。サイトで自分に合っていそうな仕事を見つけ出し問い合わせてみると「そのお仕事はすでに他の方で話が進んでいます」と断られ一瞬サイト内からも仕事情報がなくなるのですが、なぜか次の日になれば再び載っています。これって結局は私だとよくないのだという意味ですよね。そういうことであれば最初からカドが立たないくらいに正直に伝えてくれるといいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。それともまたもしかすると偽の仕事なのでしょうか?