世の中は変化していてスマートフォンを見ればネットで見られる世界では…

世の中は変化していてスマホは便利でインターネット上には・・

  • 今ではパソコンやスマホを使えばわかるけどインターネット上には、いわゆる「転職に関するサイト」と呼ばれるものが相当な数存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分の目的にあった転職先というのを見つけるには最初は情報を収集することをしましょう。こういう転職サイトを上手く利用することで効率的に転職を叶えられます。最新情報が満載で、正しいレビューなども載っている「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、本当に信用していいのかどうかを見極めることが大事ですからよそと比較しながら厳しく確かめてみましょう。
  • 初めて転職をするにあたって、忘れてはならないのはなぜ現職を辞めたい…

  • 最初に転職を行うのであれば、忘れてはならないのはどうして今の仕事を辞めたいかを明確化しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えてみましょう。そして問題を解消できそうな会社を選んでみましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、働きながら就職活動を続けていくことから、時間と体力が必要不可欠です。それゆえ理由が明確にならないまま転職活動をしてしまうと、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。何とか転職したい、現状を変えたいといった強い意志がない場合は、転職活動の開始はやめておいたた方がいいでしょう
  • 新しい勤め先で、これまでの実力を活かせられれば、即戦力として評価され…

  • 新たな勤め先で今までに培ってきた能力を最大限に活用できれば、即戦力として扱われ、割と早く仕事場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇い主もそのような人材は常に必要なので、雇用側が判断しても即戦力となる転職はとんとん拍子に事が運ぶでしょう。更に今までの仕事と近い仕事なら転職はかなり楽になるでしょう。但し、なかなかのスキルがあるといっても大手企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)は時代に関係に左右されることなくかなりの難関だと覚悟しておきましょう。
  • 転職を度々しないためには、コツが要ります。

  • 転社を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。仕事面のスキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。インターネットでなんでも見られる現在ではメンタル面を鍛えるための自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面を強化することが可能です。それは、ズバリ外国に行くことです。海外に行くと、文化も言語も大きく異なるので、大きな刺激を得られます。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国すると、自分のこれまでの視野の狭さに驚き、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま面接を行えば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただ、退職後しばらくは精神面が弱くなっているので、元気になるまで休みましょう。
  • 在職期間中なら、なるべく周りの人にバレないように(私の転職活動では…

  • 雇用中には、出来るだけ周りの人間にバレないように(ちなみに私自身のときは)雇用期間中に転業したいという考えのみ活動初期の段階で会社内でほのめかしたことがありました。しかしながら、それから、求人サイトを散々探してみたのですが、悲しいことに転職先のあても、タイミングすら無鉄砲に決まらずやみくもに時間だけが経過してしまいました。その一方、会社の方も仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経て次の就業先を見付けなくてはなりませんでした。
  • この前転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に行きました。

  • この前新しい仕事先を探すために人材紹介会社に登録に向かいました。そこで登録するときのカウンセリングの時に現れた担当者が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、こちら側が説明していることの5割も彼はわかっていない感じでした。それにもかかわらず「キャリアデザインが物足りないですね」とか「もっと自分の強みと弱みを理解しておく必要があります」等、ベテランのように横柄に言うからとても不快な気分になりました。カウンセリングを担当する人はそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいものです。
  • 再就職する場合、相応の準備は必須です。

  • 転職活動にあたって相応の準備はやらなくてはいけません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、目に見える「服装」は気になっても仕方がないと思います。けれど、ここ数年の、採用面接では私服がOKな会社も多いので、ガッチリとスーツで決めて面接に臨まなくても良い場合があります。会社の創設したての新規の会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。また、フランクに話ができるメリットも。さらに私服であれば、面接時に、服装の話題に発展しやすいですから、うまくいけば担当者へのアピールにもなります。ということで、今後、転職する際は、企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負するのも良いかもしれません。
  • クールビズのスタイルで再就職の面接場に出向く際には…

  • クールビズの服装で再就職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやはり着込まなくても良いと間違いなく言えますけど、ネクタイに関してはつけて行った方が悪い印象を与えることがありません。ネクタイに関してもなくてもOKだと考えている会社も存在する確率もなくはないです。ですが、ことネクタイにおいてはクールビズであろうと身だしなみとしてつけなければならないと決めている会社がある程度存在します。そういった訳で、クールビズ(軽装)の恰好でもネクタイだけは着用いく方が印象が良くなるということをお知らせしておきます。
  • もしもあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」など、…

  • もしあなたが転職を考える場合に「Uターン」「Jターン」「Iターン」にて大都会から地方に引っ越したうえで転職したいと思っている方も少なくありません。ここ最近は転職サイトを活用すれば、地方での求人情報もいつでもアクセスできます。残念ながら郊外や地方での求人はどうしても大都市よりも少ないのが正直なところです。ですので、転職サイトを使用するのは当然ですが、「地方自治体・商工会議所」といったサイトも見逃さずにチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった機関が主催する転職サポートに関する情報もチェックすると良いでしょう。
  • 転職の際に必須となる採用面接での勘違いしている人が多いので…

  • 転職候補となる会社での面接でのやめておいたほうがよいのは採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることです。すると残念ながら悪い結果につながります。そうならないために例に挙げるならば面接の際は「ボーナス」などの、多数の人が触れにくい内容を勇気を出し率直に聞いた方が結果的に絶対に自分のためになります。実際には「そのような無神経なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接結果に不利になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ところが、かえって良い印象を持ってもらえる可能性が高いといいます。これらの実は面接時に仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、多数の人が気を遣い聞かないのも事実です。そこで、ほんの少し勇気を出して質問することで「言うことはちゃんと言える人だな」と面接官に印象づけられるのです。
  • 失業保険の給付について、「就職活動」していることが必要なのです。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしているという証明が必要となります。とはいえ、現実は「会社を辞めしばらくは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」と思うのが現実でしょう。ですので、真剣に求職活動をしている風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一回ハローワークに行って担当職員と面談するのは必須ですが、その場で「求人票」をチェックすることを最低限行わなければいけません。真剣に探す気力がないときは、「求人票」をチェックするだけで、ハローワーク職員との面談で、「労働条件のいい仕事や自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が意に反して見つけられませんでした」と言って、次の機会を狙いましょう。
  • 転職活動するときに気を付けて欲しい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高く・・

  • 転職のため仕事探しをするときに注意が必要な募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束時間が長いというものです。こういった求人内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいることがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間や45時間といった感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を組み込んでおくというシステムです。(違法ではありません)もしも求人に『みなし残業代50時間込』というのは、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という求人になるわけです。ただし、悪質な求人は、告知しておくべき『みなし』を記載していないことも少なくないので充分に注意を払っておきましょう。
  • 転職時の面接では「転職理由は」といった形で、聞かれることはほぼ間違いありません。

  • 転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事から「転職理由は?」という風に、訊かれると思います。こういった場合、どんなに正論だと思っても、過去の職場の「労働環境」「人づきあい」についての不満に受け止められる回答などは、できるだけするべきではないでしょう。なぜなら、こういった話をしてしまうと、心象を悪くしてしまい、チャンスを棒に振ってしまいかねません。ですから面接時にはポジティブな発言が大切で、本心とは違っていても、「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったようなアピールの仕方が担当者には受けます。
  • 将来的に転職活動をするのなら、気になる求人(もしくは業・・

  • 今後転職活動をされるなら、良いと思う求人(あるいは業界)を見つけたら、きちんと「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票やあなたを担当してくれる転職エージェントの言葉からは業界のマイナスとなる面は、知ることができないのが普通です。もしも、ブラック案件が蔓延している業界なら、簡易的なインターネット検索によってすぐに多くの事例に触れられるはずです。そういう手間を惜しんで入社すると、あとで落胆してしまうおそれがあります。そもそも求人が出されていた理由が「仕事の内容がキツイから人の出入りが激しい」という場合がかなり多くあります。気になった業種について、きちんと調べたうえで応募しましょう。
  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメール連絡が何度も入ります。

  • 転職サイトで登録したあとに、電話・メールが呆れるくらい掛かってきます。これに関して転職初心者は結構驚くことがよくあります。転職エージェントは転職させることが仕事ですので、かなり積極的にかまえています。とりわけ大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬を受け取るシステムのため、転職活動をしている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えることが多かったりします。さらに、彼らは、契約数を増やしたいために、内定がでた直後に、「入社されてはどうでしょうか?」と説得の連絡を入れてくることが多いです。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、安易な妥協をしないように気をつけておきましょう。
  • 女性の再就職に際して、数年前と今現在とは少し違ってきている点があります。

  • 女性の再就職に関しては、今日と数年前では若干の変化が見受けられます。前は面接の際に、「結婚観」や「出産後の予定」などについて、一般的なこととして女性たちへ質問していました。でも、今ではその手のデリケートな内容は、「セクハラ」として扱われるのを恐れ、質問しない会社の方が多くなっています。そして、世間に名の知れた大企業ほど、この手の質問を全面的に避ける傾向にあります。しかし、会社側は、はい・いいえ、といった形ではなく、その人が、結婚後は退職するのか、出産後の細かい予定を当然、把握しておきたいとは思っています。自分の考えを理解しておいてもらうためにも、志望動機や自己ピーアールと一緒に言い表すことで、相手側のモヤモヤも解消できると思うわけです。ですから、たとえ、聞かれていない箇所も先にあなたの側から気遣いつつ、話をしてみると良いでしょう。