転職サイトや転職エージェントを使って、転職活動を行う人は大勢います。

転職サイトや転職エージェントといったサービスを通じて…

  • 転職エージェントと転職サイトを活用し、転職活動を行う人は大勢います。とはいえ、転職活動の成果をもっと高めたいなら、並行して転職フェアに行くことがおすすめです。多くの企業が一堂に会することから、そこに足を運べば多くの企業の情報が得られ、加えて、常駐するスタッフ(説明員など)から、それぞれの企業の雰囲気を感じられるはずです。もしも、転職フェアに参加する機会があった場合、面接を受けに行くのだと思って準備することを怠らないようにしましょう。それが奏功してフェアの中で、企業側に必要な人材と思わせることができれば、正式に応募して実際の面接時にとても有利となるはずです。
  • 転職活動を行っていて面接において必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動をしていれば、面接において「志望動機」「転職理由」の2つは必ず尋ねられます。このうち志望動機については、隠さずに話してもかまいませんが、「転職理由」を正直に話すのはオススメできません。たとえば給料に関する不満、人間関係に関する問題など、そのような話をしたとしても、あなたの印象は良いものにはならないでしょう。たぶん、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人は極めて稀だと思いますが、転職先企業はその点を重要視しているため、慎重に質問されることを覚悟しなければいけません。これに対抗して悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の仕事の内容から外れることには、全く触れないようにすることです。それにプラスして、この会社に入社してこんなことをしたい、5年以内にこんなゴールを達成したい、「こういった私の希望が叶うのは御社だけだと思っています」、といったように志望動機に話をすり替えてみましょう。
  • 転職活動で重要なことは企業そのものというより、ある意味、「担当面接官」との…

  • 転職活動といえば、希望する企業相手というよりも人事や採用担当の面接官とのやり取りが重要です。希望する企業に採用されるために、初歩としてあまり意識せずに焦らずに対応しましょう。たとえばお見合いをする姿勢で向かうと面接への余計な緊張が解けるかもしれません。面接官に対しては最も初めに自分の人間性を評価されるのでマイナスな印象につながる態度は気をつけて控えましょう。そして社会人らしい綺麗に整った服装で向かいましょう。企業にとって必要な人材と感じてもらえれば、きっと転職活動はかなり楽になります。
  • 転職を成功させるためには、戦略を立てながら情報を収集することをしておきましょう。

  • 満足できる転職を希望しているのなら、戦略を立てながら意味のある情報収集をしておきましょう。そうするには現在はほんの小さな企業も公式サイトで企業のことをわかる企業がとうぜんだから、インターネットの機能を利用して色々と必要事項をチェックしておくとそれとその企業のよくわからないことなどを解消しておくと転職時に助かります。さらに公式サイト以外にも「転職サイト」を利用してみるのも良いかもしれません。また、インターネット以外の手段として、何よりも転職の候補している職場を自分の目で判断してみましょう。
  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、まともな会社・・

  • 求人関連の情報では、ほとんどの場合、多くの職場では月にもらえるお金がしっかりと記載されていますよね。この箇所を頭に入れる際は、注意深く確認する事が大事です。数字だけを見て判断しないほうが無難です。企業によっては、月収の金額の内訳で月30時間残業の場合を前提に計算されている可能性もあります。何が問題かというと残業代をトータルすることで好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも考えられるのです。そのほか、「歩合給」を基本給以外に考える、という案件も要注意です。その歩合を過大に計算に織り込んでいる会社もあったります。だから、その手の応募者を増やそうとする会社には興味を持たないほうが賢明です。
  • 現在の自らの仕事や勤め先に関して、不服に思っていることの中に、…

  • 今現在の仕事や勤め先に関して、大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分の持っている能力(スキル)を正当に評価してくれない」あるいは、「年収はアップしないし、レベルアップする可能性も見いだせない」といった不満が多くを占めると思います。とはいうものの、そのような悩みが強すぎる人の場合、自身の才能を実際よりも「過大評価」していることもあるのです。仮に、過剰評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、自分に合った求人がないと、仕事をしないブランク期間が長引く可能性が高くなってしまいます。経済的に生活困難になってしまう危険性もあります。なので転職で良い成果をあげるためにも、本来の自分のキャパシティを冷静に客観視することから始めてみましょう。
  • 自身のスキルや資格を活かしつつ、転職活動する場合、比較的、転職しやすい業…

  • 今あるスキルや資格を有効活用しながら、就職活動する場合、転職しやすい業界と、しづらい業種を事前に知っておきましょう。転職しやすい業界は、たえず人手が足りない医療や介護系の仕事が代表的といえます。医療・介護の分野では看護師や介護士の資格が必要で、ハードルが高く、資格保有者に有利な業種といえます。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、ワケあって、異業種に転職したいと考えているのなら、少し考えてみたほうが良いです。「医療」「介護」以外の業界は、人材の流動性は決して高くないということを理解しておきましょう。そのため、容易に考えない事が必要です。再就職を本気で考えるのであれば、異業種では「医療」「介護」みたいな売り手市場とはいかないと、気をつけておきましょう。
  • 失業した人に給付される失業保険は、失業のあいだが給付の条件です・・

  • 失業者がもらえる失業保険は、失業しているあいだ、給付条件になりますが、給付期間が無限に続くわけではありません。失業時までに勤務していた期間に応じて違い、90日とか120日とかが決まるのですが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。失業中である限り給付されると勘違いして「失業保険をもらえるギリギリまで遊んでいよう」という人がいますが、給付期限があと1ヶ月、という段階で気づいてから大急ぎで職探しを始めても条件のよいところを見つけるのは難しいです。転職先の面接官もバカではないので、失業中に何をしていたかといった箇所はだいたい相手(面接担当者)にバレてしまいます。ヘタをすると、そういった質問を矢継ぎ早にされることもあります。しどろもどろになると合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 将来に目を向け、楽しみを見出しながら再就職ができれば・・

  • 楽しい気持ちを持ちながら転職と向き合っていけば、精神的な重荷が減るので、転職先が見つかるまでの間の堕落も避けられます。そのうえ精神的な部分が健やかな状態であれば、すぐに転職先も見つけられるはずです。最良なのは、やはり、休職せずに転職先を見つけることが重要です。現在の会社を退職せずに次を見付ける形がベストだと思います。また、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。こうしていれば、働いていない空白の期間がなく、履歴も傷がつきません。つまり、転職の際にマイナスの要因がなくなるということです。将来を踏まえながら、スムーズに転職活動を進めてみましょう。
  • 派遣というかたちで働いています。

  • 派遣として就業しています。派遣法の関連で否応なく、長く働いた会社での勤務があと数週間で終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の勤務先で正社員の条件をつかんだ方もいるのですがその理由としてはぶっちゃけ仕事が優秀というわけではなく派遣先の上司へのあしらい方が得意な方でお引き立てがあったよう。業務上の能力よりおじさん転がしスキルが大事なのかなーと他の派遣の仲間と派遣先の会社でいつも愚痴っています。
  • 看護師のそれ以外の仕事に転職する原因は人によりけりです。

  • 看護師という職業の人の他の職に転職に至る理由は、一人ひとり違います。さまざまな理由がありますが、看護師が他の職業への転職には「職場の中に気の合わない上司や同僚、お客がいる」「結婚してから一人とは変わって出産それから子育てそれから家族の介護など、種々の仕事環境の変化など、これまでのようには働き方が厳しくなってしまった」「収入面で不満を感じている」といったような理由が抱えているのかもしれません。不満があるほど、急いで行動を起こしたくなりますが、実際に転職される前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、今一度沈着冷静に客観視してみることも重要です。「本当に転職して状況が良くなるのか?」と再考したうえで決断されることを強くお勧めします。
  • 職を変える時に必要なビジネススーツの色に関しては、新卒の就活の際…

  • 転職の面接で必要となるスーツの色については、新卒の人たちが就職活動の際にに着るカラーが暗黙の了解となっています。具体的に言うと、黒とか紺色の暗い感じの色合い、ということになります。転職の面接でも、着用していくビジネススーツの色味はこういうダーク色が圧倒的に多くて、黒や紺以外の色の転職者は圧倒的に少ないです。それ以外の色と言うと、まれにグレーを着ている人がいるくらいです。大方は黒や紺色のスーツが圧倒的に多いのです。ですから、面接を行う採用担当の人も黒や紺色であるほうが違和感なく感じるので、見た目の印象という点ではそういった色を着用する方が良いわけです。
  • 看護師というのは仕事としてどうしても女性の割合が高…

  • その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は職業として歴史的にも女性の割合がすごく大きい職です。知られていると思いますが気力や体力をひどく消耗がきついことが日常茶飯事です。とうぜん職場の人間関係のいざこざや、自分の結婚や出産の後にそれまでの勤務が継続できなかったりして、仕事とプライベートとの両立が取りづらい業種ともいえます。実際、上記のような点に行き詰まり、職場を替える人がとても多いのが現状です。過酷な労働環環境であるために、人手不足の状況になっています。つねにどの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」であるため、さらに転職に拍車を掛けるスパイラルになっています。
  • 転職をする場合、転職したあとの自分の給料について気にする・・

  • 転職というものをする場合、転職先となる職場における給料ばかりに気を取られる人がけっこう少なくありません。もちろん大半の方は、仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を給与として稼ぐべく働くはずです。年収がいくらかは自身がどのくらい評価してもらえるか、でもあるので当然大切と感じるのは無理もありません。とはいえ、愚かにも年収額ばかりをとらわれすぎてしまう人生というのも虚しい気がするでしょう。それより収入面にそれほど期待ができない仕事であっても、精神的な充実を得られることがあるからです。
  • 転職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されたら、あなたも相手の方に名・・

  • 再就職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を渡してきた場合、こちらも名刺を相手に渡した方が良いのか?と迷ったときは、おおむね差し出す必要のないもの、と頭に入れておいてください。転職のための面接に関して言えば仕事の延長上のことではなくて、採用活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする時とは異なります。それに、あなたは立場上会社の者としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。それゆえに、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちら側は名刺をもらうだけで問題なくて、面接担当者に相手に渡す必要性はまったくないと判断できます。
  • 新卒で入社した会社を離れ、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒採用で入った会社にさよならをして転職に踏み切りました。実際に退職する前後は、しばらく悩んだりもしました。でも、社会に出て数年経てば転職をして多数の人が転職をしていることを私自身が転職したことで学び、無意識のうちに以前よりも安心することが出来ました。また転職をしたことで何か、精神的に楽になり、「自分の好きなこと」を再確認できて毎日が充実したものになりました。いまだに「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。