長年にわたり接客関係で勤務していたのですが、年のせいか…

長年にわたり接客関係で働き続けてきましたが、年をとったせい・・

  • ずっと接客業で仕事をしていたのですが、歳をとるにつれ立ち続けるお仕事は体力的にしんどいため、座り仕事である事務系のお仕事へ転職することを目標にして行動にうつりました。事務が未経験となると少々厳しく、接客の要素もある受付兼医療事務をしようと思い資格も合格して個人の病院に転職をしました。周囲はベテランのパートさんばかりで人間関係が苦痛。夜のシフトばっかりさせられ、接客業で働いていた時よりも帰りも遅いわけですが、今はキャリア形成の時と観念して頑張ります。
  • 転職をする場合でおいてほとんどの人が聞きだされるこ…

  • 転職をする場合でほぼ聞きだされることが以前勤務していたところを退職した原因についてです。このような質問に回答する場合には話題を辞めた会社からそらしたほうが賢明です。退職した理由を的にしてしまうとどうしても悪い印象を与える要素を伴った面接に進んでしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、どうして以前働いていた会社を辞めたかという点をこの職場に絶対に入社したいという考えがあったからといった話に進めていくということで、今、自分が面接に来ている会社に話を向けるべきです。転職理由でも、そういった内容ならば、悪い面ではなくプラスの要素を含んだ以前の会社を辞めた理由になります。
  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、まずゼッタ…

  • 転職のための活動を効率的にやっていくには、最初に何よりも自身の心のうちが急がないことをとても大切にしたいものです。会社で働きながら転職の活動では、それほどにはそうでもありませんが、退職してしまってから行う場合だったら、やはり内心が焦燥感が出てしまいがちです。であるので、冷静になりつつ、活動するように意識しましょう。自分がやってみたい仕事や、理想とする職場の雰囲気をハッキリイメージしておきましょう。候補の職場と比較してみて、それらが合致してるか、再度、冷静になって見極めてみてください。時間を掛けて判断することで良い転職先が見つかりやすくなります。
  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ注意してもらいた…

  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひチェックしてほしい点が数点あります。まず派遣社員というと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をのようなものをイメージされる人がおそらく少なくないとは思います。実は私自身も今、働いている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「担当する業務は電話対応になります」と採用の際に派遣会社から伝えてもらっていました。しかし、実際に業務に掛かると、なんと「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、指示されました。とくに何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは異なる内容ばかりなのでとても困惑しています。今はとにかく、派遣の期間が過ぎるのを待つのみです・・・。
  • 近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりし・・

  • 今日では、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な会社が公表されたりするなど、損をする流れになってきましたが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要があります。ともかく、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらをもとにいろいろと質問してみることです。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」みたいな逃げようとすることが多いです。「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問していくうちに、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも食い下がると、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、他の会社をあたったほうが良いと思います。
  • 安定性を手に入れるべく正規の社員として働くことを意識している人・・

  • 安定的な生活を願い正規社員として働くことを念頭に置いている人が相当います。が、役立つスキルを身に着けたりして頑張っていても、正社員としての転身が叶えられないこともあります。契約社員の求人募集がかなり目につくのに正規雇用の求人情報に固執し、時間がムダに過ぎる、といった人が最近多いようです。万が一あなたが、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、契約社員や派遣社員の募集も見てみましょう。契約社員や派遣社員の募集を掛けている企業でも、働き手の実力により、数年で契約社員から正社員にステップアップを狙えるところもあるからです。ですので面接を受ける際に、「正社員登用」のチャンスの有無をヒアリングしても今後の役に立ちます。
  • 自分自身の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意が必要です。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている方は要注意です。これは、私が経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが大好きでそれが理由で、前に、飲食の世界(レストラン)に勤めていた期間があります。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、職場の人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが引き金となり、仕事をやめたのですが、そのせいで、あんなに好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱っていた食べ物さえも苦手になり、同ジャンルの店にはしばらく経った今も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事を始めた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の好き、を仕事にしたいと思い、実現できるのは素敵だとは思います。ですが、「好き」はどのくらい本気なものなのか、真面目に自分自身と向き合ってから行動するべきです。
  • 働くことによって回復が難しいほど心的にとてもつらくなってしまい・・

  • 仕事のせいで精神的な負担が大きくなり、転職しなくてはいけない状況となったなら、そんな時は、会社と相談ではなく自身の家族と話して、その後の進退を判断した方が良いです。働くことは当事者であるあなたです。が、しかし家族の問題ともいえます。どんなに高い給料を得たとしても、精神面がボロボロになるまで仕事をすることは好ましくありません。現在では、経済的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの家族、あなた自らの心と体を大事にしましょう。
  • 今の時代は株や不動産投資等の不労所得で儲けたり、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

  • 近頃、株・不動産投資などの不労所得のほか、個人経営 や起業を目指す人も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員以外は不安定であぶない」といった考えも変わりつつあります。高度経済成長時代に関しては、将来的に不安定な自営業といった稼ぎ方よりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれ、人が生きていくうえで正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていた。そのような社会全体が等しく成長する時代は終わり、時代は変わって「成熟期」という名がいうらしいです。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。
  • 直接雇用ではなく派遣という形態で仕事をする人が現在増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が近頃増える傾向にあります。もし、あなたが派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかをなるたけ面接のときに聞いておきましょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその見返りに、手数料を徴収していくシステムなのですが、派遣会社の多くは、派遣労働者の取り分を公開していません。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も少なくなく、悪い業者では、2割しか労働者に還元しないというケースもあるのです。面接の際にきちんと答えない会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できるなら違う派遣会社を利用されることを推奨します。
  • 転職活動を行うときに、まずは会社を辞めた後でという考えを持つ人もいます・・

  • 転職活動を行うときに、とにかく今の会社を退職してからという考えを持っている人もいるようですが、そういった場合にはボーナスのことを気にしておきましょう。ボーナスのある企業は山ほど存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが振り込まれる時がもうちょっとならば、ボーナスを手に入れてから退職するというのも悪くないです。ボーナスは少々多くもらえるはずなので、頂いておいた方が良いと言えるでしょうから、この職場を辞めようと思ったらいつボーナスが入るのかをまず第一に確かめておくとボーナスをもらうのを忘れないと思います。
  • 違った職場がいいと転職をする活動中の人の大半は「できるだけはや…

  • いい職場につきたいと転職をする活動をしている中の大半は、「少しでもはやく採用通知が手にしたい」と思ってしまうはずです。しかし、それで内定通知を欲しいばかりに、自分の能力について、嘘の申告をしたり、その反対に自分を過小評価にしかならない売り込みをするのは出来るだけ避けておきましょう。大事なのは焦る気持ちをガマンして、冷静かつ客観的にあなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる職場を賢く探していきましょう。
  • 転職をする際の面接につけていく腕時計の事についてです…

  • 転職時の面接でする腕時計について申し上げますが、明らかに目立つようなタイプのものは着用は避けたほうが最善です。この場合の、目立つは明らかに高価そうに見えたり、というだけではありません。真逆でチープなものに見えてしまうとか、そのような目立つという意味であって正反対で目立つのだと頭に入れておきましょう。再就職の面接のときに着用する腕時計に関してもネクタイやスーツと同じで、ビジネスの場にふさわしい安全なものをチョイスするほうがベストです。けれども、歳にあった腕時計というのもとても重要で、新卒の面接で準備した腕時計よりはわずかでも値段が高い腕時計にした方が良いということははっきりといえます。
  • 再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない…

  • 転職期間ではどうしても、時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、ダラダラとした生活になりやすいですよね。ですが、そういった生活はキケンです。というのは、気の緩んだ、だれた生活を続けると、「メンタル面」にも問題が出てくるからです。気づけば、仕事をしようとする気力がなくなり、お金に困る未来がやってきます。そうなってしまうと、負のサイクルができてしまい、再就職先をなかなか決められなくなります。再就職先を決めることができないのは、お金を第一に考えるためです。給料を最優先事項に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そのため、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

  • 最近はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。特許などを出すと連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人だけでなく、「研究開発論文」を発表した人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングするネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングらしい連絡をもらったときには、思い出してみましょう。稀にヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、その手の会社は確実にイカサマですからきっぱりと断るようにしましょう。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要はありません。
  • 何年か前までは求人情報では、雇いたい人の「性別」ま…

  • 今までの求人情報では、「性別」が明確に書かれていました。しかし今では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって男女差別が雇用の際にないようにしないといけないという決まりになり、応募資格の概要に「性別」を明記できなくなりました。しかし募集情報を出す企業は、男性・女性どちらでも平等に雇用するとは限りません。従って本当は男手を必要な企業に女性が募集にやってきたり、女性希望の会社に男性がエントリーしてきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もしも、「女性が活躍している仕事場です」といった内容の案件は、女性を希望しているのだと考えたほうが良いでしょう。