就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、必ず話題になるのが年収です。

転職活動中には、「年収」の話題が必ず出てきます。面接の際、ほとんどすべての会社で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、一時的に信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまうためです。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、現在の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほとんど場合ありえません。たとえば、現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなるおそれもあるので注意が必要です。

転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にす…

転職期間中には、趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識しておくとベストです。復帰した際に、趣味に没頭していたことで、気付かない間に集中する力が上がります。さらに体力アップが図れていることで、その場の社員と比較するとスタミナがあると認識します。というワケで、興味のあるなことに力を入れることと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。そして、その職場にてあなたと同様の趣味の方と出会えれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

ちょっと前に転職をやっとしたばかりなのに、慣れもしないあいだに…

3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、あっという間に辞めてしまう人というのもずいぶん多いものです。何故そうかと思うと私の考えではリフレッシュな気持ちで自分に合った環境を見つけたものの、「理想としていた職場環境と大きくかけ離れていた」「ルールにどうしても慣れなかった」といった感じで別の仕事を探すことが多いといいます。可能ならばこのような失敗を未然に防ぐためには、まずは事前の情報集めを徹底しなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、給与体系、などいろいろ調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

例えばあばたが、転職を意思を固めたのなら、徹底的に周りの人間・・

仮にあなたが、現職からの転職の意思を固めたのなら、まったく周りの人にはその気持ちがばれないように、活動していき、転身先が決まっていない間は、徹底して周りの人に悟られないよう通常通りに仕事をするのがもっとも無難です。現職中、その状態でいれば、もしも希望する条件に沿う転職先が見つからなくても、転身時期を遅らせながら、現在の職をそのままし続けても何も問題ありません。でもつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせると、周囲はその言葉に合わせた対応を取るようになります。しかも社内の人間に「辞めるつもりです」と言ったが最後、「あの人はもうじき退職する」と広まります。その後で転職したい思いが消えて、「やっぱり仕事は辞めない」となっても、会社内の人間は、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている限りは、立場が悪くなると感じるかもしれません。

求人に関係する情報を見るとき、デスクワークがしたいから・・

求人に関係する情報をチェックする際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほどはなから製造業をチェックしていなかったりします。そのような人の多くは「製造業は現場で製造する仕事しかない」と誤解しているはずです。現に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といった人材募集に加え、資材、購買、営業管理のような「事務系」に類するお仕事もとても多いです。製造業の仕事場自体、ビジネス街からは離れた地域にあります。ですから、そこがマイナスに感じられるかもしれません。とはいえ、自分のエゴをなくすことで仕事の選択肢を広げ、将来をより良いものにしていく助けになるはずです。

今年中に転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前に期間があるのなら、…

今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。現在の所属する会社がもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きについては「ハローワーク」で行います。自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、働いている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐもらえる場合があります。「失業手当」の額は、最後の月の近々の給料をもとに支給する額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種であれば、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。

転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、「今の会社の退職」があげられると思います。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な難問として、今の仕事を辞めることがあります。転職先の会社を決めたとしても、現在勤務中の会社が退職を慰留しようと説得してくる可能性もあります。そうなってしまった場合、困難に負けずに退職する、という強固な気持ちを維持することが必要です。もしも引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。会社の規定をチェックし、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を書いておきます。そうして、決定権を持つ上司と直接話し、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と正直に伝えます。「円満退社」で去ることも転職活動を成功させるためには必須です。

生まれて初めて失業保険をもらう際に、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が…

はじめて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても給付されると思っている人が非常に多いですが、それは誤りです。本当は、もらい続けるためには、職探しを続けている必要があり、それに加えて、毎月1回、ハローワークに通わなくてはいけません。1ヶ月間隔で担当者に就職活動の状況を報告して真剣に就職活動をしていると判断されれば翌月の給付を受け取ることができるというシステムです。もしも、真面目に仕事を探そうとしていないと判断されたり、月に一度のスタッフとの面談に不参加な場合は、ルールとして給付の一時停止に至ったり、酷い場合はその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう充分に注意しましょう。

以前は、「転職サイト」に頼るよりいつも「ハローワーク」に相談していました。

今まで私は、「転職サイト」で職を探すより、「ハローワーク」を活用していました。理由は、ほとんどの転職サイトはどうしても都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。そのために、求人情報を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。掲載されているどうしても知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着なので、都会以外での転職には役立ちます。しかし、「ハローワークを利用したことがないから不安」というイメージがある人も多少いるかもしれません。以外にも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、これから転職を検討しているのなら、参考までにハローワークへ行って相談するもの良いかもしれません。人気の転職サイトのような大量の電話やメールが繰り返し来ることもありません。

転職先を決めるにあたって、もちろん仕事のやりがいのアップと共に…

転職をするにあたって、仕事におけるやりがいのアップと一緒に加えて収入のアップも大きなポイントになるので「年収サイト」というところに登録して前もって研究をしています。全く同じ会社でその上同一の職種、経歴なのに人によってとても幅がある場合も複数あり、ぶっちゃけ面接で質問したことがあります。面接官もそのサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた側も誰であるのか予測がついているんですけどね、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。

転職サイトは大手サイトの方が掲載量も多くなるので、気に入った2~3社を…

転職サイトは大規模なサイトの方がたくさんの転職情報が掲載されているため、興味を引く2つか3つの会社を、とりあえずは転職サイトに登録しておいて、勤務地・年収などの条件を事前に設定しておき、次に条件に合う案件が自動的にメールで送られるように設定しておくと楽に情報収集を行うことが可能になります。ただ、最初は登録するのにとても時間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。初めの登録のときは少し時間がかかりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、後の応募を考えれば、最初の準備をきちんと行うことを頭に入れておきましょう。

とある古物商の求人に応募したところ、書類審査に合格したの・・

ある古物商の社員募集にて、書類選考をパスしました。その後担当者から、面接日時を教えてもらいました。ところが、当日行ってみると相手が面接準備を一切していないことに気づきました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接担当をしてくれましたが、最初から最後まで、驚くほどけだるい表情を見せ、グダグダな状態で面接を終えました。予定日になっても合否連絡が一切来ず、もどかしくなり、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局、届きませんでした。仕方なくふたたび、電話をしたところ、どういうことなのか、「結果は不採用でした」、と勝手に電話を切られてしまいました。あまりの対応にしばらく絶句してしまったのですが、本当は、採用されなくて良かったと思っています。

キャリアップしたいと思いかなり何個かの人材紹介会社に登録していました。

転職を考えていた時期にかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職アドバイザーのレベルに関してもまちまちでたいていの場合、十分だと感じる対応をしてくれない担当者ばかりでした。私にとってはかなり重要なことことだからもっと心して向き合ってほしいという落胆した気持ちがいっぱいになりました。それがきっかけとなりキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。その資格を取得するのはコストもいりましたし勉強においてもとてもハードですが、就活中の人たちから頼りにされるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

派遣先の会社が決定しました。仕事開始の初日に営業の担当者と…

派遣社員として働く会社が決定しました。最初の勤務日に営業担当の人と就業先近くのコンビニで落ち合うことになっていたところ、どうしたことか約束のお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思いお店の中に入ってみると、こともあろうに雑誌の所で座り込んで成人向けのグラビアページを開いて閲覧しているのを発見!こんな担当者の仕事なんて絶対に無理だと感じて、そこで声をかけずにお店を出て直ちに派遣会社へ辞退をする旨の連絡を入れました。

転身を念頭に置いているならこまめに多様な企業の募集案・・

転職を念頭に置いているならこまめに多種多様な企業の募集案内をチェックしておくと転職先をとても選びやすくなります。今現在の仕事にやりがいを感じられないと思っている場合、実際に転職活動をする際に、どんな企業でもいいように見えてしまいます。そういった状態になってしまうと、どの企業を選択するべきか、判断が難しくなり、どんな会社でも飛びついてしまいます。すると、最終的には短期間で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用に関わる情報だけ見るのではなく、その企業の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる会社は取引先を公表していますし、そうでない企業は、宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。さらに、会社によって個人グループに入ってることもあるので、グループ名を調べて、内容を確認してみてください。

転職の時にする面接での身なりは企業側からクールビズでもOK…

職を変える際の面接についてですが会社側からクールビズで良いとと言われる場合があります。しかし、なかには、クールビズで面接に行くのは良くない印象になるのでは?と疑ってしまうこともあります。そういうことで悩みを懐に抱えている方においては、クールビズでも良いとされている面接に関しては書かれていることを素直に聞き入れるほうが良いです。色々考えすぎて、夏の暑いときにクールビズではなくスーツを着込んでいくと相手に不自然な印象を持たれてしまうので、企業側からクールビズ可と書かれていたらクールビズで良いのです。