働いていた会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、我慢の限界を超えてその会社を辞め…

新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に困惑してしま…

  • 勤務していた会社で嫌な上司に憂鬱な気分にさせられ、耐えることができなくなってその会社は辞め、同業である他の会社に職を変えました。そこでは居心地よく勤務することができてとても充実した毎日でしたが、ゆっくりと会社の売上が悪くなって、とうとうとある会社に経営統合されることとなりました。ところがその統合した先の会社がなんと前に働いていた会社で、それどころかまったく反りが合わない上司がまた私の上司になることになりました。いったいこれはなんでこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですがもう一度転職活動を始めるつもりです。
  • あなたが今、「転職サイト」を利用してあなたの希望条件にマッチした…

  • あなたが今現在、「転職サイト」を活用してあなたが新たなチャレンジのできる働いてみたいと思えるような仕事を探しているのなら、ぜったいに「転職エージェント」を利用しておきましょう。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスに登録後その場で紹介される仕事は、一般的に公開されていないからです。誰もが見られる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないほどにとても高品質といえます。そして、あなたの希望にフィットしたものを調査しつつ、紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望する求めていた職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同じ求人を発見するとしても、自力の力で行き当たりばったりに調べていくことと比べれば、相当に効率的です。そのうえたいへん確実です。
  • 新しい職を探すとき、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 仕事を探すのに、ウェブ上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)を利用することもあるでしょうが、もしその種のエージェントに登録し、めでたく仕事を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので要注意です。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険とは無関係なので注意が必要。なお、ハローワークにより斡旋してもらって就職したときは、就職に備える準備金として、一時金を受け取ることが可能です。インターネットで展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険などの手続きはしてもらえません。こういった点を知らないでいると、失業中に給付金をもらえなくなるので、そうならないように注意しましょう。
  • このところ私は派遣会社に登録しています。

  • 派遣の会社に登録をしています。ウェブサイトの中でふとよさそうな仕事を発見し聞いてみると「その仕事はすでに他の方で話が進んでいます」と言われてしまい一時的にウェブサイト内から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その次の日にはまた載っています。これって結局私ではダメだっていうことですよね。そういうことならば変に隠さないくらいで正直に教えてほしいのですが、なかなかそうもいかないでしょうか。あるいはまたもしかして実際には存在しない仕事なのでしょうか?
  • 近頃PCやスマホを見ればネットで見られる世界では今…

  • 世の中は変わっていてスマートフォンは便利でネット上では、今では「転職サイト」に類するものが数多くあります。サイトを見て自分自身が欲している転職先と思えるのを見つけるにはとりあえず情報を収集することが欠かせません。こんな転職サイトを上手く利用することでよりスムーズな転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。まずは、実際に信用していいサイトであるかをよそと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。
  • 最初に転職をする際、頭に入れておくべきなのはなぜ現在の仕事を去らなければいけないの…

  • 生まれてはじめて転職を行う場合、気を付けるべきことは「現在の仕事を辞める理由」をハッキリしておかなくてはいけません。その理由が問題なのですから、そして問題を解消できるであろう企業を選びましょう。転職活動は、学生時の就職活動とは異なり、働きながら就職活動を続けていく必要があることから、時間と体力が必要不可欠です。だから理由が明確にされないまま転職活動を開始した場合、途中で息切れしてしまうことがあります。何としても転職したい、現状を変えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動の開始は保留にしておいた方が良いです。
  • 新しい仕事で、今までに培ってきた能力を最大限に活用できれば・・

  • 新しく就いた仕事でそれまでに培われてきたキャリア・スキルを生かせたとしたら、即戦力として周囲から迎えられ、早々に職場で存在感を得られるでしょう。また会社としても、そのような能力がある人材は常に必要なので、企業側が判断しても即戦力となる転職はそんなに難しいことではありません。それに加えて以前の業務内容と同じ業務内容なら転職はとても楽となります。とは言っても、そこそこ能力があるといっても大手企業の事務系、公務員系(国家・地方ともに)の募集は、今も昔も中々の難関ですから、楽観視は禁物です。
  • 転職を繰り返さないためには、コツが要ります。

  • 転社を繰り返さないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル部分のスキルを磨くと、転職を繰り返すことがなくなります。今ではネットを用いて精神面を強くする自己啓発系の情報は誰でもカンタンに拾えます。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは違う行動をすることも精神面を強くすることが可能です。何かと言うと「海外旅行」です。海外旅行に行くと、日本との違いがたくさんあったりと、どの瞬間も勉強になります。ですから、帰国後変化があるのです。日本に戻ってくると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接に向かえば、これまでとは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。ただ、退職後は精神的に弱くなりがちなので、心の回復のために休暇も必要です。
  • 雇用中には、可能なかぎり周りの人間にバレないよう・・

  • 在職中には、できれば周りの人に悟られないよう、(私の例ですが)在職中に転業する考えのみ早い時期に社内の人間に仄めかしてみました。ですが、その後に求人サイトを必死に色々と探してみたものの、思いとは裏腹に就職する転職するタイミングすら何も決まらないまま、ズルズル時間が過ぎてしまいました。そして一方、会社のほうは、退職に関わる手続き、私の退職日などが続々と確定していき、結果的に、「退職予定日に沿う形で就職先を探していく」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。そして、思うような展開にはならず、失業期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。
  • 一昨日新しい仕事先を見つけようと人材紹介会社へと登録に向かいました。

  • 先日新しい仕事先を探すために人材バンクへ登録を行いに行きました。そのときカウンセリングのために現れた担当者がどうも仕事の経験が少ない社員のようで、こちら側が説明していることの3割も彼は理解できてない感じでした。おまけに「そのキャリアデザインでは厳しいですね」とか「自分の強みについてもっと考察することが大切です」等、カウンセリングの専門家であるかのように偉そうにのたまうから大変嫌な気持ちになりました。カウンセリングをする人は多少は仕事の経験がある人にするべきです。
  • 転職活動では、準備は必要不可欠です。

  • 再就職をスムーズに行いたい場合、それなりに準備をしなくてはなりません。準備といってもたくさんあるのですが、その中でも身だしなみ、に含まれる服装は誰もが気を遣う部分ではないでしょうか。…が、ここ数年の、採用面接に関しては私服がOKな企業も多いので、ビジネススーツで赴く必要はありません。会社の創立間もない会社などは、フレクシブルな考えなので私服で面接を受けたほうが、相手に好印象を与えられます。そして、正装ではないので、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。そうして、私服ですと面接中に、ファッションについて、相手との話が広がる可能性もあります。ですから、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ということで、これから転職するのなら、気になる企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系などの)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのもアリかもしれません。
  • クールビズ(軽装)で再就職の面接に臨む際には、ジャケットにおいてはやは・・

  • クールビズ(軽装)で再就職の面接を受けに行く際には、ジャケットは着用しなくても良いと間違いなく分かります。ですが、ネクタイはして面接を受けた方が無難です。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだとしている会社もある可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイは例えクールビズであろうとつけなければならないとしている会社がいくらかあります。ですので、例えクールビズと言われていたとしてもネクタイにおいては必ず着用から行った方が安全だということは知っておいてそんはありません。
  • 再就職を考えたとき、「Uターン」「Jターン」といった形…

  • あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移り住んで、再就職したいと思っている人が、近年増えています。この頃は求人情報サイトを使用することで国内のあらゆる場所の求人情報にもいつでも簡単にアクセスできます。しかしながら、郊外や地方での求人情報は、大都会ような選択肢がないのが事実、難点でもあります。ですから、転職サイトを利用するのは当たり前ですが、求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」の情報サイトなどもしっかりチェックしておくことをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している就業サポートのイベントにもアンテナを張っておきましょう。
  • 転職を成功させるための採用面接に関して、してはいけないの・・

  • 転職の際に欠かせない会社での面接での勘違いしている人が多いのですが採用をされたいあまり過度に猫かぶりをすることです。すると正直に言って採用を勝ち取れないこともあり得ます。そんな事態を避けるためには猫をかぶるよりも面接時は、「給与」など、通常であればちょっと聞きにくいことも思い切って率直に尋ねておいた方が、結果的に確実にあなたのためにもなります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でそういった質問をすることで最終的に不利になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。ですが、かえってマイナスに作用することは結果的には可能性が高いといいます。これらのことは「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、実際には、誰もが聞きたい事項ではあるのに、ですが、面接に応募した人たちの多くは、はっきりと聞けないものです。しかしながら、勇気を出して質問をすることで、「こいつは他と違う」ということで思わせることができます。
  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることが必要なのです。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、職探しをしている姿勢を見せる必要があります。としても、現実は「ハードワークから解放されたし、少しの間でも仕事をせずにゆっくりしたい」と考えるのが正直なところでしょう。真剣に求職活動をしているように見せる方法は、あります。毎月、「ハローワーク」に行くのは避けようがありませんが、その場で求人票のチェックは必ず行ってください。真剣に探す気持ちが出ないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談時、「自分にピッタリな仕事や、希望する仕事が意に反して今月はゼロ件でした」と話して、次の機会を狙っておけば大丈夫です。
  • 転職のため仕事探しをするときに特に注意したほうがよい求人は…

  • 転職活動するときに気を付けるすべき求人は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。このような募集内容の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで計算していることがとても多いのです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間といった形で求人の内容に時間が併記してあります。毎月これくらいの残業が発生するため、あらかじめ給料形態に残業代を組み込んでおくというものになります。(この仕組みは違法ではありません)仮に求人に『みなし残業代30時間込』と表記される求人であれば、「記載時間分の残業代を入れると、この給料がもらえます」という求人になります。ただし、悪質な求人情報では『みなし』をわざと記載していない可能性もあるので充分に注意を払っておきましょう。