その昔は看護婦と言われていた看護師は資格として女性比率がすごく高い…

昔は看護婦と言われていた看護師というのは資格として女性比率が高・・

その昔は看護婦と言われていた看護師というのは職業として歴史的背景から女性比率が高い職です。そして、気力・体力をひどく消耗が激しい傾向にあります。とうぜん職場環境での対人関係にトラブルを抱えやすく、結婚や出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立が取りづらい業種ともいえます。実際に、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職希望者が多いというのも事実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足に困っています。というワケで、各病院は、看護師を欲する「売り手市場」であるという現実も、これが転職の希望者が後を絶たない要因になっているのでしょう。

転職を考える際、転職後の自身の給与を過剰に気にする人が…

転職について考えた場合、その職場の自身の給料を過剰に気にする人がそこそこ多くいるようです。とうぜん誰しもだから生活費を給与として稼ぐべく精を出しているはず。だから自身の価値を測る指標という見方もできますから、とうぜん大切なことは至極当然です。しかしながら、あまりに年収というものばかりを気にかけすぎるのも悲しい気がするでしょう。それより年収に反映されない仕事であってもやりがいを感じられることが普通に転がっているからです。

転職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された場…

再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも同様に名刺を差し出すべきであるのか?と迷ったときは、大体の場合は渡す必要はないと覚えておいてください。面接は仕事内ではなくて、職に就くための就職活動内のことになるので、基本的には名刺をやりとりする時間ではありません。それに、会社の者として出向いているのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。それゆえに、相手の方から名刺を渡された時でも、こちらの方は名刺をもらうだけでよくて、相手に渡すことは少しもないと判断できます。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職すると決意しました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、勇気を出して転職しました。会社を辞めたときは、かなり悩んでいましたが、しかし、会社を数年で辞めて、中途採用で働いている人がほとんどだということを自らの転職活動で気づき、いつの間にか悩みは消えていきました。また転職を経験するとなにか肩の荷が下りたような感じがして、「自分の好きなこと」を探すのことが日々が明るくなりました。やはり「続けてこその仕事」といった転職に対するマイナスイメージもありますが、それが必ず正しいのかなと感じました。私の人生においては転職を決断して良かったです。

今から転職しようと思うのなら、今いる仕事の何が気に入らないのかを…

転職活動をするに当たっては、今現在の仕事・業務の何に対して不満を感じているのかを洗い出しておく必要があります。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満なことが大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「ちゃんと存在する客観的にみた不満点を明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。自身の問題を見える化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職の失敗は防ぐ事ができます。

転職しようと思うなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。

転職先にて、いきなり満足できるほどの「年間報酬」を手にできると考えないほうが良いです。とりわけ入社1年目の段階では、大方「研修期間」が入っているというのが可能性が高いです。自らの事例では、四苦八苦して手にした職なのに、悲しいかな前職での稼ぎと年収と見たところイコールということがありました。それにプラスして、業務は多様で忙しく、とても責任が伴うものだったので、初年度を越すのも非常に苦労しました。そのような経験をしてみると、初年度は、仕事を覚える時期として捉え、出来る限り転職以前の段階で貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

転職活動を現職と同時に行う人が多いです。

転職活動と現職の同時進行を行っている人は少なくありません。働きながら求人を見て、応募の手続きをしたり、そして面接に行く、というのは時間的にも体力的にもハードといえるでしょう。さらに転職活動時は、現在の職場の同僚や上司に隠す必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、もしも、書類選考をクリアし、面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。いずれにせよ自分の大切な時間を浪費することになりかねないので、行くつもりのない企業は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は、新卒の就活とは全く違う、と理解しなければいけません。

やっている転職する活動の際、「私は今までずっとこういった種類・・

いい転職をしようと転職活動で「私は振り返るとこういった仕事に尽力してきました」「過去の仕事によって、このような技術に磨きを掛けました」と過去の自身の成功体験やセールスポイントを強調してアピールする人はけっこう少なくありません。ところが、転職希望する新たな組織で「近い将来こういった仕事をしたい」「こういうような内容ならぜひ参加したい」と未来の展望を話して自分自身をアピールしていったほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職時の採用面接に転職したい会社へ行ったときのことです。

転職のための採用面接に転職希望の会社へ行きました。たまたま会社の会議室が空いていないというわけで社外で面接官との待ち合わせをして採用面接を行って、その場で解散をして、面接を行った方も会社に帰らずそのまま自宅に帰るとのことでしたが、ところが自宅最寄駅が同じ。ですから電車の中でも面接を行った人と一緒に話をしながら帰ることになって、その結果緊張がほぐれ面接しているよりもお話が弾み、それがプラスに働いたのか何事もないまま採用を掴むことができました。

もしも転職を考えているのなら、転職前に「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

もしも転職するのなら、転職前に資格を取得することで有利になります。とくに、仕事を続けながら資格取得をしておくと、転職の際でそれを生かせることができるので、新しい仕事も探しやすくなります。ですので、在任中の時間がもっともおすすめのタイミングです。もしあなたが将来を考え、社会的にニーズの高い資格を取得しておけば、今の職場を離れたあとも後悔なく次に進めます。それに、資格を取ることができれば、面接のときには即戦力として扱われそれまでより待遇も良くなる可能性が高いです。

転職した場合には、高い確率でそれまでの仕事の多くの出来事は美化されます。

職を変えた場合には、大体の場合、それまでの仕事は大方の出来事は美化されます。現在の仕事内容にダメな点があるから、良い方向に進みたいと退職を決め、転職を決意したはずなのに、時間が過ぎるとともになぜか新しい会社よりも「前の職場のほうがマシだった」と感じ始めるのです。それというのも極めて当然のことで、前職は仕事をこなすことに慣れきっていてきちんと日常の業務ができていたからが、一番の根底にあるはずです。でも、「転職しなけりゃよかった」と真剣に悔やむほど、前の職場のほうが待遇や職場の雰囲気が良いケースも考えられます。

これまで20代前半に転職を数回経験して、今現在は資格をゲットする・・

私は20代の時点で転職を2回し、そして今、資格を取るべく派遣社員として企業に採用されました。常勤での勤務ではないため、どうしても手取りは安くなりました。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、就職できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、実際に、そういった人を見る度、自分もこうなりたかったと思います。昔の私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、何度か劣等感を感じることもありました。現在は結婚し、随分と生活環境が大きく変わり、以前よりもそのなかで将来の進路も定まったのでまいにち充実しています。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

社会的な転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」などの新たな経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した経済政策が日銀による「金融政策」と、たがいに作用しあって、財界・企業ともに新しい明るい動きが顕著に現れてきております。そのこともあり企業伸長とともに若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる「人員不足」がクローズアップされています。ここ何年かの間で「外国人労働者」の割合を今以上に高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こうした政治の流れによって、日本国内の雇用や転職といった状況にも、大きな影響が出てくるのは確実です。

日本には「石の上にも三年」という諺がありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた・・

日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで格言となるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験する人が増え、当たり前になりつつあります。ですが、「転職」が一昔前よりも身近になってきたとはいえ、簡単に仕事を変えようとする行為はとても危険なことです。実際に転職を検討する際は、タイミングを図る必要があります。その基本として、現在の職場・仕事内容について具体的に、嫌だと思う点を、5~10個ほど、探しておきましょう。其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、将来の進路が自身で見いだせたら、尻込みすることなく、今より良い仕事を手に入れるべく努めることも大切です。

再就職の際に絶対に用意する履歴書などにおいては、原…

転職をしようとする時に絶対に書く履歴書や職務経歴書においては、原則的にはパソコンを活用して作るのが一般的です。現代の日本では履歴書や職務経歴書については自筆で作成するということが常識と思われる面もありますけど、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時であって、実際のところ、転職をする時においては必ず手書きでないといけないと断言することはできないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を高く評価するケースもあるようですが、そうじゃない会社が徐々に多くなってきていますから、パソコンで作った履歴書でも良いケースはいくつもあるのです。

これはシフト制のある仕事についてです。

これはシフトの仕事に関する話なのですが、毎週、一定の曜日に働ける人を募集する求人を結構見ますが、もしも応募しようと考えているならシフトの提出方法や休む手順については、あらかじめたずねておいた方が良いです。私自身、出産のため抜ける人の代わりにと正社員として就職したのですが、私のシフトがそこでは「土曜、日曜」固定のシフトで、新人の私以外は、他の社員は誰一人現場にいませんでした。前にいた女性が「土日」に必ず出れる人だったので、私自身もそのような人と思われていたようです。ですから「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフト変更を出す必要があり、職場の先輩たちに「土曜日に休まなければならないので代わりに出ていただけませんか?」とお願いをしに行かなければいけませんでした。立場は同じなのに、土日を1人の人に任せるって・・・今思えば「本当におかしな職場だった」としか言いようがありません。