転職する際に行われる面接でする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つタイ…

転職する時に行われる面接のときにつける腕時計のことなのですが…

  • 再就職の面接のときにつける腕時計の事についてですが、目立つようなタイプの時計は着用をやめた方が良いと言えます。この場合の目立つというのは見るからに高価そうに見えたり、といったことだけではないのです。それとは真逆でチープな腕時計の印象を与えるとか、そういった目を惹くという意味であって真反対なことで目を惹く、と捉えておいてください。面接時の腕時計についてはポジション的にはネクタイやスーツと同じように考えて、ビジネスの場にふさわしい適切なものをつけて行った方がベストだと言えます。ですが、歳に見合った腕時計であるということも肝心であって、新卒の面接で着けていた腕時計よりはほんのちょっとでも高級感のある腕時計にした方が転職の面接においてははっきりといえます。

  • 転職期間ではつい時間がある分、緊張感のない、ダラケタ生活になってしまいます。

  • 転職期間中は、つい時間があるため、気が緩んでしまい、ダラダラとした生活になりやすいですよね。・・であったとしても、そういった過ごし方は避けたほうが賢明です。というのは、気の緩んだ、だれた生活が当たり前になると、「心」も不健全な状態になるからです。徐々に、仕事をしようとする気力も失い、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。そうして、悪いサイクルができてしまい、転職先をうまく見つけられなくなります。転職先を決められなくなるのは、お金を最優先に考えてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、止めておきましょう。

  • 近頃、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」・・

  • 現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。あなたが特許を取ったことがあるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を世に出した実績のある人や、TVで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングするネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングらしい連絡をもらった際には、そうなったきっかけを考えてみましょう。たまに、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする業者もありますが、その手の業者は例外なく詐欺といえるので相手しないのが正解です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

  • 数年前は求人誌では、雇用側の希望する「性別」がきちんと明記されていました。

  • 数年前は求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで当然のように書かれていました。しかしながら最近では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用において、男女の差別があってはいけないルールが敷かれ、応募資格の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、募集側は、実際のところどちらが希望と言う想いがあるはずです。そんなわけで、男性希望のジャンルに女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といったトラブルもひとごとではないのです。もしも、「女性が活躍できる職場です」といった内容なら、希望しているのは女性だと読むのが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収は絶対に無視できません。

  • 就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接において、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜなら、源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこでウソがバレてしまいます。ヘタをすると、トラブルに発展する事態にもなりかねないので、現在の年収を正直に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が400万円の人が、転職後に500万円となる可能性はほぼあり得ません。今の年収が430万円だとすると、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくことをおすすめします。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、せっかく入社した会社を直後に退職しなくてはいけなくなるかもしれません。

  • 転職期間では、自分の好きなことに時間を費やしたり、体力を損なわない様にする…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭するほか、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。いざ仕事復帰した際に、趣味に没頭してたことによって無意識の間に集中力が高まります。さらに体力アップしているために、一緒に働く人たちと比べると疲れにくい身体になっているということを認識することができます。ということで、退職して次の仕事を始めるまでは自分の趣味に打ち込むことと、体力を落とさないようにすることをしておくのがおすすめです。その後、同じ会社内であなたと同じ趣味の人と知り合えたなら、話題に花が咲きます。ですから、興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • ちょっと前に転職をやっとしたばかりだというのに、慣れもしないあいだに…

  • ほんの3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、少ししか仕事もしてないのに退職してしまうケースがとても少なくないのです。何故かと思うと私の思うところをいうと心機一転、素晴らしい環境を見つけたというのに、「想像していた仕事とおかしいと思うほどかけ離れていた」「納得行かない慣習があってウンザリしている」ということで退職してしまうことが多いようです。でもこのような、転職における失敗を繰り返さないために、とにかく前もっての情報収集を欠かせません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、職場内のルール、給与システム、などいろいろ前もってチェックしておくことで気になる点は職に就く前の段階でチェックしておきましょう。

  • 例えば、転職の思い立ったのなら、徹底的に一緒に働く人・・

  • とらばーゆの決断したのであれば、徹底的に周囲の人にはそれを言わずに、首尾よく転職活動を進め、現職期間中には、できるだけ周囲に気づかれないように普通に業務をこなすのがもっともいいです。転職先が決まっていない間、その状態をキープしていれば、最悪希望に沿った働き先がすんなり見つけられなくても、転職時期を延ばしつつ、現職にそれまで通りに残っても容易にできます。でもついつい「転職するつもりでいる」としゃべってしまうと、同僚はそれを受けた行動をし始めます。おまけに社内の人間に「辞めるつもりです」と言ってしまうと周りからは「あいつは辞める人」という位置づけになります。そのようなシチュエーションになってから、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、立場が悪くなる思いををするリスクがあります。

  • 求人サイトをチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人…

  • 求人に関する情報を見る場合、デスクワークがしたいからと、製造業をチェックしていなかったりします。そういったことをしている人は、「製造業は製造マンの求人だけだ」と勝手な思い込みで認識している場合もあります。製造業での求人でも、現場作業者だけでなく、経理、総務などの従業員募集から、購買、営業管理といった「事務系」に準ずる職もかなり存在します。ただ、製造業の大半はオフィス街と同じ環境ではないのでその箇所がマイナスと感じるかもしれません。ですが、自らの執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

  • 今年中に転職される人で次の仕事をする前にある程度期間があるのなら…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次までの仕事にある程度期間がある方は必ず失業手当をもらうことをおススメします。働いている所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず失業手当を誰でも受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、現在の会社都合での退職、あるいは残業時間次第では日数をおかずすぐにもらえる場合もあります。もらえる失業手当の金額は最後に働いた月の近々の給料をもとに失業手当の支給する額を計算するので勤めている会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として・・

  • 転職活動の最後の問題として、現在勤めている企業からの退職があげられます。転職先の会社が決定したとしても、今いる企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのもありがちな話です。仮にそうなったとしても、「何が何でも退職する」という強い意思を保つことが大切といえます。もしも引き留められて、一時的にとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届をつくっておきましょう。そのあとで、決定権を持つ上司と相談し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動には必要です。

  • 生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると考えている・・

  • 初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が多数派ですが、それは間違いです。実際には、失業保険の給付をきちんともらい続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、それとは別に、月に一度はハローワークに行かなければいけません。1ヶ月周期で職員に求職活動の状況を報告して真摯に仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。その反対に、真剣に就職活動に取り組んでいないとみなされたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さないときは、問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合は以降の給付資格を失うことになるのでそうならないために十分注意しましょう。

  • 以前の私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」を使っていました。

  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大手の転職サイトはどうしても都心の企業の求人がほとんどだからです。そのため、転職するときには「ハローワーク」のみ使っていました。もちろん、掲載されているいくらか知名度は低くなりますが、地域に根ざした企業もあり、都心部以外での転職をするときには重宝します。「ハローワークは地味なイメージがある」とイメージしている人が多いとは思います。でも、良い求人情報も載ってたりもするので、転職予定の方は、お近くのハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいに大量の電話やメールが繰り返し来ることもありません。

  • 転職先を決めるにあたって、仕事のやりがいのアップと共に…

  • 転職先を決めるにあたって、仕事におけるやりがいアップも重要だけどそれにとどまらず年収アップも重要なので「年収サイト」というところに登録をして今いろいろ研究をしています。同じ会社でそして全く同じ職種、経歴なのに人によってすごく違いがある場合も多数あり、正直に言うと面接の時質問したことがあります。面接をした人も一緒のサイトを見たことがあるようで「その高い年収で書いてるのは、書いた側もそこそこは見通しがついているんですけどね、おそらく良いように見せようとしてるんですよ。低い方だと考えておいてください」とのことでした。

  • 転職サイトはよく知られたサイトの方が掲載される案件が豊富なため・・

  • 転職サイトはメジャーなサイトであるほど掲載される会社も多いため、関心のある2,3の会社を、ともかくウェブサイト登録しておき、勤務地などにチェックマークをいれておき、条件に合った求人情報が掲載されたら自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。とはいっても、最初に限っては登録するのが少しばかり大変なので、登録前に履歴書と職務経歴書をしっかり準備し、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録を行う初日は、時間がやや掛かりますし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、は新着の求人情報のみチェックすれば大丈夫なので、次回以降の応募を楽にするめにも、初めにきちんと準備しておくことをお勧めします。

  • とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしました。すぐ・・

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。その後先方から、面接予定日を連絡してもらいました。だが、当日、行ってみると、なぜか相手が、面接の用意を一切していないことがわかりました。待っていると、所長らしき人が面接に応じてくれたものの、終始非常にだるそうな対応の状態のままかろうじて面接を終えました。ところが、予定日を過ぎても結果連絡が一切なく、私から問い合わせてみたところ、「郵送で本日送付してあります」と告げられました。しばらく待ちましたが、私の手に届くことはありませんでした。そこで改めて問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用です」、と有無を言わせずに電話を切られました。あまりのことにしばらく言葉も出ませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと思っています。