勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

キャリアップしたいと思いかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが・・

  • 仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その際に特に思ったのは転職アドバイザーのレベルに関しても色々あって大体の場合、いまいちだと感じる人ばかりでした。こちら側は人生がの大事な事なのにもっと思い入れを込めて向き合ってほしいという落胆した気持ちがいっぱいになって、そのことが発端となって自分がキャリアカウンセラーの道を目標にすることになりました。資格を取得できるまでには経済的な負担にもなりました。それに加えて勉強の面もとてもハードですが、求職中の人から頼ってもらえる人になるために頑張っています。

    派遣社員として働く会社が決まりました。

  • 派遣の仕事が決まりました。就業1日目に派遣会社の営業の担当の方と就業先の会社近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、彼がなぜか約束をしたお店の前にいないので店の中にいるのではないかと思い店の中に入ったところ、営業担当者はなんと雑誌売り場の前でしゃがみ込んでいかがわしいグラビアのページを開いて読んでいました。こんな人が自分を担当するなんてやってられないだと感じて、その場で声をかけず気付かれないようにお店の中から出てすぐさま派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

    転業を近いうちにするつもりなら、こまめに多種多様な会社の・・

  • 転業を念頭に置いているなら様々な会社の採用情報を普段から調べたり比較したりしておくと転身先の労働環境の見極めがかなりしやすくなります。あなたが今の職場に不満足だと、いざ転職活動をはじめたとき、どんな会社でも魅力的に思えてしまいます。そんな状況になってしまうと、どの企業を選択すべきか迷ってしまうので会社選びに失敗してしまいます。そうすると、あっという間に退職の道に進んでしまうので、どんな会社か見極める目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引している会社」も気にしてみましょう。透明性を重視する企業は、取引先情報を開示していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりに力を入れる傾向があるので、その点もチェックしてみましょう。また、会社によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前を調べて内容を把握しておくのも良いと思います。

    再就職の時に行われる面接時にクールビズでも大丈夫で・・

  • 職を変える際の面接についてですが企業側からクールビズ可とと連絡が来る場合もあります。ですが、クールビズで行くのは駄目なのでは?と考える人がいます。そのような考えを抱いている方々にアドバイスしておきたいのは、クールビズでも大丈夫だと言われている面接は書かれていることを実行したほうが正しいです。悩みすぎて、とても暑い季節にスーツをびしっと着ると相手側に不自然なイメージを持たれてしまいますから、クールビズでも大丈夫ですよと記載されていたらクールビズでも大丈夫というわけです。

    勤務していた会社でつらく当たる上司に困ってしまい、ついには…

  • 働いていた会社で性格のきつい上司に困惑してしまい、最後には我慢ができなくなり退職し、同じ畑の別の会社に転職をしました。上司が温厚で本当に充実した日々でしたが、じわじわと会社が収益を上げられなくなり、とうとうある会社に経営統合されることになったのです。その経営統合先の会社が驚くなかれ前いた会社で、それどころか非常に嫌いだった上司がまた私の上司になることになりました。まったく困ったことになりましたが、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当然新規の転職活動を開始するつもりです。

    もしあなたが転職サイトを使って自身の希望条件にマッチし・・

  • 現在あなたが、「転職サイト」を利用してあなたの希望条件に合った働いてみたいと思えるような仕事情報を調べているのなら、「転職エージェント」は必ず利用しておきましょう。なぜなら必要情報を入力し、エージェントサービスに登録したあと、その場で紹介してもらえる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人と非公開求人とでは、比べようがないほどにとても質が良いといえます。さらに、あなたの希望にピッタリなものを調査しつつ、紹介してくれます。ですから、かなり高い精度で理想に近い求めていた理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが自身で最初から調べるのと比べればかなり効率的です。そのうえ試してみる価値はあります。

    転職をするにあたっては、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェン…

  • 転職する際に、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使うケースもあるでしょうが、あなたがそのようなところに登録してその結果就労先が見つかったとしても、失業保険の給付にはつながらないので注意しましょう。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険の給付対象にはならないので覚えておきましょう。これと異なり、ハローワーク経由で斡旋してもらった会社に就職できたときは、就業の準備金として一時金が支払われます。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険の給付手続きは扱っていません。このことについて踏まえておかないと、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

    派遣会社に登録しています。インターネットサイト内で何の気なしに…

  • 派遣会社に入っています。ウェブサイト上でふと自分に向いていそうな仕事を見つけ聞いてみると「そのお仕事はすでに他の人の採用が内定しています」という答えられ一瞬サイト内からも仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、その翌日に閲覧すればまた載っています。それって結局私だとよくないのっていう意味ですよね。そういうことならば初めからカドが立たないくらいではっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、なかなかそういうわけにいかないでしょうか。それともまたもしかして偽りのお仕事なのでしょうか?

    この頃パソコンで調べればインターネットで見られる世界・・

  • 最近PCは便利でインターネット上では、要するに転職情報を掲載している「転職サイト」が多くて困るくらいあります。その数限りないサイトから自身に見合った転職先と思えるのを見いだすにはとりあえず情報を集めることをする必要があります。「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。正しいレビューなども載っている役に立つ「転職サイト」がある一方、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、本当に信用していいのかどうかを見極めることがポイントとなりますから類似サイトと比較しながらチェックしてみましょう。

    初めて転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけないの・・

  • 初めて転職する場合、頭に入れておくべきなのは「現在の仕事を変えたい理由」をはっきりしておくことだといえるでしょう。その理由が根本問題なので、必ずやっておく必要があります。その問題を解決してくれる企業を決定してください。社会に出てからの転職活動は、新卒の就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を行いながら転職活動を行うので、時間と体力が必要不可欠です。それがためにハッキリした理由がないまま転職活動を行った場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがなければ、転職活動を始めるのは、やめておいたた方がいいでしょう

    新たな勤め先でこれまでに培ってきた能力を活用できれば…

  • あたらしい職場で今までに培われてきた資格やキャリアを存分に発揮できれば、即戦力として周囲から一目置かれ即、職場にも馴染めるはずです。人を募集している雇い主も即戦力は常に必要なので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職は簡単に採用されるでしょう。加えて過去の業務内容と似たような業種であれば、見込みは十分にあります。但し、それなりにスキルがあるといっても一流企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集などは、いつの時代も、相当な競争率を突破しないと就職自体が難しくなります。

    転職を度々しないために、ひとつだけ対策が必要です。

  • 転職を繰り返す日々を止めるための方法が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、それとは別に精神的なスキルを磨くと転職を繰り返しません。現在はネットもあるので、メンタル面を鍛えるのには良い情報はたくさんあります。また、意外とも思えるでしょうが、転職とは全然違う行動でも、メンタルを鍛えられます。たとえばズバリ「外国に行くこと」です。海外旅行に行くと、文化も言葉も違うので、すべてのことが良い刺激となります。ですから、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。日本に帰ってくると、己の視野の狭さを実感し、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に臨めば、今までとは格段に違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。ただ、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、休む期間も必要です。

    就労であるのなら、可能であれば、内密に、(私の場・・

  • 在職中には、なるべく会社内の人にバレないよう(私の転職活動では)雇用中に転身したいという考えのみ活動初期の段階で社内の人間に言ってみたことがあります。とはいえ、それから、求人誌を見て回ったのですが、予想に反して就職先や転職するタイミングも無計画なまま煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、会社の方も仕事の引き継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが実際には内定をもらったその会社を蹴り、失業期間を経験し、次の就職先を探すハメになりました。

    先週転職先を見つけるために人材紹介会社へと登録に足を運びました。

  • 3日ほど前転職先を探すために人材バンクへ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者が見た感じ若い社員のようで、私の話の50%もわかってはいない模様だったのです。そのうえ「キャリアデザインが全然ですね」とか「自分の強みについて知っておくことが必要です」等、カウンセリングの専門家であるかのように横柄に言うからとても不愉快でした。カウンセリング担当者はいくらかカウンセリングの経験がある方にしてほしいと感じます。

    転職する場合、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職活動にあたってそれなりの準備は不可欠です。とりわけ目に見える「ファッション」は誰しも気を遣う部分ではないでしょうか。けれども、現在の採用面接については私服がOKな企業も多いので、スーツ(正装)で面接に臨まなくても良いケースもあります。会社の設立してすぐの歴史のない企業ほど、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、良い印象を持ってもらえます。正装でないので、フランクに話が出来るのも魅力です。そして私服なら、面接中に、洋服について、相手との話が広がる可能性もあるため、うまくいけば面接担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、転職するのなら、気になる企業の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には正装はせずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

    クールビズの格好をして転職の面接を受けに行く場合、いくらなんでもジャケット…

  • クールビズの服装で転職の面接に行く際には、いくらなんでもジャケットは着込まなくても大丈夫だと言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイはしておいた方が印象が良いです。ネクタイもする必要ないとする企業もある確率もありますが、ネクタイについてはクールビズでも身だしなみとしてつけなければならないとする企業が一定数存在するわけです。ですので、例えクールビズでOKだと言われていてもネクタイだけはつけて面接した方が悪い印象を与えることがないということをわかっておいてください。