雇用中には、状況が許す限り、周りの人間にバレないよう…

雇用期間にあるときは、出来るだけ同僚にバレないよ・・

  • 就労期間中は、出来るだけ同僚にバレないように(私の転職活動では)雇用期間中に転業したいという気持ちのみをはじめのうちに同僚に知らせたことがあります。だが、その後転職情報を必死にあれこれ見ていったものの、結局は就職先や時期などさえも何も決まらずやみくもに時間がムダになるだけでした。そしてその一方、会社の側は、退職に関わる手続き、私自身の退職日などが決定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。ですが予定は噛み合うこともなく、失業期間を経験したのち、次の就業先を探すハメになりました。

  • 先日新しい仕事を見つけるために人材バンクへ登録を行いに行きました。

  • 昨日転職の準備をしておこうと人材会社に登録に行きました。カウンセリングをするために出てきた担当者の雰囲気がどうも入社してから間もない新入社員のようで、私の説明の5割ほども理解できてない感じでした。それに加えて「キャリアデザインを考え直した方がいいですね」とか「きちんと自分の強みと弱みをはっきりさせておくべきでしょう」とか、一人前のように横柄に話すからとても不愉快でした。カウンセラーはそれなりに社会人経験がある人にするべきだと思います。

  • 再就職にあたって然るべき準備は不可欠です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。なかでも、目に見える「ファッション」は気になるところだと思います。けれど、近年の面接では、私服を許可している企業もあるので、ビジネススーツで決めて面接に行く必要がない場合もあります。とくに会社の設立して間もない会社などは、お堅いマニュアルもないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良い印象を持ってもらえます。そして、堅いイメージを与えないのでフランクに会話がしやすくなります。そうして、私服ですと面接の際に、服装について、相手との話が広がる可能性もありますから、面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。これから転職にトライするなら「設立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • クールビズの格好をして再就職の面接に臨むときには、いくらなんでジャケットま…

  • クールビズの格好で転職の面接に行く際には、ジャケットまでは着ていかなくても安心であるとはっきりと分かるわけです。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが安心です。タイもジャケットと一緒でなくてもOKだと思っている企業も存在する確率もなくはないです。ですが、ネクタイは例えクールビズでも着用して行く必要があるとしている会社が一定数存在します。そういった訳で、クールビズで来るように言われていてもネクタイに関してはしていく方がベストだということは認識しておいてください。

  • あなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」・・

  • 転職を希望したとき、「Uターン」「Iターン」など、都会から郊外・地方に移住したうえで転職したい、と希望する人、実践する人が増えています。最近では求人情報サイトを活用すれば、国内のあらゆる場所の求人も容易に得ることができますが、ですが、地方での求人情報は、大都会ような選択肢がないのが事実、痛いところでもあります。といった問題があるので、求人サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。求人情報サイトとともに、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもまめに確認しておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」といった役所などが定期的に主催している転職サポートの情報も見逃さないようにしましょう。

  • 転職の際に必須となる企業の面接に関して、勘違いしている人が多いので…

  • 転職候補となる面接に関して、多数のひとが思い違いをしているのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫かぶりは、はっきり言って逆効果です。ですから、その場を繕うのではなく面接時は、「有給取得率」といったような、普通はかなり質問しにくい内容を勇気を出し率直に尋ねておいた方が、最終的にあなたのためになります。信じられないかもしれませんが、「そのような無神経なそういった質問をすることで面接結果に採用されないのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、けれども、意外なことに、マイナスに作用する場合が多いようです。こうした労働環境やお金に関連する疑問点は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、それなのに、面接で緊張していると、不採用を恐れて質問できないのが普通です。そこで、あなたがあえて尋ねておくことで「正直な人だな」ということで格好の自己アピールとなるのです。

  • 失業保険を毎月、給付してもらうには、職を見つけようとしているという証明が必要となります。

  • 実際に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。が、「会社を辞め少しの間でものんびりと過ごしたい」と思うのが現実だと思います。きちんと次の仕事を探しているように思わせる方法があるので紹介します。毎月欠かさずハローワークに行くのはパスできませんが、「求人票」を確認することを最低限行わなければいけません。真剣に探す気持ちが出ないときは、「求人票」だけ目を通して、ハローワーク職員との面談にて、「自分がやっていけそうな仕事が残念ながら今月はゼロ件でした」と告げて次の機会に賭けましょう。

  • 就職するため職探しをするときに気を付けるすべき求人情報は、…

  • 転職するため職探しをする際に注意が必要な求人情報は、そんなにきつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで、拘束時間が長いというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がたいへん多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので30時間、45時間という感じで求人の内容に時間が併記してあります。これは、月の中で残業が発生することが想定されるので給料に残業代を組み込んで計算しておく、といった仕組みです。(なお、これは違法ではありません)もしも『みなし残業代50時間込』と記載があれば、「書かれた時間分の残業代を入れれば、これだけの給料です」という話になるわけです。ただし、悪質な求人は、この『みなし』を表記していない場合もあるので、気をつけておきましょう。

  • 転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に面接官から「転職理由は・・

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事担当から「転職理由は?」といった形で、100%の確率で聞かれます。その場合、どのような理由であれ、以前の職場の働く環境や人づきあいについての返事などは、絶対に話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、仮にそういった不満を回答すると、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを無駄にしてしまうことになります。ですから面接では「ポジティブ」な返答に徹するのがとても重要です。事実とは異なっていても、「新しい職場においては、自身のキャリアをしっかり生かし、戦力として必要不可欠な人材になる所存です」といったような未来志向での返答が担当者に良い印象を持ってもらえるのです。

  • これから転職活動をされるなら、気になった求人(あるいは業界)…

  • 今後転職活動をされるなら、気になった求人(または職種)があったら、きちんと「〇〇業(気になる業種)、ブラック」でネット検索してみましょう。求人票・転職エージェントから入ってくる言葉からは、まずその業界に関するマイナス要素について、教えてもらえないのが普通です。もしも、やましい箇所がある場合は、ネット検索を活用することですぐに現実を知ることができます。そういう検索をしないまま、入社すると、あとで入ったことを後悔してしまうかもしれません。そもそもその求人が頻繁に出ている理由が「業務内容がキツく、なかなか人が定着しない」といった場合も多いので、気になった業種について、疑問点を払拭した上で、応募するようにしましょう。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

  • 転職サイトでは、登録後、執拗に電話やメールをしてきます。これに関して初めて利用した人は結構びっくりすることが多いです。転職エージェントは転職させることが目的だといえるので、大変積極的です。特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬が支払われる仕組みであることから、転職する側の都合より企業の都合を優先させることが多々あります。その上転職できそうな会社に入れようとする傾向にあるため、内定がとれた瞬間に「入社されてはどうでしょうか?」と半ば強引に説得してきます。防御策として自身の気持ちや意思をハッキリしておき、妥協した形の転職とならないように気をつけておきましょう。

  • 女性が転職するに当たって、ここ最近と一昔前では少し変化があるようです。

  • 女性が再就職する際、一昔前と今とで若干、状況に違いがあったりします。前までは面接の場で会社側から、既婚者なら出産の予定についてごく当たり前に質問していました。ところが、今ではそういった内容はセクハラと企業側が捉え、質問しない会社の方が多くなっています。そして、世間に名の知れた大企業の場合は、神経質になっています。しかし、面接する側ははい・いいえ、といった形ではなく、その女性の価値観、結婚後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを漠然とは知っておきたいとは思っているはずです。自分自身の人生設計を伝えるためにも、志望動機・自己PRと併せて言い表すことで、相手方にもしっかり伝わり、また、モヤモヤも解消できると思います。ですから、聞かれていない部分も、先にあなたから積極的に答えてみると良いでしょう。

  • 転職エージェントは大手に限って、多種多様な案件を取り扱ってい・・

  • 大手転職エージェントに限って、いろんな案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、同時に転職を希望する競合者も多くいます。したがってあなたが、気になる企業を探し出しても、担当スタッフのほうで不可能だと判断すれば応募してもらえないことも少なくありませんし、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、そのライバルを優先することも考えられます。要するに大手エージェントの場合は、サイトへ未掲載の案件をデータ庫として扱っており意外と駄目で、比較的規模が小さいエージェントに対し、会社や案件を伝えてみて、応募できないか、と問い合わせておくと自分のために行動してくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。

  • 転職に先立って現在働いている会社を退社する時に失業保険の給付を受けるために手続きをしなければいけませんが、…

  • 転職に先立って今勤務している会社を退社する時に失業保険についての手続きをしなければいけませんが、もしも自己都合で退職届を提出して会社を去る、いわゆる依願退職の場合は、即座に失業保険が出るのではなく手続きしたのち、失業したことがきちんと認められてから、3か月待たないといけないのです。よく間違って退社日の翌日から3か月経過すればもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則に無理解な人が、本当はもらえるはずだと言い張ってそれが原因でハローワークの担当者と口論になっているのを見たことがあります。ですが、自分側の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職のときには、失業認定されてからすぐに失業保険を受け取ることができます。

  • 転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必須になってきます。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須です。大多数の企業は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容で面接するかどうかを判断するため、なによりもこれらの書類の作成が大事といえるでしょう。単に記入しさえすればいいというわけではなく、内容が魅力的であることも必要です。「職務経歴書」は、過去に経験してきた職務の詳細に加え、可能な限り、アピールできる内容を書き綴りましょう。また、過去だけでなく、現職で挙げた実績も良いアピールとなります。例をあげれば売上を前年比○パーセントアップさせた、など明瞭に記してみましょう。難しいと思う場合は、「転職エージェント」に、職務経歴書のチェックをしてもらい、上手な文章を引き出したりして自分の価値を高められるように転職エージェントを利用してみるのも転職を成功させるための有効な方法です。

  • 転職して仕事先を一新するということは、自分に合う理想に近い場所…

  • 転職によって仕事先を一新するということは、自分自身に適合する新たな就職先を選んだほうが良いです。勤務先、職場を変えると、適した仕事にありつくことができるかもしれません。ですが、マイナスの面も持ち合わせていて、転職先にふさわしいスキルがないと、転職自体がままなりません。別の言い方をすると、あなたの人材的な価値が上がるほど、「天職」にありつく、というだけの話です。今の時代は職業選択の自由が一般的に受け入れられているので、仕事を変えても特に問題はありません。終身雇用制度が崩壊に向かいつつあるこんにち「スキルのある人材が欲しい」と感じている企業も増えているので、今の良い時期を狙って転職を考えてみましょう。