今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

  • 現代では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まりが強化されたり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、損をする流れになってきましたが、完全には至っていないのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。まずは求人票などに記載された労働条件に目を通して、それぞれの項目についていろいろと質問をぶつけましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場では答えられない」というような逃げ腰になることがよくあります。とりわけ「給与」「休日」「残業」の箇所については、詳細について聞くと、困った表情を見せる可能性大です。それでも迫ると、ふてくされた態度を見せるので、ブラック企業だということに気づきます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、少しでもおかしいと感じたら、見抜いた方が後々いいと思います。
  • 安定した生活基盤を手に入れるべく正規の社員として働くことを意識している…

  • 安定した生活を手に入れるべく正規の社員として働こうと思っている人は相当います。けれども、即戦力として働けるように相当に頑張っているのに正社員としての転身がうまくいかないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集が目につくのに正社員の求人以外には目もくれずチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。万が一あなたが、中々正社員として望む職場や仕事に転職できない場合には、非正社員に応募することも選択肢に加えてみましょう。企業のなかには、働き手の能力によって数年で正規雇用へのキャリアアップを狙える可能性もあるからです。ですので採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスがどのくらいあるかを質問しても今後の役に立ちます。
  • 自分の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に思っている方は注意が必要です。

  • 趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は要注意です。これは、私の実体験なのですが、私自身、もともと食べることが趣味だったのですが、それが高じてレストランで働いていた時期があります。その飲食店での業務は、そのお店で任されていた業務内容は、盛り付けやホール業務でした。この仕事内容に関しては、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係のいざこざに疲れてしまったのです。そのことが理由で、仕事をやめましたが、その影響で、あんなに大好きだった食べること、そしてその飲食店で扱っていた食べ物さえも苦手になり、類似の店にはしばらく経った今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。この仕事に就いた当初、大好きだったことをキライになるなんて自分でもビックリです。自分自身の大好き、を仕事にしたいと夢見るのは悪いことではありません。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、じっくり自分自身に問いただした上で行動するべきです。
  • 働くにあたって精神的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのな…

  • 働くにあたって心的にかなり厳しくなり、転職せざるを得ない状況に追い込まれたのなら、職場の人と相談していくより身内などの近しい存在の人に話を聞いてもらい会社を辞めるか判断しておいた方が良いでしょう。というのは、働くのは自分の事でもありますが、家族の問題が第一でもあるからです。どれだけ高い給料を手にしたからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで仕事をするのは良いとは言えません。今の時代は経済的なことよりも、働きやすさが優先で前提にする生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの家族とあなた自らの心と体のケアを忘れないようにしましょう。
  • 昨今では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得を得た…

  • 現在は、株式・不動産投資などの不労所得、あるいは個人事業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった社会的背景もあり、「自営業は不安定であぶない」といった今までの見解も変わりつつあります。高度経済成長時代の際には、将来的に不安定な自営業よりも会社勤めの方がはるかに安定性がありました。人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように広く社会に浸透していました。そんな時代は終わり、時代は変わって「成熟期」ともいわれます。機械化、自動化が進んで仕事で人が要らなくなる時代になっていく、とも言われます。
  • 派遣会社に会員登録して仕事をする人が最近では増える傾向にあります。

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が規制緩和の後、多くなっていますが、もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちの何割があなたに入るのかを極力面接のときに確認しておきましょう。派遣業は、人手を欲する企業に人材を派遣し、その対価としてお金を手数料を徴収するシステムです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが少なくありません。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、情報開示に積極的でない業作も多く、酷い派遣業者では、2割だけ労働者に還元して、残りは全部自分のものにする場合も多いです。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能であれば別の派遣会社で登録されることをオススメします。
  • 仕事を変えようとするときに、まず今の会社を辞職した…

  • 新しい職を探すのに、今の会社を辞職した後で転職しようと考える方もいますが、そういったときには会社がいつボーナスを出すかを事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる企業はいくらでもありますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスをもらえる日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスが振り込まれた後で辞めるという方法も良い手です。ボーナスは少々多くの額が入るはずなので、もらわないのはもったいないとも言えますから、会社を辞めるときにはボーナスが入る日を確認するのを忘れないようにするのが堅実です。
  • もっと良い職場がいいと転職活動をしている中の場合、「できるだけはやく・・

  • 今と違った職場につきたいと転職をしようとがんばっているとき、「できるだけはやく、内定がほしい」と思ってしまうはずです。とはいえ吉報が欲しいあまり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいはその逆に過小評価にしかならない言動はなるべく避けるべきです。そうではなくて、焦ってしまう気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながらあなた自身の能力にあった職場探しに専心しましょう。これまでの経験が活かせるように、そして、今後のキャリアアップが図れる場所を賢く見極めていきましょう。
  • 再就職をする際の面接で使う腕時計の事についてです・・

  • 転職時の面接でつける腕時計の事ですが、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの腕時計はやめておいた方が最善といえます。この場合の、目立つ意味は見るからに高価なものだったり、といったことだけではありません。それとは反対にチープに見える腕時計に見られてしまうとか、そういった目立つということで真反対で目を惹くのだととらえておきましょう。面接のときにする腕時計についてもポジションとしてはネクタイやスーツと同じで、平凡なものを身にするほうが賢明です。ただし、自身の年齢にあった腕時計というのも必要な条件であり、新卒の時に買ったものよりは多少でも高いものにした方が良いということははっきりといえます。
  • 転職を決めるあいだは、そういう風にしたいわけではないのに…

  • 転職活動中は、どうしても、時間があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。だとしても、そういった過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。なぜかというと、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。気づけば、仕事をしようとする気力がわかず、生活が苦しくなり困ることにもなるでしょう。そうすると、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職先がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められなくなるのは、もらえるお金を最優先に考えるからです。給料を最優先に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。というワケで、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社をよく見かけるようになりました。

  • 今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。「特許」を出した経験のある人は、ヘッドハンティングの対象になりやすくなります。彼らは、特許を出願した人のほかに、研究開発で論文を提出した実績のある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティング用のネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングと考えられることを言われたときには、そうなったキッカケを思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする業者もあるらしいですが、そのような会社は高い確率で詐欺ですから引っかからないように気を付けましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を出すことはまずありません。
  • 今までの求人誌に募集条件の中に「性別」まで、書かれていました。

  • 前の求人誌に雇用主が必要とする「性別」について、しっかりと記載されていました。しかし今現在では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、採用時、男女の差別をしてはいけないルールが決まり、求人情報のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。とはいうものの、働き手を募集する雇い主としては、男性・女性どちらでも同等に雇用するとは限りません。現実問題として、実は男性を希望の案件に女性が応募したり、女手が必要なのに男性が来てしまい、といったトラブルは誰にも起こり得ます。もし、「女性が活躍している仕事場です」なんて書かれている求人募集の場合は、会社側が「女性」を必要としている、と認識したほうが良いといえます。
  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。

  • 就職活動において、年収はとても大事なポイントです。面接において、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき実際の年収を多く偽って、高額な年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一時的に信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局は後からバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の方が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえば極めて小さいです。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円と伝えておくのが正しいです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、一時的に採用されたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに没頭するほか、体力の向上を意識してお・・

  • 転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない様にすると良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を始めた際に、趣味に打ち込んでいたことで、無意識のうちに集中する力がアップしています。加えて、体力アップが図れていることで、一緒に働く人たちと比較すると疲れにくい身体になっているということを認識します。というワケで、退職して次の仕事を始めるまでは趣味に打ち込むことと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。このあと、その職場のなかで共通の趣味の方がいれば、仲良くなるキッカケになります。ですから、これまで挑戦してなかった事に手を出すのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに・・

  • 数ヶ月ほどまえに、転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに辞めてしまうケースが意外にも多かったりします。何故そうなるのかと考えてみると私の考えをいうと気持ちも新たに、環境を手に入れたはずなのに「自分の理想としていた職場環境とだいぶかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」といったことで退職を決意するみたいです。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、初歩として、情報収集を徹底しておく必要があります。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、通勤時間、給与体系、など多角的に事前に調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。
  • もしも、転職を決断したなら、徹底的に周りにこっそりと…

  • 万一あなたが、現職からの転業を意思を固めたのなら、完全に周りの人にはその気持ちを言わないように、転職活動していき、転職先が決まっていない間は、徹底して周りの人に悟られないよう普段どおりに仕事をするのが賢明です。働いている間、そのスタンスでいけば、もし仮に希望通りの働き先が簡単に見付けることができなくても、転身を保留しながら、今の職をし続けても心配がありません。でもついうっかり「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、社内の人間は、その言葉に合わせた態度を態度をし出します。周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、周りからは「あの人は退職する予定の人」と確定します。しかし、転職の気持ちが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周りの人は、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、身の置き所がないと感じるリスクがあります。