世の中は変わっていてパソコンやスマホを見ればインターネットで見られる世界で…

最近はPCやスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界に…

  • いわゆるスマホを使えばインターネット上には、いわゆる転職に関連するサイトがあちこちに存在します。そのいっぱいのサイトから自分自身が求めている転職先と思えるのを見付けるためには、なんといっても情報が大事ですから収集が欠かせません。転職サイトをうまく活用することで、効率的な転職先探しができます。更新頻度が高く、さらには客観性と正確性を持ち合わせた優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。利用して間もない頃は、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、確かめてみてください。

  • 初めて転職を行うにあたって、頭に入れておかなければいけない…

  • 人生で初めて転職をするにあたって、忘れてはいけないのはなぜ現在の仕事を辞める必要があるのかをクリアにしておくことだと考えられます。その理由が根本問題なので、必ずやっておきましょう。その上で問題を改善できそうな企業を選択しましょう。転職活動は、在学中の就職活動とは性質が大きく異なり、働きながら就職活動しなくてはならないことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。明確な理由が頭にない状態で転職活動をすれば、途中で息切れしてしまうおそれがあります。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動のスタートを切ることはやめておきましょう。

  • 新たな職場で自身のこれまでの能力を最大限に活用できれば、…

  • 新しく就いた仕事でこれまでに培ってきたキャリアを活かせられれば、即戦力として活躍でき、割と早く職場での信頼を勝ち得ることができるはずです。いい人を求人している雇用先も即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はわけなく採用されるでしょう。更にかつての仕事と似た仕事なら転職自体、難なく叶えられるでしょう。とはいえ、そこそこ実力があるといっても一流企業の事務系、公務員系の募集は、時代・景気に関係なく中々の競争率となるのは違いないでしょう。

  • 退職と転職を繰り返す日々を止めるための対策が一つだけあります。

  • 退職と転職を繰り返さないための対策は至ってシンプルです。スキルアップもそうですが、メンタルな部分を鍛えれば、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。現在はインターネットもあるので、メンタル面を強くする自己啓発系の情報はいつでも知ることができます。さらに、転職とは全く異なる行動でも、メンタルを鍛えられます。何かと言うと「海外に行くこと」です。海外に行くと、言葉も文化も大きく異なるので、どの瞬間も勉強になります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。日本に帰ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということをしみじみと感じることができます。この状態のまま転職先を探し直ぐに面接に行くと、これまでとは格段に違い自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、回復したあとで行動するようにしましょう。

  • 就労期間中は、なるべく周りの人に悟られないよう、(私の経験談です…

  • 就労中は可能なかぎり社内の人間に悟られないよう、(私の転職活動では)在職中に「転社するかも」という考えを早い段階で社内の人間に知らせたことがあります。ところが、その後に求人情報を必死に探してみたものの、結局は転職先も仕事を変えるタイミングすら計画も立てずに決まらずズルズルと時間だけが経過してしまいました。挙句の果てには一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職予定日などが確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な展開を迎えました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経たのち、次の就職先を探すハメになりました。

  • 転職のために人材会社へと登録に行きました。

  • 3日ほど前転職の準備をしようと人材紹介会社へと登録に足を運びました。そのとき登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当の人がどうも学生と見間違うほどの若い社員で、こちらが説明をしていることの50%ほども彼は理解していないように見えました。そのうえ「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みをはっきりとさせることが重要です」等、一人前の話を横柄にのたまうので大変不快でした。カウンセリングを担当させるのは多少は社会人経験がある人にするべきです。

  • 転職活動にあたって準備は必要です。

  • 転職活動には、然るべき準備は必須です。とりわけ目に見えるファッションは気になるところだと思います。しかし、ここ最近の、採用面接については私服を許可しているところもあるので、スーツで決めて出向かなくても良いケースもあります。創業したての新規の企業などは、厳格なルールもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、良いイメージを持ってもらえます。また、ざっくばらんに話をしやすい、というメリットもあります。また、私服を見せるたことで面接中に、服装の話題に発展しやすいです。ですから、もしかしたら担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。転職する際は、企業の創業年数で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。

  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとするときには、…

  • クールビズ(軽装)スタイルで再就職の面接に臨む際には、ジャケットは羽織って出向くことはないと間違いなく言えるのです。ですが、ネクタイに関しては着用していったほうが印象が良くなるのでお勧めです。タイなしで良いと認める企業も存在することはあるにはあると思いますが、ネクタイに関してだけは例えクールビズが推奨されていても必ずするべきだとしている企業が一定数存在するわけです。なので、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイは絶対に着用していった方が良いというのはわかっておいてください。

  • 再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、…

  • もしあなたが再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Iターン」といった形で、大都会から地方に移り住んだうえで再就職したいと考えている人が、近年増えています。今のネット社会では転職サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人も簡単にアクセスできます。しかしながら、地方や郊外での求人は大都会ような選択肢がないのが痛いところでもあります。ですから、転職サイトのみに執着するのも考えものです。求人情報サイトだけでなく、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトも確認し、「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポートの関連情報も注意してみておきましょう。

  • 転職の際に必須となる会社での面接での多数の人が考え違いをしているのです…

  • 転職の際に外せない面接では、勘違いしている人が多いのですが過度に猫かぶりすることは、残念ながら良い結果にはならないことがあります。そうならないためにその場を繕うのではなく面接の際は「有給取得率」といったような、多数の人がかなり質問しづらいことを勇気を出し質問しておいた方が、最終的に絶対にあなたのためにもなります。実のところ意外に思うかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけと質問をすると、選考結果に不利になるのではないか」と危惧する人もいるかもしれませんが、だけどもマイナスの結果をもたらすことは結果的には少なくないようです。これらのことは「お金」や「労働環境」に関連する内容は、実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。その反面、面接に応募した人たちの多くは、聞かないのも事実です。そこで、一歩踏み出しておくと、「正直な人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。

  • 失業保険の給付については、客観的な意味で、「就職活動」している姿勢を見せる必要があります。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職探しをしているという証明が必要となります。が、「会社から解放されたし、少しの間でも働かずにゆっくりと過ごしたい」のが本音だと思います。真面目に求職活動をしているように見せる方法は、あります。毎月ハローワークに行って担当スタッフと面談するのは当然になりますが、そこで、求人票の閲覧は必ず行う必要があります。本腰を入れて探したくないときは、求人票を真剣に閲覧しているフリをして、ハローワークスタッフとの面談で、「納得できる条件の仕事や自分にあう仕事や、希望していた仕事が今回はありませんでした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

  • 転職活動中に特に注意すべき募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料がよく・・

  • 就職するため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人内容は、そこまできつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人内容は、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがよくあります。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間という感じで求人の内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておくというシステムです。(注・違法ではありません)『みなし残業代20時間込』と書いてあれば「書かれた時間分の残業代を入れた場合、この給料です」というワケです。が、悪質な求人情報では『みなし』を意図的に表記してない場合もあるので、よく気を付けてください。

  • 転職時の面接の際に担当者から「転職理由は?」という風…

  • 転職時の面接の時に面接官から「転職理由をお聞かせください」という風に、高確率で質問されます。この時、どんな理由があっても、前の職場の人づきあいや働く環境が悪かったという回答などは、絶対に控えたほうがいいでしょう。仮にそういった不満を回答すると、採用条件としてはマイナスになるので、チャンスを無駄にしてしまうことになります。面接時にはポジティブな発言がかなり重要です。たとえば「新しい職場で、自身の能力を十分に発揮し、キャリアアップを目指していくつももりです。」といったような未来形での話ぶりが好印象となります。

  • 今後転職活動をされるなら、気になる求人(職種)があった・・

  • これから先、転職活動をするという時は、気になる求人を見た際にしっかり「〇〇業(気になる職業)、ブラック」でネット検索を掛けてみましょう。求人票・転職エージェントからはまずその業界のデメリットなどは、アドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、簡易的なインターネット検索によって一発で多くの事例に触れられるはずです。そうしたチェックを怠りながら会社に入ると、直後に後悔してしまうおそれがあります。だいたいその求人が出ている理由が、「業務内容がキツく、人がなかなか定着してくれない」という場合がかなり多くあります。気になった案件について、下調べをしてから応募することを心がけましょう。

  • 転職エージェントに一旦登録すれば、電話やメールでの連絡が呆れるくらい来ます。

  • 転職サイトは一度登録すると、電話やメール連絡がしつこく入ります。これに対して「転職エージェント」の初心者の方は、かなり驚くことが多いです。「転職エージェント」は、利用者に転職してもらうことが役割だといえるので、大変積極的な姿勢でいます。中でも大手エージェントは、転職を成功させると企業側からお金が支払われる仕組みであることから、転職活動を行っている人の都合よりも企業の都合を優先的に考えるケースが目立ちます。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れた瞬間に、入社するよう後押ししてくることが珍しくありません。防御策として自身の気持ちをハッキリしておき、無理に転職しないように気を付けることが大切です。

  • 女性の転職に関しては、数年前と今日とでは少なからず、変化があるといいます。

  • 女性の転職については、セクハラが社会的に問題になる前と今とで少し状況に違いがあったりします。以前は会社側から結婚観や出産後の方針について普通に女性たちに質問していました。でも、現代では、結婚などについては、セクハラとして質問しない会社が増加傾向にあります。世間に名の知れた大企業の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。けれども実際、会社側は、〇か×といった形ではなく、その女性の姿勢結婚後・出産後の細かい予定を漠然とは知っておきたいとは思っている事でしょう。あなたの考えをわかっておいてもらうためにも、自己PRや志望した動機と併せて表現することで、面接官にもしっかり伝わり、また、疑問も解消できると思います。ということで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなた自身から気遣いながら答えてみると良いでしょう。