長年にわたって接客業で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねると…

長い間接客関係で仕事をしてきましたが、歳をとるにつ・・

長期間接客業で仕事を行ってきましたが、年齢を重ねると共に立って行う仕事は体力的に耐えられないため、事務系のお仕事へ転職することを目指して活動しました。事務の経験がないと簡単にはいかず、そこで接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人クリニックに転職しました。先輩のパートさんばかりに囲まれて人間関係においてもややこしい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業で働いていた時よりも帰宅時間が遅くなったのですが、今はキャリアを形成しておかなければいけないと考えて我慢します。

再就職する場合の面接で高い確率で尋ねられるのは会社を辞・・

転職の面接で決まっているかのように聞かれるのが前に働いていた会社を辞職した原因のことですが、この質問になった時には話題を辞めた会社にしない方が最善です。そこが話の中心になると絶対に面接において不利なことを伴った話の内容になってしまいます。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、前の職場を辞めたのはこちらの会社に必ず入社したいという考えがあったからという内容にできたらベストという感じで、今、自分が面接に来ている会社に話を向けていくといいでしょう。そういった話ならば、悪い面ではなくプラスの要素を含んだ前の職場を去った理由にすることができます。

転職活動を行う際は、何よりも自身の心がスッキリしている…

転職の活動を成功させるには、なにはともあれとにかく自分自身の内心が沈着であるということをとても忘れないようにしたいものです。会社で働きながら転職の活動をする場合はそれほどには気にする必要はありませんが、退職の後に行うのであれば、かなり気持ちが焦燥感が出てしまいがちです。であるので、気持ちを落ち着けながら活動するように意識しましょう。将来、自分でやってみたい業務、理想とする職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そのイメージを候補に挙げている職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、徹底的に考えてみてください。そうすることで、満足いく転職が実現します。

転職の際、「派遣社員」を選択しようと思っている人にぜひ覚えていただき…

転職を、「派遣社員」として、転職を考えている人にぜひ覚えていただきたい箇所が何点かあります。なんとなく派遣というと、電話対応、データの入力などの雑務、雑用等をなどの業務をぼんやりと思った方が少なくないでしょう。最初は私自身も現在働いている会社に入るまでは「派遣社員」の求人に応募したとき、「電話対応がメインです」と面接で派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、実際に働き始めると、「電話対応」にプラスして、退職した正社員の穴埋め役を頼まれました。的確に動けるわけもなく、はじめの説明とは全く違うので毎日非常に参っています。今はとにかく、「一刻もはやく契約終了日が来てほしい」と願うばかりです。

最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり…

近時は、「ブラック企業」が社会的な問題として認知されてきたこともあり、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、悪質な企業の場合は公表されるなど、厳罰を処するようになってきましたが、完全には程遠いと考えられます。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。まずは求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目を一点ずつ質問をぶつけてみることです。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場でははっきり答えられない」と逃げようとします。「給与」「残業」「休日」の3つに関しては、質問を続けていく中で、渋い表情を見せる場合が多いです。それでもしつこく聞くとふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であると考えられるので、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

安定を送りたいと正規の社員として働くことを念頭に置いている・・

安定的な生活を送ろうと正規の社員になりたい人はかなり多いと思います。けど、相当に頑張っているのに正社員として採用されることが叶わない事もあります。非正規雇用者の求人はかなり目に付くのに正規雇用の求人以外には目もくれず時間を浪費している人が少なくないと言います。なかなか、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。契約社員や派遣社員募集の会社の中には会社に貢献する度合いが高ければ、2,3年で契約社員から正社員への転換ができることもあるからです。面接を受ける際に、正社員として働けるチャンスがどの程度あるのかを聞いておくと良いでしょう。

自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている方は注意が必要です。

趣味に通じることや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私は、食べることが趣味だったのですが、それが高じて、かつては、飲食の世界(レストラン)に勤めていた期間があります。そのレストランでの業務内容は、そのレストランで私が担当していた業務は、盛り付けやホール業務です。この仕事内容に関しては、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていたのですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。ということが引き金となって退職する羽目になりましたが、それと同時に、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで提供されていた食べ物さえも嫌いになり、似たような飲食店には今も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事に就いた当初、大好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分の好きなジャンルの仕事に就きたいと思い、実現できるのは素敵なことです。しかし、あなたの「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり自分と向き合ってから行動するべきです。

仕事のせいで精神的なダメージが増え、転職を考えざるを得ない状況となったなら・・

仕事のなかで心的にかなり厳しくなり、転職しなくてはいけない状況に至ったなら、職場の人と相談する以上に自身の家族と話し合い、転職するかどうかを決めたほうがいいです。なぜそうしたほうが良いかというと、働くことは当事者であるあなたのためでもありますが、家族の問題ともいえます。どんなに高給を得られたとしても精神的ダメージを負ってしまうまで働くのは望ましいとは言えません。今の時代は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先で前提にする生き方が尊重される社会です。ですから、あなた自身の身内や、自身の心身の健康を考えていきましょう。

昨今では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり、…

現在では、株・不動産投資の不労所得を得たり、独立で頑張っている人も増えています。そういったような社会的変化に伴い、雇用されて働くことが世の習いといったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長期にはどう転ぶかわからない個人事業や株式よりも雇用されて働いているほうがずっと安定性があり、人が生きていくうえで正しい道として、一般の人々に認識されていた。そんな時代は終わり、今のような時代は「成熟期」という風にも言われています。コンピューターの進化とともに、近い将来では自動化・機械化が顕著になり、社会においては人手が不要となる時代が到来すると言われています。

派遣会社に登録した上で働く人が近時多くなってきています。

仕事をするために派遣会社に登録する人が規制緩和の後、増える傾向にあります。派遣社員として働く場合は、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、その中で何割が自分に入るのかを可能であれば面接のときに聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は、人手を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに手数料を徴収するシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースがほとんどです。50%以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪質な業者の場合、8割しか労働者に還元しないという場合も多いです。面接のときにきちんと答えない会社は、隠ぺい体質であると考えることもできるので、可能な限り違う派遣業者を利用されることを推奨します。

転職において、まずは今の会社を退社してから転職しようと考える人もいます…

新しい職を探すのに、まずは会社を辞めた後で転職しようと考える方もいますが、そういったときにはボーナスの支給時期を事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを支給する会社は多く存在しますが、ボーナスが出る会社の場合には、ボーナスが出る時がもうちょっとならば、それを待ってから会社を去るという手も悪くないです。ボーナスってある程度たくさんもらえると思うので、もらい損ねたら損ということも言えるでしょうから、会社を辞めるときにはボーナスが支給される時期についてまず確認しておいた方がもったいない思いをしません。

もっと良い企業がいいと転職をする活動をしている中の大半は…

いい企業がいいと転職をする活動をしているとき、「ちょっとでもはやく採用通知がほしい」と思っているはずです。しかしながら、それで内定通知を得たいばかり、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいはその逆に過小評価にしかならない行動をするのはできるだけ避けておきましょう。大事なのは焦る気持ちを抑え、冷静かつ客観的にあなたに適した職場を探すことに専心しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く選んでみてください。

再就職時の面接で着用する腕時計の事についてですが、ビジネスの場らしからぬ目立つような…

再就職の面接につけていく腕時計においては、ビジネスの場らしからぬ目立つタイプの時計はしていかないほうが好ましいと言えます。この場合の、目立つ意味は有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではなくそれとは真逆でチープに見える腕時計に見えてしまうとか、そういった目を惹くという意味であって真反対で目を惹く、と捉えておいてください。転職の面接のときにつける腕時計はポジションとしてはスーツやネクタイと同様の考えで、ふさわしいものをつけるほうが賢明だと言えます。ですが、自分の年齢に見合ったものであるということも大切で、新卒の頃にしていた腕時計よりはほんの少しでも値を上げた方が年齢に見合っているとはっきりといえます。

転職するための期間中は、どうしても、時間が有り余っているため、…

転職期間ではどうしても、時間があるため、だれた生活を送ってしまいがちです。が、そんな風な過ごし方は危険です。というのは、緊張感のない、だれた生活が普通になると、肉体的にだけでなく、「心」もだらしなくなるからです。やがて、働く意欲が湧かず、お金が回らなくなって困る未来がやってきます。そのまま、負のサイクルができてしまい、転職先が見つからなくなります。次の仕事を決められないのは、給料を一番に考えるからです。給料を第一に転職先を探すことになるとやりがいを求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ということで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。

最近はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門業者をよく見かけるようになりました。特許出願の経験がある人は、電話が来る可能性が高くなります。彼らは、特許を取った人以外にも、研究開発で論文を世に出した経歴のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かで有名になったことのある人を対象に、電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティング用のネタにしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと推測される連絡をもらった際には、そうなったキッカケを思い出してみましょう。あまりないことですが、ヘッドハンディングと言いながら、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、その手の会社は例外なくイカサマであるので騙されないようにしましょう。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者が負担するものではありません。

今までの求人情報には、募集条件の中に「性別」まで、書かれていました。

以前は求人誌には、雇いたい人の「性別」までもれなく明記されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」が成立したことによって、雇用する際、男女差別があってはいけない事が決まり、応募条件の概要に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。そんな変化があるものの、募集を出す企業側としては、本当はどちらが希望と言う想いがあるはずです。現実に、実際は男性が必要な企業に女性が応募してきたり、その反対に女性が必要な案件なのに、男性が応募してきたり、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。もし、「女性が活躍できる仕事場です」とアピールする案件では、雇用側が「女性」を必要としている、と読むのがべきです。