今まで私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

前は職探しは「転職サイト」よりもいつも「ハローワーク」で探していました。

これまで私は、「転職サイト」を活用するより、いつも「ハローワーク」に通っていました。というのも大手の転職サイトはシステム上、都心部にある会社の求人情報が多いからです。であったため、求人を探す時は、「ハローワーク」のみ使っていました。人気の転職サイトに掲載されている求人より企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域に密着した企業も多くあり、安心して面接に進むことができます。また、ハローワークというと、なんだか地味な感じがするという先入観がある人もいるはずです。魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もし転職しようと考え中の方は、ハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。「転職サイト」のようなたくさんのニュースレターが来ることもありません。

転職先を選ぶにあたって、むろん仕事におけるやりがいアップと…

転職先を探す際、当然仕事のやりがいアップも大事だけど収入が増えることも大きなポイントになるから「年収サイト」というところに登録をして事前に調べています。同じ会社でその上同じ職種、社歴であるにも関わらず人によってすごく違いがある場合も複数あって、正直に言うと面接の際質問をしたことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた方も誰なのか予測はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

転職サイトは有名なサイトの方が掲載量も多くなるため…

「転職サイト」は、大手のほうが掲載される案件がたくさんあるため、感じがよさそうな2,3の会社を、とりあえずはサイトに登録した上で、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、さらに条件に合う案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと容易に情報収集を行うことが可能になります。初回に限っては登録するのに少しばかり手間がかかるので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、それらをテキストファイル化し、コピー&ペーストしながら登録を進めていくと便利です。登録する初日は、時間がやや必要ですし、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、その後は、新規案件をチェックするだけでOKなので、次回以降応募するときのことを考えれば、最初にしっかり準備することを心がけるのが無難です。

とある古物商のお店で、書類審査に受かりました。すぐ・・

ある古物商の人員募集に応募したところ、書類選考に合格しました。2、3日して担当者から、面接予定日を連絡してもらいました。ところが、当日、時間通りに指定場所へ行ってみると、なぜか相手が、面接準備を一切していないと知りました。しばらく待っていると、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、終始呆れるほどけだるい表情を見せ、やっとのことで面接が終わりました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、採用結果も告げられず、しびれを切らし、私の側から問い合わせると、「郵送で今日送った」と告げられました。心待ちにしていたのですが、結局届かず、仕方なくふたたび、連絡をしたところ、なんと、「今回はご縁がなかったということで」と勝手に電話を切られてしまいました。呆れて言葉も見つかりませんでしたが、ハッキリ言って、採用されなくて良かったと感謝しています。

キャリアップしたいと思いたいへん多くの人材紹介会社に登録していのだが・・

転職を考えていた時期にかなり多くの人材紹介会社に登録していたのですが、転職のアドバイザーのレベルに関しても驚くほどまちまちでそのほとんどは物足りない担当者ばかり。こちらは人生がの大事な事なのにもっと一生懸命に臨んでほしいという願いが膨れ上がりそれが引き金となりキャリアカウンセラーになりたいと考えるようになりました。その資格を取得できるまでには費用もいりましたし勉強の面もかなりきつかったのですが、就職活動の際に頼みとされるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。

派遣の仕事が決まりました。勤務の初日に派遣会社で営業を担当している人と…

派遣先の会社が決まりました。就業初日に営業を担当している方と会社の近くのコンビニエンスストアで落ち合うことになっていたところ、営業担当者がどうしたことか約束の店の前にいないので店内にいるのかもしれないと思ってコンビニの中に入ってみると、彼は驚くことに雑誌の所で座り込んで卑猥なグラビアページを開けて見ているところを発見しました。こんな人が担当者だなんて人間として恥ずかしいことと判断し、そこで声をかけずにお店を出て直ちに派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

再就職を予定しているのなら、多くの企業の採用情報を日常的に調べたり比較したりしてお・・

転身を念頭に置いているならまめに色々な会社の情報をチェックしておくと転職時の選択に大いに役立ちます。現在の仕事に何かしらの不満がある場合、本格的に転職活動を始めたときに、どこの会社も魅力的に見えてしまいます。そうすると、どの企業を選択すべきか判断が難しくなり、選択をしくじりかねません。ヘタをすると、直ぐに退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。方法としては、転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、転職したい会社の取引している会社を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引先情報を公開していますし、反対にそうではない企業は、広告宣伝ばかりに注力しがちなので、よく見ておきましょう。また、会社によって個人でのグループに入っている会社があるので、グループの名前で中身を調べておくのも良いでしょう。

再就職をする際の面接でクールビズで来てくださいとと書いてある場合もあるようです…

再就職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズ可とと伝えられることもあるようです。ですが、なかには、クールビズで伺うのは本当は駄目なのでは?と考える人がいます。そのような思いを心に抱いている方々に伝えたいのは、クールビズで良いとされた面接は伝えられていることを守った方が確かです。悩みすぎて、暑い季節にクールビズでないのは相手に暑苦しいと思われます。ですから、会社側からクールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。

新卒で採用された会社でつらく当たる上司に悩みを持ち、…

在職していた会社で感じの悪い上司に困惑してしまい、結局仕事をする気力がなくなってその会社を退職し、同業者の他の企業に行くことにしました。転職先の会社では居心地よく働くことができて満足していましたが、少しずつ会社の財務が悪化し、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。ところがその経営統合した先の会社が驚くことに嫌な上司のいた前の会社で、しかも転職のきっかけとなった上司がまた私の上司となることに。まったく困ったことになりましたが、どれだけ縁があるのでしょうか。当然もう一度転職活動を始動しています。

もしあなたが転職サイトを使ってあなたのやりたい分野の・・

もしもあなたが、「転職サイト」であなたが新たなチャレンジのできる魅力的な企業を探しているならば、お勧めなのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でもチェックできる公開求人とは異なります。なぜならどう比べても、比べ物にならないくらいたいへん質がいいといえます。それから、あなたの条件にピッタリなものを調査し、紹介してくれます。そういうわけで、これは結構ドストライクであなたの希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同一の求人を発見したとしても、ひとりの力で手当たり次第に調べるのと比べればとても効率的です。ですからたいへん試しておく価値はあります。

就職活動において、インターネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)…

新しい職を探すとき、ウェブ上で就職斡旋してくれる「エージェント」を使う場合もありますが、仮にそこに登録し、運よく就職できた場合でも、「失業保険」は給付されないため、要注意です。ハローワーク以外の機関を利用して就職が決まったとしても給付してもらえないので気を付けるべきです。これと違って、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就業した場合は、就職に備える準備金として、「一時金」を支給してもらえることになります。ネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントの利用を検討される人は特に気をつけましょう。

今、私は派遣の会社に登録しています。

今、私は派遣で働いています。サイトを見ていて何の気なしに自分に向いていそうな仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「そのお仕事はすでに他の方が採用されました」と断られてしまい一瞬サイトからも仕事の情報が消えるのですが、なぜか次の日になると消えたはずの情報が掲載されています。それって結局は私だとよくないのだっていう意味ですよね。そうであれば最初から変に隠さない程度にはっきりと伝えてほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。はたまた偽の仕事なのでしょうか?

最近PCを使えばインターネットのエリアには、要する…

最近はスマートフォンを見ればネットで見られる世界には要するに「転職のためのサイト」と呼ばれるものが多すぎるくらい点在しています。その多くのサイトから自身の目的にあった転職先というのを見付けるためには、何よりも情報収集です。こんなサイトをしっかり使いこなすことで、効率的かつ満足度の高い転職が叶えられるはずです。最新情報が満載で、客観的なデータもしっかり掲載される優良なサイトがある一方で、それとは真逆なメリットが皆無なサイトもあるので、注意が必要です。使い慣れないうちは、信用に足るサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながら確かめてみましょう。

最初に転職を行う際、重要なのはなぜ今の仕事を辞める必要があるのかにつ…

人生初の転職を行うにあたって、なぜ今の仕事を去る必要があるのかについてはっきりすることです。その理由の有無が転職の今後を決めるといっても過言ではありません。その後問題解消が可能な企業を決めてみましょう。社会に出てからの転職活動は、在学中の就職活動とは違い、今の仕事を継続しながら就職活動をやっていくので、時間と体力を消耗します。したがって問題の明確化ができていない状態で転職活動を行った場合、途中で挫折してしまうおそれがあります。どんなことがあっても転職したい、現状に変化を加えたいという強い気持ちがない場合は、転職活動を始めるのは、やめておくのがいいでしょう。

新しい仕事で、これまでに培われてきたキャリアやスキルを生かすことができ・・

新しく就いた勤め先であなたの過去のスキル・キャリア生かせたら、即戦力として周囲から認識され、割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。それはつまり雇用した側としてもそういった即戦力となる人材は常に必要なので、時期さえ良ければ、わけなく採用されるでしょう。それに加えて以前の仕事と近い仕事内容なら転職自体は簡単にいくはずです。そういっても、ある程度のスキルがあるといっても大手の事務職系や公務員系(国家・地方ともに)の募集は、いつの世でも相当な競争率であることは間違いないといえます。

転社を度々しないためにすることはただ一つです。

転社を繰り返す日々を止めるための術が一つだけあります。スキルを向上させることもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返さなくなります。現在はネットがいつでも使えるので、メンタル面を強くするための自己啓発系の情報は誰でも知ることができます。また不思議に思われるかもしれませんが、転職とは全然違う行動でも、メンタル面を鍛えられます。それは、海外への旅行です。海外に旅行に行くと日本との違いがたくさんあったりと、どんな瞬間も勉強になります。なので、帰国してからも心境の変化が生じるはずです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということを実感することができます。その気持ちのまま(転職のための)面接を行えば、これまでとは違って自信にあふれた態度でアピールもできるはずです。しかし、退職して間もない頃はメンタルが弱気になりやすいので、気力回復のために休暇も必要です。