求人についての情報を見てみると、大部分の職場では月の給与が明記されています。

求人関連の情報を見てみると、ほとんどの場合、まともな企業・・

  • 求人についての広告には、とうぜんたいていの会社では月の給与が記載されているはずです。でもこの月収の部分をチェックする時には、注意して確認する事が必要です。数値だけで納得してはいけません。実は企業によっては、月収の金額の中身が「毎月10時間の残業」を含んでいるかもしれません。それは残業代を入れて好条件であるかのように見せ、人材を募集しているケースも少なくないのです。このほか、「歩合給」をプラスする、といった案件も要注意です。歩合箇所を相当に盛って、月収を多めに見せている可能性も考えられます。そういうわけで、このようなよく分かっていない人たちを扇動しながら人材募集を掛ける会社は近づかないほうが良いでしょう。
  • 今現在の自身の職場や業務内容に対して、不満に感じていることの中・・

  • 今現在の自らの職場や業務内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。「自分のスキル・能力が正当に評価してもらえない」そのため、「月給は上がらないし、将来的なレベルアップもまったく期待できない」といった内容が多いように見受けられます。とはいうものの、気持ちは理解できます。しかし、そんな人の中には本人が自分自身の持っている器量を実際よりも過大評価していることが少なくありません。仮に、そのような人が転職活動をした場合、自分に合った企業や職種がないと、再就職先がまったく見つからないので生活費にしわ寄せが来るおそれもあります。可能性があるので、注意しなくてはいけません。ですから転職活動をスムーズに行うためにも、本来の自分のキャパシティを把握することが大切です。
  • 今の自分のスキルを活用しながら就職活動をするつもりなら、…

  • 今あるスキルを有効活用しながら、再就職したいと思っているなら、そのスキルがプラスになる転職しやすい業界とそのスキルが不必要な、転職が難しい職種がある事を理解しておけば転職先を探すのに役立ちます。転職がしやすい業界としては、たえず人手不足である「医療・介護」が、その最たる例です。看護師、介護士の資格保有者でなければ働くことができないので、誰もが簡単に応募できない事も大きく影響しています。ですが、現在「医療・介護」の仕事をしていて諸事情によって、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」以外の流動性は「医療」「介護」よりも低いものと捉えておくべきです。というわけで、安易に考えないことが大切です。転職される場合は、異業種では「医療」「介護」のような売り手市場ではないと気をつけましょう。
  • 失業時に受け取ることができる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要ですが、…

  • 失業時の助けになる「失業保険」は、給付されるためには失業中であることが必要ですが、いつまでも受け取れるワケではなく、「期間」があります。それまでに働いていた期間に応じて3か月とか1年とかが決まるのだが、中にはこの事実を知らない人がいたりします。「失業保険を受け取れる間は遊んでいよう」という人がいますが、給付期間の終わり際にやっと自分の誤りに気付き大急ぎで転職活動をしても好条件の仕事を探すのは困難です。転職を希望している会社の面接官もバカではないので、「いつ頃失業したか」「失業から、どのくらい経つか」「その間、何をしていたか」について大半は相手(面接官)に見透かされると思っておいた方が良いでしょう。状況次第では、面接官から何をしていたか質問されることになり、しどろもどろになると受かるのは難しいでしょう。
  • 将来に目を向け、楽しく過ごしつつ、再就職と向き合えば、…

  • 楽しみながら転職活動をすることができれば、メンタル面での重荷も少ないので、転職活動の間の堕落も避けられるはずです。そのうえメンタル部分が健やかであれば、割と早く転職先も見つかるはずです。理想的なのは、休職によるブランクをつくらず新しい職場に飛び込むことが大切です。現在の仕事をしながら、次の勤め先を見つけるのがベストでしょう。それに、隙間をなくせば退職後、直ぐに働けるので、経済的な心配もありません。そのようにしておけば、働いていない期間はできませんから、履歴にもキズがつきません。要するに、転職の際に不利になることがないということです。今後のことを考えつつ、上手に転職活動を進めてみましょう。
  • 派遣として就業しています。労働契約法の関連で不本意に…

  • 派遣社員として働いています。労働契約法が原因で残念ですが長期間勤務していた派遣先での仕事の契約が終わります。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣先から正社員の位置をゲットした方もいるのですが選ばれた理由としては正直仕事の能力とは関係なく派遣先上司の扱い方が上手な方でお引き立てがあった模様。職務を遂行するスキルよりも上司に媚びるスキルの方が大切なのだろうと抜擢されなかった別の派遣の仲間と愚痴を言う毎日です。
  • 看護師という仕事の人の他の職業に「転職しよう」と思う理…

  • 看護師という職の人の違う職に転職の理由は人それぞれです。それを見てみると看護師が他の仕事への転職するには「職場に自分と相性の悪い上司・同僚がいる」「結婚で自分勝手にできなくなって子育て加えて家族の介護など、いくつかの身近な家庭環境の変化によって今までと同じような今の仕事を続けられなくなっている」「給料に不満を感じている」というような悩みが抱えているのかもしれません。しかしながら、実際に転職される前に「どうして自分は転職をしたいと思っているのか?」と思うに至った理由を静かに現状を客観視することも重要です。それは本当に転職するに値する妥当なものであるのかどうか、もう一度考えたうえで決断されることを強くお勧めします。
  • 転職の面接でいるスーツの色においては、新卒の方が就活の時…

  • 転職時の面接でいるスーツの色合いは、新卒の就活の時に身に付ける色合いが一般的なルールとなっています。ですので、紺系や黒系といった感じのような暗めの色味になるわけです。それが、転職の場面においても、スーツの色味というのはこういう暗めの色が圧倒的多数であって、他のカラーを着ている転職者は少ないです。それ以外の色と言うと、たまにグレーの人がいるくらいです。たいていの場合は黒系や紺系のスーツが圧倒的に多いので、人事側からしてもそういった色であるほうが自然に見えますから、見た目の印象という点ではおすすめということになります。
  • 昔は看護婦と言われていた看護師は仕事としてどうして…

  • 前なら看護婦ですが看護師というのは職業として歴史的にも女性の割合がたいへん大きい職場です。あまり知られていないかもしれませんが気力や体力への大きく消耗する職場ともいえます。そのため、職場の環境での人間関係で行き詰まったり、自身の結婚や出産といった仕事と私生活との両立がかなり難しい業種ともいえます。実際に、そういった問題によって転職する人が多い現実があります。過酷な労働環環境であるために、看護師は、人材不足な状態に変わらず継続しています。ずっと、どの医療機関も看護師を欲する「売り手市場」であるため、これが転職の希望者が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。
  • 転職を考えるとき、転職したあとの自身の給与を過剰に気にする人が…

  • 転職というものをしようと考えたとき、転職先となる職場における自分の年収ばかりを気にする人は、意外といるでしょう。とうぜんたいていの人は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるために仕事しているのだとは思います。したがって年収は自身がどれほど評価してもらえているか、としての側面もありますから当然大切なことは至極当然です。ですが、愚かにも年収の額ばかりを固執しすぎる生き方というのもさみしい気がするでしょう。それより年収が期待できない業種でったも人間的な成長が遂げられる可能性が多々あるからです。
  • 転職の時の面接などの際に面接担当者が名刺を手渡してきた・・

  • 転職における面接などに関して担当者が名刺を差し出してきたら、同じようにあなたも名刺を渡す必要があるのか?ないのか?と迷ったときは、たいていの場合は渡すことはないと理解しておくと良いですね。転職のための面接においては仕事の一部ではなく、就職活動の一環です。ですから一般的に考えて名刺をやりとりする場ではないのです。合わせて、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人的な問題でこの場にいるわけです。ですので、もし相手側から名刺を渡されても、こちらとしては名刺をもらうだけで大丈夫で、相手にあげる必要性はまったくないと推測できます。
  • 新卒採用で入った会社を辞めて、転職に踏み切りました。

  • 新卒採用で入った会社に別れを告げて、転職することについて当初は相当に将来のことを考え不安になりました。ですが、新卒で入った会社を数年で退職し、大半の人が中途採用で働いていることを転職活動中に学び、自然と将来の不安がなくなりました。1回転職をすれば、自然と気持ちが前向きになっていき、「本当に自分のしたいこと」を探すのが前向きに過ごせるようになりました。なかには「仕事を途中でやめるなんてダメだ」といった転職を否定する意見もありますが、それが正しいのかなと感じました。私の場合、転職してみるも大事だと思いました。
  • これから転職活動を考えているのなら、今の業務で感じている不満点・・

  • 転職活動しようと思うのなら、今現在の仕事の何が気に入らないのかをハッキリとさせておく必要があります。当然と思われますが、意外とできてないです。元々不平が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現在の仕事や業務の客観的に考えた問題を挙げる」ことを多くの人はやっていません。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。それを終えたあと、もしも転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、転職すれば現在抱えている悩みが全て解消されるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職の失敗は抑えることはできると思います。
  • 転職先にて、「年収」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい仕事についてすぐはすぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。ことさら、はじめの年はおおむね「試用期間」が入っているというのがことが考えられます。自身の例では、せっかく転職したというのに、予想とは裏腹に前の職場での年収と見たところイコールということがありました。それにプラスして、業務はかなりキツく、責任を伴い、初年度を越すのもひどく骨が折れました。そうした経験から1年目は、仕事を覚える期間として捉え、できる限り転職するよりも前からお金をためておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。
  • 転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。

  • 現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。仕事をしながら求人を探して、その応募手続きをしたり、面接を受けるのは精神的にも肉体的にも負担がかかります。また、転職活動時は、今の会社の同僚や上司に隠さなければいけません。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接の連絡が来た後で辞退すると今後の転職活動に支障をきたすおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントに対しての印象が悪くなりますし、自分で直接、応募したとしても相手の会社からしつこく電話やメールがあることもあります。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることになりかねないので、行くつもりがない会社は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と認識しなければいけません。
  • 今励んでいる転職する活動で「自分は振り返るとこのような種類の…

  • いい転職をしようと転職する活動中に、「かつて、このような価値のあるの仕事をしてきました」「仕事の中で手にした経験は、、、です」と自身の実績などをがっしりアピールしなくちゃと考える人はよく目にします。ですが、希望するその職場で「させてもらえるのならばこういったことをしたい」「私が経験したような内容ならできれば貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自己を売り込むほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点に注意しつつ、転職活動をがんばってみましょう。