近年では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようにな・・

近時は、ブラック企業がメディアで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり…

  • 今日では、ブラック企業がメディアで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが強くなったり、会社名が公開されたりと不利益を被る流れができてきましたが、完全には至っていないと思われます。ですが、実際に入社するまえの面接時に「ブラック企業」かどうかを見破る方法があるので、まずは理解しておきましょう。とりあえず、求人票などに記載されている労働条件を見ておき、それらの項目を一点ずついろいろと質問してみることです。「ブラック企業」が相手の場合、求人票の記載が嘘の場合、明確な返答ができなかったり、その場では答えられないなど逃げ腰になります。とりわけ「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問責めすると、渋い表情を見せるケースが多いです。それでもしつこく聞くとブラック企業によくある威圧的な態度や、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこで相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、他の会社をあたったほうが良いと思います。

  • より安定した生活基盤を願って「正社員」になりたいと思っている…

  • 安定的な人生を欲しがって正社員として働くことを念頭に置いている人が相当います。でも、即戦力として働けるようにかなり努力していても、中々正社員として採用されることが叶えられないこともあります。契約社員や派遣社員の求人募集はかなり充実しているのに、正社員の求人情報以外はそっちのけで応募しない人も少なくないでしょう。万一あなたが中々正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正社員の求人募集も選択肢に加えてみましょう。企業のなかには、その人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員への転換が図れることもあるからです。採用面接の際に、「正社員登用」の可能性がどのくらいあるかを聞いておけば将来設計が立ちやすいはずです。

  • 趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている方は要注意です。

  • 得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に好きだったのですが、それが理由で飲食業界で仕事をしていた期間があります。そのお店での仕事内容は、そのお店で私が任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務です。この業務内容については、不満もありませんでしたし楽しんで仕事ができていました。ですが、人間関係のいざこざにとても疲れてしまったのです。そのことが引き金となって職場を去ることになったのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べることやその飲食店でメニューとして提供していた食べ物も嫌いになり、同ジャンルの飲食店にはしばらく経った今も行けていません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いた頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。大好き、を仕事にしたいと夢見て、それを実現させることは本当に素敵ですよね。ですが、「好き」の度合いはどの程度のものか、じっくり自分に問いただした上で行動するべきです。

  • 仕事のなかで精神的に苦しくなり、転職を考えざるを得ない状況に追い込まれたのなら・・

  • 仕事をするにあたって精神的に厳しくなって、転職せざる負えなくなってしまった時には、職場の人と相談していくより家族などの近しい存在の人と話し合い、退職するか判断した方が良いです。なぜそのほうが良いのかというと、働くということは当事者である自分ではあります。が、しかし家族の問題ともいえます。毎月、どれだけ給料が良いからといって、メンタル面がボロボロになるまで我慢して働くのは望ましくありません。昨今は、物質的なことよりも、仕事のしやすさを優先する生き方が尊重される時代です。身内や、あなた自らの心と体の健康を考えていきましょう。

  • 昨今では、株式・不動産投資の不労所得、もしくは起業といった形で生きる方法も人気です。

  • 近年では、株や不動産投資等の不労所得で稼いだり、独立を目指す人も増えています。そういった移り変わりもあり、「起業することは不安定であぶない」といった今までの常識も変わりつつあります。高度経済成長の時代には、安定しない個人事業や株式よりも組織の一員として働くほうがずっと将来が安定していて、人生の「花形」としてまたそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されていた。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、時代は変わって「成熟期」などと付けられています。今後は、機械化、自動化が進んで社会においては人手が必要なくなると言われています。

  • 派遣社員として働く人が規制緩和以来、増えています。

  • 派遣会社に登録し、仕事をする人が近時増加しています。仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(または比率)、自分に入ってくるかをできるだけ面接の際に聞いておくべきでしょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りにお金を会社に支払う仕組みになっています。派遣会社の多くは、派遣される労働者の取り分を積極的には開示していません。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、中には開示すらしないところも少なくなく、酷い派遣業者では、3割しか労働者に還元しないというケースも多くあります。面接時に、まじめに回答に答えてくれない派遣業者は、隠ぺい体質である場合が多いので、できることなら異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。

  • 転職活動を行うのに、とにかく今働いているところを辞めて…

  • 転職において、まず今勤務している会社を辞職した後でと思っている人もいるでしょうが、そのような場合には会社がいつボーナスを出すかを前もって調べておきましょう。ボーナスが支給される企業は星の数ほどありますが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスをもらえる日がすぐそこまで迫っているのであれば、ボーナスが振り込まれた後で退職するという手もおすすめしたいです。ボーナスはなかなか多くもらえるはずなので、もらい損ねたら損ということも言えますから、転職しようと思ったらボーナスが支給される日についてまず確認しておいた方が良いです。

  • 違った企業に入りたいと転職活動をしている中のときの場合・・

  • いい職場に入りたいと転職活動をしている中の人というのは、「はやく、内定を手に入れたい」と考えてしまうはずです。ですが、そのために吉報が得たいばかり、自分の能力を高く偽ったり、あるいはその逆に自分を能力を安く見積もった売り込みをするのは可能な限りしないようにしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちをこらえて、冷静になりつつ、自分にピッタリな職場を探すことに集中しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く選んでみてください。

  • 再就職時の面接のときにつける腕時計においては、どう見ても目立・・

  • 再就職する際に行われる面接のときに着用していく腕時計についてですが、ビジネスの場らしからぬ目を惹くようなタイプの時計は着用をやめた方が好ましいと言えます。目立つ腕時計とはブランド物の腕時計であるとか、といった意味合いだけではなくそれとは真逆でチープな腕時計に見えてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって正反対の意味で目を惹くのだと思い浮かべておいてください。転職の面接のときにする腕時計においてもポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接するにふさわしい安全なものを選ぶのが良い印象を与えてくれます。けれども、年齢にあったものというのも不可欠なことで、新卒の時に着けていた腕時計よりはほんのわずかであっても高価なも腕時計にした方が間違いないとはっきりといえます。

  • 転職するための期間中は、無意識のうちに時間に余裕があるため、…

  • 転職するための期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感がなくなり、ダラダラと過ごしてしまいがちです。ですが、そんな過ごし方を常態化させてしまうのは危険です。なぜならば、緊張感のない、ダラけた生活を習慣化してしまうと、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。だんだんと、働く意欲を失い、生活が苦しくなり困る未来がやってきます。そのまま、すべてにおいて悪循環になり、次の仕事をうまく見つけられなくなります。転職先を決められないのは、お金を一番に考えるからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではやりがいを求めて転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラけるような生活はしないように気を引き締めましょう。

  • 最近はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得した経歴のある人は、連絡が来ることが期待できます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を書いた経験がある人や、「テレビや雑誌」で特集された人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。仮にあなたが、ヘッドハンディングのような連絡があった場合は、心当たりがないか考えてみましょう。そんなにはないことですが、ヘッドハンティング名目として、登録料を要求しようとする業者もありますが、そのような会社は間違いなくイカサマですから騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

  • 何年か前までの求人誌には、雇いたい人の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

  • 以前の求人誌には、募集条件の中に「性別」まで、ハッキリと記載されていました。ところが最近では、1985年に制定された男女雇用機会均等法によって採用において、男女の差別があってはならないとして、求人情報の詳細に「性別」が無記載となりました。けれど、求人を出す雇い主としては、男性・女性どちらでも等しく雇用するとは限らないのです。実際に、男性必要な会社に女性が応募したり、女手が必要な案件に男性が来てしまったり、といったトラブルも無関係ではありません。例として、「女性が活躍している職場です」と記載される案件の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのが確実でしょう。

  • 転職活動の中の話題に上がるのが年収です。

  • 転職活動で話題にあがるのが「年収」です。面接時には、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。このとき本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、最終的にはウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまず無理です。仮に、今の年収が430万円だとすると、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくことをおすすめします。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追いやられる事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 転職先を探している期間は、自分の好きなことに時間を使ったり、…

  • 転職期間中は、自分の趣味に時間を使ったり、体力づくりを意識しておくと良いでしょう。転職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中する力がアップしています。また体力アップしていることで一緒に働く人と比べるとスタミナがあるということを認識することができます。ということで、退職してからの生活は、自分の趣味に没頭することと、体力をアップさせる努力をしておいて損することはありません。その後、職場であなたと同じ趣味の方と知り合えたのなら、友達になれるキッカケにもなります。ですから、時間がなくてできなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりであるにも関わら・・

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職したばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を選択してしまう人がとても多かったりします。何故そうなるのかと思うと私見ですが気持ちも新たに、自分自身に合った会社を見つけたものの、「自分自身の期待していた職場環境とかけ離れていた」「会社独自のルールになじめない」という原因で去っていくことが多いといいます。でもこのような失敗を避けるためにはまずは前もっての情報収集を欠かせません。徹底して行うべきなのです。職場独自のルール、具体的な業務内容、などいろいろ前もって調べておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • 万が一あなたが、転職を決心を固めたなら、あくまで周・・

  • 仮にあなたが、とらばーゆの決意したのなら、あくまで周囲の人間にはひそかにその気持ちがばれないように、うまく転職活動していき、現在の会社に所属している間は、徹底して周りの人間に気づかれないように普通に仕事をするのがたいへん妥当です。転職先が決まっていない間、その点を心にとめておけば、条件にあう働き先が見つけられなくても、転身予定を見送りながら今の仕事を残ってもトラブルにはなりません。でも軽率に、「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、それに合わせて動きます。また辞めると一度言ったら社内では一気に会社内では「あの人は辞める人」と受け止められます。しかし、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と手のひらを返しても、会社内の人間は、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、仕事を続けている間、身の置き所がない思いををするおそれもあります。