今からでも転職活動しようと思うのなら、現在の業務の何に不満を感じているの・・

いよいよ転職をするのなら、今いる業務や仕事の何が気に入らないの…

今から転職することを希望しているのなら、現在の業務や業務での納得いかない部分を明確化する事が必要です。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。不満なことにガマンできないから転職しようと思っているはずです。が、「ちゃんといまの業務や仕事の客観的に考えた問題な点を書き出す」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仮に転職した場合、「今の仕事よりも不便になりそうなこと」をしっかり想像してみましょう。職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできると思います。

職場を変えたいと思っているのなら、「年収」の高望みはしないほうが良いです。

転職する企業で、すぐに「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。とりわけ一年目の段階では大方研修期間が入っていることも可能性は少なくありません。私自身の転職して新たな仕事をした時は、せっかく手にした職なのに、期待に反して以前の職場での年収とほとんど同じで変わりませんでした。加えて、仕事内容はとてもキツく、重大な責任が伴うものでもあったので、1年目は、ひどく労力を伴いました。そうした経験から転職1年目は、勉強に充てる年と捉えておき、可能なかぎり転職前から貯蓄をしておいて、当面の生活を安定させるべきだと思います。

転職活動と現職の同時進行を行う人が多いです。

今の仕事と転職活動を並行する人は多いです。けれども、仕事を行いながら求人情報を調べて、その応募手続きをしたり、面接に挑む、というのは負担が大きいです。転職活動中は、今の会社の同僚や上司に隠す必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれてから辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、他方直接応募していたとしても、相手の会社からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大事な時間を浪費することとなるため、行く気のない案件は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と意識を持つことが大切です。

やっている転職活動の際に「自分は経験としてこういう価値のあ・・

今やっている転職する活動時、「これまでずっとこのような職場の仕事をしました」「これまでにこのようなスキルに磨きを掛けました」と自身の実績などを強調してアピールしようと考える人はわりと少なくありません。ただし、希望する新しい会社で「将来、こういうような仕事をしたい」「こういうような内容ならぜひ参加したい」と将来的なビジョンで自身を売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

転職のための面接に希望先の会社へ伺ったときのことです。

転職時の面接にある会社に向かいました。偶然会社内の面接をする部屋が空いていないというわけで外の場所で会社の人と待ち合わせて面接をして、その場所で解散をし、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま帰宅するとのことでしたが、なんと自宅からの最寄駅が同じ。それで電車内においても面接担当者とずっと世間話をしながら帰ることとなり、すっかり打ち解け話が盛り上がり、それがプラスに働いたのかなんと採用を勝ちとることができました。

もしもあなたが転職される場合は、前もって「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが将来、転職をするつもりなら、前もって資格を取るとステップアップします。とくに、現在の仕事をしているあいだに資格取得しておくのがベストです。転職活動の際にそれを有効活用できるので、新しい仕事を探すのも楽になります。そのため、資格取得するなら、在職期間中にもっともよい時期といえます。キャリアアップを考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、今の会社を辞めたあとも後悔することなく前に進めるはずです。そのうえ、資格取得によって転職活動では資格が味方をしてくれるので面接の際面接担当者に「即戦力」と見なされ、これまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

仕事を変えると、大体の場合、それまでの会社の仕事の美化されます。

仕事を変えた際には、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事の美化されます。実のところ現在の待遇に納得できない点があるから、それをクリアするために退職を決め、再就職を決意したはずなのに、過去を振り返るとどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前の職場のほうがよかった」と感じる機会が増えてきます。というのはもっともなことで前職では仕事に慣れ切っていて事もなく与えられた業務も淡々と消化できていたのも一番の根底にあるでしょう。だが実際は「転職するんじゃなかった」というほど、過去のほうが待遇ややりがいがあるケースもあります。

20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格取得の勉強をしなが・・

20代前半に転職を2度行い、今現在はいくつか資格を取得するため、「派遣社員」を選択しました。フルタイム勤務でないため、やはり手取りは過去の仕事よりも少ないです。前よりも心と時間に余裕ができました。思い返すと、学生時代にいくつか資格を取得し、就職すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。やはり、資格を活かして働いている方に会うと自分もああなりたかったと見えたりもします。以前までの私は成功している人と自分とのギャップに劣等感を感じる日もありました。しかし、結婚してから、生活環境が変わった今、以前よりも将来の目標も決まり、しあわせな生活を送れるようになりました。

社会的な転職を取り囲む状況についてですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によっ・・

政治による影響がでつつある転職を取り囲む状況についてですが、現在の安倍政権によって、アベノミクス「三本の矢」といった経済政策が次々に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策が日銀による「金融政策」との相乗効果によって、財界・民間企業ともに新たな変化が現れ始めています。それもあって民間企業サイドでも労働人口減による「人材不足」がとても大きな社会問題となっています。最近では「外国人の労働者」の総数を高めていくと安倍政権は宣言しています。国内の雇用や転職問題についても大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで国内の雇用や転職をとりまく事情も大きく変わっていくのは確実といえます。

日本には「石の上にも三年」という格言があります。

日本には昔から「石の上にも三年」という生きていくうえで教訓となるべき言葉があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「転職」は当たり前の世の中になってまいりました。そうではあるものの、「仕事を変えること」が珍しくなくなってきたとはいえ、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。転職したいなら、タイミングを捉える必要があります。初歩として、現在の職場・具体的に、例えば仕事内容や待遇面について不服に思う点を10個程度、箇条書きにしてみましょう。そうしておくことで、再就職に役立ちます。そしてあなたが、いつか決断した時には先るだけ迅速に、今よりキャリアアップできるように、がんばりましょう。

転職をしようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書に関してですが・・

再就職の時に絶対に書く必要がある履歴書においてですが、ほとんどは手書きではなく、パソコンを使って作るのが大多数です。日本の中では履歴書についてはパソコンで書かれたものではなくペンを使って準備するのが普通だと思われていることも多々あるようですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの時に準備する履歴書であって、実際には、転職においては履歴書は絶対に手書きでないといけないとは言えないのです。自筆の履歴書や職務経歴書を高く評価するケースもありますけど、違う会社が徐々に増えてきているようなので、パソコンを用いて作成した履歴書でも良い場合はいくつもあるのです。

「シフト制」の仕事についてです。

シフトの仕事についての話なのですが、一定の曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、休む方法の詳細やシフトの提出方法についてはあらかじめチェックしておきましょう。それはなぜかというと、過去に私は出産のため休む人の代理として正社員として働き始めたのですが、私のシフトが土日が固定シフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った人が「土曜、日曜」にかならず出られる人だったので、私自身も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩たちに「代わりに出ていただけませんか?」と自分でお願いをしに行かなければいけませんでした。給料も立場も同等なのに土日は私だけなんて・・・。振り返ると「よく耐えたな」と。

転職しようと考えている会社で会社見学などがあれば、とても勉強になります。

転職しようと考えている会社の会社見学ができれば、とても参考になります。また、「職人」のいる会社なら、スキルを近くで見られるため、楽しみです。ですが、残念ながら「職人」がいる会社見学では高確率で見学者には、本来の現場を見せることがまずありません。その傾向が強いのはずばり、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。この分野では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社するまで、実際の姿はわかりません。そのため、仕事=見学で触れた内容と考えないことが重要なのです。ましてや、見学時に実際に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから正直言って、選択肢に入れるのはオススメできません。雇用契約を結んでいない人間には、万が一トラブルが発生しても保障が一切ないので、仮に、勧められたとしてもやんわりと断るとこが大切です。

職を変えようとしようとしている時にチェックする求人内容に関しては…

仕事を変えようと考えている時にチェックすることになる求人情報に関しては、基準的なものとして書かれている、という確率もあり得ます。そのため、載っている情報は何もかもが正しい情報だとは迂闊に信じるのはやめておいたほうがよろしいでしょう。その中でも特に生活に大きくかかわってくる報酬の金額などにおいては、一般的な金額なのか?それとも最低限の金額なのか?それとも最高値の金額であるのか?というような読みができない場合が多く、自分の勝手な判断でわかったつもりでいると、後々そのことを悔いる事もあるでしょう。ですから、嫌な思いをしないために、募集事項の情報というのは、うのみにせずに、そういった内容は会社に直接聞くのが良いでしょう。

転職活動を行うにあたっては、予め、求人票やパンフレット、WEBサイトな…

転職をする場合、はじめに、求人票・パンフレット・ウェブサイトなどで気になる会社を調べるでしょう。しかし、当該会社が情報を公開するにあたっては、コンサルタントから指導を受けていることが多いです。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公開する場合でも遠回しな表現に徹します。その種の会社の「社長インタビュー」または「社員情報」などの話は、それを事実として見るのではなく、話半分で捉えておいた方が良いでしょう。仮に書かれていたことを信じて入社してしまった場合、「話が全く違う」と後々、後悔するおそれがあります。たちの悪い会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後は、いろいろと文句をつけていかにして辞めさせないようにするか考えています。そのような「ブラック企業」の求人には関わらないことが大切です。

友人や知人の紹介をキッカケにして転職する先を見つける人もいます。

知っている人からの紹介によって転職の先を見つけている最中の人もいるでしょう。でも、転職した先の労働環境やその他の労働条件に関する情報について、紹介者からの口コミだけを過剰に信じるとトラブルになるかもしれません。口コミの中でも一人の個人の口コミ情報というものは客観性に乏しいからです。友人・知人にとって、居心地の良い職場に映っても、自分の価値観に照らし合わせたときには、そうではない可能性もあります。ですので職場環境をはじめ、気になる箇所は口コミのみで判断せずに、最終的には自分自身の目でチェックしておくようにしましょう。