長年接客関係で仕事をしていたのですが、年齢的に立ち続けなければいけない仕事・・

長きにわたって接客業で仕事を続けてきましたが、年のせいか…

  • 長年にわたって接客業で勤務を続けてきましたが、年のせいか立ち仕事は体力的にしんどくて、座り仕事である事務の仕事への転職を頭に入れて活動しました。事務の経験がないと少々厳しくて、そうであれば接客業での経験を役立てることができる受付兼医療事務になりたいと思い資格も合格し個人医院に転職をしました。周りはベテランのパートさんだらけで人間関係も複雑。夜の勤務ばかりさせられて、接客業をしていた時より帰りも遅いのですが、最初はキャリアの形成時と思って仕事に励みます。
  • 再就職をする場合でかなり高い確率で質問されるのは前職を退職し…

  • 再就職する場合の面接でほぼ絶対に聞きだされることが以前勤務していたところを辞めた原因についてです。この質問に答える時には辞めた会社に話題の中心を当てない方が安心です。辞めるに至った経緯にスポットを当てると必然的に面接において不利なことを含んだ話になってしまいます。どのように話せばいいかと言えば、前職を辞めたのはこの職場に必ず入社したいと思っていたからといった話にすべきということで、自分が入りたい会社に話の内容を傾けていきましょう。そういった内容ならば、積極性を前面に押し出した前職を辞めた事情にすることが可能です。
  • 転職のための活動をしている最中は、なにはともあれゼッタイに…

  • 転職の活動をしているときは、なにはともあれ何よりもあなたの心がスッキリしていることを大事にしたいものです。まだ辞めないで転職活動をする場合はたいして気にしなくても良いですが、退職をした後にする場合、人というものは内心が焦燥感が出るものです。ですので、冷静になりつつ、活動してみましょう。今後、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージをハッキリイメージしておきましょう。実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、冷静になって見極めてみてください。そうすることで、良い転職先が見つかりやすくなります。
  • 転職の際、正社員ではなく「派遣社員」として、転職を考えている人・・

  • 転職で、「派遣社員」を選択しようと思っている人に注意してもらいたいことがいくつかあります。まずはじめに派遣というと、データの入力、お茶出しなどの雑務、雑用等をのような仕事内容をなんとなく思った人がおそらくいるはずです。本音を言うと私も現在働いている企業に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「主な業務は電話対応になります」と直接説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、入社したとたん、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を要求されました。何をしていいのかもよくわからず、面接のときの説明とは全く違うので困っています。今はただ契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりがきびしくなったり、社名が公表されるなど厳しく罰する傾向にありますが、まだまだ物足りない状況です。そのため、面接で見破る必要が生じます。求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらをもとにあれこれ質問していきましょう。相手がブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときは、返答が不自然になります。「その場でははっきり答えられない」と逃げ腰になることがよくあります。中でも「休日」「給与」「残業」では、この場合はどうなりますか?と質問をしていくと渋い表情を見せるケースが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこで「この会社は信用に値しない」と確信できます。この手の会社は、募集要項を遵守してくれない上に、入社後もふてぶてしい態度でいることが多いため、変だと思ったら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。
  • 安定を希望して「正社員」として働こうと考えている人・・

  • 安定的な暮らしを送りたいと正規社員を目指している人はかなり多いと思います。しかしながら、努力しても、正社員としての転身が叶わないケースも少なくはいはずです。契約社員や派遣社員の求人は充実しているのに、正社員の求人に固執し、エントリーしない人も多いでしょう。もしもあなたが、中々転職希望先が正社員を必要としていないのなら、非正規雇用者の求人募集も選択肢に加えてみましょう。契約社員の募集を掛けている企業でも、成果によって数年で正規雇用への転身ができる可能性もあるからです。採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」の機会の有無を質問しておくと今後の役に立ちます。
  • 趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。

  • 趣味に通じることや好きなことを仕事にしたいという風に思っている人は気をつけた方が良いです。これは、私の経験に基づいたことなのですが、私は、もともと食べることが本当に大好きで前に、飲食業界(レストラン)で仕事をしていたことがあります。その飲食店での業務内容は、そのお店で任されていた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務です。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しかったのですが、人間関係のいざこざでとても嫌になってしまったのです。そのことが引き金となり、仕事をやめることにしたのですが、その影響で、あんなに大好きだった食べること、そしてそのレストランで扱われていた食べ物さえも嫌になってしまい、同ジャンルの飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事に就いたばかりの頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。得意なことや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは本当に素敵なことだとは思います。ですが、あなたの「好き」はどのくらい本気なものなのか、じっくり冷静に判断する必要があります。
  • 働いていることで精神的にとても苦しくなってしまい、転職せざるを得ない状況となったなら、…

  • 働いていることで精神的な負担がかなり増え、転職を考えざるを得ない状況にまで悪化したなら、そのときは、職場の人と相談するより家族と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。それは、仕事をするのはあなたのためでもありますが、同時に家族の問題でもあるのです。毎月、納得のいく高い給料をもらっていたからといって、精神がボロボロになるほど我慢しながら無理しながら働くのは健全とはいえません。今の時代は、物質的な豊かさよりも、働きやすさを優先する生き方も認知されつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族と自身の心と体のケアを忘れないようにしましょう。
  • ここ最近は、株式・不動産投資などといった不労所得で儲けたり…

  • 今のご時世では、株式・不動産投資の不労所得で稼いだり、個人経営 といった生き方も増えています。そういった変化に伴い、「起業はキケンだ」といった従来の考えも変わりつつあるようです。高度経済成長の頃の際には、先の見えない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも雇用されて働くほうが大いに堅実であり、人生の「花形」として広く社会に浸透していました。しかし、そういった時代は過ぎ去り、現代では「成熟期」と呼ばれます。将来は、機械化、自動化が進んで社会においては人の労力を必要としなくなると言われています。
  • 派遣会社を利用して仕事をする人が規制緩和以来、多くなってきています。

  • 派遣社員として仕事をする人が最近では増加する傾向にあります。もしも自分がが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをなるべく面接のときに聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する企業に派遣して、その対価として手数料をもらう仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることがかなりあります。半分以上を派遣労働者に還元している場合は、良いのですが、あまり情報開示をしない業者が多く、酷いケースでは、労働者に3割しか還元しなかった、ということも少なくありません。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いので極力異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。
  • 転職活動を行うのに、まず働いている会社の退社手続きを終えてか…

  • 転職活動をスタートする際、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてから転職しようと考える人もいますが、そうするときにはボーナスの支給日について考えておきましょう。ボーナスが支給される会社はいっぱいあるわけですが、社員にボーナスが支給される場合には、ボーナスをゲットできる日まで少ししかないのなら、支給日を過ぎてから辞める意向を伝えるという手もうまいやり方です。ボーナスと言うものは随分多くもらえるはずなので、頂いておいた方が良いとはっきりと言うことができますから、転職を考える時にはボーナスが支給される時期についてまず確認しておいた方が賢い方法です。
  • いい会社の社員になりたいと転職を希望する場合、「1秒でもはやく…

  • 今と違った会社がいいと転職をする活動中の人とは「ちょっとでも早く、内定がものにしたい」と思いがちです。が、それで良い知らせが得たいあまり、自分の能力を高く偽ったり、あるいはその逆で能力を安く見積もった言動はゼッタイに止めておきましょう。そうではなくて、焦燥感をぐっと抑えて、冷静に客観視しつつ、自分にピッタリな職場を探すことに専念することが重要なのです。これまでの経験が活かせるように、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く選んでみてください。
  • 再就職する際に行われる面接でつける腕時計は、明らかに目を…

  • 再就職する時に行われる面接のときに着用していく腕時計については、どう見ても目を惹くようなタイプのものはつけて行かない方が好ましいと言えます。この場合の目立つ腕時計と言うのは見るからに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではなく真逆で完全に安物である腕時計に見えてしまうとか、そのような目を惹くという意味であって両極端な意味で目を惹く、ということで理解しておいてください。腕時計はポジション的にはネクタイやスーツと同じようにとらえビジネスの場にふさわしい堅実なものを選択した方が賢明です。しかし、自身の年齢に見合った腕時計であるということも大切なことで、新卒時に着用していた腕時計よりは多少でも値段が高い腕時計にした方が好印象であるということは言えるでしょう。
  • 転職の間は、無意識のうちにダラケタ生活になってしまいます。

  • 転職先を探している間は、どうしても、だれた生活になってしまいます。・・であったとしても、そんな風な生活を常態化させるのはキケンです。というのは、だらけた生活をしていると、「心」にも悪影響が出やすいためです。だんだんと、働く意欲がなくなり、生活が苦しくなり困る事態となりかねません。そんな状況になってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先がきちんと見つけられなくなります。再就職先を決められないのは、もらえるお金を一番に考えてしてしまうからです。お金を一番に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ということで、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラケタ生活は、しないように気を引き締めましょう。
  • 近年はインターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの会社もたくさんあります。

  • 今日、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。特許出願の経験がある人は、ヘッドハンティングされやすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を書いた経験がある人や、メディアで取り上げられた人など、「功績」を残した人物に狙いを定めて、電話・メールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮にあなたが、ヘッドハンティングと考えられる勧誘をされたなら、そうなったきっかけを考えてみてください。近年はヘッドハンティングと称して、登録料を要求してくる会社もあるらしいですが、その手の会社はほとんどは嘘であるので騙されてはいけません。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が負担するものではありません。
  • 以前の求人誌では、雇用主の希望する「性別」が当然のように記載されていました。

  • 数年前の求人情報には、必要とする人材の「性別」までもれなく記載されていました。ところが現在では、1986年に男女雇用機会均等法が施行され、雇用において、男女差別があってはならない事となり、求人情報の中身に「性別」が無記載となりました。ですが、求人側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。現実に、本当は男性が希望のジャンルに募集に女性がやってきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、というような問題に悩まされるないとは言い切れません。仮に、「女性が活躍している職場です」と紹介されていたら、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておく良いでしょう。