就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。必ず現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで本当の年収より多く言って、多額の年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、もし一度は信じ込ませたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。ときにはトラブルになることもあるので、現在の会社での年収を水増しせずに申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、現在の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。今の年収が430万円だとすると、希望額は400~450万円と伝えておくのが得策です。露骨な嘘は、転職活動時のトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにすぐに退職せざるを得なくなることもあるので、気をつけましょう。

  • 転職期間中は、自分の好きなことに打ち込むことに加・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やすほか、体力を損なわない生活をしておくとベストです。会社が決まり、仕事を再開した際に、趣味に集中していたことで気付かないうちに集中力が養われているのです。そしてまた、体力アップが図れていることで、その場の社員たちと比較するとスタミナがあるということを自ずと認識することができます。ということで、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに集中することと、体力を落とさないようにするのが何より良い事なのです。再就職先が決まり、その職場であなたと同じ趣味の方と巡り会えれば、親しくなれるきっかけになるので、趣味を極めることが転職期間中の時間の有効活用となります。

  • ちょっと前に転職したばかりであるにも関わらず、少ししか仕事もしてないの・・

  • ついこの間、転職したばかりであるにも関わらず、早期に退職してしまう人というのも思いの外多いものです。何故そうなるのかと思うと私の思うところをいうと気持ちも新たに、自分自身に合った会社を見つけたものの、「自分自身の理想としていた職場環境とかけ離れていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」という理由で別の仕事を探すことが珍しくないといいます。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を未然に防ぐためには、とにかく転職先の情報収集を徹底しなくてはなりません。具体的な業務内容、通勤に掛かる時間、などチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • もしあなたが、現職からの転職を意思を固めたのなら、徹底的…

  • 万が一あなたが、転身の決めたのなら、完全に周囲の人間にはその気持ちを悟られないように、首尾よく転職活動していき、転身先が決まらないうちは、なるだけ同僚に気づかれないように通常通りに仕事をするのがたいへん堅実です。働いている間、その状態をキープしていれば、希望通りの条件にあう働き先が難航したとしても、転職の予定を延長しながら今の仕事をそれまで通りに残っても容易にできます。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人は、その言葉を受けた応対をします。それに「辞めるつもりです」と言ったが最後、周囲からは「あの人は転職する人」という位置付けになります。そういったシチュエーションのあとで、「やっぱり辞めないことにしました」と釈明しても、周囲の人は「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている限りは、肩身の狭いと感じるおそれもあります。

  • 求人に係る情報を見るとき、例えば、オフィス系の仕事がしたいから・・

  • 求人に係る情報をチェックする場合、例えば、「デスクワークがしたい」という人ほどはなから製造業を見ようとしないものですが、そうした人のほとんどは「製造業は製造マンの求人だけだ」と誤解しているのです。現に、製造業の求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類される仕事がとても多いです。製造業の仕事場自体、ビジネス街でないので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がマイナスに映る人もいるかもしれません。けれど、自らのこだわりを捨てることで意外な発見があったり、スキルアップのチャンスがあるかもしれません。

  • 転職活動をしていく人で、次までの仕事に期間がある方は…

  • 近いうちに転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに期間がある場合は、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。これは所属する会社がもし雇用保険を払っているところであれば、手続きをすれば必ずだれでももらえます。ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、働いている会社都合や残業時間によってはただちにもらえる場合があります。ちなみに、失業手当の金額は会社で最後に受け取った月の給料を基準に算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。

  • 転職活動における最後に残る壁として、現在勤めている企業からの退職があります。

  • 転職活動をする上での最後の難関として、今勤めている会社の退職があげられます。転職先の企業を見つけたとしても、現在勤務中の企業があなたを手放したくないとして引き留めるというのもよくあることです。そういったケースでは、どうあっても退職する、という強固な意思を持つことが大事でしょう。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社には、最終的には愛着もなくなってきます。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をきちんと作成しましょう。その後、決定権を持つ上司と直接話し、「退職についての交渉は、すべてお断りします」と毅然とした態度でのぞみましょう。「円満退社」で去ることも就職活動において大事なポイントになってきます。

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと考えている人…

  • 生涯初の失業保険をもらう際に、「自動的にもらえる社会保障」と考えている人が少なくありませんが、それは誤りです。実際は、希望通りにもらい続けるためには、条件として求職活動を行っていることが必要で、加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でハローワークの職員と話し合いをして、真面目に仕事を探していることをわかってもらえれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。これに対し、真剣に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月の職員との面談に不参加だった場合は、強制的に給付を一時的に止められたり、ときには以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、気をつけてください。

  • これまでの私は、求人情報は「転職サイト」よりも、いつも「ハローワーク」に通っていました。

  • 以前は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」に通っていました。その理由は、ほとんどの転職サイトは特性上、都心部にある企業の求人がほとんどだからです。これまでの転職をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やはり、掲載される企業も、給料などの労働条件も若干見劣りはしますが、昔から地域密着なので、とても信頼性が高いです。ですが、ハローワークというと、なんだか地味な感じがすると感じている人がかなり多いと思います。でも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、数年以内に転職について不安がある方は、ハローワークに1度行って様子を見ておくのも良いと思います。転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールもありません。

  • 転職先を選ぶとき、もちろん仕事におけるやりがいアップと…

  • 転職先を選ぶのに、むろんやりがいのある仕事をすることも重要だけどそれにとどまらず賃金が上がることも重要なポイントになるから「年収サイト」に登録をして事前に調べています。一緒の会社で加えて同じ職種、社歴であるのに人によってかなりの違いがあることも多くて、ぶっちゃけて言うと面接で質問をしたことがあります。面接官もそのサイトをチェックしていたみたいで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰なのかそこそこは察しがつくのですが、おろらく格好をつけているのでしょう。低い方で心の準備をしておいてください」とのことでした。

  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載される企業も豊富なた・・

  • 転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される案件がたくさんあるため、感じがよさそうな2,3の会社を、転職者登録して、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、あとは条件に合った求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと簡単に転職情報を集めることができます。とはいっても、初回だけは登録するのに非常に時間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」をきちんと作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録をする初回時はけっこう時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、次回以降は、新規案件のみチェックするだけで良いため、後のことを考えれば、初めの段階できちんと準備することを推奨します。

  • とある古物商の求人に応募し、書類審査を通過し相手方から、面接日時を教えてもらいました。

  • とある古物商にて、書類選考をパスしました。その後相手方から面接の日時を教えてもらいました。けれども、面接日当日、指定場所に向かうと、どうしてか相手が、面接準備を一切していないとわかりました。しばらく待っていると、所長と思しき人が面接に応じてくれましたが、だらしない態度を見せられ、なんとか面接を終えました。しかし、予定日を過ぎても合否連絡が一切なく、気になったので、私のほうから問い合わせてみると、「面接結果に関しては、郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待ちましたが、届くことはありませんでした。仕方なく改めて連絡をした結果、「今回は見送らせてもらいました」とこちらが話す隙もないまま電話を切られてしまいました。あまりの対応に呆れすぎて言葉も出ませんでしたが、率直に、採用されなくて良かったと痛感しています。

  • キャリアップしたいと思いたいへん多くの人材紹介会社に登録していました。

  • 自らが求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのですが、その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質も本当に様々でほとんどの場合、適当な対応をするアドバイザーでした。私にとってはとても重要なことことだからもっと真剣に向かい合ってほしいという欲が高まってきてその事がきっかけとなって自らキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。その資格を取るのはコストもかかりました。それに加えて資格取得のための勉強に関してもとても大変ですが、お仕事を探している人から頼みにされるように努力しています。

  • 派遣先の会社が決まりました。勤務開始の日に営業を担当している…

  • 派遣社員として働く会社が決定しました。勤務開始の日に営業を担当している人と就業場所の近くにあるコンビニで待ち合わせたら、彼がなぜか約束をした店の前にいないから店の中にいるのかもしれないと思いお店の中に入ってみると、彼はこともあろうに雑誌のコーナーに座り込んで成人向けのグラビアページを開いて読んでいるのを発見!こんな人が担当者だなんてまっぴらごめんと判断し、挨拶することもなく気付かれないようにお店を出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。

  • 転業を念頭に置いているならいろんな企業の採用情報を日常的に調べたり比較したりしておく・・

  • 転業を考えているなら、いろんな会社を定期的にチェックしておくと転身した後の見る目にとても役立ちます。あなたが今の職場に満足していないケースでは、実際に転職活動をするときに、どんな会社でも魅力的です。そういった状態だと、どこを選択するべきか、判断が難しくなり、選択をしくじりかねません。すると、あっという間に退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断できる目を養っておいたほうが良いのです。良い方法は、企業の雇用面だけ見るのではなく企業の取引先を見る事です。透明性を重んじる会社は取引している会社情報を開示していますし、逆にそういった会社ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから求人チェック時に見ておきましょう。さらに、企業によっては、個人グループに入ってることもあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 再就職の際の面接での身なりは会社側からクールビズで来てくださ…

  • 職を変える際の面接についてですがクールビズでもOKとと連絡が来るケースもあります。しかし、クールビズで面接を受けるのは良くない印象になるのでは?とマイナスに考える人もいます。クールビズに関する不安を懐に背負いこんでいる人に言いたいのが、クールビズで来るように言われた面接時は書かれていることをそのまま行動に移したほうが良いです。色々悩みすぎて、猛暑の中しっかりとしたスーツを着用していくと相手に暑苦しく感じられます。ですから、企業側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズで良いのです。