就業していた会社で感じの悪い上司に悩みを抱えて、我慢ができなくなり退職し…

新卒後最初に働いた会社で性格が合わない上司に心をすり減らし・・

  • 新卒で採用された会社でパワハラを行う上司に嫌な目に合わされ、とうとう我慢することができなくなってその会社は辞め、同業者である他の会社へ職を移しました。転職先の会社では居心地よく働くことができて本当に充実した日々が続きましたが、だんだんと業績が悪くなり、最後にはある会社に経営統合されることになりました。その経営統合した先の会社がなんと以前働いていた会社で、しかも感じの悪かった上司がもう一度私の上司になることに。本当に縁があります。言うまでもなく新しい転職活動を開始する予定です。
  • もしあなたが転職サイトで自身のやりたい分野のある将来性のあ…

  • もしあなたが転職サイトを使って自分の能力を思う存分発揮できるような働いてみたいと思えるような企業を探しているならば、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、そこで紹介してもらえる仕事は、誰でも見ることが可能な公開求人とは異なります。なにせ、どう比べても、比べ物にならないくらいたいへん高品質といえます。そして何より、あなたにふさわしいものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。そのおかげで、あなたの希望通りの職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同じ求人を発見するとしても、あなたが自分で行き当たりばったりに探すのと比べれば非常に効率的です。そのうえ使ってみる価値は大いにあります。
  • 転職活動をするにあたっては、ウェブ上でのエージェント…

  • 転職を行う際、ネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」に頼る場合もあるでしょうが、もしもそういった業者に登録し、幸運にも仕事を得ることができたとしても、失業保険を受け取ることはできません。失業保険は、「ハローワーク」にて手続きしないことには失業保険をもらうことはできないので後々、後悔しないように注意しておきましょう。これに対し、ハローワーク経由で斡旋してもらって就職したときは、就職のための準備金として、「一時金」を受け取ることができます。インターネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。これについて知らなければ、失業中に給付金を手に入られないので、そうならないように注意しましょう。
  • 今、私は派遣会社で働いています。

  • このところ私は派遣会社に登録して働いています。インターネットサイトでなんとなく自分にぴったりの仕事を見つけ出して問い合わせを行ってみると「その仕事はもう別の方でお話が進んでいます」とお断りされて一瞬ウェブサイトから仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、次の日になると元に戻っています。ということは結局私ではよくないのだって意味ですよね。それであるならば初めからプライドを傷つけない程度にはっきりと教えてほしいのですが、なかなかそういうわけにもいかないでしょうか。あるいはひょっとして存在しない仕事を載せているのでしょうか?
  • 近頃はスマホを使えばインターネットで見られる世界…

  • 近頃スマートフォンで調べればインターネットで見られる世界ではいわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが多くて困るくらいいっぱい存在しているのをご存知でしょうか?その多くのサイトから自分にあった転職先を見つけるためには、なんといっても情報を収集することをしましょう。こんな転職サイトをきっちり使いこなすことで、よりスムーズな転職先を探せます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の優良なサイトがある一方で、それとは対称的なサイトもあるので、注意しておきましょう。まずは、本当に信用していいサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながらしっかり確かめてみてください。
  • 生まれてはじめて転職をする際、頭に入れておくべきなの・・

  • 生まれてはじめて転職を行うにあたって、注意すべきことは「現在の仕事を辞めたい理由」を明確にしておくことだと断言できます。その理由が根本問題なので、やっておくのが無難でしょう。そして問題を改善してくれそうな会社を決めていってください。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違って、現在の仕事と並行して就職活動しなくてはならないことから、時間的な余裕と、気力体力が必要になります。それがために理由がはっきりしないまま転職活動を行った場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという強固な気持ちがない場合は、転職活動をスタートするのはやめておくのがいいでしょう。
  • 新たな職場でそれまでに身に付けた能力を存分に発揮できれば…

  • 新たな職場にて自身の過去の実力を活かすことができれば、即戦力として周囲から認められ、早々に仕事場にも馴染めるし、また雇い主側もスキルを持つ人材は常に欲しがるので、タイミングさえあえば、うまく事が運びやすいといえます。更にこれまでの働いていた仕事と同じ仕事内容なら見通しは十分にあります。そういっても、即戦力となる実力があったとしても大手企業の事務系、公務員の募集などは、時代に関係なく、相当な競争率ですから、楽観視は禁物です。
  • 退職と転職を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 転職を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。スキルアップもそうですが、メンタル面で成長できれば、そう簡単に転職を繰り返しません。今ではインターネットを用いて精神面を強くするための自己啓発系の情報は容易に拾えます。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、メンタル面は強化できます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。外国は、生活様式、言語、文化など、違うことばかりなので、目につくすべてが刺激となります。ですから、帰って来てから変化があるのです。日本に戻ってくると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、面接に向かうと、これまでの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ただし、退職後しばらくの間は精神面がダメージを受けやすいので心の回復のために休業期間も必要です。
  • 在職期間中は、可能ならば、会社内の人に気づかれないように・・

  • 雇用期間中なら、できれば周囲が気づかないように、(自身の場合)雇用中に「転社するかも」という考えのみ早い時期に会社内でほのめかしたことがありました。でも、それから、転職情報をあれこれ見ていったものの、悲しいことに転職先や転職時期すら計画も立てずに煮詰まっていないままやみくもに時間を空費する結果に。そして当時所属していた会社の方は、業務の引き継ぎや手続き、私の退職の日程などが確定していき、最終的に、「退職予定日に合うように、転職先を見付ける」という、本末転倒な展開を迎えました。結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経たあと、次の就業先を探すハメになりました。
  • この前転職活動の一環として人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 3日ほど前新しい仕事先を探すために人材会社へ登録に向かいました。そのとき登録するときのカウンセリングの際に出てきた担当者の雰囲気が見たところ入社して間もない新入社員で、こちらが説明していることの50%も理解ができていない感じ。さらに悪いことに「キャリアデザインに問題があります」とか「自分の強みをはっきりと知るべきでしょう」とか、私のことをすべて理解しているかのように横柄にのたまうので大変不快な気分になりました。カウンセリングを担当させるのはいくらかカウンセリングのスキルがある人にしてほしいものです。
  • 転職活動には、然るべき準備は必須です。

  • 転職活動を進めるには、準備はやらなくてはいけません。一言で準備といってもたくさんありますが、特に目に映る「ファッション」は、大事な部分だと感じてしまいます。とはいえ、ここ数年の、採用面接に関しては私服が多い企業があるので、ビジネススーツを着て行く必要がない場合もあります。会社の創設したての新規の企業などは、厳しいマニュアルも作られてないことが多く、がちがちの服装で行くよりも良いイメージを持ってもらえます。また、フランクに話ができるメリットも。また、私服を見せるたことで面接の間に、ファッションの話もしやすくなりますから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、今後、転職は会社の「創立した年」をチェックしてみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時にはスーツは着ずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • クールビズ(軽装)の格好で転職の面接会場に行こうとするときには、…

  • クールビズで転職の面接を受けに行くときには、ジャケットまでは着なくても良いと間違いなく言えるのですが、ネクタイは面接では着用しているほうが間違いありません。タイもする必要ないとする企業も存在することはあると思います。ですが、ネクタイに関してだけはクールビズであってもすべきだと考えているところがいくつかは存在するわけです。という事で、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイに関しては必ず着用いく方が悪い印象を与えることがないということを知っておいてそんはありません。
  • 転職をする場合、U・J・Iターンで都会から地方に移住した上で再就職したい、・・

  • もしもあなたが再就職を視野に入れたとき、「Uターン」「Iターン」といった具合に、都市部から地方に移り住んだ上で再就職したい、と希望する人、実践する人が増えています。近年は求人情報サイトを活用すれば、国内のどの地域の求人情報にも容易に得ることができますが、ですが、地方や郊外での求人情報では、都市部のそれよりも内容が薄く、数も少ないので、その点がマイナスといえます。そのため、求人情報サイトだけを頼りにし過ぎてしまうのは考え物です。転職サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」などの情報サイトもチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」などの行政が主催している転職サポートの関連情報も見逃しがないようにしましょう。
  • 転職候補となる面接でのやめておいたほうがよいのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なま…

  • 転職時の会社の面接に関して、してはいけないのは良い印象を与えたいと無理に猫かぶりをすることです。すると残念ながら採用を勝ち取れないこともあり得ます。そうならないために思い切って面接の際は「休暇」など、普通ならちょっと聞きにくいことも思い切って質問しておくと、間違いなく自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「採用前の段階で、質問をすると、最終選考に不利になるのではないか」と危惧するかもしれませんが、だけども、意外と良い結果をもたらすことは少なくないようです。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、実のところ、多くの人が知りたいと思っています。とはいうものの、多くの人が気を遣ってなかなか聞けないものです。けれど、勇気を出し一歩踏み込めば「勇気のある人だな」と格好の自己アピールとなるのです。
  • 失業保険の給付においては、求職活動をしているという証明が必要となります。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、客観的な意味で、仕事を見つけようとしている姿勢を見せる必要があります。しかし、現実は「会社に行かなくて良いし、とりあえずは働かずにゆっくりと過ごしたい」のが本音だと思います。ということで、ちゃんと次の仕事先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月の「ハローワーク」での面談はあたりまえですが、「求人票」を閲覧することを最低限やっておきましょう。本気で探したくないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワークスタッフとの面談にて、「自分の能力を生かせる仕事や、希望する求人が残念なことに無かった」と、相手に告げて、次に期待しましょう。
  • 就職のため職探しをする際に注意して欲しい求人内容…

  • 転職活動に気を付けたほうがよい求人の募集内容は、そんなにきつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料がよく、拘束される時間が長いというものです。こういった案件の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算しているケースが少なくありません。みなし残業代は、通称『みなし』とも表記し、例えばですが、30時間や45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記がされています。毎月この程度の残業が想定されるので、あらかじめ給料に残業代を入れておくという仕組みになります。(なお、これは合法です)例えば『みなし残業代35時間込』と記載されていれば、「記載時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」というワケです。ただし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』をわざと記載していない可能性もあるのでよく気を付けてください。