その昔は看護婦と言われていた看護師というのは仕事とし・・

前なら看護婦ですが看護師は職業としてどうしてか女性比率が大きい…

昔は看護婦という名前だった看護師というのはやっぱり女性比率がたいへん高い職場です。そして、気力だけでなく体力を負担が大きい特徴があります。とうぜんのように職場での対人関係がうまくいかなかったり、結婚・出産などによってそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事と家族との折り合いをつけるのがかなり難しい職業です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を替える人がとても多いのが現実です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、慢性的な人材不足に変わらず継続しています。最近は特に、各病院は、看護師を求めている「売り手市場」となっていて、それが転職増加の原因になっているのでしょう。

転職する場合、転職後の給与ばかりに気を取られる人がわ・・

転職というものをする場合、転職したあとの給与を気にしすぎる人がわりと多くいるようです。大部分の方はですから生活費を稼ぐために仕事に打ち込んでいるのだとは思います。したがって自分の評価としての側面もあるからとうぜん大切なものであることは当然ではあります。しかし、必要以上にもらっている年収額に執着しすぎる人生というのも虚しい気がしませんか?年収がさほど期待できない仕事であったとしても人間的な成長が遂げられる可能性が大いにあるものだからです。

再就職における面接などに関して名刺を手渡してきた…

再就職の面接などの場面でもし名刺を差し出された場合、あなたも同じように相手の方に名刺を渡すべきか?渡さないべきか?と悩んだ際は、たいがいは差し出さないもの、と頭に入れておきましょう。面接においては仕事ではなく、職に就くための就職活動の一環なわけですから、基本的には名刺をやりとりする時ではありません。重ねて、会社の人として出向いているのではなく、あなたの問題でそこにいるわけです。という訳で、もし相手の方から名刺を渡された場合であっても、こちらの方は、ただもらうだけでよくて、面接担当者に相手に渡す必要は少しもないと言えます。

新卒で入社した会社を去り、思い切って転職しました。

新卒採用で入った会社に別れを告げて、一歩踏み出して転職を決意しました。当初はしばらくの間不安な気持ちになりました。ですが、新卒採用で入社した会社を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと自らの転職を通じて感じいつの間にか不安な気持ちが消え、楽になりました。なにより1回転職したことで自然と肩の荷が下りる気持ちになり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が見違えるように変化しました。やはり「仕事をコロコロ変えるなんてとんでもない」といった意見もありますが、それが全て正しいとは思いません。私の場合は転職をやって良かったと思っています。

今からでも転職活動しようと考えるのなら、今いる業務や…

今から転職をするのなら、今の業務や仕事での納得いかない部分を洗い出しておきましょう。当然と思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満にガマンできないから転職しようと思っているはずです。しかし「よく考えて現在の職場の客観的に考えた不満な点を挙げる」ことを大半の人はやっていません。不満点が明確化できれば、その不満が解消されるなら、他の条件が悪化する事を許容するかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「今よりも不便になること」を明確にイメージしてみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、すべての問題が解決するとは限りません。ですが、メリット・デメリットの両方を前もって理解しておけば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は未然に防ぐことができます。

新しい転職先で、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いでしょう。

転職を考えているのならいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。特に、一年目はおおむね「試用期間」を含んでいる場合が多く、自らの事例では、やっとのことで新しい職を見つけることができたのに、予想に反してそれまでの職場での稼ぎとほとんど同額だったことがあります。加えて、仕事もきつく、とても責任が伴うもので、1年目をクリアするのにたいへん骨が折れました。そういった経緯から転職1年目は、勉強する期間と割り切ってしまい、極力転職する以前に貯蓄しておくことに尽きると思います。

現在の仕事と転職活動を並行される人は少なくありません。

転職活動を現職と同時に行う人は少なくありません。しかしながら、忙しく仕事をしながら求人をチェックしながら応募したり、面接に行くのは精神面も肉体面も負担が大きいといえるでしょう。転職活動中は、今の職場の同僚や上司に隠す必要があります。そういった状況で「とりあえず応募しておこう」と考える人がいるのですが、仮に、書類選考が通ってしまい、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。どちらにせよ自分の貴重な時間をドブに捨てることになるので、行く気がない案件は、最初から応募しないことをオススメします。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識しておきましょう。

いい転職をしようと転職する活動をしているときに、「かつ・・

今励んでいる転職活動の際、「今までにこういう種類の仕事をがんばってきました」「仕事の中でこのようなスキルに磨きを掛けました」と過去の自身の経歴をアピールする人は少なくありません。ですが、希望する再スタートを狙う職場で「近い将来こうありたい」「私が触れたような内容の業務をするのなら積極的に貢献したい」と未来の姿を話して自分をアピールする方が過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。

転職のための面接に赴きました。

転職の採用面接を受けるため転職したい会社へ訪ねました。たまたま会社の会議室が空きがないということで社外のとある場所で人事部の方と待ち合わせて採用面接を行って、その場所で解散し、面接担当者も会社には帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、ビックリしたのは自宅からの最寄駅が一緒。ですから電車内でも彼とずっとお話をしながらいっしょに帰ることになって、その結果打ち解け面接しているよりも話が弾んで、それがプラスになったのか何事もなく採用をゲットすることができました。

もしあなたが将来、転職したいと考えているなら、「資格」を取得しておくと有利になります。

もしあなたが転職するのなら、転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。また、仕事をしているあいだに資格取得をしておくのがお勧めです。転職でそれを生かせることができるので、次の仕事も見つけやすくなります。であるため、在任期間中が資格取得においてのもっとも最適です。あなたが将来を考え、このあとに役立つ資格をとっておくと、仕事を辞めた後も心残りもなく、前に進んでいけます。そのうえ、資格を手に入れることで面接で「即戦力」な人材として認められ、それまでの職場より待遇アップも期待できます。

仕事を変えると、だいたいの場合はそれまでの会社の仕事・・

職を変えると、だいたいの場合は前職のほとんどの記憶は美化されます。本来は今の職務に向いていないと感じたから、そういった思いを解決するためにどうにか新たな職に就いたのに、いつしか不思議と転職後の会社よりも「前の仕事のほうがよかった」と思うことは多いです。普通で、前の職場では日々の仕事を把握していて、さほど苦労なく与えられた仕事が淡々とこなしていたのが、一番のというのもあるでしょう。実際は「退職しなけりゃよかった」と思うほど、前の仕事の方が職場の雰囲気や居心地が良かった事も考えられます。

私は20代までに転職2回で、そして現在、資格をゲットするべ…

20代の時点で転職を2回し、いまは資格を取る目的で「派遣社員」で働くことにしました。フルタイム勤務とは異なるため、毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。前よりも心と時間に大きな余裕が生まれ、満足しています。たまに、学生時にいくつか資格を取得し、就職に活かせばよかったという後悔もあります。実際に、そういった人を見る度、なんだか羨ましく思ってしまいます。これまでは、成功している人と自分とのギャップにガッカリする毎日でしたが、しかし現在では、結婚して生活環境が大きく変わり、以前よりも将来の目標も決まり、毎日が充実しています。

社会的な転職事情ですが、安倍総理が主導する現政権によっ…

昨今の転職を取り囲む状況は、政治による影響が出つつあります。安倍総理による現内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策共々日銀による「金融政策」と相まって、財界・企業といった民間側からも新たな明るい動向が著しく現れてきています。そういった変化を受け、民間企業の側でも今度は若者世代の減少と、現役世代の大量退職による「人材不足」が深刻な社会問題になっています。将来的に「外国人労働者」の比率を現状以上に高めていくと現内閣は方針として掲げています。転職問題も大きく幅が広がりそうです。こういった社会的変化のなかで日本国内の雇用や転職といった事情にも、大きな影響を及ぼすことは間違いありません。

日本には”石の上にも3年”という格言があります。

古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、現在、「終身雇用制度」は過去のものとなってきています。転職というのは自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。ただ、当たり前に転職が可能だと思い込み軽はずみな気持ちで転職を繰り返すのは大変な問題となります。実際に再就職を検討する際は、適したを的確に捉える必要があります。とりあえず、今やっている職場、全般的に、例えば仕事内容や待遇面について納得できない点を少なくとも5、できれば10個ほど、紙とペンを使い、リストにしてみましょう。そうしておくと、再就職がスムーズになるはずです。そしてあなたが、いつか決断した時には尻込みすることなく、今よりも良い仕事ができるよう、努めることも大切です。

再就職しようとする時に絶対に準備しないといけない履歴書や職務経歴書などにおいてですが・・

再就職しようとする場合用意する必要がある履歴書や職務経歴書などにおいては、大方、パソコンを使って作るのがほとんどです。現代の日本では履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなくペンを使って作成するのが当然だと考えられていることも多いですが、それは新卒の人たちに関する就活やアルバイトの際に用意する履歴書であって、実際のところ、転職をする時においては100%絶対に手書きでないといけないとまでは断言できません。手書きの方を評価するところもあるようですが、そうじゃないケースが徐々に増えてきますから、自筆でなくてもよろしいケースは大量にあるのです。

「シフト制」の仕事に関する話です。

シフトがある仕事についての話です。毎週、決まった曜日に仕事できる人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているなら休む手順やシフトの出し方については面接の際に確認しておきましょう。私は過去に、産休で休む人の代役として、正社員として働き始めたのですが、私のシフトが「土日」固定となるシフトだったのですが、新人の私以外、他の社員は現場にいませんでした。産休に入った女性が「土曜、日曜」に必ず出られたので、私もそういった形で扱われたしまいました。なので「土日」に冠婚葬祭が入ったりした場合、シフトを変わってもらうときは、同じ部署の先輩方に「日曜日に休みたいのです」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほとんど同じなのに土日は一人だけなんて・・・。思い返すと本当によく我慢してやってこれたと思います。