再就職をする際の面接で着用する腕時計に関しては、どう見ても目を惹く…

転職する際に行われる面接でする腕時計の事についてです…

再就職の面接のときにする腕時計についてですが、明らかに目を惹くタイプの時計はやめておいた方が良いと言えます。この場合の目立つ腕時計とは高そうに見えるデザインだったり、といった意味合いだけではなく反対に、明らかに安っぽいものの印象を持たれてしまうとか、そういった意味であって真逆の目立つ、と思い浮かべておいてください。転職の面接のときにする腕時計においてはポジションとしてはネクタイやスーツと一緒で、面接にふさわしい無難なものをつけて行った方が好印象です。とはいえ、自分の年齢に適している腕時計ということも外せない条件で、新卒時にしていた腕時計よりはほんのちょっとでも高いものにした方が良いと言えます。

転職を決めるあいだは、無意識のうちに時間がある分、気が緩んでしまい、…

転職期間ではそういう風にしたいわけではないのに時間が有り余っているため、気が緩んでしまい、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。ですが、そんな風な過ごし方を習慣にするのは危険です。不思議なもので、だらだらと過ごす生活を続けると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響が出やすいためです。だんだんと、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活ができなくなり困る状況にも・・・。こうして、生活も仕事も悪循環になり再就職先が見つからなくなります。次の仕事をハッキリ決められないのは、もらえるお金を一番に考えてしてしまうからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られない生活をするためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。あなたに特許権取得の経歴があるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼らは、特許を取った人のほかに、研究開発で論文を発表した経験がある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを図り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮に、あなたがヘッドハンティングに関する誘いを受けた際には、心当たりがないか考えてみましょう。まれに「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、例外なく嘘であるので相手しないのが無難です。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を出すことはまずありません。

昔の求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」がきちんと明記されていました。

何年か前までの求人誌に必要とする人材の「性別」まで記載されているのが普通でした。ところが現在では、男女雇用機会均等法の施行によって、採用において、男女の差別がしてはならない事が決まり、応募条件の中身に「性別」が記載されなくなりました。ですが、求人を出す雇い主としては、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。実際、実際は男手を必要としている業種に、女性の応募が殺到したり、女手が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。もしも、「女性が活躍している仕事場です」とアピールしている場合、会社側が働き手は女性を必要としている、と認識したほうがべきです。

就職活動において、年収はかなり大事な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。面接では、必ず現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。ここで実際の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、必ずウソはバレてしまうからです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現職での年収は正直に申告し、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が300万円の人が転職後すぐに500万円となる見込みはないものと考えておくべきです。たとえば、現在が430万円の年収であれば、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくのが良いでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、一時的に入社できたとしても、その後、退職しなくてはいけなくなることもあるので、気をつけましょう。

転職先を探している期間中は、自分の好きなことに打ち込んだり・・

転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり、体力を損なわない生活をしておくと良いです。勤め口が見つかり、いざ仕事を始めた際に、趣味に打ち込んでいたことで、無意識のうちに集中しやすい体質になっています。そしてまた、体力アップしていることで一緒に働く人たちと比べると疲れにくい身体になっているということを認識します。なので、退職して次の仕事を始めるまでは好きなことに没頭することと、体力を落とさないようにすることをしておくのがベストです。転職後、その職場にてあなたと同様の趣味を持つ人と知り合えたなら、すぐに仲良くなれるので、今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

数ヶ月ほどまえに、転職したばかりというのに、あっという間に…

この前、転職したばかりであるにも関わらず、わずかしかたっていないのに辞めてしまう決意してしまう人がとても少なくないのです。何故そうなるのかと思うと私の考えでは新たな気持で環境を見つけたというのに、「自分の理想としていた職場環境とかけ離れていた」「納得行かないのでウンザリしている」ということがワケで退職を決意することが多いようです。できればこういった、転職先選びで未然に防ぐためには、とにかく転職先の情報収集を徹底する、に尽きます。徹底して行うべきなのです。通勤にかかる時間、給与体系、などあれこれ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

一度あなたが、転業の思い立ったのなら、徹底して周りの人…

もしもあなたが、転業を決めたのであれば、周りにはそれを教えないようにうまく活動していき、転職先が決まらないうちは、できれば周りの人間に悟られないよう普通に業務をこなしていくのがとても妥当です。働いている間、その状態をキープしていれば、万が一転職先探しに容易に見付けることができなくても、転身予定を先延ばしにしながら現在の仕事をそれまで通りに続けることも何ら問題がありません。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、社内の人は、その言葉に合わせて動き出します。周囲に「辞めるつもりです」と言った場合、「あいつは転職する人」という位置づけになります。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが薄れ、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」といった目であなたを見るので、在籍中ずっと、立場が悪くなる思いををするしてしまうことになるかもしれません。

求人をチェックする際、「デスクワークがしたい」と考えている人・・

求人誌を見る場合、「オフィス系の仕事をしたい」という人ほど製造業に目を通さない人がいますが、そういったことをしている人の多くは「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と誤解しているのです。現に、製造業での求人でも、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事などの従業員募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に属する部署も多数あるのです。でも、製造業の勤め先自体、ビジネス街のような環境とは違うのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはその箇所がマイナスと感じるかもしれません。だとしても、自分のエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

これから転職活動をしていく人で、次までの仕事にある程度期間がある方…

これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度時間があるのなら、「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。あなたが働いている企業側がしっかり雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、勤めている企業の都合の退職だったり、残業時間次第で日数をおかずすぐに受け取れる可能性もあります。ちなみに、受け取れる「失業手当」の金額については、会社の辞めた月の直近の給料を軸に支給する額を割り出されるので現在の会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当的にはお得です。

転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として・・

転職活動において最後にクリアしなければいけない問題として、現在の仕事を辞めることがあげられます。転職先を見つけたとしても、現在勤務している企業が、あなたを離したくないと引き留めるというのもありがちな話です。そのようなケースでは、「何が何でも退職する」という強固な信念を持つことが大事です。会社に残るように説得されて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を効率的に行うには、会社の規定に目を通しておき、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意します。そして、決定権を持つ上司と談判し、退職を考え直す可能性はありませんと、毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」で現職を終えることも一つの転職活動です。

生まれて初めて失業保険をもらうケースでは、何もしなくても給付されると考えている人…

生まれて初めて失業保険を受ける際に、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人が少なくありませんが、それは正しくありません。実のところ、失業保険の給付をきちんと受け取り続けるためには、求職活動を行う必要があり、さらには、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとに担当者に求職活動の状況をきちんと説明して「この人は、きちんと就職活動をしているな」と判断されれば、翌月、保険が給付されるという仕組みになっています。他方、真面目に就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、強制的に給付を一時的に止められたり、ときにはその後の給付資格も消失するおそれがあるのでそうならないよう注意しておきましょう。

かつての私は、職探しは「転職サイト」よりも私はハローワーク派でした。

これまでの私は、求人情報は「転職サイト」ではなく、主に「ハローワーク」が中心でした。理由は、ほとんどの転職サイトはいつも都心の求人情報しか掲載していないからです。そのため、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、掲載されるいくらか知名度は低くなってしまいますが、古くから地域密着型なため、都会以外での転職には役立ちます。また、「聞いたことのない企業ばかりで不安」というイメージがある方も多数いるかもしれません。ですが、良い求人情報もそれなりに掲載されているため、そろそろ転職予定の方は、ハローワークに足を運んでみてください。「転職サイト」を利用した時のような大量のお知らせやメールの心配も無用です。

転職を行うなら、もちろん仕事のやりがいアップも大事だ…

転職先を決めるのに、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと一緒に加えて収入のアップも大事なポイントになりますから「年収サイト」というところに登録をして前もって研究をしています。全く同じ会社でそして全く一緒の職種、経歴であるにも関わらず人によってかなりの幅がある場合も数多くあって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたようで「その高い年収で書いてるのは、書いた人物について誰であるのかある程度察しがつくのですが、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の年収だと思ってください」とのことでした。

転職サイトは有名なサイトの方が掲載される転職情報が多いた・・

「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、たくさんの企業が掲載されているため、興味のある2つか3つの会社を、とりあえずはサイト登録しておき、希望する勤務地や年収についてチェックを入れて、加えて条件に合う求人情報が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職情報の収集が容易になります。でも、初回に限っては登録するのが幾分大変なので、サイト登録する前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録を行う初回時、少々時間がかかりますし、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後の応募を考えれば、初回にきちんと準備することを心がけるのが無難です。

とある古物商の求人に応募し、書類選考に合格したので…

とある古物商のお店で、書類審査に合格しました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。しかしながら、当日、指定場所まで行ってみると、行き違いがあったのか相手が面接の用意を全くしていないとわかりました。しばらく待つと、所長らしい男性が面接に応じてくれたものの、始めから終わりまで、呆れるほど面倒くさそうな態度を見せてかろうじて面接が終了しました。ですが、約束の日を過ぎても、合否結果は告げられず、もう待ちきれなくなり、私のほうから問い合わせてみると、「郵送で本日送付しました」と言われました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未達なのでふたたび、問い合わせてみた結果、意味が分からなかったのですが、「残念ですが不採用です」、とそう言われてすぐ、電話を切られました。あまりの対応に呆れ返ってしまい言葉も出ませんでしたが、正直なところ、不採用で良かったとホッとしています。