昔はかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。

割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自分が勤め口を探していたころ何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質に関しても色々でほとんどは納得のいく対応をしてくれないアドバイザーばっかり。こちら側は人生かかっているのにもっと思い入れを込めて向かい合ってほしいという想いが募ってしまいました。それがきっかけとなり自分自身がキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。キャリアカウンセラーとして働くための資格取得はコストもかかりました。また勉強もハードではありますが、就職活動中の人たちに担当者があなたで良かったと言ってもらえる人間になるために努力しています。

  • 派遣先の会社が決まりました。就業初日に派遣会社で営業を担当している…

  • 派遣での仕事が決まりました。仕事の1日目に派遣会社の営業の担当の人と勤務先の近くのコンビニで待ち合わせをしたところ、営業担当者がなぜか約束したお店の前にいないから店内にいるのかもしれないと思って店の中に入ってみたところ、彼は驚くことに雑誌売り場前の通路に座り込んでいかがわしいグラビアのところを開けてじっと見ているのを発見!こんな人が自分を担当するなんて人間として恥ずかしいことだと感じて、挨拶もせずお店を出てすぐに派遣会社に辞退すると連絡をしました。

  • 転身するつもりなら、まめに色々な会社の採用情報を定期的にチェックしておく・・

  • 再就職しようと思っているならいろんな企業の情報を日常的にチェックしておくと就職先の判断が大いにしやすくなります。現在の仕事を不服だと思っているなら、本格的に転職活動をする際に、どんな会社でも魅力的に思えてしまいます。そんな状況下では、どの企業を選択したら良いのか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、判断を大きく間違える可能性もあります。その結果、最終的にはごく短期間で不満が募ってしまうこともあるので事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用面だけを見るのではなく、会社の取引先を見る事です。透明性を重視する企業は、取引先情報を開示していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますから覚えておきましょう。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っていたりもするので、グループの名前をチェックをすると細かい所もチェックできます。

  • 再就職の際の面接についてですがクールビズで来てくださ・・

  • 再就職の面接での身なりはクールビズでもOKとと事前に言われる時もあります。しかし、クールビズで面接に行くのは本当は失礼なのでは?と考える人がいます。クールビズについての迷いを心に抱え込んでしまっている方にアドバイスしておきたいのは、会社側からクールビズで良いとされたのなら、書かれていることをそのまま守った方が大丈夫です。混乱してしまい、猛暑の中しっかりとスーツを着ると自然ではありません。ですから、会社側からクールビズでお越しくださいと伝えられたらクールビズで良いのです。

  • 就業していた会社でパワハラを行う上司に悩みを持ち、結局…

  • 新卒で採用された会社で反りが合わない上司に嫌な目に合わされ、最後には我慢することができなくなり退職し、ある他の同業の会社に転職しました。そこでは居心地よく働くことができ本当に満足した日々でしたが、時が経つにつれて会社の売上が落ち込んで、とある会社に経営統合されることとなりました。奇遇にもその統合先の会社がなんと前働いていた会社で、おまけに感じの悪かった上司がまた私の上司になるそうです。こういう悪いめぐり合わせとは、どれだけご縁があるのでしょうか。当たり前のことですがまた転職活動をスタートしています。

  • あなたがもしも、「転職サイト」で自らのライフスタイルに合った…

  • 会社の将来性に不安を感じ、転職サイトを活用して自らの活躍の場が広がる働いてみたいと思えるような仕事を探しているならば、有効な手段といえるのが転職エージェントです。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録手続きを終え、エージェントが紹介してくれる求人情報は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なにせ、比べようがないほどにかなり高品質といえます。さらに、あなたに相応しいものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。ですから、かなりの精度で希望する求人に巡り会えるので試してみる価値があります。仮に、同一の求人に出くわすとしても、自身の力で最初から探す労力を考えれば、何倍も効率がいいです。そのうえたいへん確実です。

  • 転職をするに際しては、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント)…

  • 新しい職を探す際、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼ることもあるでしょうが、もしその種の業者に登録し、幸運にも仕事が見つかった場合でも、失業保険は給付されない。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険は給付されないので注意が必要。これに対し、「ハローワーク」主導で斡旋してもらい、就職できたときは、就業の準備金として「一時金」を得られたりもします。インターネット上で展開している就職斡旋業者(エージェント)は、公的の機関でありません。単に転職を斡旋し紹介料と言う形で企業から報酬をもらうだけであり、失業保険の手続きは管轄外です。このようなことを無視していると、失業中にお金が手に入らなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。

  • このところ私は派遣会社に登録しています。

  • 今、私は派遣会社に登録をしています。サイトの中でなんとなく気になる仕事を発見し応募しようとすると「残念ながらその仕事は、別の方に決まりました」と返答され瞬間的にウェブサイトの中から仕事の情報が見えなくなるのですが、どういうわけか次の日になると元に戻っています。これって結局私ではよくないのだっていうことですよね。そうであればカドが立たない程で正直に言ってくれればありがたいのですが、なかなかそういうことにもいかないでしょうか。あるいはまた偽りの仕事なのでしょうか?

  • 近頃パソコンを使えばインターネットの世界では、「転職に関するサイト」に類するも・・

  • いわゆるパソコンやスマホを使えばネットで見られる世界には要するに転職に関連するサイトが多くて困るくらいあります。自分自身に見合った転職先と思えるのを見つけるためには、まず、情報を収集することをする必要があります。サイトをしっかり使うことで、スムーズな転職先を探せます。客観性と正確性を持ち合わせた有益な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから注意しておきましょう。利用して間もない頃は、信用に値するサイトかどうかを見極めることが大事ですから類似サイトと比較しながら厳しく確かめてみてください。

  • 初めて転職をするにあたって、注意すべきことはなぜ現職を辞めなければいけないのか・・

  • 最初に転職を行う際、心がけるべきことはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかについて頭の中で整理しておくことです。その理由こそが根本の問題であるので、まだの人は考えておくべきです。その上で問題を解決してくれそうな企業を決定しましょう。転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、現在の仕事を継続しながら就職活動をしていくため、時間と体力が必要でしょう。ゆえに理由を明確にせず転職活動を始めると、途中で行き詰まる可能性が高くなります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという感じの強い気持ちがない場合は、転職活動をスタートするのはやめておくのが無難です。

  • あたらしい職場であなたの過去のスキル・キャリア生かせたら・・

  • 新しい仕事で、それまでの資格やキャリアを活かすことができれば、即戦力として周囲から評価されて、すぐに職場環境にも慣れて、同時に会社サイドしても、大いに助かると言うものです。時期さえ問題なければ、簡単だといえます。加えて今までの仕事と似た業種であれば見通しは十分にあります。但し、なかなかの実力があるといっても大手の事務仕事や、公職については、時代に関係に左右されることなく中々の難関だと覚悟しておきましょう。

  • 転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

  • 転職を度々しないための対策は、シンプルです。スキルを向上させることもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。ネット社会の現在では精神面を鍛えるコツは直ぐに拾うことができます。また、転職とは違う行動をすることもメンタル面を強くすることが可能です。たとえば「海外旅行」です。海外は、文化、生活様式、言語など、違うことばかりなので、大きな刺激を常に得られます。なので、精神的な成長は、予想以上に得られるはずです。帰国してみると、「自分の視野の狭さ」に驚き、「世間の小ささ」というものを実感することができます。その気持ちを携え、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違い自信満々に自己アピールができるはず。ですが、退職直後はメンタルが弱くなりがちなので、適度に休みましょう。

  • 就労中には、可能であれば、水面下で(私の転職活動で・・

  • 在職中は可能であれば、会社内の人にバレないように(自身のときは)在職中に転社したいという気持ちのみを早いタイミングで周りの人に知らせたことがありました。でも、その後転職サイトを色々と探してみたのですが、結局は働く先も仕事を変えるタイミングすら何一つ決まらずいつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。そしてその一方、会社の方も退職に関わる手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、お粗末な状況で会社を去ることになりました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失職期間を経験したのち、次の就職先を再度探しました。

  • 3日ほど前転職先を見つけるために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

  • 一昨日転職の準備をしておこうと人材バンクに登録に行きました。そのとき登録するときのカウンセリングに出てきた担当の人の雰囲気が見たところ入社間もない新入社員で、私が説明している話の3分の1も彼は理解できていない模様。そのうえ「このキャリアデザインではダメですね」とか「もっと強みと弱みをはっきりさせておくことが必要でしょう」とか、わかったふうに偉そうに言うから大変嫌な気分になりました。カウンセラーはある程度カウンセリングの経験がある方にしてほしいと感じます。

  • 再就職にあたってそれなりに準備をしなくてはなりません。

  • 転職活動では、然るべき準備をしておく必要があります。なかでも、目に見える服装は気になっている人も多いと思います。ですが、今の企業面接に関しては私服がOKな会社も多いので、ビジネススーツを着込んで面接に出向かなくても良い場合があります。会社の設立間もない企業などは、考え方が柔軟でスーツでいかないほうが相手に好印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話ができるのも魅力のひとつです。さらに、私服を見せることで面接の際に、服装について、話題が広がることがありますから、面接担当者へのアピールにもなります。というワケで、今から転職する際は、企業の「創業年数」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で挑んで見るのも良いかもしれません。

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接に臨む場合、いくらなんでジャケットまで…

  • クールビズをして再就職の面接を受けに行くときには、いくらなんでジャケットまでは着て行かなくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけです。ですが、ネクタイは着用しておいたほうが安心です。タイなしで大丈夫だと考えている企業もある可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズであろうと着用するべきだと思っている企業がまあまあ存在するわけです。そういった訳で、クールビズの恰好でもネクタイはしていった方が印象が良いというのは知っておいてほしいです。