今日では、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりし…

最近は、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化された…

  • 現在、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件違反の取り締まりが強化されたり、社名の公表がなされるなど、不利益を被る流れができてきましたが、完全には程遠いというのが現状です。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。最初に、求人票などに記載された労働条件に目を通して、怪しい点について質問をぶつけていきましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、記載内容がウソだったときに、返答が詰まります。「その場でははっきり答えられない」と逃げようとすることがよくあります。中でも「給与」「残業」「休日」の3つについては、質問してみると、渋い顔をすることが多くあります。それでも迫ると、ブラック企業によくある高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せ始めるため、ブラック企業だと見破ることができます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、「何か引っかかる」と思ったなら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

  • 安定的な人生を欲しがり正規社員として働きたいと考えている人…

  • より安定した生活基盤を願い正規の社員を目指している人は結構多いと思います。即戦力として働けるようにかなり頑張っているのに正社員としての転職が現実化しないこともあります。契約社員や派遣社員の求人があるのに正規雇用の求人以外はそっちのけで時間を空費している人が多いといいます。もしも、正社員として希望する仕事に転職できない場合は、非正規雇用者に応募することも選択肢の一つとして考えたほうが得策です。会社の一部は、その人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員へのキャリアアップを狙えることもあるんです。ですから採用面接を受けているあいだに、「正社員登用」のチャンスの有無を聞いておくのも将来設計にも役立ちます。

  • 自分の趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きた…

  • 自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意した方が良いです。これは、私が経験したことなるのですが、私の場合、食べることが好きでそれが理由で、以前は、レストランで仕事をしていた期間があります。そのレストランでの業務は、そのレストランで担当していた業務は、料理の盛り付けや(簡単なもの)ホール業務でした。この仕事内容については、嫌なこともなく楽しみながら仕事ができていました。しかし、人間関係のいざこざにとても疲れてしまいました。ということが引き金になって、仕事をやめることにしたのですが、それと同時に、あんなに好きだった食べることやその店で扱っていた食べ物さえも嫌いになり、同ジャンルの飲食店には現在も行くことができません。当時のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。仕事に就いた頃は、大好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見て、実現させることは素敵だとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、改めて自分自身に尋ねる必要がありそうです。

  • 職場環境が原因で心的にとても苦しくなってしまい、転職を考えざるを得ない状況に至ったなら…

  • 仕事のために精神的にとてもつらくなってしまい、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、職場の人に相談ではなく自身の家族と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。なぜなら、働くのは当事者であるあなた自身のためでもありますが、同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どれだけ高い給料をもらっていたからといって、精神的ダメージを負ってしまうまで我慢しながら無理して働くのは良いとは言えません。今の社会では、物質的な豊かさよりも、働きやすいことを優先する生き方も徐々に認められつつあります。ですから気に病むことなく、あなたの家族と自身の心身を大切にしていきましょう。

  • 現在では、株・不動産投資といった、不労所得のほか、個人経営 や起業といった形で生きる方法も人気です。

  • 近年では、株・不動産投資などの不労所得のほかに独立といった生き方も社会的に人気を集めています。そういった移り変わりに伴い、「起業することは怖い」といった従来の常識も変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、先の見えない個人事業や株式よりも雇われているほうが賢明でした。そのため人生の正しい道として、またそれが自然のことのように世の中に認識されていました。そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、時代は変わって「成熟期」といった名称で言われています。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が規制緩和の後、多くなってきています。

  • 派遣会社を通して働く人が近時増えています。今後、自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをできるだけ面接のときに質問しましょう。派遣業は、労働力を必要とする会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらう形を取っています。現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、あまり情報開示をしない業者が多く、ひどいケースでは、労働者に2割しか還元しなかった、ということもあるのです。面接時、丁寧に返答してくれない派遣業者は、色々と不都合なことは隠そうとする可能性が高いのでなるべく違う派遣会社のもとで登録すべきです。

  • 新しい仕事を探すのに、現在働いている会社を完全に辞めてか・・

  • 転職をするのに、働いている会社の退社手続きを終えてからと考える人もいるでしょうが、そのような場合ボーナスの支給時期を考えておきましょう。社員にボーナスを出す会社は多いですが、ボーナスの支給がある会社のケースだと、ボーナスをゲットできる日が近づいているのであれば、支給日が過ぎるのを待って辞めるという考えもおすすめしたいです。ボーナスだとそこそこ多くもらえるはずなので、頂いておいた方が良いと言えますから、会社を辞めようと思ったら会社がボーナスを支給する時期について知っておくほうがボーナスをもらうのを忘れないと思います。

  • 違った企業の社員になりたいと転職をする活動をしている中・・

  • 違った職場の社員になりたいと転職活動をする場合には「ほんのちょっとでも早く、内定(採用通知)が欲しい」と思ってしまいがちです。とはいえその気持ちが強くて内定通知が欲しいばかりに、自身の能力に関して嘘をついたり、反対に自分を安売りしてしまう言動はできるだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦燥感をブレーキを掛けて、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しにアンテナを集中させていきましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる場所を賢く選んでみてください。

  • 転職する際に行われる面接のときにする腕時計の事です・・

  • 再就職時の面接で使う腕時計のことなのですが、明らかに目立つ腕時計は着用をやめた方が悪い印象にはなりません。この場合の腕時計で目立つものというのは見るからに高そうに見える腕時計とか、というだけではありません。その反対で安い腕時計の印象を持たれてしまうとか、そのような意味であって真逆で目立つ、ということで頭に入れておきましょう。面接の際に付けるべき腕時計についてはポジションとしてはスーツやネクタイと同じで、無難なものを選ぶのがベストだと言えます。そうはいっても、年齢にあっている腕時計ということも肝心であって、新卒の時に着けていたものよりは少しでも値段が高いものにした方が好印象だと言えるでしょう。

  • 転職の間は、無意識のうちに気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。

  • 転職の間は、どうしても、時間に余裕があるため、緊張感がなくなり、だらけてしまいがちです。けれども、そのような生活はキケンです。人というのは、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「メンタル面」にも悪影響があるからです。気づけば、働く気力も失い、経済的に困ってしまいます。そうなってしまうと、すべてが悪い方向に進んでしまい、転職をしたい会社を見付けることが難しくなってしまいます。転職先をハッキリ決められないのは、給料を第一に考えてしまうからです。給料を第一に考えざるを得なくなると仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。なので、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社もたくさんあります。あなたに特許権取得の経験があるなら、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼らは、特許を出願した人以外にも、研究開発で論文を世に出した経験がある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールでコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。仮にあなたが、ヘッドハンティングと疑われる連絡があった場合は、思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングを装って、登録料を要求しようとする会社もあるらしいですが、その手の会社はむろん詐欺なので、引っかからないように注意しましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 以前の求人誌では、「性別」が記載されているのが普通でした。

  • 今までは求人情報では、雇用側の希望する「性別」がきちんと明記されていました。ところが今現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、雇用時、男女差別がないようにしないといけないとして、求人情報に「性別」を明記できなくなりました。けれども、求人を出す側としては、男性・女性のどちらでも良い、とは内心では考えていません。実際に、男性欲しい業種に女性の採用希望者がやってきたり、女手が必要な案件に男性がエントリーしてきたり、といったようなトラブルが少なくありません。もしも、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、雇い主再度が「女性」を必要としている、と捉えておいたほうが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

  • 就職活動において、年収は極めて大事なポイントです。大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき現実の年収より多く言って、高額な年収を確保しようとしても、無駄な努力でしょう。なぜなら、「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一度は信じてもらえたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ず後からバレてしまいます。ときにはトラブルになることもあるので、現在の年収をハッキリと伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが賢い選択となります。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職後にいきなり500万円になる可能性はまず無理です。たとえば、現在の年収が430万円としたら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に転職先に合格をもらったとしても、退職しなければならないという事態になる状況も考えられます。

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに打ち込んだり、…

  • 転職期間では、趣味に打ち込むほか、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。仕事復帰した時に、趣味に集中していたことによって気付かないうちに集中する力が高まっているのです。また体力アップが図れていることで、他の社員たちと比較すると疲れない身体になっている、と認識することができます。というワケで、退職したら趣味に打ち込むことと、体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。また、職場のなかで同じ趣味の方と知り合えたなら、話が盛り上がります。ですから趣味をとことんまで極めることも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • ほんの3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというの・・

  • このあいだ転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、早期に退職届を提出する人がなんとなく少なくないのです。何故そうかと思うと私見ですが心機一転、転職先の会社を見つけたというのに、「自分の想像していた職場環境とおかしいと思うほど違っていた」「会社独自のルールになじめない」ということが原因で去っていくことが珍しくないといいます。可能ならこういった転職における失敗を後悔しないためには、やはり、転職先の情報収集を徹底するほかありません。職場独自のルール、昇給システム、など多角的に前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

  • 万一あなたが、転職を決断したなら、徹底的に一緒に働く人に・・

  • 万一あなたが、現職からの転職の決意したなら、完全に社内の人間には内密にそれを告げないように、転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、可能ならば周りの人に知られないように普通に業務をこなしていくのが妥当です。働いている間、その姿勢でいれば、最悪良い転職先を容易に見つけられなくても、転職予定を保留しながら、現在の職をそのままし続けても容易にできます。そうではなくて、軽はずみに「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、周りの人は、その言葉に合わせて応対し出します。また会社内で「辞めるつもりです」と一言でもいえば、周囲からは「あの人は退職する人」という位置付けになります。しかし、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり仕事は辞めない」となっても、会社内の人たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを見て、在籍中、肩身の狭いと感じるでしょう。