近頃はパソコンを使えばネットの世界では、「転職のためのサイト」に類するも・・

この頃はPCを使えばインターネットで見られる世界に…

  • 世の中は変化していてスマホを使えばネットのエリアには、いわゆる「転職のためのサイト」と呼ばれるものがあちこちにあります。その無数のサイトから自身に見合った転職先というのを探すためにも、何よりも情報を収集することが欠かせません。こんな転職サイトを上手く使うことで、効率的に転職先探しが可能です。更新頻度が高く、さらには頻繁に情報更新され、客観的なデータも掲載される有益な「転職サイト」がある一方、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから過剰に信頼しすぎないように注意しましょう。利用して間もない頃は、信用に足るサイトかどうかを同ジャンルのサイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

    初めて転職を行うのであれば、気を付けるべきことはなぜ今の仕事を去る必要があるのかにつ…

  • 人生で初めて転職をするとき、心がけるべきことはどうして今の仕事を去らなければいけないのかを頭の中で整理しておくことだと断言できます。その理由こそが根本の問題になるので、必ずやっておくべきでしょう。その上で問題を解決してくれそうな会社を決定してみましょう。卒業してからの転職活動は、大学等での就職活動とは性質が大きく異なり、今の仕事を行いながら就職活動を行っていくことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。明確な理由が頭にない状態で転職活動を始めると、途中で息切れしてしまいます。どんな手段を使っても転職したい、現状を変えたいという強い情熱がない場合は,転職活動の開始は保留にしておいた方が良いです。

    新たな仕事で今までに培ってきたスキル・キャリア生かせれば・・

  • 新しい環境下でこれまでの資格やキャリアを最大限に活用できれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に仕事場にも馴染めるはずです。いい人を求人している会社サイドしても、即戦力となる人材は常に欲しがるので、雇い主側が判断しても即戦力となる転職はすんなりと採用されるでしょう。しかも、かつての業務内容と似た業種であれば転職自体はすんなりいくはずです。とはいえ、ある程度の能力があるといっても大手企業の事務職、公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世でもかなりの難関となるのは間違いないでしょう。

    退職と転職を度々しないための打開策が一つだけあります。

  • 転社を度々しないためには、コツが要ります。仕事面のスキルアップもそうですが、精神面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返さなくなります。今現在は、ネットがあるので精神面を鍛えるコツはたくさんあります。また、意外と思われるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動でも、精神面は強化できます。オススメは、「外国に行くこと」です。海外に旅行に行くと言葉も文化も違うので、刺激が山ほどあります。なので、人間的に成長させてくれる修行とも言えます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見えていないことに気づかされ、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと実感することができます。その気持ちのまま、面接に臨めば、これまでの面接とは違い自信に満ち溢れた態度を示すことができます。でも、退職してすぐは、メンタルが弱気になりやすいので、その後のために休暇も必要です。

    就労期間中は、極力周りの人間に気づかれないように、(…

  • 雇用期間中なら、できたら、バレないように(自身の例ですが)雇用中に転社の意思表示だけをはじめの時期に周りの人間に知らせたことがありました。けれど、その後求人情報を散々見て回ったものの、予想に反して働く先も時期などさえも無鉄砲に進めていたので、知らぬ間に時間だけが過ぎてしまいました。その一方、会社のほうは、仕事の引き継ぎ予定や手続き、自らの退職の日程などが確定していき、その結果、「退職予定日に合う形で、就職先を見付ける」といった、お粗末な事態になってしまいました。結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経て次の就職先を探すハメになりました。

    一昨日転職活動の一環として人材会社に登録に行きました。

  • 数日前転職のために人材紹介会社へ登録に向かいました。そこで登録時のカウンセリングに出てきた担当の人が見たところ新入社員のようで、私が説明していることの5割ほどもその社員は理解ができていない感じ。にもかかわらず「キャリアデザインを作り直した方がいいですね」とか「もっと強みと弱みを知っておくことが大事です」等、カウンセリングの専門家であるかのように横柄に言い散らかすからとても不快な気分になりました。カウンセリングをする人はそれなりにはカウンセリングのスキルがある人にしてほしいと感じます。

    転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。

  • 再就職する場合、然るべき準備はやらなくてはいけません。なかでも、目に見えるファッションは気になっている人も多いと思います。…が、ここ最近の、採用面接では私服が良い企業もあるので、スーツで決めて面接に行く必要がないケースもあります。会社の創設してすぐの歴史のない会社ほど、お堅い規則もないことが多く、私服で面接をしたほうが、相手先に印象をあたえます。そして、正装ではないので、ざっくばらんに話ができるメリットも。そうして、私服ですと面接中に、服装について、話が広がることもあります。ですから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。ということから、今から転職は企業の「設立した年」に注目してみて、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で勝負してみるのもアリかもしれません。

    クールビズ(軽装)の格好で転職の面接に臨む場合、いくらなんでジャケットまで・・

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接を受けに行くときには、ジャケットはさすがに着込まなくても安心であるとはっきりと言えますけど、ネクタイにおいてはして行った方が悪い印象を与えることがありません。ネクタイなしでもOKだと考える会社も存在する可能性はあるにはあります。ですが、ネクタイに関してはクールビズが推奨されていても身だしなみとしてすべきだとする会社がある程度存在するわけです。ですから、クールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイだけは必ず着用いく方が良いということを知っておいてください。

    再就職を視野に入れた場合、「Uターン」「Jターン」のように…

  • 転職を考える場合に「Uターン」「Iターン」において都市部から地方に引っ越したうえで転職したいと考えている方が、ここ最近増加しています。最近では求人情報サイトを使用することで地方や郊外での求人情報にもいつでも容易にアクセスできます。地方や郊外での求人に関しては、どうしても大都市よりも少ないので、それがマイナスといえます。ですから、求人サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。転職サイトにプラスして、「地方自治体・商工会議所」のサイトなどもまめにチェックしておくと良いでしょう。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する就業サポートに関する情報も注視しておきましょう。

    転職活動中の採用面接に関して、よく思い違いがあるのです・・

  • 転職先での会社での採用面接での多数の人が考え違いをしているのですが過度に猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま悪い結果につながります。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接時は、「休暇」などの、普通は触れにくい内容を勇気を持って率直に訊いておくと、最終的に確実に自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でそういった内容を無神経に尋ねることで最終選考に落とされてしまうのでは?」と危惧するかもしれません。だけども、意外と相手からの印象もいいことは最終的には可能性が高いといいます。このようなお金・労働環境に関する内容は、実のところ、誰もが聞きたい事項ではあるのに、その反面、面接結果に影響するのを恐れ、大半の人が質問を躊躇しています。しかし、逆手に取って、「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。

    実際に失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることの証明が必要になります・・

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、「就職活動」していることが必要なのです。とはいえ、「久しぶりに仕事から解放されたし、とりあえずは仕事をせずにゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。ですので、本当に次の仕事先を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。月に一度のハローワークスタッフとの面談は避けようがありませんが、その場で求人票を閲覧することが少なくともやっておきましょう。本気になって探す気持ちがないときは、「求人票」にさらっと目を通し、ハローワーク職員との面談にて、「納得できる条件の仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念ながら今月はゼロ件でした」と、相手に告げて、次の機会を狙えば良いです。

    転職活動する場合に注意して欲しい求人の募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高めで…

  • 転職活動する際に特に注意が必要な求人内容は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束される時間が長めというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を入れて告知していることがとても多いです。みなし残業代は、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった形で求人の記載内容に時間の併記があるはずです。毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料に残業代を組み込んで計算しておくということです。(なお、これは合法です)『みなし残業代50時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」という求人になります。が、悪質な求人では、『みなし』を意図的に表記してないことも少なくないのでしっかり気を付けてください。

    転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。担当者から「転職理由は?」と必ずと言っていいほど質問されます。その場合、どのような事情がであれ、以前の職場の働く環境や人づきあいが良くなかった返答は、絶対に話さないほうがいいでしょう。なぜかというと、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用の可能性を台無しにしてしまいます。面接時は、「前向き」な内容に徹底することがかなり重要で、とにかく「新しい職場で、これまでのキャリアをしっかり生かして、会社にも充分に貢献していこうと思います。」のような内容で自分を売り込むことが必要とされます。

    転職活動をするのなら、気になった求人(あるいは職種)…

  • 将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業種)があれば、忘れず「〇〇業(気になる業界)、ブラック」でネット検索したほうがいいです。求人票や転職エージェントから入ってくる言葉からは、業界のマイナス点は、アドバイスしてもらえません。仮にブラック案件が蔓延している業界であれば、インターネット検索によってカンタンにその実態を知ることができます。そういう現実を知らずに仕事を始めてしまうと、のちにガッカリしてしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が、「内容がきつく、人の出入りが激しい」といったケースも多くあります。気になった案件について、疑問点を払拭した上で、応募しましょう。

    「転職エージェント」では、登録後、電話やメール連絡が何回も入ります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールでの連絡が嫌になるぐらい来ます。これに関して初めて利用した人はとてもびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、会員の転職を促すことが仕事だとされるので、とても積極的な姿勢を見せます。特に大手のエージェントは転職させると企業側から報酬がもらえる仕組みなため、転職希望者の都合よりも企業の都合を優先させるケースが目立ちます。さらに、転職エージェントは、契約数を増加させたいがために、内定を得た瞬間に、「入社はどうでしょうか?」と説得の連絡をしてきます。自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、転職に妥協しないように気を付けることが必要です。

    女性が転職する場合、セクハラが社会的に問題になる前と現在とでは…

  • 女性が再就職する時、数年前と今現在とは多少の違いがあったりします。かつては面接の場で、「結婚観」や「出産後の仕事」に関して、ごく一般的なこととして質問されることが多くありました。ところが、今はこういった内容は、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問を避ける会社が増加傾向にあります。そしてまた、特に大企業の場合は、タブーとして露骨に避けるようになっています。けれど、会社側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その女性の価値観結婚後・出産後の細かい予定を当然、知っておきたいと思うはずです。自身の価値観を知っておいてもらうためにも、自己ピーアールや志望した動機と混ぜながら言い表すことで、相手方にもしっかり伝わると思うのです。なので、聞かれていない部分も、先にあなたの側から会社にとっては必要な情報と捉え、話をしておくのが良いです。