長期間接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつ…

長い間接客関係で仕事をしていたのですが、年齢を重ねると・・

  • 長い間接客関係で勤め続けてきたのですが、加齢が原因か立ち続けなければいけない仕事は体力的に難しくなり、事務系のお仕事への転職を視野に入れて行動を起こしました。事務の経験がない場合少々厳しく、接客業の経験も活かせる受付兼医療事務をしようと資格も取って個人の病院に転職をしました。周りはベテランである先輩パートさんだらけで人間関係も難しい。夜間のシフトばっかりさせられて、接客業時代よりも帰宅する時間も遅いわけですが、初めはキャリア形成の時だと腹をくくって頑張ります。
  • 再就職をする際で必ず聞かれるのは前職を辞めた理由です。

  • 転職する場合の面接でだいたい投げかけられる質問が前職を辞めたのはどうしてなのか、という話ですがこの質問に回答する時には話の内容を退職した会社のことにしない方が安全です。辞めるに至った経緯に焦点を当てると必然的に良くない面を含んだ面接になってしまいますから。この点を上手に進めていくにはなぜ前職を退職したかという点をこの会社になにがなんでも入りたいという考えがあったからという話にするべきであり、今自分が入りたいと思っている方の会社に焦点をもっていくべきなのです。こういった内容ならばマイナスではなくプラス面を印象づける前職を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 転職のための活動をしているときは、なにはともあれ常・・

  • 転職をする活動を行う際は、まず常にあなたの心が急がないことを意識しましょう。今の会社で働きながら転職をするための活動される場合は、それほどそうでもありませんが、退職したあとに行うのであれば、人というものは内心が焦燥感が出るものです。その点を踏まえ、気持ちを抑えつつ、転職活動を続けていきましょう。将来、あなた自身でしてみたい仕事や、理想とする職場のイメージなどを明確にしておき、希望する職場と比較してみて、それらが合致しているかどうか、冷静になって考えてみてください。そうすることで、良い転職先が容易に見つかるはずです。
  • 転職する場合、派遣社員という勤務形態を考えている方…

  • これから転職する場合、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてほしい点が何点かあります。なんとなく派遣社員というと、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」「その他雑用」のような業務内容をぼんやりとイメージされることがおそらく少なくないでしょう。私自身もそのように思っていました。今の職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際に、「担当してもらう業務は電話対応になります」と直接派遣会社から伝えてもらっていました。ところが、働き始めると、まさか「電話対応」だけでなく、欠員した正社員の穴埋め役を要求されました。いつも毎回振り回されますし、はじめの説明とはかなり違っていたので非常に参っています。今はただひたすら契約期間が終わるのを待つだけです。
  • 近時は、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして…

  • 現在、ブラック企業がニュースで取り上げられたりして、労働条件に対する取り締まりが厳しくなったり、悪質な企業は公表されたりと、厳罰化の動きが活発になっていますが、まだまだ問題が多いというのが現状です。したがって、面接で見破る必要があります。最初に、求人票などに記載された労働条件をチェックし、それらの項目ひとつひとつについて遠慮せずに質問してみることです。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であった場合、答え方が不自然になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げ腰になることが多いです。「給与」「残業」「休日」については、詳しく聞いていくと、渋い表情を見せることが多いです。それでもめげずに尋ねていくと、ふてくされたかのような態度を見せるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の企業は、約束を守らない上に、入社してからもふてぶてしい態度であることが多いので、何か違和感を感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。
  • より安定した生活基盤を送りたいと正規の社員として働くことを意識している人が…

  • 安定を希望して正規社員として働くことを念頭に置いている人が相当います。役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても中々正社員としての転身がうまくいかない可能性もあります。準社員の求人情報はかなり充実しているのに、正規雇用の求人以外は気にも留めず応募しない人も多いでしょう。仮に、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員の募集にも目を通してみましょう。正社員を募集していない会社であっても、その人の手腕によって、2,3年で契約社員から正社員への転身を狙えるところもあるからです。ですから採用面接の際に、正社員として働けるチャンスがあるかどうかを聞いておけば今後の役に立ちます。
  • 自分の趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きた…

  • 自分の大好きなことを仕事にしたいという風に考えている人は注意です。これは、私の体験に基づいたことなるのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが理由で、過去には、飲食店(レストラン)に勤めていたことがあります。そのお店での業務は、そのレストランで私が担当していた業務は、盛り付けやホール業務です。この業務内容については、不満もなく楽しんでいたのですが、人間関係でとても嫌になりました。ということが引き金となり、退職する羽目になったのですが、そのせいで、好きだった食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物も嫌いになり、よく似た飲食店はしばらく経った今も行けていません。当時の店のにおいを思い出すだけで不快な記憶が蘇ります。この仕事に就いた当初、大好きだったものが苦手になるとは思ってませんでした。得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと夢見るのは素敵だとは思います。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、じっくり冷静に自分に問いただした上で行動するべきです。
  • 仕事をするにあたり、心的な負担が増え、転職しなくてはいけない状況に至ったなら・・

  • 仕事によって精神的にまいってしまい職場を変えなくては、という気持ちになったなら、相談するのは職場の人でなく身内と相談して、会社を辞めるかどうかの判断をしてみましょう。それは、働くことは自身のことでもあります。が、しかし同時に身内の問題でもあるのです。毎月、どんなに高い給料をもらっていたからといって、心的ダメージを負ってしまうほど、我慢しながら無理しながら働くのは好ましいとは思えません。今の時代は、金銭的なことよりも、働く当人が働きやすいことを重視していく生き方も徐々に増えつつあります。ですからあまり気にせず、家族や、あなた自身の心のケアを忘れないようにしましょう。
  • 今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所得で収入を得たり・・

  • 近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で生活費を稼いだり、起業といった生き方も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員以外は不安定であぶない」といった従来の常識も変わりつつあるようです。高度経済成長時代に関しては、先行きがみえない個人事業や株式よりも雇われているほうが安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に広まっていました。そんな時代は終わり、現代では「成熟期」という風にも言い表されています。近い将来では、コンピューターの進化とともに、機械化・自動化がより進み、仕事においても人が不要な社会になる、といいます。
  • 派遣会社を介して働く人が近時増加しています。

  • 派遣社員として仕事をする人が規制緩和の後、多くなってきています。派遣先が派遣会社にいくら支払い、そのうちの何割があなたに入るのかを可能な限り面接のときに確認しておいた方が無難でしょう。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その対価として手数料をもらう仕組みです。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが大半です。5割以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示に積極的でない業作も多く、悪質な業者の場合、労働者に3割しか還元しなかった、ということもあり得ます。面接のときにきちんと返答しない会社は、隠ぺい体質である場合が多いので、異なる派遣業者のもとで登録されることを推奨します。
  • 職を変える際に、まずは今勤務している会社を辞職した…

  • 転職活動を行う際に、まず今勤務している会社を辞職した後でという考えを持つ人もいますが、そういった場合にはボーナスの支給日を事前に調べておくのが無難です。ボーナスのある企業は山ほどありますが、ボーナスがあるのであれば、ボーナスが入る日がもう少しのときには、ボーナスを手に入れた後で会社を去るという考えもうまいやり方です。ボーナスはなかなかたくさん入るので、もらわないと損ということも分かりますから、転職を考える時にはボーナスが支給される時期について確認するのを忘れないようにするのが良いです。
  • 今と違った会社の社員になりたいと転職活動をしている人の大…

  • 新しい会社に入りたいと転職活動をしている中の場合には「できるだけはやく、内定(採用通知)をものにしたい」と考えるはずです。が、通知を欲しいあまり、自身の能力を必要以上に大きく見せたり、あるいは対称的に能力を安く見積もったマネは可能な限りしないでください。大事なのは焦ってしまう気持ちを抑え、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴が生きるように、そして、今後のキャリアアップが図れる会社を賢く見極めていきましょう。
  • 再就職する時に行われる面接を受けるときにする腕時計についてです・・

  • 転職の面接で使う腕時計ですが、どう見ても目立つものはしていかないほうが最善といえます。目立つというのは明らかに高価なものだったり、といったことだけではありません。それとは真逆で完全に安物である腕時計の印象を与えるとか、そういう目を惹くという意味であって真逆の意味で目を惹く、ということで覚えておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計というのはスーツやネクタイと一緒の考え方で、面接にふさわしいものをつけた方が賢明です。しかしながら、自分の年齢にあったものというのも重要で、新卒の就活の頃に着用していた腕時計よりはわずかでも値を上げた方が良いと言えます。
  • 転職するための期間中は、つい時間が有り余っている…

  • 再就職先を探している間は、無意識のうちに時間が有り余っている分、ダラダラと過ごしてしまいがちです。でも、そうした生活を習慣にするのはキケンです。なぜならば、だれた生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも問題が出てくるからです。時間がたつにつれて、仕事をしようとする気力も失い、生活ができなくなり困る状況にも・・・。そうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の仕事がきちんと見つけられなくなります。次の仕事を決められないのは、給料を第一に考えるようになるからです。給料を第一に考えざるを得なくなるとキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。なので、お金に縛られないように暮らしていくためにだらけきった生活は、止めておきましょう。
  • 近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく・・

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの専門会社も増えてきました。特許を出願したことのある人は、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人だけでなく、研究開発で論文を出した実績のある人や、テレビで紹介された人など、「功績」ある人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思われる連絡をもらったときには、心当たりがないか考えてみましょう。たまに、「ヘッドハンティング」と称し、登録料を要求してくる会社もありますが、そういったものは確実に嘘なので、騙されないように気を付けましょう。ヘッドハンティングは、企業が仲介業者に報酬を支払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • 以前の求人誌には、募集条件の中に「性別」が、記載されていました。

  • 以前の求人情報では、雇用側が求める人材の「性別」が記載されていました。ところが今では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、雇用において、男女差別がないようにしないといけないとして、求人情報の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。それでも、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。実際に、本当は男性が必要な案件に女性が募集にやってきたり、逆に女性希望なのに、男性が来てしまい、というような問題に遭遇する可能性があります。求人で女性活躍等と記載される案件の場合は、女性を希望しているのだと解釈しておいた方が良いといえます。