昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上…

新卒後最初に働いた会社で嫌な上司の存在に頭を抱え、つ・・

  • 昔働いていた会社でのことですがパワーハラスメントを行う上司に神経を削られ、結局我慢の限界を超えてその会社を辞め、同業である別の会社に移りました。転職先の会社ではいやらしい上司もおらず非常に満足していましたが、じわじわと会社の財務が悪くなり、ついにはとある会社に経営統合されることとなったのです。奇遇にも経営統合の相手はなんと転職前に働いていた会社で、その上ものすごく嫌いだった上司がまた私の上司となることになりました。まったく困ったことになりましたが、どれほどご縁があるのでしょうか。当然ながら再び転職活動を始めるつもりです。

  • あなたが今現在、「転職サイト」を利用して自らの可能性を広げてく・・

  • あなたが今現在、「転職サイト」を活用してあなたの希望条件にマッチした魅力的な企業情報をあれこれ見ているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、そのサービス内で紹介してもらえる求人は、一般的に公開されていないからです。、誰でも見ることのできる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比べ物にならないレベルでとても高品質といえます。そればかりでなく、あなたの希望にふさわしいものを調査して紹介してくれます。ですから、あなたの希望の自身の希望する職種の求人をもらえたりします。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが自身で最初から探すのと比べればかなり効率的です。ですからたいへん使ってみる価値は大いにあるといえます。

  • 転職をするに際しては、ウェブ上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」…

  • 転職時、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼ることもあるでしょうが、もしもそのような業者に登録したことの結果として就職することができたとしても、失業保険の給付にはつながらないので要注意です。ハローワーク以外の機関を使って就職が決まったとしても給付してもらえないので注意すべきです。一方、「ハローワーク」を経由して斡旋してもらった会社に就職できた場合は、就業の準備金として一時金が受け取れることになります。ネット上のエージェントは、私的機関です。彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の手続きは取ってくれません。このような点を無視していると、失業中に給付金を手に入られないので、気をつけておきましょう。

  • 派遣の会社に登録しています。サイト上で興味を引かれる仕…

  • 今、私は派遣の会社に入っています。ウェブサイト内でなにげなく自分にぴったりの仕事を見つけ応募したい旨を伝えると「その仕事はもうすでに他の人の採用が内定しています」と断られて瞬間的にウェブサイト内から仕事の情報を閲覧できなくなるのですが、翌日になればもう一度載っています。それって要するに私ではダメって意味ですよね。そういうことならば変に隠さない程度に正直に言ってくれれば助かるのですが、そうするのは難しいのでしょう。それともダミーの仕事なのでしょうか?

  • 今ではPCやスマホは便利でネットのエリアには、いわ…

  • この頃はパソコンやスマホを使えばネットで見られる世界では要するに「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが無数にあります。サイトから自分自身の目的に合った転職先と思えるのを探すためにも、まずは情報を収集することをする必要があります。このようなサイトを上手く使いこなすことで、よりスムーズな転職先を探せます。客観性と正確性を持ち合わせた優良な「転職サイト」がある一方、優良とは程遠い、粗悪な情報しか掲載していないサイトもあるので、安易に信じるのは考えものです。とりあえずは、本当に信用していいサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらチェックしてみてください。

  • 初めて転職をするにあたって、気を付けるべきことはどうして現職を辞めなければいけないのか・・

  • 人生初の転職を行う際、気を付けなければいけないのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのかを明確にしておくことだといえます。その理由が根本問題なので、必ずやっておいた方がいいでしょう。問題を改善できるであろう会社を決めるのです。卒業してからの転職活動は、学生時の就職活動とは違い、今の仕事を行いながら就職活動を続けていくため、時間と体力とが必要だと考えられます。ゆえに問題の明確化ができていない状態で転職をしようとしたら、途中で挫折したり、息切れしてしまいます。どんな方法を使ってでも転職したい、現状に変化を加えたいという強固な情熱がないのであれば、転職活動を開始するのはあきらめましょう。

  • 新たな仕事でそれまでに身に付けたキャリアを活かせられれ・・

  • 新たな仕事でそれまでの実力を活かせられれば、即戦力として認められ、じきに仕事場にも馴染めるようになるでしょう。人を雇おうとしている雇用した側としても即戦力となる人材は常に必要なので、採用側が判断しても即戦力となる転職は簡単だといえます。加えてかつての働いていた職場と同じなら転職はとても楽となります。かと言って、そこそこ能力があるといっても一流企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)の募集については、いつの世でもかなりの競争率になる可能性が高いと見ておきましょう。

  • 転社を度々しないための方法が一つだけあります。

  • 転職を度々しないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。今ではインターネットを用いて精神面を強くするヒントは容易に知ることができます。加えて、転職とは関係のない行動をすることもメンタル面は強化できます。その行動とは、ズバリ海外に行くことです。海外旅行に行くと、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。なので、精神的成長を果たしたい人にはピッタリの修行といえます。帰国すると、「自分の視野の狭さ」にビックリしたりして、こんなにも世間は狭かったのだということを実感することができます。その気持ちを携え(転職のための)面接を行えば、これまでとは比べようがないほどに自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。どうしても、退職後しばらくは精神的に弱くなりがちなので、その後のために休暇も必要です。

  • 雇用期間中は、可能なかぎり会社内の人にバレないよ・・

  • 就労中は可能なかぎり社内の人間に気づかれないように、(ちなみに私自身のときは)在職中に転社の気持ちのみを早い段階で会社内で仄めかしたことがあります。とはいえ、その顎、求人サイトを必死にあれこれ見ていったものの、悲しいことに働く先も時期などすら計画も立てずに煮詰まっていないままいつの間にか時間だけが過ぎてしまいました。そして当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私の退職予定日などが段々と確定していき、さいごは「退職予定日に合わせてとりあえず就職(できる)先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。実際には内定をもらったその会社を蹴り、失職期間を経験し、次の就業先を探すことになりました。

  • 3日ほど前転職のために人材紹介会社に登録に出向きました。

  • 3日ほど前転職先を探すために人材紹介会社へと登録に向かいました。登録カウンセリングを行いに出てきた担当の人の雰囲気がどうも会社に入って間もない社員のようで、私が説明した話の5割も理解ができていない感じ。それなのに「キャリアデザインを変更した方がいいですね」とか「きちんと強みと弱みをはっきりさせておく必要があります」とか、ベテランのように偉そうに言い散らかすのでとても嫌な気分になりました。カウンセリング担当者は多少は仕事の経験がある社員にしてほしいと感じます。

  • 転職活動する場合、相応の準備は必須です。

  • 転職活動を進めるには、相応の準備はしなければなりません。なかでも、身だしなみ、に含まれる服装は気になるところだと思います。でも、現在の採用面接については私服が多い企業があるので、ビジネススーツを着て面接に向かわなくてもいい場合があります。会社の創設してすぐの歴史のない企業ほど、考え方が柔軟でがちがちの服装で行くよりも相手先に印象をあたえます。正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすくなります。さらに、私服を見せることで時には面接時に服装について、話が広がることもありますから、もしかしたら担当者に気に入らえるチャンスを作れます。ということで、転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」を事前確認し、(ベンチャー系の)面接時には私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。

  • クールビズの服装で転職の面接に行くときには、さすがにジャケットは…

  • クールビズ(軽装)のスタイルで転職の面接場に出向くときには、いくらなんでジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく言い切ることができるわけですが、ネクタイにおいては着用していったほうが悪い印象を与えることがありません。ネクタイなしで良いと思っている企業もある可能性はなくはないですが、ネクタイに関してだけはクールビズであっても必ずしなければならないと考えている会社がそこそこ存在します。そんな訳で、例えクールビズで大丈夫だと言われていてもネクタイは着用していった方がベストであるということを伝えておきます。

  • あなたが再就職を考えた場合、「Uターン」「Iターン」…

  • もしあなたが再就職しようと考えた場合、「Uターン」「Jターン」において都市部から地方に移住した上で再就職したい、と考えている人が、ここ数年で増加傾向にあります。昔と違って転職サイトを使えば、地方や郊外での求人情報にもタッチできます。けれども、地方での求人情報では、大都会の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないというのが大きく違うところで、そういった点でマイナスといえます。なので、求人情報サイトのみに固執するとガッカリしてしまうかもしれません。求人サイトに加え、「地方自治体・商工会議所」といった情報サイトもよくチェックしてみてください。「地方自治体・商工会議所」など、行政が開催する転職サポート系のイベントについても見ておくと、良い出会いが期待できます。

  • 転職の際に欠かせない採用面接での、多数のひとが思い違いをしているので…

  • 転職時の採用面接での、勘違いしている人が多いのですが採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりしていると、残念なことに逆効果になる可能性があります。そんな事態を避けるためには思い切って面接時は、「報酬」といったような、普通であればかなり質問しづらいことを勇気を持って尋ねておくと、最終的に自身のためになります。信じがたいかもしれませんが、「面接の段階でずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、面接で落とされるのではないか」と不安がるかもしれません。けれど、意外なことに、マイナスの結果をもたらすことは最終的にはいい場合が多いようです。このような「お金」や「労働環境」に関する疑問点は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接に応募した人たちの多くは、普通は質問できません。しかしながら、一歩踏み込む勇気があれば「言うことはちゃんと言える人だな」と格好の自己アピールとなるのです。

  • 現実に失業保険の給付を受けるためには、職探しをしていることを理解してもらわなければいけません。

  • 現実に失業保険を給付してもらうためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になりますが、そうだとしても、現実は「会社に行かなくて良いし、とりあえずは働かずにゆっくりしたい」と思うのが正直なところでしょう。なので、きちんと次の仕事を探している風に見せる方法があるので以下に紹介します。毎月ハローワークに行って担当職員と面談するのは避けようがありませんが、その場で求人票を閲覧することが必ず行わなければいけません。真摯に探す気持ちがないときは、「求人票」にだけ目を通し、面談の際に、「自分がやっていけそうな仕事が意に反して見つけられませんでした」と言って、次の機会を探すという方法もあります。

  • 転職のため仕事探しをする際に特に注意したほうがよい求人は…

  • 就職活動時に気を付けたほうがよい募集内容は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。このような案件の場合、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいるケースが多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』と呼ばれるもので例えばですが、30時間とか45時間といった感じで求人の記載内容に時間が書いてあります。毎月この程度の残業が想定されるので、最初から給料に残業代を入れておく、といったシステムになります。(なお、これは違法ではありません)例えば『みなし残業代45時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れると、これだけの給料になります」という意味になります。でも、悪質な求人情報では告知しておくべき『みなし』という言葉自体がない場合もあるので、よく気を付けてください。