看護婦と呼ばれていた看護師というのは仕事として女性比率が大・・

昔は看護婦という名前だった看護師という職業は、や…

  • 昔は看護婦ですが看護師というのは職業として歴史的にも女性の多い職です。あまり知られていないかもしれませんが気力だけでなく体力をかなり消耗が激しい特徴もあります。したがって職場の環境での人間関係がうまくいかなかったり、結婚・出産といったそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートとの両立が難しい仕事です。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、転職する人が多いのが現状です。流動性が高い仕事であるため、看護師は、国内のどのエリアでも人材不足になっているのです。ずっと、それぞれの医療機関は看護師を必要とする「売り手市場」であるという現実も、それが転職希望が後を絶たない原因の一つなのかもしれません。

  • 転職というものをする場合、そこでの年収について気にしすぎる人・・

  • 転職というものを考えるとき、そこでの自分の給与ばかりを気にする人は、そこそこ少数派でもないでしょう。とうぜん確かに、仕事というのは自分の生活を成り立たせるために行うものです。だから生活費をもらうために仕事を選択するでしょう。とうぜん年収の額は自身の評価という面もあるから当然大切と感じるのは無理もありません。とはいえ、必要以上にもらっている年収額ばかりを執着しすぎるのも考え気がしませんか?よく見れば収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性があるからです。

  • 再就職の面接などの場面で面接担当者が名刺を差し出してきた場…

  • 転職の面接などの場面でもし名刺を差し出されたとしたら、こちら側も名刺を相手に渡す必要があるのか?と対応の仕方に悩んだ際は、ほとんどの場合は渡す必要はないと覚えておいてください。面接においては仕事の内ではなくて、職を得るための就職活動の一環です。ですから大体の場合は名刺をやりとりする場ではありません。合わせて、あなたは会社の者として出向いているのではなく、個人のことでそこにいるわけです。それゆえ、相手から名刺を差し出されても、あなたのほうは、ただもらうだけで大丈夫で、相手側にあげる義務はまったくないと言えます。

  • 新卒採用で入社しましたが、思い切って転職すると決めました。

  • 新卒で入社した会社を退職し、悩んだ結果、転職すると決意しました。実際にやめる前後は、長い間悩み、不安な気持ちになりました。でも、会社を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で気づき、いつの間にか気が楽になりました。1度、転職をすると自然と精神的に楽になり、自分に合った仕事見つけることが出来て毎日が楽しくなりました。やはり「最低でも5年働いた方が良い」という転職する行為を咎める意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の転職活動は転職を決断して良かったです。

  • 明日からでも転職を予定しているのなら、現在の職場の何に対して不満を感じているのか…

  • いよいよ転職活動をするに当たっては、今現在の業務や業務の何に不満があるのかを洗い出しておきましょう。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。そもそも不満なことが限界に達しているから転職したいと考えているのは分かります。しかし「きちんと存在する仕事・業務の客観的に考えた問題を挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そのあと、転職を叶えたとしたら、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、職場や仕事に全てに満足できるものは少ないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職したあとのモチベーションの急激な低下は防ぎやすく、成功することができると思います。

  • 仕事を始めてすぐは「年間報酬」を高望みしないほうが無難です。

  • 新しい転職先で、「年間報酬」の高望みはしないほうが良いでしょう。特に、はじめの年は大方試用期間が入っていることもケースが少なくありません。私自身の例では、苦労して転職したというのに、悲しいことに以前の会社での年収とほとんど同じで変わりませんでした。そして、業務は多忙を極め、かなり責任のあるもので、二年目を迎えるまで本当に骨が折れました。そうした経験から転職1年目は、仕事を覚える期間と割り切り、極力転職する前からお金をためておくことに尽きると思います。

  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 転職活動と現職の同時進行を行う人は少なくありません。仕事を続けながら求人案件をチェックして応募したり、面接を受けるのは精神的だけでなく肉体的にも負担がかかります。加えて、転職活動中は、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。応募するだけしてみよう、という人がいますが、書類選考をパスし、面接に呼ばれてから辞退すると面倒な事になるかもしれません。エージェントを通している場合はエージェントに悪いイメージを与えてしまいますし、他方自分で直接、応募したとしても応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。自分の大事な時間を浪費することになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。新卒の就活とは全くことなることを徹底しましょう。

  • 今がんばっている転職活動で「自分は今までにこのような内容・・

  • 今やっている転職する活動の際、「自分はかつて、こういった職場の仕事に尽力しました」「過去の仕事によって、このようなスキルを身につけました」とそれまでの自分自身の実績・セールスポイントをよく伝わるようにアピールしようと考える人はよく見かけます。ですが、希望する再スタートを狙う企業で「機会があればこういったことをしたい」「斯くの如き内容の業務をするのならできれば貢献したい」と将来のプランで自分を売り込むほうが過去の実績以上に反応が良いはずです。この点を踏まえて転職活動をがんばってみましょう。

  • 転職時の面接にとある会社に行きました。

  • 転職における面接に転職希望の会社へ赴きました。その日に限ってその会社の会議室がすべて他の客でつまっているということで外のとある場所で面接官と待ち合わせで面接を行い、その場所で解散し、面接官もそのままそのまま帰宅するとのことでしたが、奇遇にも下車する駅が私と同じだったのです。結局は電車の中においても一緒に話しながらいっしょに帰宅することになって、すっかり緊張がなくなり面接しているよりも話が弾んで、それがプラスに働いたのか最終的に採用を手に入れることができました。

  • もし転職したいと考えているなら、転職する前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。

  • もし将来、転職したいと考えているなら、考えておいて損をしないのが資格の取得です。とくに、転職活動を始める前の段階で、資格取得しておくと、転職活動でそれを生かせるので、新しい仕事を探すのも楽になります。そのため、資格取得は、在職中であり、かつ転職活動前の段階がベストタイミングといえます。未来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、会社を辞めた後も後悔することなく前に進めるはずです。それにプラスして、資格を保有することで転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で「即戦力」と認められ、それまでより待遇が良くなる可能性が高くなります。

  • 仕事を変えた際には、高い確率で前の会社の仕事の大方の出来事は美化されます。

  • 転職するとだいたいの場合は以前の仕事は大方は美化された記憶となります。現実には現在の仕事内容にダメだから前向きに転職したはずなのに、時間が過ぎるとともになぜか転職した会社よりも「前職のほうが良かったかも」と感じ始めるのです。もっともなことで前の職場では仕事をこなすことに慣れていて楽に与えられた業務が淡々とこなしていたのが、もっとも大きい理由ですが、その一方、「退職しなけりゃよかった」と真剣に感じるほど、過去の仕事のほうが全体的な雰囲気や高く評価されていた事もあります。

  • 私はこれまでに20代で転職を2回した為、今現在は資格を取る目的・・

  • 私は20代の時点で転職を2回し、いまは資格をゲットするべく派遣社員になりました。常勤の勤務を選択しなかったので手取りが以前よりも少なくなりました。しかし、心と時間に余裕ができました。学生時代にいくつか資格を取得し、仕事をできる人はとても少ないです。きちんと資格を活かしている人を見ると非常に羨ましいと見えたりもします。以前は、自分よりも上手くいっている人と比べ、悩んでしまう日もありました。結婚を契機に過去と比べ生活環境も大きく変化し、前よりも明確な進路ができて自ずと生活が充実するようになりました。

  • 昨今の転職事情は、政治によって左右されつつあります。

  • 転職を取り囲む状況は、政治によって左右されつつあります。安倍総理による現内閣によって、「アベノミクス」や「三本の矢」といった経済政策が複数、展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策に連れ立って日銀主導の金融政策とも相まって、財界や企業間では今までとは異なった変化が出つつあります。そのこともあり一般の企業では今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足が社会問題化しつつあります。ちなみに「外国人労働者」の割合を高めていくであると安倍政権は宣言しています。外国人労働者の増加に伴い、日本国内の転職問題についても幅が広がりそうです。こういった変化のなかで日本国内の雇用・転職事情も変化していくのは間違いありません。

  • 日本には「石の上にも三年」という諺がありますが、1998年に派遣法において対象業務が自由化したとと…

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。現在、「終身雇用制度」といわれる現代では定年退職までを勤め上げるという感覚は薄れ、「転職」を経験するのが自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。でも、「仕事を変えること」身近な存在になったからといっても、安易に考えるのは厳禁です。実際に転職するつもりなら、適した時期というのも有るでしょう。最初に、今現在の職場、仕事内容について具体的に、納得できていないと思うことをおよそ10個、紙に書き出してみましょう其れによって転職活動の次の一手を考えやすくなります。そして、もし将来の進路が自身で見いだせたら、早めに良い職を手に入れられるように頑張ってみましょう。

  • 再就職の際に書く必要がある履歴書などについてです・・

  • 再就職の際に用意しないといけない履歴書などにおいてですが、たいていはパソコンを使って作るのがほとんどです。日本国内は履歴書や職務経歴書についてはパソコンを使ったものではなく自筆で用意するのが当然と思われることもよくありますが、それは新卒の人たちに関する就職活動やアルバイトやパートについてであって、実は、転職の場合は100%必ず手書きでないといけないとまでは言うことはできません。手書きの履歴書や職務経歴書の方を評価する会社もありますけど、違うケースがどんどん多くなってきているので、手書きでなくても良いケースはいくつもあるのです。

  • これはシフト制の仕事についてです。

  • これはシフト制の仕事に関する話なのですが、決まった曜日に働ける人を募集する求人を頻繁に目にしますが、もし、応募しようと思っているなら休む手順やシフトの提出方法については面接時にチェックしておくべきです。私は過去、産休で抜けた人の代わりに正社員として勤めることになったのですが、そこが「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新入社員の私以外、誰も現場にいない状態という職場でした。産休に入った前任の方が土日に必ずでれる人だったので、私も出勤できる人として扱われてしまいました。なので「土日」に外せない用事が入ったりした場合、シフトを変えてもらう必要があり、同じ部署の上司に「結婚式で休むので代わりに出ていただけませんか?」と自ら頭を下げなくてはいけませんでした。立場も給料もほぼ同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い出すと本当によく我慢したな、と自分でも驚きです。