ここ最近は、株や不動産投資等の不労所得で生計を立てた…

近年では、株・不動産投資などといった不労所得のほか・・

  • 今のご時世では、株・不動産投資の不労所得で生計を立てたり、個人事業主を目指す人も増えています。そういった移り変わりもあり、「会社員は安定がない」といった従来の見解も変わりつつあるようです。高度経済成長時代の際には、将来的に不安定な自営業者よりも組織の一員のほうが安定性にすぐれ、人生の正しい進路として、一般の人々に認識されていました。そんな時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」という名が呼ばれます。コンピューターの進化とともに、将来的には自動化・機械化が顕著になり、仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

  • 直接雇用ではなく派遣という形態で働く人が近頃増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に登録して働く人が規制緩和の後、増えてきていますが、もし、自分が派遣社員になるつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの額(あるいは比率)、自分に入るのかをなるべく面接のときに確認しておくべきです。派遣会社は、労働者を必要な企業に派遣してその見返りにお金を会社に支払うシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が多いです。半分以上支払われているのであればまだいい会社だが、中には開示すらされない派遣業者も多く、悪い業者では、3割だけしか労働者に還元しない場合もあるのです。なお、面接の際にきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、なるべく別の派遣会社で登録すべきです。

  • 新しい仕事を探すのに、まずは今の会社を辞職してからという人もいるでしょうが、…

  • 転職において、まず今勤務している会社を辞職した後でという考えを持つ人もいますが、そういった場合今度のボーナスの時期を前もって調べておきましょう。ボーナスが出る会社はそこら中に存在しますが社員にボーナスを出す会社の場合には、ボーナスをゲットできる日がもう少しのときには、それから退職届を提出するという手も得をする方法です。ボーナスはなかなか大金なので、もらわないのはもったいないともはっきりと言うことができますから、退職をする際にはいつ頃ボーナスが手に入るのかを最初に調べておいた方が堅実です。

  • もっと良い会社の社員になりたいと転職をする活動中の場・・

  • いい職場の社員になりたいと転職活動をしている大半は、「ちょっとでも早く、内定(採用通知)が手にしたい」といった気持ちが強くなってきます。ただ、その気持ちが強くて吉報を得たいばかりに、自分自身の能力を高く偽ったり、その逆で過小評価にしかならない売り込みは出来るだけよしましょう。焦る感情にガマンして、冷静に客観視しつつ、あなた自身の能力にあった職場探しにアンテナを集中させていきましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、さらに、今後のキャリアアップが期待できる会社を選択してみましょう。

  • 再就職時の面接でする腕時計についてですが、どう見ても目を惹くよ…

  • 再就職する時に行われる面接でする腕時計の事ですが、目を惹くようなタイプの時計はやめた方が悪い印象にはなりません。この場合の目立つ腕時計と言うのは有名ブランドの腕時計であるとか、というだけではありません。それとは逆に安物の腕時計の印象を与えるとか、そのような目立つという意味であって両極端な意味で目を惹く、ということで頭に入れておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてはポジションとしてはネクタイやスーツと一緒で、無難なものをしたほうが良いです。そうはいっても、年齢にあったものというのも条件の1つで、新卒で受けた面接のときに準備したものよりはほんのわずかであっても高価なも腕時計にした方が良いということは言えます。

  • 転職期間中は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕がある分・・

  • 転職を決めるあいだは、ついつい時間があるため、緊張感のない、ダラダラとした生活になりやすいですよね。けれども、そのような過ごし方を習慣にするのは危険です。それは、だれた生活を習慣化してしまうと、肉体的にだけでなく、「精神的」も不健全な状態になるからです。やがて、仕事をしようとする意欲を失い、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そうすると、すべてが悪い方向に進んでしまい、次の勤め先をなかなか決められなくなります。転職先が決められなくなるのは、給料を第一に考えてしまうためです。もらえるお金を一番に転職先を探すことになると仕事内容を重視して転職を決意していたとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。ですから、お金に縛られない生活を続けるためにも、ダラケタ生活は、意識して避けるようにしてください。

  • 近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも…

  • 現代、ウェブ上の就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負ををビジネスとする会社も増えてきました。「特許」を出すと、電話が掛かってくる可能性が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人以外にも、研究開発で論文を出した実績のある人や、マスコミによって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人を対象に、電話やメールを使ってコンタクトを図り、ヘッドハンティングのネタにしています。もしも、あなたがヘッドハンティングと考えられることを言われたときには、そうなったきっかけを考えてみてください。近年はヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求しようとする会社もありますが、そのような業者はたぶん詐欺ですからきっぱりと断るようにしましょう。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者がお金を払う必要などありません。

  • 今までは求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、書かれていました。

  • かつては求人誌には、雇用側が必要とする「性別」について、はっきりと書かれていました。ですが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が雇用の際にしてはならないルールとなり、応募条件に男女の文字を見ることはなくなりました。そういった変化があるものの、求人情報を出す会社は、実際はどちらが希望と言う想いがあるはずです。そのため、実は男性を希望のジャンルに募集に女性がやってきたり、女性希望の企業に男性がエントリーしてきたり、といった問題もひとごとではないのです。求人で女性活躍等の記載がある場合、女性の働き手を希望しているのだと捉えておいたほうが良いでしょう。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。

  • 就職活動において、カギになるのは年収です。面接の時、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。このとき現実の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄でしょう。源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じ込ませたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的にはウソがバレてしまいます。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の年収を水増しせずに申告し、それに見合う希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。ちなみに、今の年収が400万円の方が、転職後にいきなり500万円になる可能性はよほどのことがない限りありません。現在が430万円の年収であれば、希望額は400~450万円と伝えておくとよいでしょう。明白なウソは、転職活動の妨げになるばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に入社できたとしても、すぐに退職せざるを得なくなるおそれもあるので注意が必要です。

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに没頭した…

  • 転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力づくりを意識しておくと良いと思います。転職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に没頭していた影響で、無意識のうちに集中する力が高められます。そしてまた、体力を補っている事で、その場の社員さんたちと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。そのため、退職してからの生活は、自分が興味のあるなことに集中することと、体力を低下させないようにしておいて損はありません。転職が決まり、その職場のなかであなたと同様の趣味の方と知り合えたなら、親しくなれるきっかけになるので、気になったことにとことん時間を費やすのも転職期間の自由な時間の使い方です。

  • この前、転職したばかりであるにも関わらず、慣れもしないあいだ…

  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、すぐに辞めてしまう人というのも意外とよく見受けられます。何故そうなるのかと思うと私の考えでは気持ちも新たに、自分に合った仕事に飛び込んだものの、「自分自身の理想としていた職場環境とけっこう違っていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということがワケで退職してしまうことが珍しくないといいます。でもこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、はやり前もっての情報集めは徹底する、に尽きます。職場独自のルール、給与システム、など前もってチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。

  • もしも、転身を決定したのであれば、徹底的に周りの人には…

  • 現職からの転職を意思を固めたのなら、社内の人にはその意思を知られないように、転職活動していき、転職先が決定していないのなら、周りの人間に気づかれないようにいつもと同じように業務をこなすのがもっとも正解です。働いている間、そのスタンスでいけば、もし仮に希望に知った転職先をすぐに見付けることができなくても、転身時期を持ち越しながら、今の職をそのまま続けても何ら問題がありません。そうではなくて、ついうっかり「転職するつもりでいる」と口にすると、社内の人は、その言葉を受けた態度をします。それに「辞めるつもりです」と一言でもいえば、「あの人は退職する人」と受け止められます。そういった状況のあとで、転職する気持ちが薄れ、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、同僚たちは、「一度は辞めようとした人」とあなたを見て、仕事中ずっと、立場が悪くなると感じるおそれもあります。

  • 求人をチェックする折、例えば、デスクワークがしたいからと・・

  • 求人に関係する情報をチェックする折、例えば、「事務系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業を見逃してしまっていますが、そのような人というのは、「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勘違いしている場合もあります。製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、総務・経理と言った 人材 や購買、営業管理などの「事務系」に属する仕事もかなりの数あります。製造業の勤務場所自体、オフィス街から距離があります。そのため、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。けれど、自らの執着をなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。

  • 転職活動をしていく人で、次の仕事をする前に期間があるのなら、…

  • 今から転職活動をする人のなかで、次の仕事をする前にある程度期間があるのなら、ぜひ「失業手当」をもらっておいた方がお得です。働いている企業側が社員に「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。また、ハローワークで手続きをしてくれます。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、企業の都合の退職、または残業時間次第でただちにもらえる場合があります。なお、支給される「失業手当」の額は、最後の月の給料がもとになって割り出されるので勤めているる会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

  • 転職活動をする上での最後に残る厄介な問題として、「今の会社の退職」があげられます。

  • 転職活動をする際の最後に残る難関として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の企業から採用の内定を得たとしても、現在勤務している会社が退職を引き留めることは多々あります。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な意思を維持することが重要でしょう。会社に残るように説得されて、一時的にとどまったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届をつくります。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と堂々と伝えましょう。円満退職をすること、これも転職活動において大切な要素となってきます。

  • 初めて「失業保険」を受けるとき、何もしなくても受け取れると思っている…

  • 生涯初の失業保険を受ける場合、何もしなくてももらえると思っている人が少なくありませんが、それは間違いです。実際には、失業保険を受け続けるためには、求職活動を行わなければならず、加えて、月に一度はハローワークに行く必要があります。1ヶ月間隔でスタッフに求職活動の状況をきちんと説明してきちんと就職活動をしていると判断されれば次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。その真逆に、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、月に一度の職員との面談に顔を出さない場合は、問答無用で給付を一時停止したり、場合によってはそれ以降の給付資格も消失するおそれがあるので、注意が必要です。