求人関連の情報を見てみると、まともな会社では月収が記載されているはずです。

求人関連の情報誌やサイトを見てみると、大部分の場合・・

  • 求人関連の情報誌やサイトを見てみると、とうぜん多くの会社では月の給与の記載に目が行きますよね。しかしこの月収の欄を確認する時には、注意深く確認する事が欠かせないです。その数値だけで納得しないほうが良いです。というのは会社によっては、月収の中身が月15時間残業の場合が含まれているおそれもあります。それは残業代を含めて計算することで良い案件に見せて、人材を募集している場合もあります。そのほか、「歩合給」をつけると表記している案件にも注意が必要です。歩合の割合をかなり多めにした上で、月収を高く見せている会社もあったります。ですから、その手の応募者を増やそうとする会社にははじめから相手にしないほうが無難です。

    今現在の自分の勤め先・仕事内容について大半の人は少なからず不満を感じていると思います。

  • 現在の自らの仕事や職場に関して、ほとんどの人は不満を感じていると思います。「自身のスキル・能力が真摯に評価してもらえない」したがって、「賃金アップもないし、将来昇格する見込みもない」といった不満が多いように見受けられます。しかし、気持ちは理解できます。しかし、そんな不満を持つ人の中には自身の本当の才能を過剰評価していることが少なくありません。万が一、自分を過大評価していることに気が付いていない人が転職活動をした場合、「この求人では、自分を活かせない」と中々就職先が決まらないと言う事に陥りがちです。可能性が少なからずあります。なので再就職で良い成果をあげるためにも、自身の能力を今一度、厳しく評価してみることから始めてみましょう。

    あなたが持つ現在のスキルや資格を活かしつつ、転職を検討する場合…

  • 今あるスキルや資格が有利にはたらくように転職を検討する場合は、転職し易い業界と比較的そのスキルが不必要な、転職が難しい業種がある事を前もって理解しておきましょう。再就職がむずかしくないジャンルは、たえず人材が不足している「医療・介護」が代表的といえます。医療や介護では、看護師や介護士資格を持っていることが必須条件となりますので、資格を持っている人たちにとってはとても転職しやすい業界です。しかし、今「医療・介護」の仕事に従事していて、ワケあって、異業種に転職したいと考えているのなら、簡単に選択しないほうが無難です。「医療」「介護」ではない業界は、人材の流動性は少なくなります。したがって、安易に考えない事が必要です。異業種への転職をされるのであれば、他の業界では「医療」「介護」の仕事探しよりも厳しいものとなることを覚悟しておいたほうがよさそうです。

    失業したときにもらえる失業保険は、失業状態でない人はもらえません…

  • 失業によって得られる失業保険は、もらうためには失業中であることが必要ですが、この給付には、しっかり「期間」があります。失業時までに働いていた期間によって3ヶ月とか、1年と決定するのですが、驚くことに知らないで失業中である限りもらえると勘違いしていつまでも遊んでいる人を見かけるが、給付の残りが1ヶ月という段階でようやく気づいてから慌てて職探しを始めても好条件のところを見つけるのは至難の業です。転職候補となる会社の面接官も無能ではないので、失業中に遊び惚けていなかったのかといった内容はだいたいバレると思っておくべきです。ヘタをすると、面接時に失業中の求職活動についてことごとく聞かれることもあります。うまく返答できなかったり、バレる嘘をついてしまって、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。

    楽しく過ごしつつ、転職活動と付き合う事が出来れば、精神的に・・

  • たのしい気持ちでいながら転職をすることができたら、精神的にも転職期間中の堕落も避けられます。そのうえ精神的な部分が健やかな状態であれば、割と早く転職が出来るでしょう。そうする為には、休職期間を作らずに新たな勤め先を見付けることです。今の仕事を続けながら、新たな職場を探すのが理想です。また、間をおかなければ仕事をやめても、すぐに働けます。そうしておけば、職歴に空白期間ができないので、今後に響きません。つまり、再就職の際に不利になることがないということです。将来的な展望を踏まえつつ、円滑に転職活動を進めていきましょう。

    派遣で勤務しています。労働契約法のおかげで長期間働い・・

  • 派遣として就業しています。労働契約法のせいで残念ですが馴染みのある会社での仕事を辞めなければいけません。いっしょに働いている派遣の仲間の中には派遣の就業先で正規社員としての契約をゲットした人もいるのですが採用された理由としては実際のところ仕事の腕がよいというよりは派遣先の上司への媚びへつらいが得意な人でそのおかげで採用された様子。テクニカルスキルよりも上司にゴマをする能力の方が大切なのかなーと別の派遣の仲間と派遣先の会社でいつも文句を言っています。

    看護師のほかの職に転職する原因はその人それぞれです。

  • 看護師の違う仕事に転職に至る原因は、人によりけりです。ちょっとみると看護師を辞めての転職には「職場の中に関わりたくない人がいる」「結婚がきっかけで家庭環境の変化によって子育てそれから家族の介護など、種々の環境の変化など、これまでと同じようには今の仕事を続けられなくなっている」「今の給料に不満がある」といったような悩みが考えられます。環境を変えたい気持ちは分かりますが、実際に転職される前に「なぜ、転職しなくてはいけないのか?」と、改めてリラックスしながら客観視してみることも重要です。「実際に転職したら状況が好転するのか?」と再考し、決断してみてください。

    転職の時の面接で必要となるスーツのカラーについて…

  • 転職の時の面接で着るスーツのカラーは、新卒の学生が就職活動の際にに身に付けている色合いが一般的です。要するに、紺や黒といった暗めの色味になります。それが、再就職であっても、ビジネススーツの色というのはこういったような暗い感じの落ち着いたカラーが多数で、そうでないカラーを着ている転職者はあまり見かけることはありません。それ以外の色と言うと、たまにグレー系を着ている方がわずかにいるほどで、大方は紺色や黒色が多いのです。ですから、面接を行う人事部から見ても多数を占めるカラーを着用している人の方が普通に見えてしまいますから、第一印象という面では推奨したいわけです。

    昔は看護婦ですが看護師は資格としてどうしてか女性の割合がたいへん…

  • 昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは仕事として女性比率がかなり高い職場です。それだけでなく、気力や体力の大きく消耗する職場ともいえます。とうぜんのように対人関係のいざこざや、自分の結婚・出産などによってそれまでとは同等の勤務が続けられなかったりして、仕事と私生活との両立がかなり難しい仕事ともいえます。実際、上記のような問題に行き詰まり、転職される人が多いというのも事実です。色々と過酷な環境であるために、看護師は、人材不足な状態に困っています。なので、医療業界は、看護師を募集する「売り手市場」な状態で、それが転職増加の状態に拍車を掛けています。

    転職しようと考えたとき、転職先となる職場における年収ばかりに気を取られる人が…

  • 転職というものを考えるとき、転職先での給料を気にしすぎる人がとても少なくありません。もちろん多くの方は仕事というのは収入を得るため、行うものです。だから生活費をもらうべく働いていると思います。自身の価値を測る指標としての側面もありますから大切なのは否定できません。でも、あまりにもらっている年収の額ばかりをとらわれすぎてしまうのも考え気がするでしょう。収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性があるからです。

    再就職における面接などに関して担当者が名刺を手渡してきた…

  • 再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を渡された時、あなたも同じように相手の方に名刺を差し出す方が良いのか?とどちらが正解かわからない場合たいがいは渡すことはないと考えておきましょう。転職のための面接は仕事の延長上のことではなくて、就職活動の一部です。ですからほとんどは名刺を交換する時間とは違います。そのうえ、会社の人間としてその場にいるのではなく、あなた個人の問題でこの場にいるわけです。したがって、もし相手から名刺を渡さても、あなた自身は名刺をもらうだけでよくて、面接担当者に相手側にあげることはまったくないと考えます。

    新卒採用で入社した会社を辞め、悩んだ結果、転職すると決意しました。

  • 新卒採用で入社しましたが、一歩踏み出して転職することにしました。実際に退職する前後は、1人で大丈夫だろうか、と悩みました。ですが、新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用の形式で働いている人が大半であると私自身が転職したことで学び、いつの間にか不安な気持ちは解消されていきました。1回転職したことでふしぎなことに肩の荷が下りたような感覚になり、「本当に自分のしたいこと」を探す手間が毎日が楽しくなりました。なかには「最低でも5年働いた方が良い」といったような転職に対してマイナスな意見もありますが、必ずしも正しいのかなと思いました。私の人生においては転職を決断して良かったです。

    そのうちでも転職活動を予定しているのなら、今いる仕事…

  • 今からでも転職を希望しているのなら、直近の職場・業務での納得いかない部分、不満に思う部分を明確化する事が良いです。できていて当然と思われますが、意外とそうでもないのです。気に入らない点が限界に達しているから転職しようと思っているはずです。でも「よく考えて現状の仕事や業務の客観的に考えた問題点を明確化する」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自分の悩みをきちんと可視化しておくと、転職選びに失敗するリスクは減らせます。そして、仮に転職した場合、「現在の仕事よりもマイナスになりそうなこと」を想像してみましょう。すべての問題が解決するとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることはできます。

    転職する企業で、「年収」の理想を高くしないようにしましょう。

  • 新しい仕事に就きたいと考えているのなら、いきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。とりわけ一年目の段階では大体「研修期間」を含んでいる企業もほとんどで、自らの例では、どうにかして手にした職なのに、予想とは裏腹にそれまでの職場での年間報酬とあんまりイコールで変わりませんでした。それにプラスして、業務はキツく、立場上責任を伴い、初年度をクリアするのにとても苦労しました。そのような実体験をしてみると、1年目は、仕事を学ぶ年と割り切り、十分に転職前の段階で貯金をして備えておくべき、と痛感します。

    転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。

  • 転職活動を現職と並行している人は少なくありません。でも、忙しく働きつつ求人情報を見て、応募の手続きをしたり、面接に挑む、というのは大変です。また、転職活動時は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞わなければいけません。深く考えずに応募する、という人がいますが、もしも、そのまま書類選考が通り、いざ面接というときに辞退すれば厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを利用して応募していた場合は、そのエージェントからの評価が落ちますし、それとは異なり自身で直接、応募した場合も応募した企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の大事な時間をドブに捨てることとなるため、行くつもりのない企業は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く異なる、と徹底しましょう。

    励んでいる転職活動で「私は振り返るとこういった仕事をしてきました」…

  • 今がんばっている転職する活動の際に「私はこれまでずっとこういう種類の仕事に尽力してきました」「過去の会社の仕事によって、手にした技術は、、、です」と過去の自分の経歴をよく伝わるようにアピールする人は頻繁に目にします。しかし、希望する新しい企業で「そのうちこのようなことをしてみたい」「私があげたような内容の業務なら貢献したい」と将来的なビジョンを話して自分自身をアピールしていったほうが過去をメインにしながら語るより採用チャンスに恵まれます。この点を覚えておくと、転職活動が楽になります。