長年にわたって接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれ…

長年にわたって接客業で仕事をしてきましたが、加齢とと…

  • 長きにわたって接客関係で勤務を続けてきましたが、年齢的に立ち続けるお仕事は体力的に難しくなり、座り仕事である事務系のお仕事への転職を視野に入れて動き始めました。事務未経験となるとけっこう厳しく、そうであれば接客の経験が役に立つ受付兼医療事務になりたいと思い資格も獲得して個人の病院に転職をしました。周りはベテランの先輩パートさんだらけで人間関係を築くのに手間がかかる。夜のシフトばっかりさせられて、接客の仕事をしていた頃よりも帰宅時間が遅くなってしまったのですが、とりあえずはキャリアの形成時だと観念し頑張ります。

    再就職をする際でほぼ確実に質問されるのが前職を辞め…

  • 再就職で面接でほとんど投げかけられるのは会社を辞めた原因についてです。この質問になった場合には話の内容を辞職した会社に向けない方が良いです。会社を辞めた経緯を中心に話をするとどうしても良くない面を伴った話の内容になってしまうので。この点のポイントは、なぜ以前働いていた会社を辞めたかという点をこの会社にどうしても入りたいと思っていたからといった話に進めていくということで、自己アピールもかねて入社したい会社の方に話を向けていくべきなのです。面接を行っている会社の話であればマイナス面を隠しプラスの要素を含んだ前職を辞めた理由になります。

    転職の活動を成功させるには、最初に常に心が落ち着いて・・

  • 転職をするための活動を成功させるには、なにはともあれとにかく自分の心が急がないということを忘れないようにしたいものです。働きながら転職をするための活動では、あんまりそうでもありませんが、退職してしまってからするのであれば、人というものは心が焦燥感が出るものです。なので、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージを明瞭化しておきましょう。そして、候補の職場と比較してみて、合致しているかを冷静になって確かめてみましょう。時間を掛けて判断することで転職での失敗を防げるはずです。ぜひ実践してみてください。

    転職を、派遣社員という勤務形態を考えている方にぜひ覚えてほしい…

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」で考えている人にぜひ注意していただきたいポイントがいくつかあります。なんとなく派遣に対して、「データ入力」「電話対応」「お茶出し」のような業務内容をぼんやりと連想する人がいるはずです。私もまさにそう思っていました。現在勤めている職場に入社するまでは「派遣社員」の募集を見て応募したときには「電話対応が主な業務」と面接で説明を受けました。でも、実際に入社してみると、なんと抜けた正社員さんの穴埋め業務を要求されました。特別な知識もなく、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々かなりきついです。とにかく、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

    現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件に対する取り締まりが強化された・・

  • 現在、いわゆるブラック企業が大きな問題となり、労働条件についての取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公開されたりするなど、厳しく罰する傾向にありますが、未だ完璧とは言い難いのが現状です。ということで、事前に面接時に「ブラック企業」を見破る方法を覚えておきましょう。最初に、求人票に書かれている労働条件に目を通し、ひとつひとつの項目について、あれこれ質問してみましょう。「ブラック企業」と対峙している場合には、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場ではちょっと答えられない」といった逃げようとすることが多いです。特に「給与」「残業」「休日」については、質問を続けていく中で、困ったような顔をする場合も多くあります。それでも食い下がると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされたような態度を見せはじめるので、そこでようやく相手のウソを確信できます。この手の会社は、募集要項無視し、入社後もふてぶてしい態度を見せることが多いため、この手の会社は、募集要項を守らない上に、入社してもふてぶてしい態度を頻繁に見せる可能性が高いので、少しでもおかしいと感じたら、それ以上関係を持たないことが無難だと思います。

    安定性を手に入れるべく正規の雇用社員として働くことを念頭に置いている人が…

  • 安定した人生を送りたいと正規の社員として働こうと考えている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。けど、役立つスキルを身に着けたりして努力しても、中々正社員としての転職が叶わない事もあります。契約社員や派遣社員の求人募集がかなり目につくのに正社員の求人情報以外には目もくれずチャンスを放棄してしまっている人が多いといいます。しかしあなたが、転職先が正社員として迎え入れてくれないのなら、契約社員に応募することで道が開けることもあります。なぜなら、企業によっては、成果によって数年で正社員へのキャリアアップができる可能性もあるからです。ですから採用面接の際に、「正社員登用」のチャンスの有無を訊いておくようにすれば後々の役に立ちます。

    自分の得意なことや大好きな分野の仕事に就きたいと思っている人は注意が必要です。

  • 自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。これは、私が体験したことなのですが、私は、もともと食べることが大好きでそれが理由で、かつては、飲食業界で仕事をしていました。そのお店での仕事内容は、その飲食店で担当していた仕事内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌なこともありませんでしたし楽しんで働いていました。ですが、人間関係のいざこざにすごく疲れてしまったのです。そのことが原因で、退職する羽目になったのですが、そのせいで、あんなに大好きだった食べることやその店でメニューとして扱われていた食べ物すら苦手になり、類似の店には現在も行けません。当時の匂いを思い出すだけで自己嫌悪になります。仕事を始めた頃は、好きだったものをキライになるなんて今でも信じられません。自分自身の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは本当にステキだと思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、真剣に自分自身に尋ねる必要がありそうです。

    仕事をするにあたり、精神的に厳しくなって、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら・・

  • 仕事のために回復が難しいほど心的な負担が増え、会社を変えなければという気持ちになったなら、そのときは、職場の人に相談ではなく家族などの近しい存在の人と相談しながら退職するかどうか判断した方が良いです。どうしてかというと、仕事をするのは当事者である自分ですが、家族の問題ともいえます。毎月、どんなに給料が良くてもメンタル面がダメージを負うほど無理しながら仕事をするのは好ましい状態とは言えません。現代は、金銭的な豊かさよりも、働く当人が働きやすいことを重視する生き方が尊重される時代です。ですから気に病むことなく、あなたの身内とあなた自らの体を大事にしましょう。

    今のご時世では、株式・不動産投資をはじめとした不労所…

  • 今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得や個人事業、起業等、そういった背景もあり、「雇用されて働くこと以外の道はキケンだ」といった常識も過去のものとなりつつあります。高度経済成長時代に関しては、安定しない自営業という生き方よりも会社勤めの方がはるかに安定性がありました。人生の「花形」としてまたそれが自然のことのように広く一般の人々に浸透していました。そんな社会全体が安定成長する時代は終わり、現在は、「成熟期」といった名称で呼ばれます。近い将来では、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく社会です。

    派遣会社に会員登録して仕事をする人が規制緩和以来、増加する傾向にあります。

  • 派遣会社を介して働く人がだんだんと増えてきていますが、もしもあなたが派遣社員として働く場合は、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを面接の際に聞いておいた方が無難でしょう。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに、手数料を徴収していくシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっていることが少なくありません。50%以上を還元しているのであれば、まだよい会社ということも可能ですが、中には開示すらしない派遣会社も多く、ときには、2割しか労働者に還元しないということも多くあります。面接のときにあいまいな返答しかしない会社は、いろいろ不都合なことは隠す体質であることが多いので、できるなら異なる派遣会社を利用されることをおすすめします。

    新しい仕事を探すのに、まず今の会社を辞めてからといった方法もありますが…

  • 転職活動を始めるときに、とにかく今働いているところを辞めてからという人もいるでしょうが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときには会社がいつボーナスを支給するかを確かめておきましょう。社員にボーナスを出す企業は多く存在しますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる日まで長くないのであれば、支給日を待って会社を去るというやり方も悪くないです。ボーナスはそれなりにたくさん入るので、もらっておかないと損をすると断言することができますから、退職をする際にはボーナスが支給される時期について確実に把握しておくと堅実です。

    もっと良い会社の社員になりたいと転職希望者の人の大半…

  • 今と違った企業に入りたいと転職をする活動をする人の大半は「少しでも早く内定(採用通知)が手にしたい」と思ってしまうはずです。しかし、そういう気持ちで採用通知を欲しいばかりに、自分のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、あるいは反対に自分を安売りしてしまう言動はぜったいによしましょう。そうではなくて、焦る気持ちをガマンして、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに専念しましょう。これまでの経歴を生かしつつ、加えて、今後のキャリアアップが見込める会社を賢く選んでみてください。

    転職時の面接のときに着用していく腕時計の事についてですが、…

  • 転職する際に行われる面接につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を惹く腕時計は着用をやめた方が好ましいです。腕時計で目立つものというのは高そうに見えるデザインだったり、真逆で完全に安物である腕時計に見られてしまうとか、そういった正反対の意味で目を惹くのだと思い浮かべておきましょう。転職の面接のときの腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツと一緒の考え方で、ふさわしいものを身に付けるほうが好印象を与えてくれます。けれども、年齢にあっている腕時計ということも重要で、新卒の時に面接でしていた腕時計よりはほんの少しでも値段が高い腕時計にした方が好ましいということは言えるでしょう。

    再就職先を探している間は、そういう風にしたいわけではない…

  • 転職期間ではどうしても、時間に余裕があるため、緊張感のない、だれた生活を送ってしまいがちです。ですが、そうした生活をしないことがお勧めです。なぜかというと、だらだらと過ごす生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「メンタル面」も不健全な状態になるからです。気づけば、仕事をしようとする意欲が湧かず、お金が回らなくなって困る状況にも・・・。そうすると、仕事も生活も悪いほうに進んでしまい、次の仕事を見付けることが困難になってしまいます。再就職先を決められなくなるのは、お金を一番に考えるためです。もらえるお金を最優先に考えざるを得ない状況では仕事内容を重視して転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラケタ生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

    現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

  • 最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ビジネスの一環としてヘッドハンティングの請負を行う会社もたくさんあります。特許出願の経歴がある人は、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人に加えて、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、テレビで紹介された人など、何らかのインパクトがあった人をターゲットに、電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと思えるような誘いを受けたなら、心当たりがないか考えてみましょう。ときとして、ヘッドハンディングを装って、登録料を請求する業者もありますが、そういったものはむろん詐欺ですから騙されてはいけません。通常、ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払うだけで、転職希望者がお金を払う必要などありません。

    以前は求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」まで明確に記載されていました。

  • 今までは求人情報に性別が明記されていました。ところが今では、男女雇用機会均等法が施行され、採用において、男女の差別があってはいけない事となり、求人情報のなかに男女の文字を見ることはなくなりました。しかしながら、求人情報を出す側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。現実に、男性を希望の業種に女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が来てしまったり、といった感じのトラブルが多々発生しています。もし、「女性が活躍できる職場です」の記載がある場合、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方が良いです。