転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

転職活動の中の話題に上がるのが年収です。

  • 就職活動において、最大の問題になるのは年収です。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。ここで実際もらっている年収よりも多めに申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出することになるので、たとえ一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソがバレてしまうのです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。例をあげれば、現在の年収が300万円の方が転職して500万円となる可能性はほぼあり得ません。現在の年収が430万円としたら、希望額は400~450万円であると伝えておくのが間違いがありません。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなり、一時的に入社できたとしても、退職を余儀なくされることを招きかねません。
  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を費やしたり…

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに時間を費やすことに加え、体力づくりを意識しておくと良いです。勤務先が見つかり、いざ仕事を始めた際に、趣味に興じていたことによって無意識の間に集中する力が高まります。さらに体力アップしているために、その場の社員さんたちと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。というワケで、退職したら興味のあることに没頭することと、体力を低下させないようにしておいて損することはありません。再就職先が決まり、同じ会社内であなたと同じ趣味の方と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですから興味のあることに積極的にトライしてみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。
  • 少し前に転職をやっとしたばかりというのに、何ヶ月もたっていないの…

  • ついこの間、転職したばかりだというのに、すぐに辞めてしまうという届を提出する人がけっこう多いといいます。何故かと思うと私の思うところをいうと新たな気持で職場を手に入れたはずなのに「自分自身の思っていた職場と堪えられほど違っていた」「ルールにどうしても慣れなかった」といったことで去っていくのだとか。可能ならばこのような、転職先選びでの失敗を後悔しないためには、第一に、転職先の情報収集を徹底しておく必要があります。職場内の環境、通勤に掛かる時間、昇給システム、など多角的にチェックしておくことで疑問点を早めに解消しておくのが正解です。
  • もしもあなたが、とらばーゆの決めたのであれば、徹底的…

  • もし、転身の決意したなら、あくまで周りの人にはそれを言わないように、首尾よく転職活動を進め、現職期間中には、可能なだけ同僚に知られないように普段どおりに業務をこなしていくのがとても正解です。現職中、この点を意識しておけば、最悪の場合いい働き先が容易に見つけられなくても、転身予定を見送って現在の仕事をそれまで通りに継続しても心配がありません。そうではなくて、軽率に、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、社内の人間は、その言葉を受けた態度をします。さらに会社内で「辞めるつもりです」と言ったが最後、同僚からは「あの人は退職する人」と受け止められます。ですがもしも、転職したい思いが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人たちは、「一度は退職しようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、身の置き所がないと感じるしてしまうことになるかもしれません。
  • 求人誌をチェックする時、デスクワークがしたいから…

  • 求人サイトをチェックする時、例えば、デスクワークがしたいからと、はなから製造業をスルーしてしまっています。そうした人のほとんどは「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解している場合もあります。現に、製造業の求人募集でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる役職もとても多いです。ただ、製造業の大半はビジネス街から外れたエリアにあるのでアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそれが嫌だと言う人もいるかもしれませんが、でも、こだわりを捨てて、素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、選択肢に入れてみてください。
  • 年内中に転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら…

  • これから転職活動をする人のなかで、次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、ぜひ「失業手当」をもらっておきましょう。これは働いている会社側でしっかり「雇用保険」を支払っていた場合は、誰でも失業手当を受け取れます。詳細の手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当が受給されるまでの待機期間(3ヶ月)ありますが、会社都合の退職、残業時間の内容次第ですぐもらえる場合があります。支給される「失業手当」の額は、仕事を辞めた月の直近の給料を軸に割り出されるので企業に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、理想なのは「繁忙期」のあとに辞めた方が良いでしょう。
  • 転職活動を行う上での最後の難関として、今の仕事を辞めることがあります。

  • 転職活動をする上での最後に残る難関として、「現在勤務している企業をいかにして辞めるか」ということがあげられます。転職先が決定したとしても、今いる企業が、あなたを離したくないと慰留するというのも起こりがちなケースです。もしそうなってしまったら、何があっても退職をあきらめない、という強固な信念を持つことが求められます。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。会社の規定をチェックし、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を作成しておきます。その後、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、「退職に関する交渉は、一切拒否します」と(毅然とした態度で)伝えましょう。「円満退社」で去ることも転職活動の大事な要素です。
  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと思っている人・・

  • 失業保険の給付を受けたことがない人は、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大部分ですが、それは誤解です。本当は、希望通りに受け続けるためには、「就職活動」をしてなくてはダメで、その上に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。月ごとに担当者に求職活動の状況を報告して本気で仕事を探していることを理解してもらえれば翌月、保険が給付されるシステムです。仮に、「この人は就職活動を本気で取り組んでいない」と見なされたり、毎月の職員との面談に不参加な場合は、問答無用で給付の一時停止の措置を取られたり、以降の給与資格をなくしかねないので、十分気を付けましょう。
  • かつての私は、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」に通っていました。

  • 今まで私は、職探しは「転職サイト」ではなく、「ハローワーク」を優先していました。というのも有名どころの「転職サイト」は、やはり都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、求人を探す時は、「ハローワーク」しか利用していません。やっぱり、求人募集をする多少知名度は低くなってしまいますが、地域に根ざした情報が安心できます。しかし、「どんな求人があるかわからない」というイメージがある方もいるかもしれません。ですが、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、そろそろ退職後にすぐ転職活動したい方は、ハローワークに足を運んでみてください。人気の転職サイトのようにこれでもかというくらいの電話やメールが繰り返し来ることもありません。
  • 転職先を選ぶのに、言うまでもなくやりがいのある仕事か考えることも重要だ…

  • 転職先を探すにあたって、もちろん仕事のやりがいアップも大切だけどさらに年収が上がることも大切なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録して今いろいろ研究をしています。全く一緒の会社でそして同一の職種、経歴なのに人によって大きく違いがある場合も多数あって、正直なところ面接で質問したことがあります。面接をした方もそのサイトを見ていたようで「高い収入で書かれているのは、書いた者についてそこそこは予測はついているんですけどね、多分良いように見せようとしてるんですよ。低い方の収入だと思ってください」とのことでした。
  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載量も多くなるため、…

  • 「転職サイト」は、大手が運営していたほうが掲載される案件の量も多いので、だいたい2~3社ほどまずは転職サイトに登録して、勤務地などにチェックマークをいれておき、条件に適合する案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職活動がスムーズに行えます。でも、初回だけは登録が大変ですので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、そのコピー&ペーストをする形で登録すると便利です。登録初日は時間が少し掛かりますし、案件の検索や、その後の応募も大変に感じるかもしれません。が、次回以降は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、次回以降の応募を楽にするめにも、最初の準備をしっかり行うことを心がけるのが得策です。
  • ある古物商の人員募集にて、書類選考に受かりました。そ・・

  • とある古物商の会社で、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。しかし、当日、行ってみると、なぜなのか相手が面接準備を一切していないことがわかりました。しばらく待っていると、所長らしい人が面接担当をしてくれたのですが、終始驚くほどだらしない態度を見せられ、かろうじて面接は終わりました。でも、予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、もどかしくなり、私のほうから問い合わせると、「郵送で今日送った」と返答されました。しばらく待っていましたが、ですが、これも届かず仕方がないのでふたたび、連絡をしたところ、どういうことなのか、「今回はご縁がなかったということで」と有無を言わせずに電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ果てて何も言えませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと痛感しています。
  • 自分が仕事を探していた時期に何個かの人材紹介会社に登録していたことがあります。

  • 自らが求職中のころかなり何社かの人材紹介会社に登録していました。その際に特に思ったのは転職のアドバイザーのレベルも驚くほどまちまちでそのほとんどは物足りなく感じる人ばかり。こっちは人生がの大事な事なのにもっと熱心に向き合ってほしいという欲が募りました。その事がきっかけとなり自分自身がキャリアカウンセラーを志すことになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得するためにはお金もいりましたし勉強においてもきつかったのですが、仕事を探している人から信頼されるキャリアカウンセラーになるために頑張っています。
  • 派遣での仕事が決定しました。就業の初日に派遣会社の営業の担当の人と…

  • 派遣先の会社が決まりました。就業初日に派遣会社の営業担当の方と就業場所に近いコンビニで落ち合うことになっていたのですが、営業担当者がどうしたことか約束したお店の前にいないので店内にいるのではないかと思って店の中に入っていくと、営業担当者はなんとまあ雑誌コーナーの前に座り込んでいやらしいグラビアのページを開けて見ているところを発見!こんな人が担当者だなんて人間としてプライドが許さないことだと感じて、そこで声をかけずに気付かれないようにお店を出て即刻派遣会社に辞退をする旨の連絡を入れました。
  • 再就職を念頭に置いているなら多くの企業の募集案内をチェックしてお・・

  • 転業を念頭に置いているならまめに色々な会社の採用情報を定期的にチェックしておけば再就職した後の見る目にとても役立ちます。今の仕事に満足していないと、本格的に転職活動を始めた際にどんな企業でも魅力的に見えてしまいます。そのような状況下では、どこを選択すべきか選ぶ会社に迷いが出てしまう結果になり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。ヘタをすると、最終的には短期で転職しなくてはいけなくなるかもしれないので前もって会社を見る目を養っておくのがベストです。良い方法は、会社の雇用面だけ見るのではなくその転職したい会社の「取引先」にも目を向けてみましょう。透明性を重んじる会社は取引している会社情報を開示していますし、そうでは無い会社は宣伝ばかりしかしない傾向があるので、覚えておきましょう。そのうえ、会社によって個人グループに入っているものもあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。
  • 転職時の面接に関してですが企業側からクールビズでお越しくだ…

  • 転職の面接での身なりは会社側からクールビズでお越しくださいと書かれていることもあります。しかし、なかには、クールビズで面接に行くのは良くない印象になるのでは?と感じてしまう人もいます。クールビズの悩みを抱いている人々に伝えたいのは、会社側からクールビズで来るように言われた面接なのであれば、伝えられていることを守った方が正しいです。色々考えすぎて、暑い季節にスーツをしっかりと着ると相手に不自然な印象を持たれてしまうので、クールビズで来てくださいと事前に聞かされたのならクールビズの格好をおすすめします。