その昔は看護婦ですが看護師は仕事として歴史的背景・・

以前は看護婦と呼んでいた看護師は務めとして女性の割合がかなり大き…

  • 以前は看護婦と言った看護師というのは仕事としてやっぱり女性の割合がたいへん高い職種です。しかも、気力や体力の消耗がきついことが日常茶飯事です。であるがゆえに、職場の対人関係が上手くいかなかったり、結婚や出産などのイベントでそれまでの勤務が続けられなかったりして、仕事とプライベートのバランスを難しい職業ともいえます。実際、人付き合いや公私のバランスに悩み、職場を変える人が多い傾向にあります。人が固定化しづらい環境であるために、看護師は、人材不足な状態に困っています。なので、どの医療機関も看護師が足りない「売り手市場」であり、それが転職増加のスパイラルになっています。
  • 転職を考えるとき、転職先となる職場における給与を気にしすぎる…

  • 転職というものを考える際、転職後の自身の年収を過剰に気にする人がどうも少なくありません。大多数は仕事というのは収入を得るため、行うものです。ですから生活費を手に入れるために励むでしょう。だから年収がいくらかは自分がどのくらい評価してもらえるか、という見方もできますから、大切なことは至極当然です。それにしても必要以上に年収額ばかりを固執しすぎる人生というのも寂しい気がするでしょう。年収が期待できない業種でったもやりがいを感じられることがゼロではないからです。
  • 再就職の面接などの場面で名刺を渡された場合、こちら側も名刺を相・・

  • 転職における面接などに関して担当者が名刺を渡してきた時、自分も同様に名刺を差し出す方が良いのかどうかと悩んだ場合は、ほとんどは差し出さないもの、と理解しておいてください。面接においては仕事の延長上のことではなくて、職に就くための採用活動内のことなので、基本的には名刺をやりとりする時ではありません。さらに、あなたは立場上会社の人としてではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。それゆえに、相手から名刺を差し出されても、こちらとしてはもらうだけで問題なくて、担当者に相手の方に渡すことはないと判断できます。
  • 新卒採用で入った会社を辞めて、悩んだ結果、転職しました。

  • 新卒採用で入った会社を辞めて、一歩踏み出して転職をしました。当初は相当に不安な日々もありました。数年で会社を辞めて、中途採用で働いている人ばかりであることを私自身が転職を経験したことで学び、無意識のうちに不安な気持ちが無くなりました。また1度、転職を経験したことによってなんだか前向きに物事を考えるようになって、自分の好きな仕事を再確認できて楽しいものになりました。いまだに「続けてこそ意味がある」といったような転職に否定的な意見もありますが、必ずしも正しいとは限らないと思いました。私のケースでは転職を決断して良かったです。
  • 来週からでも転職活動しようと思うのなら、今現在の…

  • 今からでも転職をするのなら、現状の仕事や業務での不満に思う部分を明確化する事が必要です。これは当然できていると思われますが、意外とそうでもないのです。もともと不満な点が大きいから転職しようと思っているはずです。しかし「現状である職場の問題な点を書き出す」ことを大半の人はやっていません。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗を防げます。そのあとに、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。しかし、デメリットを受け入れる気持ちの整理があれば、転職後のモチベーションの低下を未然に防ぐことができます。
  • 新しい職場(転職先)では、すぐに「年収」の高望みはしないほうが良いです。

  • 新しい仕事についてすぐはいきなり年間報酬に関して高望みはしないほうが無難です。中でも、転職したはじめの年度は、ほとんど「研修期間」が含まれているというのが多かったりもします。自分の新たな仕事に就いたときは、やっと手に入った職場なのに、なんと前の会社での稼ぎとほぼイコールということがありました。そして、業務もきつく、たいへん責任のあるもので、一年目を乗り切るのにやっとの状態でした。そういった経験を踏まえると、転職1年目は、勉強に充てる期間と捉えておき、できる限り転職する前に貯金をして備えておくべき、と痛感します。
  • 現在の仕事と並行しつつ、転職活動をする人はかなり多くいます。

  • 現在の仕事をしながら転職活動をする人は珍しくありません。ただ、忙しく仕事を続けつつ求人情報の応募に走ったり、面接に臨む、というのは消耗が激しいといえるでしょう。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司に気づかれないように気を遣わなければいけません。とりあえず応募する、という行動をとる人もいますが、書類選考を通過し、いざ面接というときに辞退すると厄介な事態となるかもしれません。転職エージェントを通して応募している場合は、エージェントに対して印象が悪くなりますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も相手企業から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ貴重な時間をムダにしかねないので、行く気のないとりあえずの応募は避けましょう。転職活動は新卒の就活とは全く異なるものであると意識しておくと、賢い判断ができるはずです。
  • 今励んでいる転職活動をしているときに、「私は経験とし…

  • いい転職をしようと転職する活動をしているときに、「私はこれまでこのような職場の仕事に尽力してきました」「仕事の中でこういった経験を得られました」と自分の実績などを強調しようとする人は少なくありません。ところが、応募しその企業で「可能ならこういうような仕事をしたい」「斯くの如き内容の業務をするのなら貢献できるはず」と未来の姿を通して自己をアピールする方がはるかに効果的だったりします。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。
  • 転職したい会社の採用面接に希望先の会社へ赴きました。

  • 転職したい会社の採用面接に転職したい会社へ行きました。その会社で会議室が空いておらず外の会場で面接官と待ち合わせで面接をして、その場で解散ということになり、面接担当者も会社に寄ることなくそのまま帰宅するとのことでしたが、偶然にも自宅最寄駅が一緒。そのため電車内においても面接担当者とずっと会話をしながらいっしょに帰ることとなって、その結果すっかりリラックスして面接よりお話が弾んで、それが功を奏したからなのか無事に採用を手に入れることができました。
  • もしあなたが転職するのなら、あらかじめ「資格」の取得をしておいた方が良いかもしれません。

  • もし転職を考えているのなら、先に資格を取得しておくことをお勧めします。とくに、仕事を続けながら資格取得しておくのがベストです。転職活動にあたって幅が広がるので、次の仕事も見つけやすくなります。といったわけで、在任期間中に資格取得をするのがベストな時期といえます。あなたがキャリアアップを考えているなら、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の仕事を辞めたとしても心残りなく仕事を探せます。そして、資格を持つことによって、転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、転職先の面接の際、即戦力として扱われそれまでより待遇アップも期待できるでしょう。
  • 職を変えると、高い確率で以前の会社の仕事でのたいていは美化された記憶となります。

  • 職を変えると、だいたいの場合は前の仕事は記憶は美化されます。本当のところ現在の仕事内容に納得できない点があるから、それをどうにかするために、どうにか再就職を決意したはずなのに、時間の経過とともにどうしてかわからないけれど転職後の会社よりも「前職のほうが良かった」と思うことが増えてきます。至って当然のことで、前職では日々の仕事の勝手がわかっているので今よりも苦労なく日々の業務があっさりとできていたからというのがもっとも理由にあるはずです。しかし、「転職などするべきでなかった」と心底感じるほど、前の仕事のほうがやりがいも職場環境も良い場合もあります。
  • 20代に転職を2回経験し、いまは資格取得のために「派遣社員」で勤務しています。

  • 20代の時点で転職を2回し、いまは資格の勉強をしながら、派遣社員として企業に採用されました。フルタイムの勤務ではないのでやはり毎月の収入は過去の仕事よりも少ないです。しかしその分、以前より心と時間に大きな余裕が出来ています。学生時代にいくつか資格を取得し、仕事できたら良かったのに、と多少の後悔はあります。また、そのような方たちをかなり羨ましいと思ってしまいます。これまでは、自分と比べてしまうことが悩んでしまうこともありました。結婚を契機に生活環境もかなり変わり、前よりもそのなかで将来の進む道も定まったので楽しい毎日を過ごしています。
  • 政治により状況が変化しつつある転職を取り囲む状況について・・

  • 政治によって変化の出始めている転職事情ですが、内閣総理大臣である安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクス「三本の矢」など、新たな経済政策が続々打ち出されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに日銀の金融政策とあいまって、財界や民間企業間においても今までとは異なった社会的な変化が出つつあります。その変化が加わり、企業サイドでも今度は労働人口減による「働き手が足りないこと」が社会では大きな問題となっています。将来、「外国人労働者」の数を増やしていくつもりでいるであると現政権は宣言しています。日本国内の転職問題も幅が広がりそうです。このような社会情勢の変化によって日本国内の雇用や転職をとりまく事情も大きな影響が出てくるのは仕方のないことだといえます。
  • 日本には”石の上にも3年”というコトワザがあります…

  • 古来より日本には「石の上にも三年」という諺もありますが、大正末期から昭和初期にかけて原型がつくられた、「終身雇用制度」は崩壊に向かっています。「転職」を経験する人が増え、決して珍しいものでなくなっています。しかしながら、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、やたらと仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。実際に転職しようと考える場合、時期を的確に捉える必要があります。まず第一に、現在の職場、仕事、職場に関して、何が不服なのか、何が不適なのかを5~10個ほど、箇条書きしてみてください。そうすることで、将来の転職活動に役立ちます。そして、将来の進む道がなんとなく見えてきたのなら、できるだけ早急に今より良い仕事を手に入れるべく進めることが大切です。
  • 再就職する時に必ず準備する履歴書においてですが、原則的には…

  • 転職をしようとする時に絶対に用意しないといけない履歴書や職務経歴書においてですが、基本、パソコンを活用して作るのが一般的です。今現在の日本では履歴書や職務経歴書については自筆で作るのが常識だと考えられているようですが、それは新卒時の人たちの就活アルバイトやパートの時であって、実際のところ、転職の時は履歴書は絶対に手書きでないといけないとはっきりとは言えません。自筆の履歴書や職務経歴書を高く買うケースもありますけど、違う企業がだんだん増加してきますから、自筆の履歴書でなくても良い会社は意外にも多くあるのです。
  • シフトの仕事に関する話なのですが、毎週、決まった…

  • シフトがある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集する求人をよく目にするのですが、シフトの提出方法や、休む方法の詳細を面接の際に聞いておいたほうが良いでしょう。それはどうしてかというと、以前に私自身が、産休で休む人の穴埋めとして、正社員として就職したのですが、そこでは、「土日」固定のシフトだったのですが、他に誰も来ず、新入社員の私一人だけで現場を任されるだけでした。産休に入った前任の女性が土曜、日曜に必ずでれる人だったので、私も必ず出勤できると思われていたみたいです・・・。実際「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変更してもらわなくてはならず、同じ部署の先輩たちに「代わりに出勤していただけませんか?」と私自身が交渉しないといけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を私ひとりだけに任せるだなんて・・・。思い返してみると「よく耐えたな」と。