私が転職を考えていた時期にかなりたくさんの人材紹介会社に登録していました。

勤め口を探していたころかなり何社かの人材紹介会社に登録していたのです…

  • 何社かの人材紹介会社に登録していました。その時に特に感じたのは転職アドバイザーの質も多種多様でたいていの場合、納得のいく対応をしてくれないアドバイザーでした。私にとっては人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向かい合ってほしいという願いが膨れ上がりそれがきっかけとなり自分自身がキャリアカウンセラーになりたいと思うようになりました。キャリアカウンセラーの資格を取得できるまでには経済的に負担も増え勉強面もとてもハードではありますが、求職中の方から頼りにされるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。
  • 派遣でのお仕事が決まりました。

  • 派遣社員として働くことになりました。仕事の1日目に営業の担当の方と派遣先の会社に近いコンビニエンスストアで待ち合わせたら、営業担当者がなぜか約束した店の前にいないから中にいるのかもしれないと思って店の中に入っていくと、驚くことに雑誌のコーナーに座り込んでいかがわしいグラビアのところを開けて見ているところを発見しました。こんな担当の人の仕事なんて絶対嫌だと思って、そこで声をかけることなくこっそりと店の中から出てすぐさま派遣会社へ辞退する旨の連絡をしました。
  • 再就職したいなら、労を惜しまずに色々な会社の採用…

  • 転職を念頭に置いているなら小まめに色々な会社の募集案内を普段からチェックすることが、転職先を大いに選びやすくなります。今現在の仕事に不満足だと、本腰を入れて転職活動をする際にどの企業も魅力的です。そういった状態になってしまうと、どこを選択したら良いのかわからなくなり、選択を間違える可能性も高くなります。よって、最終的には短期で嫌になってしまうこともあるので、事前に正しい判断ができる目を養っておいたほうが良いのです。企業の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、その会社の「取引先」を見るのがオススメです。透明性を重んじる企業は取引先を公表していますし、反対にそういった企業ではない場合、宣伝ばかりなのでよく見ておきましょう。さらに、会社によって個人グループに入っていたりもするので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。
  • 再就職をする際の面接での身なりは企業側からクールビズでお越しくだ…

  • 転職の時にする面接では会社側からクールビズで良いとと記載されている場合もあるようです。ですが、なかには、クールビズの格好で面接するのは良くない印象を与えるのではないか?と考える人がいます。クールビズに関する不安を心に抱え込んでしまっている方々に進言したいのは、会社側からクールビズOKだと言われた面接は伝えられていることをそのまま守った方が安心できます。色々迷うことによってしまい、真夏であるのも関わらずしっかりとスーツを着ると不自然な印象を与えてしまいますから、企業側からクールビズでもOKと言われたらクールビズの格好をおすすめします。
  • 在職していた会社で嫌な上司に悩みを持ち、最後にはやる気がなくなってその会社を辞・・

  • 初めて働いた会社でつらく当たる上司に悩みを抱えて、その結果とてもやってられないと思いその会社を辞め、同じ畑の別の企業に職を移しました。新しい会社では居心地よく仕事ができきわめて満足していましたが、時が経つにつれて会社の売上が悪くなり、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。偶然にもその統合した先の会社が驚くなかれ以前いた会社で、しかも感じの悪かった上司が再び私の上司となることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前ですがまた転職活動を始めようと思っています。
  • あなたが現在、「転職サイト」を活用して自分の活躍の場が広・・

  • 活躍の場を広げたいと、転職サイトを利用して自身がストレスなく働ける魅力的な仕事情報を調べているのなら、絶対に「転職エージェント」も利用しましょう。なぜなら登録は簡単です。エージェントサービスの登録を済まて、その場で紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰しもが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比較対象にならないほどとても良質といえます。それに加えて、あなたの条件にふさわしいものを調査し、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望通りの求めていた希望する職種の求人をもらえたりします。仮に、同一の求人に出くわすとしても、あなたが自身で行き当たりばったりに探していくのと比較するととても効率がいい。そのうえ試してみる価値はあります。
  • 転職活動をするとき、インターネット上で就職斡旋してくれる業者(エージェント…

  • 転職時、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント)を利用する場合もあるでしょうが、もしあなたがそのエージェントに登録してその結果就職先が決まった場合でも、失業保険の給付にはつながらないので気を付けましょう。ハローワークを使わずに就職が決まったとしても失業保険は給付されないので注意すべきです。これと違って、ハローワークにより斡旋してもらい、就職できたときは、就職に備える準備金として、「一時金」を受け取れることになります。ネット上のエージェントは、私的機関です。単に斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険の給付手続きは扱っていません。これについて知らないでいると、失業中にお金が入ってこなくなるので、就職エージェントの利用を考えている人は、充分に注意しましょう。
  • このところ私は派遣会社に登録しています。

  • 今、私は派遣の会社に登録しています。ウェブサイト上でなんとなく条件のよい仕事を見つけ聞いてみると「その仕事はもう他の人に決まりました」と言われ一時的にサイト内からも仕事の情報が消滅するのですが、なぜか翌日に閲覧すれば消えたはずの情報が掲載されています。ということは結局私ではダメと言っているのですね。そういうことならば最初からトラブルにならない程度に正直に伝えてくれれあありがたいのですが、そうするのは難しいのでしょう。それともまたもしかして偽りの仕事なのでしょうか?
  • この頃はスマートフォンで調べればインターネットの世界で・・

  • 最近PCを使えばネットの世界では、今では「転職サイト」に類するものが多くて困るくらいあります。自分の目的に合った転職先というのを見いだすにはなんといっても情報を収集することが欠かせません。このようなサイトをしっかり使いこなすことで、効率的に転職を叶えられます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、優良とはとても呼べない粗悪なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、信用できるサイトかどうかを見極めることがポイントとなりますからよそと比較しながらチェックしてみてください。
  • 生まれてはじめて転職をするとき、重要なのはなぜ現職を辞める必要があるのかについ…

  • 生まれてはじめて転職をする際、重要なのはなぜ今の仕事を去るのかについて頭の中で整理しておくことだと考えられます。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。その後問題解消ができる企業を選択しましょう。転職活動は、新卒時の就職活動とは異なり、働きながら転職活動をしていく必要があるため、時間と体力を消耗します。ゆえに明確な理由もない状態で転職活動を始めると、途中で息切れしてしまう可能性もあります。絶対に転職したい、現状を変えたいという感じの強固な気持ちがない間は、転職活動を開始するのは待っておいたほうが良いでしょう。
  • 転職先で自身のこれまでのスキルを生かすことができれば、…

  • 新たな勤め先で今までに培ってきた資格やキャリアを活かせられれば、即戦力と周囲から見られて割と早く職場にも馴染めるようになるでしょう。同時に雇い主もスキルを持つ人材は常に必要なので、タイミングさえあえば、そんなに難しいことではありません。しかも、以前の働いていた仕事と同じ業界であれば転職自体は簡単にいくはずです。そういっても、即戦力になる自信があなたにあったとしても、一流企業の事務職系や公務員(国家・地方ともに)といったジャンルは、いつの世になっても、かなりの競争率であることは間違いないでしょう。
  • 退職と転職を度々しないためには、コツが要ります。

  • 転社を度々しないための方法が一つだけあります。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、そう簡単に転職を繰り返すことがなくなります。現在はインターネットもあるので、精神面を鍛えるための自己啓発系の情報はカンタンに知ることができます。さらに、転職とは関連性のないことでも、精神面を鍛えることができます。その典型例が「海外に行くこと」です。海外旅行に行くと、日本では考えられないような習慣があったりと、刺激を受けることばかりです。なので、精神的な成長を遂げるにはピッタリの策といえます。帰国してみると、自分が小さな世界しか見ていないことに気づかされ、「世間の小ささ」というものを思い知らされることになります。この状態で面接を行えば、これまでの面接とは比べ物にならないほどに自信満々に自己アピールができるはず。しかしながら、退職後は精神的に弱っていることが多いので、その後のために適度に休みましょう。
  • 雇用期間中なら、なるべく会社内の人にバレないよう(私の場・・

  • 雇用中は極力周囲にバレないように(私の経験談ですが)雇用中に転職する意図だけを早い時期に社内で知らせたことがあります。だが、その後に転職サイトを必死に見て回ったのですが、転職先のあても、転職時期すら無計画なまま進めていたので、あっという間に時間が過ぎてしまいました。挙句の果てにはその一方、社内では仕事の引き継ぎ予定や手続き、私の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況になってしまいました。そして、思うような展開にはならず、失職期間を経験したあとで、次の就業先を探すハメになりました。
  • 先週転職先を見つけるために人材バンクへ登録に向かいました。

  • 先週転職先を見つけるために人材会社に登録に行きました。登録カウンセリングをするために出てきた担当者がどうも入社間もない新入社員で、私が伝えたいことの半分ほどもわかっていないようでした。にもかかわらず「キャリアデザインに問題があります」とか「もっと強みと弱みを知っておくべきです」等、一人前の話を横柄に言い散らかすので大変不快でした。カウンセリングをする人はそれなりにはカウンセリングの経験がある方にしてほしいと感じます。
  • 転職活動を進めるには、然るべき準備をしておく必要があります。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、それなりの準備が必要です。その中でも目に見える「ファッション」は気になっている人も多いと思います。しかしながら、最近の企業面接に関しては私服が良い企業もあるので、ビジネススーツを着込んで面接に臨まなくても良いでしょう。とくに会社の創設間もない企業などは、お堅いマニュアルもないことが多く、私服の方が相手からの印象が良くなります。さらに、正装でないので、ざっくばらんに会話がしやすい、というメリットもあります。また、私服であれば時には面接時に洋服の話題で盛り上がる可能性もあります。ですから、うまくいけば担当者と仲良くなれる期待ができます。というわけで、面接にトライするなら「設立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。
  • クールビズスタイルで転職の面接場に出向く場合、いくらなんでもジャケッ・・

  • クールビズ(軽装)をして再就職の面接にチャレンジする際には、いくらなんでジャケットまでは着なくても安心であると間違いなく分かりますが、ネクタイにおいては着用していったほうが無難です。ネクタイもジャケットと一緒でなくても大丈夫だと認める企業もある場合もありますが、ことネクタイに関してだけは例えクールビズであっても必ずすべきだとする会社が存在するわけです。ですから、クールビズ(軽装)で来るように言われていてもネクタイを絶対に着用してから面接に行った方が良いというのは伝えておきます。