今のご時世では、株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしく…

近頃、株や不動産投資等の不労所得で生活資金を得た…

  • 近年では、株・不動産投資などといった不労所得や個人事業や起業で頑張っている人も増えています。そういった移り変わりもあり、「起業することは怖い」といった今までの常識も変わってきています。高度経済成長の頃の際には、先行きがみえない株式投資、個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが大いに安定していて、人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、社会に認識されていました。そういった時代は過ぎ去り、いまの社会は「成熟期」という風にも言い表されています。近い将来では、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、多くの仕事で人の手を必要としなくなる社会になる、とも言われています。
  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が規制緩和以来、多くなっていますが・・

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が現在増加する傾向にあります。今後、あなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる時給がいくらで、その中でどれだけが自分の報酬になるのかをできる限り面接時に質問しておきましょう。派遣会社は、社員を必要な企業に派遣してその見返りとして、手数料を徴収するシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が多いです。5割以上が労働者に支払われていればまだいい会社なのですが、中には開示すらされないところも少なくなく、酷い会社では、8割も自身の懐に入れ、3割しか労働者に還元しないということも決して少ないとはいえません。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、できることなら違う派遣会社のもとで登録すべきです。
  • 転職活動をスタートする際、まずは働いている会社の退社手続きを終えて・・

  • 新しい職を探すのに、とにかく今の会社を辞めてからと考える人もいるようですが、そういった場合ボーナスがいつもらえるのかを事前に確認しておくのが無難です。社員にボーナスを出す企業は星の数ほどありますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが振り込まれる日までもう少し待てば来るのであれば、ボーナスを手に入れてから辞めるというやり方も得をする方法です。ボーナスと言うものは随分たくさん入るので、絶対もらったほうが良いと考えることもできるでしょうから、この職場を辞めようと思ったらボーナスの支給時期について確実に把握しておくと堅実です。
  • 新しい職場につきたいと転職をしようとがんばっている場合、…

  • 新しい職場に入りたいと転職を希望するときの場合には「1日でも早く、内定(採用通知)がもらいたい」と思ってしまうはずです。でも、そういう気持ちで内定通知が欲しいばかり、自分自身の能力を高く偽ったり、あるいは対称的に自分を安売りしてしまう売り込みをするのはできるだけしないようにしましょう。大事なのは焦る気持ちは抑え、冷静に、そして客観的に、自分にふさわしい職場を探すことにアンテナを集中させていきましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く見極めていきましょう。
  • 再就職時の面接でする腕時計について申し上げますが、ビジネスの場らしからぬ派手すぎる…

  • 転職をする際の面接で着用する腕時計は、目立つようなものは着用しないほうが最善といえます。目立つというのは明らかに高そうに見える腕時計とか、といったことだけではないのです。逆に完全に安物である腕時計の印象を持たれてしまうとか、そういった目立つということで正反対の意味で目立つ、と思い浮かべておいてください。面接のときにつける腕時計に関してもポジションとしてはスーツやネクタイのようにとらえて、無難なものをつけるほうが好印象です。ただし、自分の年齢に見合った腕時計であるということも大切で、新卒の面接で着用していた腕時計よりは多少でも値を上げた方が良いということは言えるでしょう。
  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもない…

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに時間があるため、ダラダラとした生活になりやすいですよね。しかしながら、そんな過ごし方はおすすめしません。それは、だらけてしまった生活を続けると、「精神的」にも問題が出てくるからです。だんだんと、働く気力がなくなり、お金が回らなくなって困る事態となりかねません。このように、すべてにおいて悪循環になり、次の勤め先が見つからなくなります。転職先を決めることができないのは、もらえるお金を最優先に考えてしまうためです。お金を最優先事項に転職先を探すことになるとやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですので、お金に縛られない生活を目指すためにも、ダラダラした生活は、転職活動中にしないようにしましょう。
  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」のほか・・

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増えてきました。特許を取った経歴のある人は、連絡が来る可能性が高くなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、マスコミで紹介された人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話・メールで接触してきて、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングっぽい連絡があったときには、そうなったきっかけを考えてみましょう。たまに、ヘッドハンティングと称して、「登録料」を請求しようとする業者がありますが、そのような会社は完全な詐欺といえるので相手しないのが賢明です。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が負担するものではありません。
  • 以前は求人情報には、必要とする人材の「性別」まで書かれているのがほとんどでした。

  • 前の求人誌には、募集要項の中に「性別」まで、明確に書かれていました。けれど今では、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、雇用時、男女差別があってはいけないルールができて、応募資格の中身に「性別」が記載されないまま、現在に至ってます。とはいえ、募集情報を出す会社は、性別に関係なく同等に雇用のチャンスを与えてくれるとは限らないのです。ですので、実際は男性希望の案件に女性が応募したり、女性が必要なのに男性が来てしまい、といった感じのトラブルが多々発生しています。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載があれば、雇い主再度が「女性」を必要としている、と認識したほうが良いでしょう。
  • 就職活動において、年収はとても大切な要素です。

  • 就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接の際、現職の年収だけでなく、将来的な希望年収額についても質問されるはずです。ここで本当の年収を上回る額をもらっていると偽り、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄な努力でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、仮に一度は信じてもらえたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、最終的には虚偽の申告をしたことがバレていまいます。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職の年収を水増しせずに伝え、それに釣り合った希望年収額を設定しておくのが無難です。ちなみに、今の年収が300万円の方が転職後に500万円となる可能性はまず無理です。もし、今、430万円の年収であるのなら、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが得策です。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなり、入社できたのを退職に追いやられる事態になることもあるので、注意しましょう
  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに時間を費やしたり…

  • 転職先を探している期間中は、自分の好きなことに打ち込むことに加え、体力づくりを意識しておくと良いと思います。勤め口が見つかり、いざ仕事を再開した際に、趣味に集中していたことによって知らない間に集中する力が養われているのです。さらに体力アップしていることで他の社員と比較すると体力が持続するということを自覚します。なので、自分の趣味に没頭することと、体力アップをしておくことをするのが何より良い事なのです。そして、その会社であなたと同様の趣味を持った人と出会えれば、すぐに仲良くなれます。ですから、趣味をとことんまで極めることも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 数ヶ月ほどまえに、転職をやっとしたばかりだというの…

  • 2ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに辞めてしまう選択してしまう人が思いの外よく見受けられます。何故そうなるのかと考えてみるとおそらく気持ちも新たに、自分に合った仕事に飛び込んだものの、「期待していた仕事と堪えられほど違っていた」「雰囲気が受け入れられなかった」ということが原因で別の仕事を探すことが多いといいます。でもこのような、転職に関しての失敗を避けるためにははやり前もっての情報集めはまじめにやっておかなくてはなりません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、通勤に掛かる時間、など事前に調べておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。
  • 万一あなたが、とらばーゆを決めたのなら、周囲の人間…

  • 万一転身を決意したのなら、完全に周囲にこっそりとその気持ちを知られないように、活動していき、現在の会社に所属している間は、徹底して周りの人に知られないように普通に仕事をする方がとてもいいです。働いている間、そのスタンスでいけば、もしも希望に沿った働き先が簡単に見つけられなくても、転職を先送りにしつつ、現在の職をそのまま続けることも簡単にできます。そうではなくて、つい「転職するつもりでいる」と口にすると、同僚はその言葉に合わせた動きを取ります。おまけに会社内で「辞めるつもりです」と言ってしまうと周囲には「あの人は辞める人」という位置付けになります。そうなってから転職の気持ちが消えて、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は辞めようとした人」という目であなたを見るため、在籍しているあいだ、肩身の狭いと感じるリスクもあるでしょう。
  • 求人に係る情報を見る場合、例えば、「デスクワークがしたい」と考えている人・・

  • 求人に関係する情報をチェックする際、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」という人は、製造業を見ようとしないものです。そうした人には「製造業は製造マンの求人募集だけだ」と間違って解釈している場合もあります。実際に、製造業での求人であったとしても、製造マンだけでなく経理、総務、人事といった従業員募集に加え、資材、購買、営業管理といった「事務系」に分類される役職も多数あるのです。けれども、製造業の仕事場はビジネス街から外れたエリアにあります。ですから、そういった部分がイヤと感じる人もいるでしょう。ただし、自身のこだわりを捨ててみることで仕事の幅を広げることができ、よりスキルアップにつながることも考えられます。
  • 今から転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうな…

  • 年内中に転職活動を考えている人で、次の仕事をはじめるまでにまだ期間がある場合は、可能ならば「失業手当」を受け取っておいた方が良いです。この手当ては現在の会社側がきちんと「雇用保険」を払っていた場合は、申請をすれば必ず誰でも失業手当を受け取ることができます。ハローワークで手続きをしてくれます。しかし自身の都合によって仕事を辞めた場合は、「自己都合」として処理されるので、3か月の待機期間があるのですが、会社都合や残業時間によっては日数をおかず即、受け取ることが出来たりもします。このときの、受け取れる失業手当の金額は会社で最後に働いた月の近々の給料がもとになって支給する額を算出されるので、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問とし…

  • 転職活動における最後に残る難関として、「今の会社の退職」があげられます。転職先の企業から採用の内定をもらえたとしても、現在、所属している会社があなたを手放したくないとして慰留するというのもよくあるケースです。そのようなケースでは、何があっても退職をあきらめない、という強い意思を維持することが大事でしょう。もしも引き留められて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、結局は辞めることになるでしょう。会社の規定を確認し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降の退職日設定と退職届をつくります。そして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で相手に伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動において大切なポイントになってきます。
  • 生まれて初めて失業保険の給付を受ける際に、じっとしていれば受け取れると思っている・・

  • 生涯初の失業保険をもらうケースでは、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている人が多数派ですが、それは誤りです。実のところ、失業保険の給付を希望通りに受け取るためには、求職活動を続けていることが条件で、その上に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。1ヶ月スパンでスタッフに就職活動の状況を報告してきちんと仕事を探していることをわかってもらえれば翌月、保険が下りる仕組みになっています。残念ながら、真剣に就職活動をしていないとみなされたり、月に一度の職員との面談に不参加な場合は、情け無用で給付の一時停止の措置を取られたり、酷い場合は以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、十分注意しましょう。