現在、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり…

今日では、ブラック企業などと騒がれるようになり、労働条件に対する取り締まり強化が実施された…

  • 近時は、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件での取り締まりが強化されていったり、悪質な会社が公表されるなど、不利益を被る流れができてきましたが、完璧とは言い難いというのが現状です。そのため、面接で見破る必要が出てきます。はじめに、求人票に書かれている労働条件に目を通し、ひとつひとつの項目について、色々質問してみることからやってみましょう。「ブラック企業」が相手の場合、記載内容がウソだったときには、返答が曖昧なものとなります。「その場では答えられない」というような逃げ腰になります。特に「休日」「給与」「残業」では、詳細について聞くと、渋い顔をすることが多いです。それでも迫ると、ブラック企業特有の高圧的な態度や、ふてくされた態度を見せるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は、嘘をつく体質であるといえるので、「何か引っかかる」と思ったなら、他の面接を受けたほうが良いと思います。

  • 安定した人生を願い正規の雇用社員として働きたいと思っている人…

  • 安定を欲しがり「正社員」として働こうと思っている人はかなりいらっしゃる、というのが現実です。しかしながら、役立つスキルを身に着けたりして頑張っていても、正社員としての転職が現実化しない可能性もあります。非正規雇用者の求人はかなり目に付くのに正規雇用の求人以外はそっちのけで時間だけが経過していく、といったケースが多いようです。仮に、正社員として雇ってもらうのが厳しい場面に遭遇したのなら、非正規雇用者の募集にも目を通してみましょう。会社のなかには、その人の実力によって、数年で正社員への転身できることもあるからです。ですから面接の最後に正社員として働けるチャンスがあるかどうかをヒアリングしておくと人生設計にも役立ちます。

  • 自分自身の好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は気をつけた方が良いです。

  • 自分の大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている人は気をつけた方が良いです。これは、私の体験に基づいたことなのですが、私は、食べることが本当に大好きだったのですが、それが高じて料理店で仕事をしていたことがあります。その飲食店での業務内容は、その飲食店で担当していた業務は、盛り付け作業やホール業務です。この仕事内容については、嫌とかいったこともなく楽しみながら仕事ができていました。ですが、人間関係でとても嫌になってしまいました。ということが引き金になり、仕事をやめましたが、その影響で、食べること、そしてその飲食店でメニューとして扱われていた食べ物すら嫌いになってしまい、よく似た店にはしばらく経った今も行けません。店のにおいを思い出すのも嫌です・・・。仕事を始めた頃は、大好きだったことがキライになるとは思いませんでした。趣味に通じることや大好きな分野の仕事に就きたいと夢見て、それを実現させることは素敵なことだとは思います。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、改めて問いただした上で行動するべきです。

  • 職場環境が原因で回復が難しいほど心的に自分が苦しくなっ・・

  • 仕事のために回復が難しいほど精神的なダメージがあり、職場を変えなくてはいけない状況になったのなら、会社(の関係者)と相談していくより家族と相談して、その後の進退を判断した方が良いです。というのは、働くのは自身のためでもありますが、同時に、家族の問題ともいえるのです。毎月、どんなに高い給料を得られたとしても、精神的に追い込まれるまで無理して働くのは良い訳がありません。昨今は、物質的なことよりも、働く本人が働きやすいことを優先していっても良いはずです。あなた自身の家族や、あなたの心身をいたわりましょう。

  • 近頃、株式・不動産投資などの不労所得、もしくは独立や起業を目指す人も増えています。

  • 近年では、株・不動産投資の不労所得、あるいは起業を目指す人も増えています。必ずしも「起業することは不安定だしキケン」といった今までの常識も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、株式投資や、個人事業で生きるよりも雇用されて働いているほうが安定性にすぐれていました。そのため人が生きていくうえで正しい道として、またそれが当たり前であるかのように、一般の人々に認知されていた。しかし、そんな時代は終わり、今のような時代では「成熟期」と呼ばれます。コンピューターの進化とともに、近い将来では、自動化・機械化がさらに進み仕事でも人を不要とする時代になっていく、と言われています。

  • 派遣会社に登録して働いている人が近頃多くなっています…

  • 働くのに派遣会社に登録する人が徐々に増えています。この先、派遣社員として働く予定があるなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がどのくらいで、その中で何割が自分に入るのかをできるだけ面接のときに確認しておくべきです。派遣業は、労働力を欲する会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料をもらうシステムなのですが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっているケースが多いです。50%以上の額を労働者に還元しているのであれば、まだいいのですが、情報開示をしてくれない業者も多く、酷い派遣会社では、2割しか労働者に還元しないというケースも少なくありません。なお、面接のときに答えてもらえないような会社は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能であれば異なる派遣業者を利用されることをおすすめします。

  • 転職において、まずは勤務中の会社を辞職してからと考える方もいます・・

  • 新しい仕事を探すのに、とにかく勤務先の会社に退社の意向を伝えてからと考える人もいるようですが、そういった場合には会社がいつボーナスを支給するかを見積もっておきましょう。ボーナスが支給される会社は山ほど存在しますが、ボーナスが支給されるなら、ボーナスの支給の時がもうちょっとならば、その後で辞めるという考えも得をする方法です。ボーナスはなかなか額が大きいので、手に入れておいた方がいいとも言えますから、転職を考える時にはいつボーナスが入るのかを確認するのを怠らないようにするのが損をしません。

  • 違った企業の社員になりたいと転職活動をしている人というの・・

  • もっと良い職場の社員になりたいと転職をする活動中の大半は、「ほんの少しでも早く、採用通知がもらいたい」と思っているはずです。とはいえそういう気持ちで通知を得たいばかりに、自分自身のできないことまで「出来ますよ」と嘘をついたり、また反対に過小評価するかのようなマネはなるべくよしましょう。大事なのは焦ってしまう気持ちを抑え、冷静に、そして客観的に、あなた自身の能力にあった職場探しに専念しましょう。これまでのキャリアを活かせるように、さらには、今後のキャリアアップが実現できる場所を賢く見極めていきましょう。

  • 再就職の面接を受けるときにする腕時計は、目を惹くような…

  • 再就職する際に行われる面接を受けるときにする腕時計については、目を惹くタイプの時計はつけて行かない方が安心です。この場合の、目立つを詳しく言うと有名ブランドの腕時計であるとか、といったことだけではありません。それとは逆に完全に安物である腕時計に見られてしまうとか、そういう意味であって真反対なことで目立つ、と頭に入れておいてください。面接のときに着用する腕時計というのはポジション的にはスーツやネクタイと同じようにとらえ面接にふさわしい無難なものをつけるほうが賢明です。ただし、自身の歳にあった腕時計であるということもとても重要で、新卒の就活の頃に着用していた腕時計よりは多少なりとも値段が高いものにした方が好印象であるということは言えます。

  • 転職するための期間中は、そんな風に過ごすつもりもないのに…

  • 転職の間は、知らず知らずのうちに時間が有り余っている分、気が緩んでしまい、だらけてしまいがちです。だとしても、そのような過ごし方を習慣にしてしまうのはかなり危険です。それは、ダラダラとした生活が当たり前になると、肉体的にだけでなく、「心」にも悪影響があるからです。時間がたてばたつほど、働く意欲が湧かず、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうなってしまうと、生活も仕事も悪循環になり次の職場を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事を決められなくなるのは、給料を最優先に考えるようになるからです。お金を第一に考えざるを得なくなるとやりたかった仕事を求めて転職を決意していたとしても結果はあまりいいものとは言えません。そんなわけで、お金に縛られない生活をしていく上で、ダラダラした生活は、転職活動中には必要ないのです。

  • 最近、ネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ・・

  • 近頃はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、ヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。あなたに特許を取った経験があるなら、そういった会社からのコンタクト率が高くなるといいます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許権を獲得した人だけでなく、研究開発で論文を発表した経験がある人や、テレビ・雑誌などの「マスコミ」に出演した人など、何かしらの「功績」を残した人に狙いを定めて、電話やメールを使ってコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと企んでいます。もしもあなたが、ヘッドハンティングの連絡を受けたなら、そのキッカケを考えてみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンティング名目で登録料を取ろうとする会社があるのですが、そのような業者は高い確率でイカサマなので、注意しておきましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 昔の求人誌には、雇用側の希望する「性別」がはっきりと書かれていました。

  • かつては求人情報には、性別がきちんと書かれていました。しかしながら、「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、男女の求人や、採用での差別をあってはいけない事となり、応募条件内に「性別」を明記できなくなりました。しかしながら、募集側は、男性・女性のどちらでも良い、とは真意ではないのです。ですので、本当は男性が欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、女手が必要なのに男性が来てしまい、というようなトラブルに悩まされる場合もちらほら。求人情報で女性活躍等なんて書かれている求人募集の場合は、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と認識しておくできます。

  • 就職活動において、年収は極めて重要なポイントです。

  • 就職活動において、年収は大変大事な要素です。面接では、大部分の企業で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき本当にもらっている年収よりも多めに申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要なため、たとえ一度は騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。最悪の場合、トラブルに発展することもあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定しておくのが無難です。現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みはまず無理です。現在の年収が430万円であれば、希望年収額は400~450万円と相手に伝えておくのが良いです。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのにそのまますぐに退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

  • 転職先を探している間は、自分の好きなことに没頭するほか・・

  • 転職先を探している期間は、趣味に時間を費やしたり、体力を損なわない生活を習慣化しておくと良いでしょう。再就職先が決まり、新たなスタートを切ったとき趣味に集中していたおかげで無意識のうちに集中する力がアップします。さらに体力アップが図れていることで、他の社員さん以上に疲れにくいということを認識することができます。そのため、休職中は自分の趣味に没頭することと、体力を維持させるように努力をしておくのがおすすめです。仕事が決まり、その職場にて同じ趣味を持った人と出会えれば、直ぐに親しくなることができます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間中の自由な時間の利用方法としてはおすすめです。

  • ついこの間、転職をやっとしたばかりというのに、早・・

  • 2,3ヶ月まえに、転職したばかりであるにもかかわらず、あっという間に退職してしまうケースがなんとなく少なくないのです。何故そうなるのかと考えてみると私見ですが自分自身に合った会社を見つけたものの、「自分の理想としていた職場と違っていた」「ルールにどうしても慣れなかった」というワケで別の仕事を探すのだとか。できればこういった転職における失敗を繰り返さないために、やはり、事前の情報集めを徹底するほかありません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、昇給システム、など調べておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 一度あなたが、転身を決心したなら、同僚にはその気持ちを伝えず・・

  • 例えばあばたが、現職からの転業の意思を固めたのなら、まったく周りにはひそかにその気持ちを言わないように、首尾よく転職活動を進めていき、現職中は徹底して周りの人に気づかれないように平常通りに業務をこなしていくのがたいへん利口です。現職中、その状態をキープしておくと、たとえ条件にあう働き先がすんなり見つからなくても、転身時期を延長しながら、現職をそれまで通りに継続しても簡単にできます。でも後先考えず「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社は、その言葉に合わせて応対し出します。そのうえ社内の人間に「辞めるつもりです」と口にしたら、周囲からは「あの人はもうじき退職する」と広まります。その後で転職の気持ちが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」と釈明しても、周りは「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事を続けている限りは、立場が悪くなる思いををする可能性があります。