求人誌を見るとき、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど…

求人をチェックする折、「デスクワークがしたい」と考えている人…

  • 求人に関係する情報をチェックする折、「事務系の仕事をしたい」と考えている人ほどはなから製造業の項目を読み飛ばしていたりするものですが、そうした人には「製造業って、現場で製造する仕事しか求人募集しない」と勘違いしていることが少なくありません。現に、製造業の求人でも、製造マンだけでなく経理、総務といったスタッフ募集をはじめ、資材、購買、営業管理といった「オフィス系」に準ずる仕事が相当数あります。とはいえ、製造業の勤め先はビジネス街から離れた地域に構えていることが多いですからアフターファイブを楽しみたいと考えている人にはそこがマイナスに感じられるかもしれません。とはいえ、自分の執着をなくすことで人との出会いや、将来の可能性を高められるチャンスになるはずです。

    これから転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら…

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにある程度期間がある場合は、必ず「失業手当」をもらっておきましょう。これはあなたが勤めている会社側でもし「雇用保険」を支払っていた場合は、手続きをすれば誰しも失業手当を受け取れます。詳細の手続きについては、「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で会社を辞める形になったなら、失業手当を受け取るまでの待機期間(3ヶ月)がありますが、状況によっては企業の都合の退職、または残業時間次第ですぐに貰える可能性もあります。受け取れる「失業手当」の金額は、会社の辞めた月の直近の給料を軸に支給する額を計算されるため、もし、「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の場合は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのが無難です。

    転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、「今の会社の退職」があげられます。

  • 転職活動を行う際の最後にクリアしなければいけない難問として、「現在勤めている企業をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の企業が採用の内定を出したとしても、現在、所属している会社があなたを引き留めようとするはずです。仮にそうなったとしても、負けることなく退職する、という強固な意志を貫くことが大事といえます。仮に引き留められて、残ったとしても一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職までに必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を記入しておきましょう。そうして、決定権を持つ上司と直接、話し合い、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度で伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動の重要なポイントです。

    生涯初の失業保険を受けるときに、ただ給付されるのを待っていればいいと考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険を受ける際に、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人が大部分ですが、それは誤りです。実際には、失業保険を希望通りにもらうためには、職探しを行っている必要があり、その上、毎月1回、ハローワークに通う必要もあるんです。一か月おきにハローワークの職員と話し合いをして、真面目に就職活動をしていることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。これに対し、きちんと就職活動をしていないと思われたり、月に一度の職員との面談を欠席したときは、問答無用で給付の一時停止となったり、ときには以降の給与資格をなくしかねないので、それを防ぐために十分注意しましょう。

    これまで私は、「転職サイト」を活用するより、「ハローワーク」で探していました。

  • これまでの私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」を利用していました。なぜなら、有名どころの「転職サイト」は、特性上、都心の求人情報だけだからです。であったので、求人情報を調べる時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。やっぱり、求人募集をする多少知名度は低くなってしまいますが、昔から地域密着という点では安心できます。また、「ハローワークはなんとなく地味なイメージがある」という先入観がある方もいるはずです。以外にも、転職サイトには掲載されていない求人があるので、これから転職を考えている人はハローワークへ1度行ってみると意外な発見があるかもしれません。「転職サイト」のような執拗な電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

    転職するなら、言うまでもなく仕事におけるやりがいアップと…

  • 転職先を選ぶのに、むろんやりがいのある仕事か考えることも大切だけど加えて手取りが増えることも大事なポイントになるから「年収サイト」というサイトに登録をしてあらかじめ研究しています。同一の会社で加えて同一の職種、社歴であるのに人によってとても幅がある場合も数多くあって、正直に言うと面接の時質問をしたことがあります。面接をした方も同じサイトをチェックしていたみたいで「その高い年収で書いてるのは、書いた者について誰だかそこそこ予想はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方で心づもりしといてください」とのことでした。

    転職サイトはメジャーなサイトであるほど多くの企業が掲載されているため・・

  • 「転職サイト」は、大手が運営しているもののほうが掲載される会社の数も多くなるので、興味を引く2~3社を、まずはウェブサイトに登録した上で、勤務地や年収にチェックマークをいれておき、加えて条件に合う求人情報が出てきたら自動的にメールが送られるように設定しておくと転職活動がかなり楽になります。とはいっても、初めに限っては登録するのが本当に大変なので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」をきちんと準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録をする第一回目はけっこう時間がかかることから、案件の検索や、その後の応募も大変な作業になりますが、次回以降は、新着情報だけチェックすれば良いので、後々のためにも、初回にきちんと準備することを推奨します。

    ある古物商の会社で書類審査に受かりました。すぐに相手方から面接の日時を教えてもらいました。

  • とある古物商にて、書類審査に合格したので、先方から面接日時を告げられました。だが、当日、指定場所へ行ってみると、相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待つと、所長らしき人物が面接に応じてくれましたが、始めから終わりまで、だらしのない態度で迎えられ、なんとか面接を終えました。予定日を過ぎているのに、合否結果すらなく、しびれを切らし、私から問い合わせると、「郵送で本日送付しました」と告げられました。しばらく待っていましたが、しかし、これも未着で仕方がないので再度問い合わせたところ、どういったわけか、「残念ですが不採用」ということで、勝手に電話を切られてしまいました。あまりのことに呆れ果てて言葉も見つかりませんでしたが、ハッキリ言って、不採用で良かったと感謝しています。

    かつてはずいぶん多くの人材紹介会社に登録していのだ…

  • 自らが勤め口を探していたころかなり何個かの人材紹介会社に登録していたのですが、その際に思ったこと、それは転職のアドバイザーの質も驚くほど色々あってほぼ不満を感じる方ばっかりでした。こっちは人生の大事な事なのにもっと心して向かい合ってほしいという気持ちがいっぱいになってしまいました。そんなことがあったこともあり私はキャリアカウンセラーの資格を取得することにしました。その資格を取るためには費用も掛かりました。また、資格取得のための勉強に関してもかなりヘビーだったわけですが、求職中の方から頼みの綱とされるような存在になるべく頑張っています。

    派遣先の会社が決まりました。就業の初日に営業の担当の・・

  • 派遣の仕事が決定しました。勤務開始の日に派遣会社で営業を担当している方と就業先の近所のコンビニで待ち合わせをしたら、彼がどうしたことか約束したお店の前にいないので店内にいるのではないかと思ってコンビニエンスストアの中に入ってみると、彼は雑誌のコーナーで座り込んでいかがわしいグラビアページを開けて読んでいるところを発見しました。こんな人が自分を担当するなんて勘弁してほしいだと感じて、そこで声をかけずに気付かれないように店の中から出て即刻派遣会社に仕事を辞退する旨を電話で伝えました。

    転業を念頭に置いているなら多くの企業の情報を日常的にチェックしてお・・

  • 転業を近いうちにするつもりなら、まめに多様な企業の情報を普段からチェックしておくと転身時の選択に役立ちます。あなたが今現在の職場にやりがいを感じられないと思っている場合、本腰を入れて転職活動をする際にどこの企業も魅力的に映ってしまいます。そんな状況になってしまうと、どの会社に応募するべきかわからなくなり、どんな企業でも飛びついてしまうのです。その後、短期で退職しなくてはならなくなるので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくのがベストです。良い方法は、転職したい会社の雇用面だけ見るのではなくその会社の「取引している会社」も要チェックです。良い会社は、取引先を公開していますし、逆にそうでない会社は、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点もチェックしてみましょう。また、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループの名前を調べると細かい所もチェックできます。

    転職の時に行われる面接時の身なりは企業側からクールビズで来てくださ・・

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズで来てくださいとと事前に連絡が来るケースもあります。ですが、なかには、クールビズで面接に行くのは悪い印象を与えるのでは?と感じてしまいます。そういうことで悩みを持っている人に関しては、会社側からクールビズで来るように言われた面接なのであれば、伝えられた内容を素直に聞き入れたほうが無難です。色々迷うことによってしまい、真夏なのにしっかりとスーツを着ると相手に不自然に思われますから、会社側からクールビズで来てくださいと伝えられたらクールビズでも大丈夫というわけです。

    就職した会社で反りが合わない上司に心をすり減らし、最後・・

  • 新卒で採用された会社で嫌な上司に神経を削られ、仕事をする気力がなくなってその会社を辞め、同業である別の会社へ転職をしました。その会社では人間関係を良好に保つことができ非常に充実した毎日でしたが、時が経つにつれて会社の財務が悪くなり、とうとう経営統合されることになりました。その経営統合した先の会社が驚くなかれ以前働いていた会社で、それどころか反りが合わない上司が再度私の上司になることに。いったいこれはどうしてこんな縁があるのでしょうか。当たり前のことですが新たな転職活動を開始するつもりです。

    あなたが今現在、「転職サイト」を活用してあなたが新たなチャレンジので…

  • 今現在あなたが、「転職サイト」を利用して自身のやりたい分野のある働いてみたいと思えるような企業情報をチェックしているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、登録は簡単です。エージェントサービスの登録を終え、そこで紹介してもらえる仕事は、一般的に公開されていないからです。誰でも見ることのできる公開求人と非公開求人とでは、どう比べても、比較にならないほどとても良質といえます。さらに、あなたにピッタリなものをピックアップし、調査しつつ、紹介してくれます。だから、かなり高い精度で理想に近いあなたの理想に近い業種の求人を教えてもらえる可能性があります。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが一人の力で手当たり次第に調べる手間を考えれば、とても効率的です。ですから使ってみる価値はあります。

    新しい職を探す際、インターネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェン…

  • 転職活動において、ネット上で就職を斡旋してくれる業者(エージェント)に頼る場合もあるでしょうが、そういったエージェントに登録し新しい仕事を見つけることができた場合でも、失業保険とは何の関係もないので気を付けましょう。ハローワーク以外の機関を使って就業しても失業保険をもらうことはできないので気を付けるべきです。これに対し、ハローワーク経由で斡旋してもらって就職したときは、就業に備える準備金として「一時金」を支給してもらえることになります。ウェブ上でのエージェントは公的機関では無く、斡旋を行ったことに対して企業から紹介料をもらうだけであり、失業保険とは何の関係もありません。このような点を知っておかないと失業中にお金が手に入らなくなるため、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

    派遣会社に登録をしています。インターネットサイトでなんと…

  • 派遣会社に登録して働いています。ウェブサイト上でなにげなく興味を引かれる仕事を発見して確認してみると「そのお仕事はもうすでに別の方に決まりました」と答えられ瞬間的にサイトの中から仕事の情報が見えなくなるのですが、次の日になれば再び載っています。それって結局私だとダメだと言っているのと同じですね。そういうことであればカドが立たないようにはっきりと教えてくれれば助かるのですが、なかなかそうはいかないでしょうか。そうでなければもしかすると実際には存在しない仕事なのでしょうか?