長年接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるに…

長く接客関係で勤め続けてきたのですが、年齢を重ねるに・・

長年にわたり接客関係で仕事をしてきましたが、歳をとると共に座ることのできない仕事は体力的にしんどく、座り仕事であるオフィスワークへお仕事を変えることを第一目標として行動を起こしました。事務が未経験となるとけっこう難しく、接客経験も活かせる受付兼医療事務になりたいと資格を取得して個人の医院に転職しました。周囲はベテランの先輩パートさんだらけで人間関係が苦痛。夜のシフトばっかりさせられて、接客業時代より帰宅時間が遅くなったのですが、とにかく今はキャリア形成をするんだと割り切り頑張ります。

再就職をする際に面接で絶対といっていいほど尋ねられるこ…

転職をする場合で高確率で尋ねられることが会社を辞職したことについてですが、この質問に回答する場合には話の中心を辞めた会社にしない方がベストです。会社を退職した理由を的に絞り話が進むとどうしてもマイナス面を取り込んだ話題になってしまうので。どうこの点に関して面接を進めていけば良いかと言うと、以前働いていた会社を辞めたのはぜひともこちらの会社に入社したかった理由があるという話に進めるべきであり、自己アピールもかねて今、自分が入りたい会社の方に話を向けていくべきなのです。転職理由でも、そういった内容ならば、マイナス面を隠し積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由に聞こえます。

転職をする活動をしているときは、最初にゼッタイに自分・・

転職のための活動を成功させるには、まずとにかく心が静かであることを忘れないようにしましょう。働きながら転職の活動される場合は、それほどには気にする必要はありませんが、退職後に行う際には、かなり焦りがちになってしまいます。そのため、気持ちを落ち着けながら転職活動を続けるのを忘れてはなりません。将来、自分がやってみたい業務や、理想とする職場のイメージを明瞭にしてみましょう。そのイメージを実際の職場と比べてみて、それらが合致してるか、徹底的に確かめてみましょう。しっかり考えることで転職で良い結果を出しやすくなります。

転職で、「派遣社員」を選択予定の方にチェックしてもらいた…

転職する場合、「派遣社員」として、転職を考えている人に注意して欲しい箇所がいくつかあります。まずはじめに派遣社員という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」のような仕事をなんとなく考えてしまった方がおそらく少なくないとは思います。はじめは私自身もかつてはそう思っていました。現在勤めている職場に入るまでは「派遣社員」の募集に応募したとき、「主な業務は電話対応になります」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ですが、いざ入社してみると、なんと「電話対応」に加え、欠員した正社員の穴埋め業務を指示されました。とくに知識もないので毎回てんてこまいですし、当初の説明と大きな食い違いがあるので日々困っています。今は、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。

今日では、「ブラック企業」が社会問題としてしっかり扱われるようになり…

今日では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件についての取り締まりが厳しくなったり、悪質な経営をしていると社名を公開されたりと、不利益を被る流れができてきましたが、まだまだ完全ではないのが現状です。実は、面接で見破る方法があります。とにかく、求人票等に書かれている労働条件をチェックし、それらをもとにあれこれ質問していきましょう。相手が「ブラック企業」だった場合、質問したことが嘘であれば、不自然な返答になったり、「その場ではハッキリとは答えられない」と逃げ腰になることがよくあります。特に「休日」「給与」「残業」では、質問してみると、困った表情で切り抜けようとしてくるでしょう。それでも食い下がると、ふてくされるような態度になるので会社の本当の姿に気づきます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、別の会社を面接しておいた方が良いでしょう。

より安定した生活基盤を送りたいと正社員を目指す人は相当います。

安定した生活を欲しがって正社員として働くことを意識している人が少なくない、というのが現状です。しかし、役立つスキルを身に着けたりしていくら頑張っても中々正社員としての転身がうまくいかないケースも少なくないはずです。準社員の求人があるのに正社員の求人情報に固執し、エントリーしない人も少なくないでしょう。仮にあなたが、正社員としての転職が難しいのなら、非正規雇用者の募集もチェックしてみましょう。契約社員を募集している企業であっても、働きぶりによって数年で契約社員から正社員への転身できることもあるからです。ですので採用面接の際に、「正社員登用」の有無を質問しておくと人生設計にも役立ちます。

自分の得意なことや大好きなことを仕事にしたいと思っている人は気をつけた方が良いです。

自分の得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと考えている人は注意です。これは、私の実体験なのですが、私の場合、食べることが大好きでそれが理由で、前に、レストランで働いていたことがあります。その飲食店での業務内容は、そのレストランで私が任されていた業務内容は、簡単な盛り付けやホール業務でした。この業務内容については、嫌とかいったこともなく楽しんで働いていました。ですが、職場の人間関係で嫌になりました。そのことが引き金となり、退職することにしたのですが、その影響からか、大好きだった食べること、またそのレストランでメニューとして扱われていた食べ物さえも苦手になってしまい、同ジャンルの飲食店には今も行けていません。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めた当初、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の得意なことや好きなことを仕事にしたいと夢見て、実現できるのはステキだと思います。その『好き』のレベルはどれくらいなのか、真剣に判断する必要があります。

仕事をするにあたり、精神的な負担が大きくなり、転職を考えざるを得ない状況になったのなら…

働いていることで回復が難しいほど心的にかなり厳しくなり、転職せざるを得ない状況に至ったなら、会社を相手に相談するよりも、身内などの近しい存在の人と相談しながら会社を辞めるか決めるといいでしょう。なぜそうしたほうが良いかというと、仕事をするということは当事者である自分です。が、しかし同時に家族の問題でもあります。毎月、どんなに給料が良くてもメンタル面がダメージを負ってしまうまで我慢して仕事をするのは好ましいはずがありません。今の時代は金銭的なことよりも、働く当人が働きやすいことを大事にしたって良いはずです。ですから、あなた自身の家族や、あなた自身の心身を大切にしていきましょう。

現在では、株・不動産投資の不労所得で生計を立てた…

今の時代は株式・不動産投資をはじめとした不労所得で生計を立てたり、独立で頑張っている人も増えています。そのような変化もあるせいか、「会社員以外の道はキケンだ」といった見解も変わりつつあります。1960年代ごろの高度経済成長の頃には、どうなるかわからない個人事業といった稼ぎ方よりも組織の一員として働くほうが安定していてました。人生の正しい進路として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認識されてはいました。しかし、そんな時代は過ぎ去り、今現在は「成熟期」という名が表現されています。機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

派遣という形で働く人が最近では増加しています。

派遣会社を介して仕事をする人が規制緩和の後、多くなっていますが、派遣先が派遣会社に支払う時間当たりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかをできるだけ面接の際に確認しておくべきでしょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価として手数料をもらう仕組みで運営していますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合が少なくありません。半分以上を派遣労働者へ還元しているなら、良いのですが開示をしない派遣業者が多く、酷い派遣会社では、労働者に3割しか還元しなかった、というケースもあるのです。なお、面接のときに答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す傾向が強いので、できる限り違う派遣会社で登録されることを推奨します。

転職活動を行うときに、とにかく今働いているところを辞めてか…

転職活動をスタートする際、まずは今の会社を退社してからという方もいますが、今の職場を辞めてから新しい会社を探そうとするときにはボーナスがいつ支給されるかについて事前に調べておくのが無難です。ボーナスがもらえる会社はたくさん存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが入る時期まで少ししかないのなら、ボーナスを手に入れた後で辞めるというやり方もおすすめしたい手口です。ボーナスはなかなか大金なので、もらわなきゃ損ということも明らかなわけですから、この職場を辞めようと思ったらボーナスの支給日について確実に頭に入れておく方が賢いやり方です。

いい企業につきたいと転職をする活動中の人というのは…

もっと良い企業につきたいと転職で活動しているときの場合は「ちょっとでもはやく採用通知がもらいたい」と思ってしまうものです。しかし、それで吉報を得たいあまり、自身をより大きく見せたり、あるいはその逆に安売りしてしまう売り込みをするのはできるだけしないようにしましょう。そうではなくて、焦燥感をグッとおしころして、冷静に客観的に考えながらあなたに適した職場を探すことに意識を向けましょう。これまでの経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる職場を見極めましょう。

転職をする際の面接のときにする腕時計についてですが、…

転職する時に行われる面接を受ける時につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ目を惹くものは着用しないほうが最善といえます。この場合の腕時計で目立つものというのは見るからに高価なものだったり、といったことだけではなく真逆でチープなものに見えてしまうとか、そういう目を惹くという意味であって正反対の意味で目を惹く、ということで頭に入れておいてください。面接のときにつける腕時計においてもポジション的にはスーツやネクタイと同様にとらえ堅実なものを選ぶのがベストです。とはいえ、年齢に見合った腕時計であるということもとても重要で、新卒の就活の頃に買ったものよりはほんのわずかであっても高級感のあるものにした方が好印象だと言えるでしょう。

転職の間は、そういう風にしたいわけではないのに時間に余裕があるため…

転職期間ではどうしても、だれた生活になりやすいですよね。だとしても、そういった過ごし方は避けたほうが賢明です。不思議なもので、緊張感のない、ダラけた生活が当たり前になると、「心」にも悪影響が出やすいためです。やがて、仕事をしようとする意欲がなくなり、生活が苦しくなり困ってしまうかもしれません。そんな状態になると、負のサイクルができてしまい、次の勤め先を見付けることが難しくなってしまいます。再就職先を決められなくなるのは、お金を第一に考えるからです。お金を一番に考えざるを得ない状況ではやりたかった仕事を求めて転職に踏み出したとしても思い通りの仕事ができるかわかりません。そんなわけで、お金に縛られない生活をするためにも、だれた生活は、(転職活動中には)不必要です。

近年はネット上では、「就職斡旋エージェント」だけでなく…

近年、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社をよく見かけるようになりました。特許権を取得したことのある人は、連絡が来やすくなります。彼らは、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を提出した経歴のある人や、メディアによって注目を浴びた人など、「功績」ある人を対象に、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのためのネタとしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングと考えられる誘いを受けた際には、そのような心当たりを考えましょう。めったにないことですが、ヘッドハンディングのように見せかけて、登録料を請求する会社もありますが、その手の輩は高い確率でイカサマであるので騙されないように気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者が払う必要はありません。

昔の求人情報では、募集条件の中に「性別」が、もれなく記載されていました。

数年前は求人誌に雇用主が必要とする人材の「性別」まで書かれているのが一般的でした。ところが、1986年に施行された男女雇用機会均等法の影響によって、採用において、男女の差別がしてはならないという決まりになり、応募資格のなかに「性別」を明記できなくなりました。ですが、募集情報を出す側は、男性・女性のどちらでも良い、とは本心では考えていません。なので、男手を必要な企業に募集に女性がやってきたり、女手が必要なのに男性が応募してきたり、といった問題も無関係ではありません。例として、「女性が活躍している職場です」と紹介されている求人募集の場合は、雇い主再度が「女性」を必要としている、と読むのが良いといえます。