在職していた会社で性格が合わない上司に困惑してしまい、…

就業していた会社で意地の悪い上司に憂鬱な気分にさせら・・

昔働いていた会社でのことですが感じの悪い上司の存在に心をすり減らし、ついに耐えきれずにその会社は辞め、同業である別の会社へ変えました。その会社では気分よく仕事ができてとても満足のいく日々でしたが、ちょっとずつ会社の売上が悪化して、とうとうある会社に経営統合されることとなりました。偶然にも経営統合したのは驚くなかれ以前働いていた会社で、転職のきっかけとなった上司がまた私の上司になることに。どれほどご縁があるのでしょうか。当然ながらもう一度転職活動を始動しています。

あなたが現在、「転職サイト」を活用して自らが新たなチャレンジのでき…

あなたが今、「転職サイト」を活用して自分の働き方に近い条件のストレスを感じずに働ける仕事情報を見ているのなら、転職エージェントを利用しない手はありません。必要情報を入力し、エージェントサービスの登録のあと、エージェントが紹介してくれる求人情報は、誰もが見ることのできる求人情報と非公開求人とでは、どう比べても、比較にならない程たいへん良質といえます。そればかりでなく、あなたの条件にふさわしいものを調査しながら紹介してくれます。そういうわけで、これは結構ドストライクで職種・業種の求人を提供してもらえたりもします。もし、同一の求人を発見したとしても、あなたが自力で行き当たりばったりに探す手間を考えれば、かなり効率的です。ですから使ってみる価値はあります。

仕事を探すのに、インターネットを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

仕事を探すのに、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」に頼る手段もありますが、あなたがそういったエージェントに登録して職を得ることができた場合でも、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを使わずに就業しても給付されないので気をつけなければいけません。なお、「ハローワーク」を通じて斡旋された会社に就職した場合は、就職のための準備金として、一時金を受け取ることができます。ネットを拠点にする就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に彼らは、企業側から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険などの手続きはしてもらえません。このような点を知っておかないと失業中に給付金を手に入れなくなる事態になるので、就職エージェントを利用する際は、気をつけておきましょう。

このところ私は派遣会社に登録をしています。

今、私は派遣で働いています。ウェブサイト上でふと自分に向いていそうな仕事を探し出して問い合わせたところ「そのお仕事はすでに別の方で話が進んでいます」と答えられ瞬間的にウェブサイト上から仕事の情報が消えるのですが、翌日にチェックすると再びその求人募集が掲載されています。ということは結局は私だとダメだって意味ですよね。そういうことであるならば最初からカドが立たない程度で正直に教えてくれればありがたいのですが、なかなかそうはいかないのでしょうか。そうでなければ存在しない仕事を掲載しているのでしょうか?

最近はPCやスマホで調べればネットで見られる世界…

どうもパソコンやスマホを見ればネットで見られる世界には「転職に関するサイト」と呼ばれるものが相当な数あります。その多くて困るくらいのサイトから自身に合った転職先というのを見つけたいなら、まずは情報収集が必要です。こういう「転職サイト」を上手く使うことで、効率的に転職が実現します。更新頻度が高く、さらには正しいレビューなども載っている優良なサイトがある一方で、そうではないと思われるサイトが存在しているのも事実ですから充分に注意しておきましょう。とりあえずは、実際に信用していいサイトであるかを見極めることが大切ですから類似サイトと比較しながら厳しくチェックしてみましょう。

最初に転職をする際、注意しなければいけないのはなぜ今の仕事を辞めたいかを…

人生初の転職を試みる際は、重要なのはなぜ今の仕事を去る必要があるのかをクリアにしておくことだと断言できます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておきましょう。そして問題を解消できる会社を決定していくのです。社会に出てからの転職活動は、新卒時の就職活動とは違って、働きつつ、転職活動をするので、時間と体力がなければやっていけません。それゆえ明確な理由がないままに転職活動を始めると、途中で挫折してしまう場合があります。何としても転職したい、現状を変えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動にゴーサインを出すことは保留にしておいた方が良いです。

あたらしい職場で今までのスキルが生かせれば、即戦力として一目置かれ…

再就職先でこれまでに身に付けたキャリアを活かせられれば、即戦力として一目置かれすぐに職場で存在感を得られるでしょう。雇用先も大いに助かると言うものです。採用側が判断しても即戦力となる転職はうまく事が運びやすいといえます。しかも、これまでの仕事内容と似た仕事内容なら見込みは十分にあります。とは言っても、そこそこスキルがあるといっても大手企業の事務仕事や、公務員はいつの世になっても、中々の競争率だと覚悟しておきましょう。

転社を繰り返す日々を止めるためにすることはただ一つです。

退職と転職を度々しないための対策は、シンプルです。スキルアップもそうですが、メンタル面を鍛えると、転職を繰り返しません。現在は、ネットを使って精神面を強くする自己啓発系の情報はたくさんあります。また、不思議に感じるかもしれませんが、転職とは全く異なる行動によっても、メンタル面を強くすることができます。その最たる例はズバリ「海外に行くこと」ですね。海外旅行に行くと、文化、言語、生活様式など、違うことばかりなので、どの瞬間も勉強になります。ですから、精神的な成長は、想像以上に得らるはずです。帰国してみると、自分のこれまでの視野の狭さに気づき、世間はこんなにも狭かったのだということをしみじみと感じることができます。その気持ちのまま、(転職のための)面接に向かうと、今までの面接とは違って自信に溢れた態度で相手にアピールできるはずです。しかしながら、退職してすぐは、精神的に弱っている人が多いのでほどよく休むようにしましょう。

在職中には、可能であれば、社内の人間にバレないよう(…

雇用期間にあるときは、なるべく周囲にバレないように(私の経験談ですが)雇用中に「転業するかも」という意思表示だけを活動初期に周りの人に知らせたことがありました。けれど、その後に求人誌を探していたのですが、思いとは裏腹に転職先のあても、時期など、何も煮詰まっていないままズルズルと時間がムダになるだけでした。挙句の果てには一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎや手続き、私自身の退職日などが続々と確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な展開を迎えました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経たあと、次の就業先を探す流れになりました。

一昨日転職のために人材紹介会社へ登録に足を運びました。

数日前転職の準備をしておこうと人材バンクに登録をしに足を運びました。そのときカウンセリングに出てきた担当の方がどうも会社に入って間もない社員のようで、こちらが説明している話の3割もわかっていない様子。にもかかわらず「キャリアデザインを変えた方がいいですね」とか「もっと自分の強みをはっきりとさせることが大事です」等、ベテラン社員のように横柄にのたまうので大変嫌な気分になりました。カウンセラーはそこそこ仕事の経験がある人にしてほしいです。

転職活動にあたって相応の準備は不可欠です。

再就職する場合、然るべき準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、目に映る「ファッション」は、気になる人が多くいます。ですが、昨今の、採用面接では私服が多い会社があるので、スーツ(正装)で面接に出向かなくても良いケースもあります。とくに創業間もない企業などは、厳しいルールも作られてないことが多く、私服で面接をした方が、相手先に印象をあたえます。さらに、堅いイメージを与えないのでフランクに話をしやすい、というメリットもあります。そうして、私服ですと面接時に、服装の事で話題が広がることがあります。ですから、うまくいけば面接担当者と仲良くなれる期待ができます。というワケで、これから転職は会社の「創立した年」を確認し、(ベンチャー系の)面接時には正装はせずに私服で勝負するのも良いかもしれません。

クールビズ(軽装)の格好をして転職の面接に行くときには・・

クールビズで再就職の面接に臨む際には、ジャケットはさすがに着込まなくても大丈夫だとはっきりとわかるのですが、ネクタイはつけている方が好印象を与えてくれるのでお勧めです。ネクタイなしで良いと考えている会社も存在する場合もあるにはありますが、ネクタイだけはクールビズであっても必ずするべきだと決めている会社がある程度あります。そのような訳で、例えクールビズでOKだと言われていてもネクタイは必ず着用していった方が安心だということは分かっておいてほしいです。

仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」のように、…

仮にあなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」において大都市から地方に移り住んで再就職したいと考えている人が、近年増えています。一昔前とは違い求人情報サイトを駆使すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも簡単に得られますが、ただし、地方での求人情報では、都心のような選択肢は期待できないのが難点でもあります。ですので、転職サイトを活用するのは当然ですが、「地方自治体・商工会議所」といったサイトもマメに確認し、そうした機関の転職サポートに関する情報も見ておくと、良い出会いが期待できます。

転職候補となる面接での勘違いしている人が多いのです・・

転職の際に欠かせない採用面接での、よく思い違いがあるのですが採用をされたいあまり露骨なまでの猫をかぶることです。すると正直に言って悪い結果につながります。そうなる前にその場を繕うのではなく面接時は、「給与システム」といったような、普通はかなり質問しづらいことを勇気を出し尋ねておくと、間違いなく自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でそういった質問をすることで結果が良い結果が期待できないのではないか」と危惧する人もいるかもしれません。しかし、意外と良い結果になることは結果的には可能性が高いといいます。これらの実は面接時に実際には、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。それなのに、面接応募者の多くは、なかなか聞けないものです。それをあなたが勇気を出して質問をすることで、「正直な人だな」ということで面接官に印象づけられるのです。

実際に失業保険を給付してもらうためには、求職活動をしていることを証明しなくてはいけません。

きちんと失業保険の給付を受けるためには、求職活動をしていることを理解してもらわなければいけません。けれども、「会社に行かなくてもいいし、少しの間でものんびりしたい」と思うのが現実だと思います。ですので、真面目に仕事探しをしているように見せる方法があるので紹介しましょう。月イチの「ハローワーク」での面談は当然のこととして、「求人票」を閲覧することを必ず行わなければいけません。真摯に探す気持ちが出ないときは、「求人票」を軽く見て、ハローワークスタッフとの面談のときに、「労働条件のいい仕事や自分の属性にあう仕事や、希望していた求人が残念なことに無かった」と相手に報告し、次に期待しましょう。

転職のため職探しをする際に気を付けて欲しい求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのにも関わらず給料が高…

就職するため仕事探しをする際に注意が必要な募集内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料がよく、拘束される時間が長いというものです。こういった募集では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んで算出している場合が多いです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、例えばですが、30時間や45時間という風に求人の内容に時間の併記がされています。毎月これくらいの残業が想定されるため、はじめから給料形態に残業代を含んでおく、といったものになります。(ちなみに、これは合法です)例えば求人に『みなし残業代45時間込』という表記は「書かれた時間分の残業代を含めると、これだけの給料になります」というワケです。ただし、悪質な求人は、『みなし』という言葉が場合もあるので、注意をしておきましょう。