昔は看護婦と呼ばれていた看護師というのは歴史的にも女性の割合がとても高…

その昔は看護婦と呼ばれていた看護師は資格として女性比率がかなり高い…

看護婦という名前だった看護師というのは歴史的背景から女性の割合がすごく高い職場です。さらに、気力だけでなく体力へのひどく消耗しやすい過酷な現場が少なくありません。なので、職場での人間関係の問題や、結婚や出産の後に仕事と私生活のバランスが取りづらい職業です。実際、人付き合いや仕事と私生活との両立で悩み、職場を変える人が多いといいます。看護師という職種の労働市場は看護師は、どのエリアでも慢性的な人材不足に陥っています。というワケで、どの医療機関も看護師を必要とする「売り手市場」となっていて、それが転職希望が後を絶たないスパイラルになっています。

転職しようと考えたとき、その職場の給料を気にしすぎる・・

転職というものをする場合、転職先となる職場における給与を気にしすぎる人がどうも多いです。もちろん誰しもだから生活費を給料として手に入れるために仕事しているのだとは思います。とうぜん年収の額は自分がどれほど評価してもらえているか、としての側面もあるから大切と感じるのは否定できません。それにしてももらっている年収の額に気にかけすぎるのも虚しい気がします。この世には収入に直結しない仕事であっても人間的な成長が遂げられる可能性が少なくないからです。

再就職における面接などに関して担当者が名刺を渡してきた時…

再就職の時の面接などの際にもし名刺を手渡されたら、あなたも同じように名刺を相手に渡した方が良いのか?と対応の仕方に迷った場合は、大体は渡さないもの、と覚えておいてください。転職のための面接は仕事の内ではなくて、就職活動の一部です。ですから普通一般的には名刺を交換する時ではありません。重ねて、あなたは立場上会社の人間としてその場にいるのではなく、あなたの問題でこの場にいるわけです。そのため、もしも相手から名刺を渡さても、こちらにおいては、ただ受け取るだけでよくて、相手に渡す必要はないと推測できます。

新卒で入社した会社を去り、転職することになりました。

新卒採用で入社した会社に別れを告げ、勇気を出して転職しました。会社を退職したときは、しばらくの間悩み、辛い気持ちでした。会社をわずか数年で辞めて、大半の人が中途採用で働いていることを自らの転職活動で理解し、自然と不安な気持ちが無くなりました。なにより1度、転職を経験したことによって不思議と前向きに物事を考えるようになって、「自分のやりたいこと」を探すのが喜びになっていきました。やはり「仕事を変えるのは良いことじゃない」という意見も多々ありますが、必ずしも正しいとは限らないと感じました。私の転職活動は転職を決断して後悔はありません。

そのうちでも転職をするに当たっては、今の職場の何に不満があるのか…

そのうち転職をするに当たっては、直近の仕事の何に不満があるのかをハッキリとさせておきましょう。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。気に入らない点が大きいから転職しようと思っているはずです。でも「ちゃんと現在の会社の客観的にみた不満なことを明確化する」ことを多くの人はやっていません。不満点解消なら、他の条件が現状より悪化する事をどこまで許容するかも考えましょう。自身の問題を見える化しておくと、転職選びでの失敗は大きく減らせます。そのあとに、仕事を変えることで「今よりも不便になること」をしっかり想像してみましょう。転職できたとしても、転職をしたらすべてが今よりも良くなるとは限らないからです。ですが、メリット・デメリットをあらかじめ洗い出すことで転職してからのモチベーションの低下は防ぐことができるでしょう。

転職した場所では、いきなり満足できるほどの「年収」を手にできると考えないほうが良いです。

転職を考えているのなら「年収」の理想を高くしないようにしましょう。中でも、はじめの年度は大概試用期間が含まれることもケースが少なくありません。自分のケースでは、尽力して転職したのに、以前の会社での年収とあまり同じ額でした。そして、業務はかなりキツく、たいへん責任のある立場で1年目を越すのも厳しかったです。そうした経験から初年度は、勉強に充てる期間と捉えておき、できる限り転職前から貯金をして気持ちに余裕をもたせた方が良いと思います。

転職活動を今の仕事と並行している人が多いです。

転職活動を今の仕事と同時進行させる人が多いです。けれども、仕事を続けながら求人を見つけて応募したり、面接に臨むのは精神的だけでなく肉体的にもハードだといえます。さらに転職活動時は、今の職場の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。このようなとき、「とりあえず応募しておこう」という人がいるのですが、仮に、書類選考をクリアし、面接に呼ばれたあとに「辞退」を選択したとしたら、面倒な事になるかもしれません。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントに対する印象に響きますし、そうではなく自分で直接応募した場合も相手企業からの電話・メールがしつこくやってくることもあります。いずれにせよ自分の大切な時間をドブに捨てることになりかねないので、行く気のない案件は、最初から応募もしないのが無難です。転職活動は新卒の就活とは全く違うものであると認識しておくべきです。

転職活動の際に「今までにこのような職場の仕事を長く続けてきました…

転職活動の際に「私は今まで、こういった種類の仕事を長く続けてきました」「これまでに手にしたスキルは、、、です」とそれまでの自分自身の経歴を十分にアピールしようと考える人はしばしば目にします。でも、志願し新しい場所で「させてもらえるのならばこうありたい」「私が言ったような内容の業務ならできれば貢献したい」と将来のプランを話して自己をアピールする方がよっぽど効果があります。この点をしっかり意識しておくと、転職活動が効率的なものとなります。

転職の採用面接を受けに転職希望の会社へ伺ったときのことです。

転職のための面接を受けにとある会社に赴いたときのことですたまたまその会社にある部屋がすべて他の客でつまっているということで社外で面接担当者と待ち合わせて採用面接を行い、当該会場で解散し、面接を行った方も会社に帰らず自宅直帰されるとのことでしたが、なんと自宅最寄駅が同じ。そのため電車の中においても彼とずっとおしゃべりしながらいっしょに帰宅することになって、すっかり緊張がなくなって面接より話が弾み、それが原因か問題なく採用も勝ち取りました。

もし転職を予定しているのなら、前もって考えておいて損をしないのが資格の取得です。

もしもあなたが転職を考えているなら、あらかじめ「資格」を取得しておくと有利になります。とくに、仕事をしているあいだに資格取得しておくと、転職活動の際に有利に働くので新しい仕事も探しやすくなります。ですので、在職期間中での資格取得がもっとも好ましいタイミングといえます。もしあなたが将来を見据え、このあと役立つ可能性の高い資格を持っておくと、退職後も躊躇なく次に進められるはずです。それに加えて、資格取得によって転職活動の幅は資格が味方をしてくれるので、面接で戦力として使えるとみなされ、以前の職場より待遇アップも期待できるでしょう。

職を変えた際には、大体の場合、前職はほとんどは美化された記憶となります。

職を変えた際には、だいたいの場合は前の仕事での大方は美化された記憶となります。実際のところ今の会社にダメだからそういった思いを払拭するために退職を決め、再就職を決意したはずなのに、過去を振り返るとなぜかわからないけれど「前の仕事のほうがマシだった」と思う機会が増えてきます。極めて当然のことで、前職は日々の業務に慣れていて、きちんとやるべき仕事も淡々とできていたのももっともというのもあるでしょう。実際は「退職しなけりゃよかった」と心底悔やむほど、過去の職場のほうが全体的な雰囲気や環境がいいケースも考えられます。

これまで20代前半に転職を数回経験して、いまは資格取得のた…

これまで20代前半に転職を数回経験し、そして今、資格をゲットするべく派遣社員として働いています。フルタイム勤務とは違うのでやはり手取りは安いのですが、以前より心と時間に余裕が生まれ、満足しています。思い返すと、学生時代にもっと資格を取得し、仕事すればムダがないのに、と悔いはちょっとあります。資格を活かしている人を見ると自分もああなりたかったと思ってしまいます。今までは、それなりに成功している人と自分を比べ、肩を落とすこともありました。しかし今は、結婚してから、生活自体が大きく変わり、前よりもやりたい仕事や稼ぐべき給料も変わり、充実した日々を過ごせています。

最近の転職事情では、政治による影響が出始めています。

転職を取り囲む状況は、政治により状況が変わりつつあります。安倍総理が主導する現政権によって、アベノミクスや「三本の矢」といった経済政策が矢継ぎ早に展開されています。内閣が打ち出した新たな経済政策ともに金融政策とも、たがいに作用しあって財界や民間企業間では新時代となる明るい動きが顕著に現れてきております。そういった変化が加わったことで、企業の側でも今度は若者世代の人口減少、現役世代の大量退職によって生じる人手不足がかなり深刻化しています。なお、「外国人労働者」の比率を現状以上に高めていくと現政権は宣言しています。外国人労働者が増えることによって、雇用や転職問題についてもかなり幅が広がりそうです。こうした社会情勢の変化によって、日本国内の雇用・転職状況も大きな影響が出てくるのは間違いないでしょう。

古来より日本には”石の上にも3年”という人生において役に立つ教えがあります。

日本には昔から”石の上にも3年”というコトワザがありますが、昨今、「終身雇用制度」は死語になりつつあります。「転職」を経験する人が増え、自然なこと、としてとらえている人が多くなってきています。とはいえ、「仕事を変えること」が当たり前になったからといっても、軽い気持ちで仕事を探し、変えてを繰り返すのでは問題です。再就職を検討する際は、適した時期というのも有るでしょう。初歩として、今現在の職場、仕事について全般的に、何が不満なのか、何が不適なのかを5~10個ほど、箇条書きにしてみましょう。そうすることで、転職活動に良いヒントを与えてくれます。そしてあなたが、いつか決断した時には早めによりも良い仕事ができるよう、トライしていることも大切です。

転職をしようとする場合、準備しないといけない履歴書などにおいて…

転職をする場合必ず準備する履歴書や職務経歴書は、たいてい、手書きではなく、パソコンで作るというのが普通です。現在の日本社会では履歴書や職務経歴書はパソコンを使わず手書きで作成するのが当然だと捉えられていることも多いですが、それは新卒の人の就職活動やアルバイトやパートの時であって、実は、転職に関しては手書きじゃないといけないと断言することはできないのです。自筆の履歴書の方を評価する企業もありますけど、違う企業が徐々に増加していていますので、手書きの履歴書や職務経歴書でなくても良い会社は意外にもたくさんあるのです。

「シフト制」の勤務形態がある仕事についての話です。

「シフト制」がある仕事についての話です。毎週、一定の曜日に勤務できる人を募集している求人をよく目にするのですが、もしも応募しようと思っているなら休む方法やシフトの出し方については面接の際に確認しておきましょう。それはどうしてかというと、私は過去に、産休で休む人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは「土日」固定のシフトで、新入社員の私以外は、誰も現場に出ないといった状況でした。産休に入った前任の女性が「土日」にかならず出られる人だったので、私もそのように思われていたみたいです・・・。「土日」に冠婚葬祭の予定が入った場合、シフトを変わってもらうときは、職場の先輩たちに私の代わりに出勤してもらえるように、と私自身が連絡を入れなくてはいけませんでした。給料も立場も同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・冷静に考えると、「本当によく耐えた」と自分でも驚きです。