Author

退職・転職の囲み記事

転職時の面接の時に面接官から「転職理由を聞かせて頂けますか?…

転職のための面接では注意しておくべきポイントがあります。人事担当から「転職理由を聞かせて頂けますか?」と必ず聞かれますが、こういった場合、どういった訳があろうとも、前の仕事場での「働く環境」「人づきあい」が良くなかった回答は、出来るだけするべきではないでしょう。
退職・転職の囲み記事

新卒後最初に働いた会社で相性の悪い上司に心をすり減らし、…

昔働いていた会社でのことですが相性の悪い上司に心をすり減らし、ついにはとてもやってられないと思いその会社を辞め、同じ業種の別の企業に行くことにしました。その会社では会社の雰囲気がよく本当に満足の日々でしたが、だんだんと会社の業績が悪化し、結局は経営統合されました。
退職・転職の囲み記事

転職活動で話題にあがるのが「年収」です。

就職活動において、年収を無視することは不可能です。面接において、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を本当にもらっている額よりも大きく申告し、高額な年収を獲得しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要なため、一度は信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、遅かれ早かれウソはバレてしまうからです。
退職・転職の囲み記事

長年にわたって接客業で仕事をしていたのですが、年齢を重ねるにつれ…

ずっと接客業で仕事をしていたのですが、加齢のせいか立ち仕事は体力的につらく、座って仕事ができるオフィスワークへお仕事を変えることを目標にして行動を起こしました。事務の経験がない場合けっこう厳しくて、そこで接客業の経験も活かすことができる受付兼医療事務を目指そうと考え資格も合格して個人の医院に転職することができました。
退職・転職の囲み記事

そのうち転職活動をするに当たっては、今の業務や仕事での納得いかない部分…

そろそろ転職を予定しているのなら、今現在の職場での不満に思う部分をハッキリとさせておく必要があります。できていて当然と思われますが、意外とできてないです。もともと気に入らないことが大きいから転職しようと思われているはずです。でも「いまの仕事や業務の客観的にみた満足できないことを挙げる」ことが出来る人は意外なほど少ないのです。
退職・転職の囲み記事

転職エージェント、そして転職サイトを使用して、転職活動を行う人はますます増えています。

転職サイトおよび転職エージェントを使って、転職活動を行うことは常識になりつつあります。とはいっても、条件のよい転職先を確実に見つけたいなら、転職フェアも利用してみてはいかがでしょう?多くの企業が一堂に会することから、参加すれば複数の企業に関する情報に触れることができ、同時に、説明担当の企業スタッフから、企業の雰囲気を肌で感じることができます。
退職・転職の囲み記事

「就職エージェント」の大手ほど、多数の案件を扱ってい…

大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を抱えているという強みがあるといえますが、それと同時に転職希望の登録者(ライバル)も多くいます。それゆえにあなたが、気になる案件を探し出したとしても、転職エージェントのスタッフ側が「転職が難しい」と判断すれば応募してもらえない場合もあります。さらに、企業から見てあなたよりも評価の高い人がいると、その人を優先することも考えられます。
退職・転職の囲み記事

近頃はPCやスマホを見ればインターネット上では、今・・

今ではスマホを使えばわかるけどネットで見られる世界には今では「転職に役に立つサイト」と呼ばれるものが相当な数あります。その多くのサイトから自分自身に合った転職先と思えるのを見付けるために、なんといっても情報収集が必要です。このような「転職サイト」をしっかり使いこなすことで、よりスムーズな転職先を探せます。
退職・転職の囲み記事

求人情報を見る際、例えば、デスクワークがしたいからと・・

求人を見る際、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほど製造業をあまりチェックしていません。そういったことをしている人は、「製造業って、現場で製造する仕事しか募集しない」と誤解しているのです。製造業の求人であったとしても、現場に出る仕事だけでなく経理、総務、人事などの人材募集をはじめ、資材、購買、営業管理などの「事務系」に分類されるお仕事もとても多いです。
退職・転職の囲み記事

近頃は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようにな…

今日では、ブラック企業がマスコミで注目されたりして、労働条件についての取り締まりが強くなったり、社名の公表がなされるなど、不利益を被る流れができてきましたが、まだまだパーフェクトとは言えないのが現状です。それゆえ、面接で見破る必要が生じます。求人票などに記載された労働条件に目を通して、不安に思う項目について色々質問してみることからやってみましょう。