退職・転職の囲み記事

あなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、…

もしあなたが再就職しようと考えた場合に、「Uターン」「Iターン」において都会から地方に移り住んだ上で再就職したい、と考える人が増加しています。昔と違って求人情報サイトをうまく活用すれば、国内のあらゆる場所の求人情報にも簡単に得られますが、ただ残念なことに、地方での求人は大都市では当たり前に見るような条件や待遇のある企業が少ないのが欠点といえます。
退職・転職の囲み記事

勤め口を探していたころずいぶん多くの人材紹介会社に登録していたのですが、…

転職を考えていた時期に割とたくさんの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職のアドバイザーのレベルが本当に多種多様で大体の場合、いまいちな方でした。私とっては大切なことなのにもっと真剣に臨んでほしいという考えが積もってしまいました。
退職・転職の囲み記事

転職する際に行われる面接でする腕時計に関しては、ビジネスの場らしからぬ目立つタイ…

再就職をする際の面接を受ける時につけていく腕時計は、ビジネスの場らしからぬ派手なタイプの時計はやめた方が良いと言えます。この場合の腕時計で目立つものというのは高級ブランドの腕時計とか、といったことだけではなくそれとは真逆で安物の腕時計に見られてしまうとか、そういった目立つということで両極端で目立つ、ということで理解しておいてください。
退職・転職の囲み記事

転職先で見学などがあるととても勉強になります。

転職したい会社で会社見学しておけば、すごく参考になります。とりわけ、「職人」がいる会社は、職人技を近い距離で見られるので気持ちが高ぶります。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ例外なく見学者には、いつもの仕事現場を見せてくれることはありません。例えると、ブルーワーカー(肉体労働)などの分野です。
退職・転職の囲み記事

その昔は看護婦と言われていた看護師は資格として女性比率がすごく高い…

前なら看護婦ですが看護師というのはやはり女性の割合がすごく高い職です。加えて、気力それから体力ともにかなり消耗がきついことが日常茶飯事です。そのために、職場環境での対人関係が上手くいかなかったり、結婚・出産などによって仕事と私生活のバランスがかなり難しい職業といえます。
退職・転職の囲み記事

現代の雇用事情が目まぐるしく変わってきたことに際して、全世代の中…

ここ最近の雇用事情の大きな変化について34歳ぐらいまでの若者たちが特に注目しているようです。十中八九先行きのキャリアアップを見据えているのでしょう。ですから、サラリーマン・労働者といった層の流動化が進んでいるようで、輪をかけて今後、若い世代の転職への注目が増加すると考えられます。
退職・転職の囲み記事

転職時の面接で面接担当者から「転職理由をお聞かせくださ…

転職時の面接の時に面接担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、聞かれることは間違いありません。この時に、どれだけあなたが正しくとも、前の職場の人づきあいや働く環境に関しての不満を絡めた返答は、なるべく控えたほうがいいでしょう。こういった話をしてしまうと、あなたのイメージが悪くなり、チャンスを棒に振ってしまいます。
退職・転職の囲み記事

働いていた会社で嫌な感じの上司に嫌な目に合わされ、我慢の限界を超えてその会社を辞め…

就業していた会社で性格が合わない上司に心をすり減らし、ついにやっていくのは難しいと判断してその会社を辞め、同じフィールドの別の会社に転職しました。転職先の会社では気分よく働くことができてきわめて満足していましたが、時が経つにつれて会社の業績が悪くなって、ついにはとある会社に経営統合されることとなったのです。
退職・転職の囲み記事

就職活動において、必ず問題になるのが年収です。

就職活動において、年収はかなり大事なポイントです。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について聞かれます。年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、多額の年収を確保しようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、結局はウソはバレてしまうからです。
退職・転職の囲み記事

長年にわたり接客関係で勤務していたのですが、年のせいか…

長い間接客関係で勤務していたのですが、年齢的に立って行う仕事は体力的に難しくなったため、オフィスワークへの転職を考えて行動しました。事務未経験となると簡単にはいかず、それなら接客の経験も活かせる受付兼医療事務をやろうと考え資格も取り個人の医院に転職することができました。