あなたが転職をする場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形で、…

もしあなたが転職を考えた場合、「Uターン」「Jターン」「Iターン」といった形・・

  • もしもあなたが転職を希望したとき、「Uターン」「Jターン」にて都市部から郊外・地方に移り住んだうえで再就職したい、と考えている人が、近年増えています。今では求人情報サイトを使用することで郊外・地方の求人も容易に得ることができますが、残念ながら郊外や地方での求人情報では、都市部の場合よりも、数が少なく良い条件も少ないのがデメリットといえます。といった性質上の問題があるので、求人情報サイトだけに集中するとなかなか難しいかもしれません。求人情報サイトにプラスして、その地方の自治体や商工会議所のサイトもきちんとチェックしておかれることをお勧めします。「地方自治体・商工会議所」といった役所が主催する就業サポート系のイベントについても見逃さないようにしましょう。
  • 転職先での採用面接でのしてはいけないのは採用をされたいあまり必要以・・

  • 転職活動中の採用面接での、多数の人が考え違いをしているのですがあからさまな猫かぶりしていると、予想に反して悪い結果を招くおそれがあります。そうならないために猫をかぶるよりも面接の際は「有給取得率」などの、通常であればかなり質問しづらい内容を思い切って率直に尋ねておくと、最終的に自分のためになります。信じられないかもしれませんが、「そんな無神経なそういった質問をすると結果が悪い結果になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、ところが、意外なことに、良い結果になる可能性が高いといいます。このようなお金・労働環境に関する内容は、仕事をするとなれば、誰もが聞きたい事項ではあるのに、とはいえ、多くの人が気を遣って普通は質問できません。けれども、あえてそんな状況で踏み込んでおくと、「言うことはちゃんと言える人だな」ということで思わせることができます。
  • 失業保険の給付は、職を見つけようとしていることの証明が必要になります…

  • 実際に失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。とはいえ、「会社に行く必要もなくなったし、暫くは遊びたい」と思うのが現実だと思います。ということで、ちゃんと働き先を探しているとハローワークのスタッフに思わせる方法があるので紹介します。月一回のハローワーク職員との面談は当然必要ですが、そこで、「求人票」を確認することを最低限行わなければいけません。心の中では探したくないときは、求人票を熱心に閲覧しているふりをして、ハローワークスタッフとの面談時、「納得できる条件の仕事や続けられそうな仕事が意に反して確認できませんでした」と相手に言い、次の機会を探すという方法もあります。
  • 就職活動時に注意したほうがよい求人情報は、そこまできつそうな仕事ではないのに給料が高め・・

  • 転職のため職探しをする際に注意すべき求人は、そんなにきつくなさそうな仕事内容なのに給料が高く、拘束時間が長めであるというものです。こういった募集内容では、記載されている給料に『みなし残業代』を含んでいる場合がよくあります。みなし残業代というのは『みなし』とも呼ばれ例えばですが、30時間・45時間といった形で求人の内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これくらいの残業が発生するため、最初から給料に残業代を入れておくというシステムになります。(注・違法ではありません)『みなし残業代25時間込』というのは、「書かれた時間分の残業代を入れた場合は、これだけの給料がもらえます」という求人になります。ただし、悪質な求人は、記載しておくべき『みなし』という言葉自体がない場合もありますので注意をしておきましょう。
  • 転職時、必ず面接をすることになるでしょう。

  • 転職をするためには、大半の場合は面接をしなくてはいけません。人事から「転職理由をお聞かせください」という風に、ほぼ訊かれます。このときに、どれだけあなたが間違っていなくとも、前の職場の働く環境や人づきあいについての愚痴とも受け止められる返答などは、極力するべきではないでしょう。なぜかというと、こういった話をしてしまうと、印象が悪くなってしまい、チャンスを棒に振ってしまいます。ですから面接では「前向き」な人柄をアピールするのがかなり重要です。あくまでも「新しい職場で、より一層キャリアを生かせられるように、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」のような内容で自分を売り込むことが必要とされます。
  • あなたが転職活動をされているのなら、気になる求人(あるいは業・・

  • 将来的に転職活動をするという時は、気になる求人(もしくは業界)を見るたびにきちんと「〇〇業、ブラック、デメリット」とインターネットで検索しておきましょう。求人票や担当してくれる転職エージェントの情報では、その業界のマイナス部分について、アドバイスはないものと思っていてください。ネットで調べればインターネット検索によってカンタンにカンタンにおおまかな実態を理解できます。そうした面を知らずに仕事を始めてしまうと、のちに入ったことを後悔してしまうおそれがあります。そもそもその求人が出ている理由が「仕事の内容がキツイから人が辞めて穴が開く」といったケースが多くを占めるため、興味をもった案件や業種については、納得するまできちんと調べた上で応募するようにしましょう。
  • 転職サイトは、一度登録したら、電話・メールでしつこいほど連絡が入ります。

  • 「転職エージェント」は、一度登録したら、電話やメールで何回も連絡が入ってきます。これに関して転職初心者はとてもビックリされると思います。「転職エージェント」は、利用者の転職をサポートすることが業務なため、とても積極的に行動します。特に大手エージェントは、転職を成就させることによって企業から報酬を受け取る仕組みであることから、転職活動される人の都合よりも企業の都合を優先させることが多かったりします。加えて、「転職エージェント」は契約を欲するあまり内定が取れたすぐ後に、入社を強くすすめてくることが少なくありません。防御策として自分の気持ちや意思を自身で整理しておき、安易な妥協をしないように心がけましょう。
  • 女性が転職する時、今とセクハラが問題視される前では多少の違いがあったりします。

  • 女性の再就職については、今現在と一昔前では若干、違いがあるようです。過去には面接の場で会社側から、結婚観や出産後の仕事に関して、当たり前のように質問されることが多々ありました。しかし、最近では、セクハラと捉えられるのを恐れて、質問しない企業、の方が増加傾向にあります。そしてまた、名の知れた大企業の場合は、この手の質問をNG質問として神経を尖らせているようです。しかしながら実際、面接する側はYES・NO、ではなく、その人の生き方、結婚した後は退職するのか、「出産後はすぐに復帰するのか」などを当然、把握しておきたいとは思っているものです。自らの将来設計を理解してもらうためにも、志望の動機や自己PRと併せて表現することで、企業側にも認識してもらえ、判断してもらいやすくなると思うのです。なので、たとえ、質問されていないことでも、あなたから気遣いつつ、話をしておくのが良いでしょう。
  • 大手の就職エージェントに限って、多種多様な案件を取り扱ってい・・

  • 大きな転職エージェントほど、多種多様な案件を取り扱っているという魅力があるといえますが、しかし、同時に転職希望のライバルも多くなります。そのせいかあなたが、気になる案件を見つけたとしても、転職エージェント側が可能性が低いと判断すると応募してくれない場合もありますし、会社から見て自分よりも有能だと評価される人がいれば、そのライバルを優先することもあります。要するに大手の転職エージェントは、サイト未掲載の案件データを宝庫として扱っており応募することが困難なので、策略を変更して少し規模の小さいエージェントに対し、希望する会社や案件について相談し、応募できませんか?と尋ねてみると転職希望者のためにアプローチしてくれることもあるので、試してみるのも良いと思います。
  • 転職を行うにあたって、今勤務している会社を退社する時・・

  • 転職する際、今勤務している会社辞める時に「失業保険」をもらうための手続きをしておく必要があるのですが、もしもあなた自身が退職願を書いて会社を去る、いわゆる「依願退職」の際には即座に失業保険が出るのではなく手続きを行い、失業したことが認められてから3ヶ月経ないと実際に受け取ることができないのです。よく勘違いして退社の1日後からちょうど3ヶ月で受け取れるワケではありません。この規則を勘違いしてハローワークの職員の方が間違っていると言い張ってその結果ハローワークの保険担当者と喧嘩をしているのを見たことがあります。例外として、リストラのような、「会社都合」での解雇の場合は、失業認定を受けてからすぐさま失業保険をもらえます。
  • 転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が必要不可欠だと考えられています。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書を準備することが必須といえるでしょう。多くの企業は履歴書及び職務経歴書に記載されている内容によって面接するかどうかを決めるため、ともかくこれらの書類の作成が大切といえるでしょう。単に必要事項を埋めるだけにとどまらず、記載内容が魅力的であることも大切です。「職務経歴書」では、過去の職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き出しましょう。さらに、現在の仕事で挙げた実績を、例をあげれば前年比の売上を○パーセントアップを達成した、など明瞭に記してみましょう。作成の方仕方がイマイチわからあい場合は、「転職エージェント」に職務経歴書の添削をしてもらい、うまい言い回しのヒントを得てみましょう。ブランディングのために転職エージェントを頼ること有益な方法です。
  • 転職で仕事先を一新するということは、自身に見合った理想に近い場所…

  • 再就職によって仕事先を一新するということは、自分に見合った自分の理想に近い、今よりもずっと心地良い場所を選んだほうが好ましいということです。あなたにうってつけの仕事に就く可能性もあります。でも、プラスの面だけではなく、即戦力となりうるスキルがないと、転職自体がままなりません。表現を変えると、あなたの技量次第で天職に就くことができるチャンスがある、ということです。近年は、「職業選択の自由」が社会的に当たり前になっているので、天職の道を選んだとしても特に面倒なことはないでしょう。この様な情勢下では、今現在、「優秀な人材が欲しい」と感じている企業もどんどん増加していますので、この好機を狙って転職を考えてみましょう。
  • 転職を目指そうとしても、全てがスムーズに進行すると断言はできません。

  • 実際に、転職活動をはじめたとしても万事うまく進行するとは限りません、できればいつか、転職しようと思っているならあなた自身が若いうちにできるだけ早く変えるべきです。たいていの場合、20代のうちはかなり有利ですが、30代後半~40代になってしまうと転職活動全般は、厳しいものと考えておくべきです。役職を担当している場合、転職する意思が芽生えたとしても、現在の会社に留まることも選択肢に含めておくべきです。つまり、退職後に転職活動を行うよりも、今の会社に籍を置いたまま慎重に探す方が後悔がないはずです。
  • 再就職をする場合、比較的重要視されるのがまぎれもなく「面接」である。

  • 再就職をするときにかなり重要視されるのがまぎれもなく「面接」です。普通、面接の際は当人に対して転職をする理由や退職理由などいくつかのことを尋ねられるとは思います。そして、面接の終盤になると、次は、転職希望者から、面接担当の人へ不安や疑問に思うことを質問できるチャンスがあります。面接官から、「なにか弊社で働くことについて、疑問や質問などはありますか・・?」と言ってくれるわけです。と尋ねられた時に面接者本人が緊張のあまり、慌ててしまうと思います。こういった場面に遭遇し、後で後悔しないためにも事前に不安に感じていることや疑問などの(あなたからの質問を)用意しておくのがベストです。実際に仕事を始める前の段階であっても、いくつも疑問点は見つかるはずです。ぜひ、試してみてください。
  • 多くの場合一流企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めるため…

  • 大企業は「定期採用」で人材を確保するため、転職で入りたい場合は、時期を考慮しなくてはいけません。しかも地方でとなるとより状況がずっと少なくなりそうです。例外として、製造業の場合、都市部でない地方の工業団地で工場を持っていることも少なくありません。そういう工場なら、事業分野の拡大の際に「中途採用」をしていることがよくあるので、そういった機会に転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場を転職に考えるなら、希望する企業についての情報をまえもって得ておきましょう。ホームページを見て、人員募集の有無など、マメにチェックすると良いでしょう。
  • これから、私たちの労働環境において徐々に考えなくてもできる労働・・

  • 近い将来、私たちの労働環境において今以上にシンプルな仕事は機械に入れ替わり当然の結果として必要な人員はカットされていきます。というのは、単純労働については、人の手を借りるよりも機械を稼働させたほうが数段に作業量をこなせるからです。例えば、数をカウントしたり、同一の動作をずっと繰り返すことは機械には何の苦もありません。人と違って愚痴も言わない、疲れないし、誤魔化すこともないし、正確にこなしてくれますし、均一にこなせます。また、給料が発生しないのも大きな違いといえます。こういった点から、生身の人間を使う意味が無いので機械化が当然の結果といえます。