今の時代は株・不動産投資などといった不労所得、もし・・

昨今では、株・不動産投資などといった不労所得で稼いだり…

今の時代は株・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、独立を目指す人も増えています。そういった変化に伴い、「自営業は安定しない」といった常識も変わりつつあります。高度経済成長期の際には先行きがみえない株式投資・個人事業より組織の一員であるほうが安定していてました。そのため人生の花形として、またそれが当たり前であるかのように、広く社会に浸透していました。しかし、そんな社会全体が等しく成長する時代は終わり、現在のような時代は「成熟期」という風にもいわれます。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、社会においては人手が不要になると言われています。

派遣会社に登録して働く人が過去の規制緩和以降、増加しています。

派遣会社に登録した上で働く人が近頃は増えてきていますが、仮に自分が派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、トータルのお金(または比率)、自分に入るのかを可能な限り面接時に聞いておきましょう。派遣業は、人材を必要としている会社に人を派遣してその対価として手数料をもらうシステムといえますが、実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしていることが多いです。半分以上を派遣労働者に還元しているのなら、まだ良いですが、情報開示に積極的でない業作も多く、気が付くと3割しか支払われていなかったということも多くあります。なお、面接の際に答えてもらえない様な会社は、なにかと不都合な点を隠そうとする特徴があるので、極力異なる派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。

転職活動をスタートする際、まずは会社を辞めた後でと思っている人もいるでしょう…

転職において、まずは今の会社を退社してからとする人たちもいますが、完全に今の仕事を辞めてから転職しようとするときにはボーナスの支給時期を確かめておきましょう。ボーナスのある会社は多く存在しますが、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスをもらえる日まで数か月しかないのなら、ボーナスが支給された後で退職するという手も賢いやり方です。ボーナスと言うものは随分たくさん入るので、もらった方が良いと考えることもできるでしょうから、退職の際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかをまず確認しておいた方が賢いやり方です。

転職をする活動中の人というのは、「一刻もはやく内定(採用通知)が欲しい」…

違った職場に入りたいと転職活動をしている中の大半は、「1日も早く、内定(採用通知)がものにしたい」と考えるものです。でも、それで通知を欲しいあまり、自身の能力について、嘘の申告をしたり、あるいは逆に過小評価につながる売り込みをするのはぜったいにしないでください。そうではなくて、焦る気持ちはガマンして、冷静に客観視しつつ、自分の能力にあった職場を探すことに専心しましょう。それまでの自分の経歴を生かしつつ、そして、自分のキャリアアップが期待できる会社を賢く選んでみてください。

再就職の面接を受ける時につけていく腕時計に関しては・・

再就職時の面接につけていく腕時計の事ですが、どう見ても目を惹くタイプのものは着用をやめた方が良いと言えます。腕時計で目立つものというのは明らかに高価そうに見えたり、といったことだけではありません。反対に、明らかに安物に見られてしまうとか、そういう目を惹くということで両極端な意味で目立つのだと理解しておいてください。再就職の面接のときに着用するべき腕時計においてはポジション的にはネクタイやスーツのとらえかたと同様に、面接に適切なものをチョイスするほうが良いです。そうはいっても、自分の歳にあったものというのもとても重要で、新卒の面接で準備した腕時計よりはほんのちょっとでも値段が高い腕時計にした方が好印象であるということは言えるでしょう。

転職期間中は、どうしても、時間に余裕があるため、だれた生活になってしまいます。

転職を決めるあいだは、つい時間がある分、気が緩んでしまい、緊張感のない、だれた生活になりやすいですよね。けれども、そういった過ごし方は危険です。というのは、ダラダラとした生活が当たり前になると、「精神的」にも悪影響があるからです。気づけば、働く意欲を失い、生活ができなくなり困ってしまうかもしれません。そうして、すべてが悪い方向に進んでしまい、再就職先を見付けることが困難になってしまいます。次の仕事を決められなくなるのは、お金を一番に考えるようになるからです。もらえるお金を第一に考えざるを得ない状況ではキャリアアップのために転職しようと思っていたとしても結果はあまりいいものとは言えません。ですから、お金に縛られないように暮らしていくためにだらけきった生活は、しないように常に意識を持ちましょう。

近年、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングを専門に行う会社も増加しています。もしもあなたが特許を出したことがあるなら、ヘッドハンティングの対象になる可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人に限らず、研究開発で論文を出した経験がある人や、メディアによって注目を浴びた人など、何らかのインパクトがあった人に狙いを定めて、電話・メールで接触し、ヘッドハンティング用のネタにしています。万が一、あなたがヘッドハンティングらしい話が出てきた場合は、過去を振り返って、きっかけを考えるべきです。極稀に「ヘッドハンティング」と称し、「登録料」を要求してくる会社があったりしますが、その手の会社は当然ながら詐欺といえるので相手しないのが無難です。基本的に、ヘッドハンティングの世界は、企業側が報酬を支払う形になるので転職希望者が支払うものではありません。

かつては求人誌に雇用主の希望する「性別」が明確に書かれていました。

以前は求人情報に募集要項の中に「性別」まで、もれなく記載されていました。ですが現在では、男女雇用機会均等法の施行等により、採用において、男女の差別がないようにしないといけない事が決まり、募集要項の中身に「性別」が無記載となりました。そのような変化があったのですが、求人する会社側には性別関係なく等しく雇用のチャンスを与えてくれるとは限りません。ですので、実際は男手を希望の会社に募集に女性がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といった問題も他人事ではないのです。例として、「女性が活躍している仕事場です」と記載される案件の場合は、雇用側が働き手は女性を必要としている、と考えたほうがべきです。

就職活動において、年収はとても重要なポイントです。

就職活動において、年収はかなり重要な要素です。面接の時、大部分の会社で現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。このとき年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようと試みても、無駄な努力でしょう。なぜかといえば、「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、必ずウソがバレてしまうためです。ヘタをするとトラブルに発展するおそれもあるので、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげれば、現在の年収が400万円の人が、転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまず無理です。仮に、現在の年収が430万円としたら、希望年収額は、400~450万円と転職先に伝えておくべきでしょう。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、入社後のトラブルとなって、入社できたのを退職しなければならないという事態になるおそれもあるので注意が必要です。

転職期間中には、趣味に打ち込んだり、体力の向上を意識した生活習慣を取り入れる…

転職先を探している期間中は、趣味に時間を費やすほか、体力を損なわない様にするとベストです。転職先が決まり、いざ仕事を再始動したときに、趣味に集中していたおかげで気付かないうちに集中力が養われています。また体力を補っている事で、その場の社員たちと比べると疲れない身体になっている、と認識することができます。というわけで、退職後は自分が興味のあるなことに集中することと、体力を維持させるように努力をしておいて損はありません。そして、職場で同様の趣味の方と知り合えたのなら、会話も弾みます。ですから、これまでしてこなかったことに挑戦してみるのも転職期間の自由な時間の使い方です。

この前、転職をやっとしたばかりであるにもかかわらず、…

2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたというのに、何ヶ月もたっていないのに退職してしまう人というのもずいぶん多いといいます。何故かと思うと私の思うところは新たな気持で自分自身に合った職場を見つけたというのに、「考えていたものとギャップがあって幻滅した」「独自のルールにどうしても慣れなかった」というワケで退職してしまうことが多いといいます。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を避けるためには第一に、事前の情報集めをまじめにやっておかなくてはなりません。手を抜くことなく行うべきなのです。職場内の環境、業務におけるルール、通勤時間、など多角的に事前に調べておくことで転職後に後悔するリスクは大きく減らせるはずです。

もしもあなたが、転業を決意したなら、完全に会社にはひそか…

万が一、転業を決定したなら、徹底して周りにはひそかにそれが広まらないように転職活動していき、転職先が決まらないうちは、あくまで会社内の人に気づかれないように普通に振舞うのが安全です。現職中、そのスタンスでいけば、たとえ働き先が見つからなくても、転職予定を持ち越しながら、現職に続けることも何も問題ありません。そうではなくて、うっかり、「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人間は、その言葉を受けた対応をします。さらに周囲に「辞めるつもりです」と口にしたら、社内では「あの人はもうすぐ退職する」と見なされます。そうなってしまってから転職したい思いが消えて、「やっぱり辞めないことにしました」と手のひらを返しても、周囲の人たちには、「一度は仕事を辞めようとした人」といった目であなたを見るので、在籍しているあいだ、立場が悪くなる思いををする強いられるかもしれません。

求人関連の情報をチェックする場合、例えば、「事務系の仕事をしたい」と考えている人…

求人をチェックする時、「デスクワークがしたい」と考えている人ほどはなから製造業を見ようとしないものですが、そのような人の多くは「製造業は現場で製造する求人しかやっていないだろう」と誤解しているはずです。製造業での求人でも、現場に出る製造の仕事だけでなく、経理、総務、人事などのスタッフ募集をはじめ、購買、営業管理などの「オフィス系」に分類される職もかなりの数あります。とはいえ、製造業の職場自体、ビジネス街のような雰囲気はないのが正直なところです。ですから、仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その点がデメリットに映る人もいるかもしれません。ですが、自分のこだわりを捨てることによって思いがけないチャンスにつながる可能性があるかもしれないのです。

今から転職活動をしていく人で、次の仕事をはじめるまでにある程度期間がある場合・・

これから転職活動をしていく人で、次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、ぜひ「失業手当」を受け取っておきましょう。これは所属する会社が社員に雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば誰しも失業手当を受け取れます。また、手続きは「ハローワーク」で行います。もしも自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでの待機期間が3ヶ月となりますが、場合よっては企業の都合や残業時間によってはすぐに受け取れることもあります。このときの、支給される失業手当の金額は会社の辞めた月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるため、会社に「閑散期」「繁忙期」の波がある業種の人は、理想なのは「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

転職活動における最後の問題として、今勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う上での最後に残る厄介な問題として、「現在勤務している会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、今いる会社が退職を慰留するというのもよくあることです。もしそうなってしまったら、何があっても退職する、という強固な信念を維持することが重要でしょう。引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社は、最終的には辞めることになるでしょう。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職までに必要となる日数を超過する年月以降で退職日を決め、退職届を記入しておきます。そのあとに、決定権のある上司と直接、話す機会を設け、この退職にはどんな交渉も受けませんと毅然とした態度で相手に伝えましょう。「円満退社」で今の職場とお別れすることも転職活動の大事な要素です。

生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、何もしなくてももらえると思っている…

生まれて初めて失業保険を受けるケースでは、何もしなくてももらえると思っている人がとても多いですが、それは誤解です。実際には、失業保険をきちんと受け取るためには、「就職活動」をしなくてはならず、加えて、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。1ヶ月周期で担当者に就職活動の状況をきちんと説明して本気で仕事を探していることを理解してもらえれば翌月も保険を受けられる仕組みとなっています。残念ながら、きちんと就職活動に取り組んでいないという心証を与えたり、毎月の職員との面談を欠席している場合は、有無を言わさずに給付を一時停止したり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、そうならないよう十分気を付けましょう。