求人サイトを見る際、例えば、「デスクワークがしたい」という人・・

求人関連の情報を見るとき、「事務系の仕事をしたい」という人は、…

  • 求人誌をチェックする時、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、はなから製造業をスルーしてしまっています。そんな人は「製造業は現場で製造する仕事しかない」と勘違いしていたりします。実際に、製造業の求人であっても現場作業者だけでなく、経理、総務といった人材募集をはじめ、購買や営業管理等のオフィス系の部門もかなりの数あります。製造業の多数はオフィス街などがある都市部からは離れていることが多いので仕事帰りに買い物を楽しめる環境で働きたいと考えている人には、その箇所がマイナスと思うかもしれません。しかし、自分のエゴをなくすことで素敵な出会いや意外な発見があるかもしれないので、視野に入れてみてください。

  • 転職される人で次の仕事をする前にまだ期間があるのなら・・

  • 今から転職される人で次の仕事を始めるまでに時間が掛かりそうなら必ず「失業手当」を受け取っておきましょう。この手当ては働いている会社でもし「雇用保険」を払ってくれている場合は、手続きをすれば誰でも失業手当を受け取れます。手続きに関しては、「ハローワーク」で行います。自己都合で仕事を辞めた場合は、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、状況によっては企業の都合の退職、または残業時間次第でただちに貰える可能性もあります。ちなみに、「失業手当」の金額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料をもとに支給する額を計算されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」がある業種の場合は、なるべく「繁忙期」後に辞めるのがお勧めです。

  • 転職活動を行う上での最後にクリアしなければいけない難問として、…

  • 転職活動をする際の最後に残る厄介な難問として、現職の退職があります。転職先の会社を見つけたとしても、現職の企業が退職を慰留しに掛かるかもしれません。仮にそうなったとしても、困難に負けずに退職する、という強固な意思を保つことが大切です。たとえ引き留められて、一時的に収まったとしても、一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職をスムーズに進めるためには、最初に会社の規定に目を通し、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を記入しておきましょう。そうして、決定権を持っている上司と直接話をし、退職を撤回する考えはありませんと、遠慮せずに伝えましょう。円満退社になるよう心掛けるのも転職活動を成功させるためには必須です。

  • 生涯初の失業保険の給付を受けるケースでは、じっとしていれば給付されると考えている…

  • 生まれて初めて失業保険をもらう場合、「何もしなくても自動的にもらい続けられる」と考える人がかなり多いですが、それは誤解です。本当は、もらうためには、求職活動を行っていなければならず、さらに、月に一回以上はハローワークに行かなければいけません。一か月おきに職員に求職活動の状況を報告して本気で仕事を探していると判断されれば翌月の給付が振り込まれるというシステムです。他方、「この人は就職活動を本気でしていないぞ」と見なされたり、毎月のスタッフとの面談に不参加な場合は、情け無用で給付がされなかったり、場合によっては以降の給付資格自体を失うおそれもあるので、それを防ぐために気をつけておきましょう。

  • 今までは、求人情報は「転職サイト」よりも、「ハローワーク」に通っていました。

  • これまでの私は、新しい職場を探すときはいつも「ハローワーク」を利用していました。というのも有名な「転職サイト」は、どうしても都心部にある会社の求人情報が多いからです。であったため、転職する際は「ハローワーク」ばかり使用していました。掲載される多少企業の数や、給料といった点は見劣りするのですが、昔から地域密着という点では自分に適した職が探しやすくなります。しかし、「聞いたことのない企業ばかりで不安」と思われている方もいるかと思いますが、以外にも、魅力的な求人情報もしっかり掲載されているので、もしも転職しようと考え中の方は、ハローワークへ1度行ってみるのも手です。大手転職サイトのような多くの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 転職先を考えるにあたって、むろん仕事のやりがいのアップと…

  • 転職を行うならば、言うまでもなく仕事のやりがいアップと一緒にそれに加えて給料が上がることも大切なポイントですから「年収サイト」に登録して今いろいろ研究をしています。同じ会社でしかも全く同じ職種、経歴であるのに人によって無視できないほどの幅があることも多数あり、正直なところ面接で質問したことがあります。面接をした人もそのサイトをチェックしていたようで「高い収入で書いているのは、書いた者もある程度察しがついてるのですが、おそらく見栄をはってるんですよ。低い方の収入だと考えておいてください」とのことでした。

  • 転職サイトは大手のサイトであるほど掲載される会社の数も多くなるた…

  • 転職サイトはメジャーなサイトの方が掲載される案件が豊富なため、関心のある2つか3つの会社を、とりあえずウェブサイトに登録し、希望する勤務地や収入についてチェックを入れて、条件に合う案件が出てきたら自動的に通知されるように設定しておくと情報を収集しやすくなります。最初だけは登録するのにけっこう手間がかかるので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、そのコピー&ペーストをする形で登録すると簡単です。登録初日は時間が多少掛かるため、案件の検索や応募だけでも意外と苦労しますが、次回以降は、は新着の求人情報のみ確認すれば大丈夫なので、後のことを考えれば、初回にしっかりと準備することを推奨します。

  • とある古物商の会社で、書類選考に合格しました。そ・・

  • とある古物商の求人にて、書類審査に受かりました。すぐに先方から面接の日時を教えてもらいました。しかし、面接日当日、指定場所に向かうと、なぜか相手の面接の用意が全くできていない状況でした。待っていると、所長と思しき人が面接担当をしてくれたのですが、終始驚くほどだらしのない態度で迎えられ、なんとか面接が終わりました。けれど、予定日になっても合否連絡が一切来ず、いてもたってもいられず、こちらから問い合わせると「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で仕方がないのでもう一度問い合わせたところ、なんと、「残念ですが不採用になりました」、とすぐに電話を切ってしまいました。あまりのことに呆れ果てて絶句してしまったのですが、とりあえず採用されなくて良かったと感謝しています。

  • 自らが勤め口を探していたころかなりいくつかの人材紹介会社に登録していたのですが、…

  • 私が勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していたことがあります。転職のアドバイザーの質が驚くほど様々でそのほとんどがいまいちだと感じる担当者ばかりでした。こちらは人生の大事な事なのにもっと思い入れを込めて臨んでほしいという願いが募って、そんなことがありキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格を取るためにはコストもいりましたし資格取得のための勉強もきつかったのですが、就職活動の際に信用される人になるべく努力しています。

  • 派遣のお仕事が決定しました。勤務初日に派遣会社の営業担当の方・・

  • 派遣のお仕事が決定しました。勤務初日に派遣会社の営業担当者と就業先近くのコンビニエンスストアで合流する約束だったのですが、営業担当者がなぜか約束した店の前にいないから店内にいるのだろうと考え店内に入っていったら、雑誌のコーナーに座り込んでいやらしいグラビアページを開いてみているではないですか。こんな担当の人のお仕事なんて我慢できないことと判断し、声もかけずに店内から出て即座に派遣会社に辞退すると連絡をしました。

  • 転職を検討しているのなら、多種多様な会社の採用情報の詳…

  • 再就職を念頭に置いているなら労を惜しまずに多くの企業の募集案内を日常的に調べておくと転身先の選択をするときに大いに役立ちます。今の仕事になにか納得のいかない部分がある場合、いざ転職活動を開始した時、どの会社も魅力的に見えてしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選んだらよいのかわからなくなり、判断を大きく間違える可能性もあります。よって、一瞬で退職の道へまっしぐら、なんてことになるかもしれないので、事前に会社の良し悪しを判断するための目を養っておくべきなのです。転職したい会社の雇用に関する情報だけ見るのではなく、その会社の「取引先」も要チェックです。透明性を重んじる企業は取引している会社情報を開示していますし、反対にそういった会社ではない場合、宣伝ばかりなのでその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。また、会社によっては、個人グループに入っている場合もあるので、グループ名でチェックし、確認しておくのも手です。

  • 転職の時に行われる面接時にクールビズで良いとと書かれていることもあります。しかし…

  • 転職時の面接での身なりは会社側からクールビズで良いとと記載されている場合もあるようですが、クールビズで面接に行くのは印象が悪いのではないか?と疑ってしまうこともあります。そのような考えを懐に抱いている人に伝えたいのは、会社側からクールビズを指定された面接なのであれば、伝えられていることをそのまま実行したほうが良いです。色々迷うことによって、真夏でありながらしっかりとスーツを着用すると相手に暑苦しいと思われますから、クールビズ可と事前に聞かされたのならクールビズで行く方が好ましいのです。

  • 新卒で採用された会社で嫌な感じの上司に困惑してしまい・・

  • 初めて働いた会社でつらく当たる上司に悩まされ、我慢の限界を超えてその会社を辞め、同じ畑の別の会社に行くことにしました。居心地よく働くことができてきわめて満足のいく毎日でしたが、少しずつ会社の売上が落ち込み、最後にはある会社に経営統合されることになりました。偶然にも経営統合したのは驚くことに転職前に働いていた会社で、とても嫌いだった上司がもう一度私の上司になることに。こういう悪いめぐり合わせとは、どれほど縁があるのでしょう。当たり前ですがまた転職をしようと活動をスタートしています。

  • 今現在あなたが、「転職サイト」を利用して自らの活躍の場が広が…

  • あなたがもしも、「転職サイト」で自身が新たなチャレンジのできる働いてみたいと思えるような企業情報を調べているのなら、転職エージェントは絶対利用したほうがいいです。どうしてかというと、必要情報を入力し、エージェントサービスの登録を済まて、そこで紹介してもらえる仕事は、誰しもが見られる公開求人とは異なります。なぜなら、どう比べても、比べ物にならないレベルでかなり質が良いといえます。また、あなたに相応しいものをピックアップし、調べたうえで、紹介してくれます。そういうわけで、あなたの希望の職種の求人にめぐり逢えることが多々あります。もし、同一の求人に行き着いたとしても、自力の力で最初から調べていくことと比べれば、とても効率がいい。そのうえ試してみる価値は大いにあります。

  • 求職活動においおいて、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェント・・

  • 転職を行う際、ネット上で就職を斡旋してくれる、通称「エージェント」つまり斡旋を行う会社が存在しますが、もしもそういった業者に登録した結果新しい会社で働くことになったとしても、失業保険の給付を受け取ることはできないので注意が必要です。ハローワークを経ずに就業しても給付されないので後々、後悔しないようにしたいものです。これと違って、ハローワークにより斡旋された会社に就職したときは、就職用の準備金として、一時金が受け取れることになります。ウェブで集客している就職斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。彼らは、企業から「紹介料」を受け取るのみで、失業保険の給付手続きは扱っていません。このような点を押さえておかなければ、失業中にお金が手に入らなくなるので、気をつけておきましょう。

  • 派遣の会社に登録しています。インターネットサイトで気の向くま・・

  • 派遣で働いています。インターネットサイト内で気の向くままに自分にぴったりの仕事を見つけて応募しようとすると「その仕事はすでに他の人に決まりました」と断られ一瞬ウェブサイトから仕事情報がなくなるのですが、なぜか翌日になればもう一度載っています。これは結局私ではよくないのっていうことですよね。そういうことであるならば最初からカドが立たないくらいにはっきりと伝えてくれれあありがたいのですが、それを行うのは困難なのでしょう。あるいは客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?