就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、年収は大変大事なポイントです。

  • 就職活動において、必ず問題になるのが年収です。面接において、大半の会社で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。本当の年収を偽って、多く申告し、高額な年収を獲得しようとしても、無駄でしょう。というのは、「源泉徴収票」が必要となり、もし一度は信じさせたとしても、あとで「源泉徴収票」が必要になるため、最終的には後からバレてしまいます。トラブルの原因になることもあるため、現在の会社での年収を正確に相手に伝え、それに釣り合う希望年収額を設定するのが正解です。なお、現在の年収が400万円の方が、転職して500万円となる可能性は普通はありません。年収が400万なのであれば、400~450万と伝え、希望は450万で設定する程度を考えておくのが得策です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社したのに退職しなければならないという事態になるおそれもあるので、注意しましょう。

  • 転職期間では、趣味に時間を費やすことに加え、体力を損なわない様にすると…

  • 転職期間中は、趣味に没頭する他、体力づくりを意識しておくと良いと思います。再就職先が決まり、仕事を再開した際に、趣味に興じていたおかげで無意識の間に集中する力が養われているのです。加えて、体力アップしているために、その場の社員さんよりも疲れにくい身体になっているということを認識することができます。というわけで、退職後は体力を低下させないようにするのが何より良い事なのです。その後、その職場のなかであなたと同様の趣味の人と知り合えたなら、会話が盛り上がります。ですから、これまでやってみたかった物事に挑戦してみるのも転職期間中の時間の有効活用となります。

  • ほんの2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、…

  • ほんの2ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりというのに、数ヶ月しかたっていないのに退職を決断する人がずいぶん多かったりします。何故かと思うと私の考えをいうと自分自身に合った環境を見つけたものの、「自分の考えていた職場環境と大きくかけ離れていた」「おかしな慣習があってウンザリしている」ということが原因で別の仕事を探すことが多いといいます。可能ならこのような、転職先選びでの失敗を避けるためにははやり転職先の情報収集を徹底するほかありません。徹底して行うべきなのです。職場内の環境、具体的な業務内容、給与システム、など事前にチェックしておくことで分からない点はしっかり自己解決を図っておきましょう。そうすることで失敗を防げます。

  • 現職からの転身の決心したなら、完全に一緒に働く人には…

  • もしも、現職からの転職の意思を固めたなら、完全に周囲にはそれを言わずに、転職活動を進めていき、転身先が決まっていない間は、可能な限り周囲に悟られないよう普段どおりに仕事をする方がとても堅実です。転職先が決まっていない間、その状態を保っておくと、たとえ条件に沿う転職先がすんなり見つからなくても、転職時期を先延ばしにしながら現在の職をそれまで通りに継続しても簡単にできます。そうではなくて、「転職するつもりでいる」と話してしまうと、会社の人は、それに合わせた態度をとります。そればかりでなく「辞めるつもりです」と言ってしまうと「あの人はもうすぐ転職する」と見なされます。そのような状況になってから、「やっぱり辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は退職しようとした人」ということで身の置き所がないと感じるおそれもあります。

  • 求人サイトをチェックする時、例えば、「事務系の仕事をしたい」という人ほ・・

  • 求人関連の情報をチェックする時、例えば、「オフィス系の仕事をしたい」と思う人ほど、製造業をチェックしていなかったりします。そんな人のほとんどは「製造業は、現場で製造する仕事だけしか募集してない」と勝手な思い込みで認識しているケースもあります。現に、製造業での求人であったとしても、製造マンだけでなく人事・総務・経理と言ったスタッフや資材、購買、営業管理のような「オフィス系」に類する仕事もかなり存在します。ですが、製造業の勤務場所自体、ビジネス街と同じ環境ではないのでその箇所がマイナスと思うかもしれません。そうであったとしても、自身のこだわりを捨てることによって仕事の選択肢が拡がるはずです。

  • これから転職される人で次の仕事を始めるまでにある程度時間が掛かりそうな…

  • 近いうちに転職活動を考えている人で次の仕事を始めるまでにまだ時間があるのなら、ぜひ失業手当をもらうことをおススメします。失業手当は会社がきちんと「雇用保険」を払っているのなら、手続きをすれば必ずだれでももらえます。また、受け取り手続きについては「ハローワーク」にて行います。自己都合で会社を辞めたのなら、失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、今の企業の都合での退職、あるいは残業時間次第ではただちに受け取れることもあります。受け取れる「失業手当」の額は、会社で最後に受け取った月の近々の給料を基準にして失業手当の金額を算出されるので、働いている会社に「閑散期」「繁忙期」が存在する業種の方は、なるべく繁忙期の後に辞めたほうがいいです。

  • 転職活動を行う際の最後の問題として、今の仕事を辞めることがあげられます。

  • 転職活動における最後に残る厄介な難問として、「現職の退職」があげられるのではないでしょうか。転職先の企業が決まっても、現在所属している会社があなたを放出したくないとして慰留しようとするはずです。そういったケースでは、「何が何でも退職する」という強い信念を持つことが大事といえます。たとえ引き留められて留まった人でも、一度辞めたいと思った会社には、やがて愛着もなくなってきます。スムーズに退職するためには、会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を用意しましょう。そのあとに、決定権を持っている上司と直接話をし、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」と遠慮せずに伝えます。「円満退社」で今の職場とお別れすることも就職活動において必要でしょう。

  • 生涯初の失業保険をもらう際に、じっとしていれば給付されると考えている・・

  • 生まれて初めて失業保険の給付を受けるケースでは、給付されるのを待っているだけでいいと思っている人が多数派ですが、それは間違いです。実際は、失業保険の給付をきちんと受け取るためには、仕事を探していることが必要で、それとは別に、毎月1回、ハローワークに通う必要もあります。一か月おきに担当者に求職活動の状況を報告して「この人は、誠実に就職活動をしているな」と判断されれば、次の月の給付を受けとることができるという仕組みです。その真逆に、真面目に就職活動に取り組んでいないと判断されたり、毎月のスタッフとの面談に顔を出さない場合は、ルールとして給付してもらえなかったり、酷い場合はそれ以降の給付資格も失効するおそれがあるのでそうならないために気をつけておきましょう。

  • これまでの私は、「転職サイト」を使うより、「ハローワーク」に通っていました。

  • 今までは、求人情報は「転職サイト」を使うより、いつも「ハローワーク」を利用していました。というのは、大抵の転職サイトは、いつも都心部の求人募集ばかり掲載しているからです。これまでの求人情報をチェックする時は、「ハローワーク」ばかり使用していました。もちろん、大手転職サイトに掲載されている求人より企業の知名度や給料は劣りますが、古くから地域密着タイプなので都心部以外での転職をするときには重宝します。しかし、「どんな求人があるかわからない」と先入観を持っている人が多いかもしれません。でも、求めていた労働環境の求人があるかもしれないので、そろそろ勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークに1度行って、確認してみるのもアリだと思います。転職サイトのように執拗な電話やメールもありません。

  • 転職を行うなら、むろん仕事におけるやりがいアップと・・

  • 転職ならば、もちろん仕事におけるやりがいアップも大事だけどそれにとどまらず給料アップも大事なポイントですから「年収サイト」というところに登録して前もって調べています。全く同じ会社でしかも同じ職種、経歴であるにも関わらず人によって大きく幅がある場合も多くあって、ぶっちゃけ面接で質問をしたことがあります。面接をした方も一緒のサイトをよく見ていたようで「その高収入で書いているのは、書いた人間について誰なのかそこそこ予想はついているんですけどね、多分格好をつけているのでしょう。低い方だと覚悟しておいてください」とのことでした。

  • 転職サイトは大きなサイトの方が掲載される求人情報がたくさんあるため、…

  • 転職サイトは、大手であるほど掲載される転職情報がたくさんあるため、入社したい2つか3つの会社を、ともかく転職サイトに登録し、勤務地や年収などの条件を設定しておき、加えて条件に合った案件が掲載されたら自動的にメールが送られるように設定しておくと情報収集が容易になります。はじめは登録するのにけっこう労力を要するので、サイトに登録する前に、「履歴書」「職務経歴書」を忘れずに準備しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。初めの登録のときはけっこう時間がかかることから、案件の検索・応募をするだけでも苦労しますが、次回以降は、新着案件のみチェックするだけで大丈夫なので、後の応募を考えれば、最初の準備を怠らないことを心がけるのが得策です。

  • とある古物商の求人にて、書類選考をクリアしたため、面接の日時について相手方から連絡をもら・・

  • ある古物商の社員募集に応募したところ、書類選考に受かりました。2、3日して先方から面接の日時を指定してもらいました。けれど、当日行ってみるとどういうわけか相手の面接の用意が全くできていない状況だとがわかりました。しばらく待つと、責任者らしき人が面接に応じてくれましたが、だるそうな対応の状態のままやっとのことで面接を終えました。しかしながら、予定日を過ぎているのに、まったく採用結果すらなく、ガマンできなくなり、自ら問い合わせてみると、「郵送で今日送った」と言われましたが心待ちにしていたのですが、しかし、これも未達で仕方がないのでもう一度問い合わせると、どういうことなのか、「残念ですが不採用です」、とすぐに電話を切ってしまいました。あまりのことにしばらく言葉を失いましたが、本心から、不採用で良かったと感謝しています。

  • 転職を考えていた時期にかなり複数の人材紹介会社に登録していたのです…

  • 自らが勤め口を探していたころかなり複数の人材紹介会社に登録していました。転職のアドバイザーの質に関しても驚くほど色々あってほとんどの場合、不満を感じる人ばかり。私とっては大切なことことだからもっと真摯に臨んでほしいという気持ちがこみ上げました。そんなことがあり自らキャリアカウンセラーを目標にすることになりました。その資格取得にはお金もいりましたし勉強の面に関してもとても大変ではありますが、仕事を探している方から頼られる存在になるべく努力しています。

  • 派遣先が決まりました。就業1日目に営業担当の人と会社の近くの…

  • 派遣で働く会社が決まりました。仕事の初日に営業の担当の人と就業先の近くのコンビニで落ち合う約束をしていたのですが、担当者がどうしたことかコンビニエンスストアの前にいないから店の中にいるのではないかと思って店の中に入ったところ、あろうことか雑誌コーナーのところで座り18禁の雑誌のグラビアページを開いて見ているのを発見!こんな担当の方の仕事なんて人間として恥ずかしいことと判断し、声をかけることもなく気付かれないようにコンビニから出て即座に派遣会社へ辞退の連絡をしました。

  • 転職を近いうちにするつもりなら、まめに色々な企業の採用情…

  • 転業を考えているなら、こまめに多種多様な企業の情報の詳細をチェックすることが、転身先を大いに選択しやすくなるでしょう。あなたが今の仕事になにか納得のいかない部分があるケースでは、いざ転職活動をはじめたとき、どの会社も魅力的に映ってしまいます。そんな状況に陥ると、どこを選択するべきか、判断できなくなり、選択を誤りかねません。その結果、最終的には短期で退職しなくてはならなくなるので、会社の良しあしを見極める目を養っておくべきなのです。方法としては、会社の雇用関連の情報に目を通すだけでなく、転職したい会社の取引している会社も気にしてみましょう。良い企業は、取引先を公表していますし、反対にそういった企業ではない場合、傾向としては宣伝に力を入れてるといえますからその点をおさえて求人情報を見るようにしてみてください。そのうえ、企業によっては、個人グループに入っているものもあったりするので、グループ名で中身をチェックしておくのも良いでしょう。

  • 再就職をする際の面接で会社側からクールビズで来てくださ・・

  • 転職の時にする面接ではクールビズでもOKとと連絡が来るケースもあります。しかし、なかには、クールビズで赴くのは本当は良くない印象を与えるのではないか?と感じてしまう人もいます。クールビズに関する不安を懐に抱え込んでしまっている人に言いたいのが、クールビズで来るように言われた面接のときは言われたことを守った方が不安要素がないです。混乱してしまい、汗をかく時期にスーツを着込んでいくと面接担当者に暑苦しく感じられますから、クールビズで来てくださいと書かれていたらクールビズでも大丈夫というわけです。